Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

靴の洗い方|素材別/種類別/洗濯機/色別/状態別/メーカー別

靴の洗い方|素材別/種類別/洗濯機/色別/状態別/メーカー別
靴箱にしまってあるお気に入りの靴はありますか。取り出して洗ってみることで、履き心地の良い靴になることでしょう。今回はおすすめの靴のお手入れの仕方や、メーカーの靴のおすすめの洗い方などをご紹介します。ぜひ参考にして、清潔なお気に入りの靴を履きこなしましょう。

初回公開日:2018年9月14日

更新日:2018年9月14日

記事に記載されている内容は2018年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


素材別靴の洗い方

靴は同じもの一足を履き続けるのではなく、適度に休ませた方が長持ちするといわれています。靴は適度にお手入れし、時には洗って陰干しを行いましょう。今回は靴の洗い方や色別の洗い方や洗濯機で靴を洗う方法などをご紹介していきます。

ぜひ参考にして、あなたのお気に入りの大切な靴を長持ちさせましょう。

スエード

スエードの靴は温かみのある質感が人気の靴ですが、スエードの靴の洗い方をご存知ですか。実はスエードは革の裏側を表にして加工した靴ですので、洗い方には工夫が必要です。スエードの靴は気軽に洗わないようにしましょう。

スエード生地はちょっとした汚れなら、消しゴムでも消すことができますので試してみましょう。それでも汚れが落ちなければ、まずはじめにブラシで表面の汚れを落とします。その後に湿らした布で靴を濡らします。スポンジにシャンプーを染み込ませて、丁寧に洗いましょう。スエードは風通しの良い日陰で乾かし、十分に乾燥させます。
 
靴を洗い終わったら、スポンジを濡らしてシャンプーを吸い取ります。シャンプー成分は洗い残しがあるとシミを作ってしまうので気をつけましょう。

洗い方のコツ

スエードの靴の洗い方のコツは、水を染み込ませない、水に直接投入しないことです。それから、スポンジで全体をくまなく洗います。直接水につけたり、水につけて部分洗いをしてしまうと、水にぬれた部分はシミになってしまいます。

スエードはスポンジで洗い、部分洗いにならないように注意しながら、全体を丁寧にくまなく洗うことで、シミをつくらいで洗うことができます。洗い終わったらスポンジに水を含ませて、靴についているシャンプーを浮かせていきます。最後に水気を切ったスポンジでシャンプーを綺麗になるまで取り除きましょう。

スエード靴のお手入れ

スエードの靴のお手入れに必要な道具は以下の物がおすすめです。スエードは洗わなくても下記の道具があればお手入れが十分に可能だといわれています。

・スエードブラシ
・スエード消しゴム
・シェーキーバー
・スエード専用クリーナー
・防水スプレー

合皮

合皮とは天然の革製品に似せて作った合成の皮革のことで、水をはじき汚れが付きにくい、表面はビニールに似た素材です。合皮の表面の劣化は、表皮が剥がれてボロボロになったりしますが、3年ぐらいは持つといわれています。合皮は洗うことは可能ですが傷みが早くなります。

洗い方は、中性洗剤を薄めた液を作ります。合皮の靴をスポンジで水にぬらします。中性洗剤を浸して絞った雑巾を靴にかぶせて、汚れをふき洗いします。ひつこい汚れは靴用のブラシを使って汚れを落とします。洗浄後は洗剤を残さず綺麗に洗い落すことで、靴にシミがつかないということです。

水で注いだあとは、洗濯機に入れてすすぎ、タオルにくるんで洗濯機で脱水をしましょう。脱水で靴が傷まないように2、3分を目安に行うのがおすすめです。靴の内側に新聞紙を丸めて吸水させ乾きやすくした後は、日陰において靴の内側が下になるように吊してて乾かしましょう。

お手入れのコツ

汚れにくく、洗い方も簡単だといわれている合皮靴ですが、劣化しやすいので本来は丁寧に扱う必要があります。雨で靴がぬれてしまった時は、十分に乾燥させてから、収納してください。

合皮の靴は完全に乾燥させてから靴箱にしまうことが重要です。靴に水分が残っているとべたべたします。そのため、水洗いが必要なほどではない汚れの場合は、硬く絞った布に中性洗剤を少しつけて、磨くのがおすすめです。

状態別靴の洗い方

べたべたする

合成皮革の靴の洗い方はスポンジにシャンプーを含ませて洗う洗い方が適しています。とくに合成皮革の靴は、水にぬれると乾燥しにくく、べたべたしやすいからです。合成革が雨にぬれてしまった時には、靴の中に新聞紙を入れて乾かすとよいでしょう。

完全に乾いた後に靴箱の中にしまいます。合成皮革の靴の洗い方は、軽い汚れの場合は洗わないようにして、お手入れには硬く絞った布に中性洗剤を少しつけて汚れを落とします。また、天気が悪い日はなるべく履くのはさけて、防水性のある靴を履くのがよいでしょう。

臭い

合皮の靴などは、通気性も悪いために靴の内側が乾きにくいです。合皮の靴は湿っていると臭いやすいので注意しましょう。合皮の靴を洗い方は、天気が良い日や日中の日差しが強い時間帯に洗って干しましょう。

革製の物は買ったばかりでは、革の臭いが強いことがあるでしょう。革製品は購入したら風通しの良い場所にしばらく陰干ししてから使用しましょう。革製の靴の臭いを消す洗い方は、石鹸を多めにして洗いよく乾かすことです。

靴が臭う原因は湿って雑菌が繁殖するためです。石鹸をティッシュに包んで靴の中に入れたり、靴の上に置いておくと、革の臭みが消えるのでおすすめです。

消臭効果の高い炭を使用したり、重層や粉の洗濯洗剤を容器に入れて湿気取りの代わりにしても臭いが取れます。ヒール部分に使用されることの多いコルク素材の洗い方は、水洗いせずに、消しゴムで汚れを落としましょう。

重層を使う

水につけても大丈夫な靴は、消臭効果の高い重層(ベーキングソーダ)を使って洗うのもおすすめです。ぬるま湯に靴を30分浸した後、重層と洗濯石鹸を半々にして、少量の水で練った洗剤を靴につけてブラシで磨きます。洗剤は綺麗に落とすことがシミをつくらないコツです。すすいだ後は靴を陰干ししましょう。

洗えない靴は、ビニールに重層といっしょにいれて振るのもおすすめです。重層の粉がまんべんなく行き渡ったら掃除機などで粉を吸います。

ブーツなどの臭いが気になる時には、空の一升瓶に熱めの湯を注いで重層を入れておきます。瓶にブーツをさかさまにして20~30分かぶせておけば、匂いが消えるでしょう。また重層を使用しなくても熱めのお湯だけでも、ブーツの皺が取れるのでおすすめです。

炭草花 フォー シューズ ブラック

靴の臭いが気になる季節もありますが、そんな梅雨時期におすすめなのがこちらの商品、「炭草花 フォー シューズ ブラック」です。デザインもシンプルでお洒落で、生活感を感じさせずに除湿できて靴の臭いもとれます。

色はブラックですが、その他の色レッド、グリーンと選べます。こちらの商品は700度から800度の高温で焼成し吸着力を高めた「高温住化木炭」を使用しています。また、高い脱臭効果を発揮するたくさん孔があいた「多孔質物質」の木炭となっています。その表面積は木炭が手のひら一杯分で、なんとサッカーグランドと同じぐらいです。

一度吸収したニオイを逃さず、化学物質(VOCガス)も除去する木炭に使用している素材は、流木や家屋解体木材などの環境に優しいエコ素材です。お値段も2足でリーズナブルです。

消臭効果は高く、仕事でほぼ毎日8〜16時間はくシューズの消臭を担ってくれています。1年くらい経ちましたがまだ現役活躍してくれているので、値段ははりましたがいい買い物でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RNO0Q79JVOC3... |

種類別靴の洗い方

スニーカーの洗い方には、ブラシを使ってごしごし洗う靴の洗い方もありますが、重層や漂白剤につけたり、ぬるま湯つけ置き洗いをする方法などがあります。靴の洗い方は人それぞれのパターンがあるでしょう。

あなたは普段靴を洗う時、どのような洗い方をしていますか。いつもと違う洗い方に変えるだけで、案外汚れが落ちることがあります。意外な方法を試して靴の洗い方のバリエーションを増やしていきましょう。こちらでは、靴の洗い方についてや、種類別の靴の洗い方をご紹介します。

スニーカー

スニーカーの洗い方は、使い終わった歯ブラシなどで靴表面の汚れを払ってから行うことが良いでしょう。砂や石汚れを払っておけば、水で土が泥状になり着色しないですし、砂埃を片付けるのが後々面倒になります。また、スニーカーの中底は取り外す洗い方は、汚れを隅々まで落とすためにもおすすめです。

中敷きや中底は、洗濯石鹸水で押し洗いし、細かい糸の縫い目に付着した汚れなどは使い古しの歯ブラシに洗濯石鹸を直接つけて細かくこするような洗い方がおすすめです。洗い終わったら、靴をさかさまにして、陰干しします。

洗濯機での靴の洗い方

運動靴やスニーカーは毎日履くことが多く、長時間履くことなどからスピーディに洗濯機で洗うこともおすすめです。洗濯機で靴を洗う時には、ネットに入れて洗うようにしましょう。靴を洗濯機に入れて洗う時には、ブラシを使って必ず靴に裏などについた石や砂などを払っておくことが大切です。石ころを洗濯機の中にいれてしまい洗濯機を傷めないよう気をつけましょう。

また、靴紐や靴の中敷きは取り外しておきましょう。靴紐や中敷きをはずしておいた方が、靴が綺麗になりやすいといわれています。使うネットは通常使う洗濯ネットでも可能ですが、靴用のネットもあります。

Windway 靴用洗濯ネット

靴を洗濯機で洗う洗い方のコツは靴用洗濯ネットを使用することです。洗濯用の靴用ネットは、すすぎ洗い、脱水専用の物もありますが、こちらの商品は、汚れた靴をそのまま入れて洗える靴用洗濯に改良された洗濯ネットです。

まるみのあるデザインは、洗濯槽の中で回転しながら洗うのに適した形にされています。バランス良く靴が洗えるように考えて作られた靴用洗濯ネットは二重構造になっており靴が破損しないように考えて作られています。

材質は、ポリエステル、発砲ポリエチレン、12のクッション材を使用し、衝撃を吸収する作りに仕上げています。靴やや洗濯機を傷めずに洗いあげます。しかも洗濯後に脱水して、ネットに入れたままそのまま干せます。洗濯ボールがついていて衣類の絡み合いのていげんをし、汚染除去に役立ちます。

男児がいるので、頻繁に靴を洗う機会があり、試しに購入してみました。
脱水ができるので乾きが早くなり満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1ZJC5WI9ZKI... |

色別靴の洗い方

色別の靴の洗い方にはどのような方法や洗い方があるのでしょうか。こちらでは色別に靴を洗う時の洗い方でよく使用される方法や、色別の靴の洗い方についてをご紹介します。

カルキを使う

靴を綺麗に洗いたい時によく使用されるのはどのような洗い方でしょうか。上履きなどの白い靴の洗い方でよく使用されている洗い方には、カルキを使うことも多いのではないでしょうか。

カルキには塩素系、酸素系の漂白剤があります。色柄物にも使えるのは酸素系のカルキです。漂白剤を使うこともおすすめの洗い方ですが、カルキを使う時には注意点があります。

漂白剤の使用上の注意点

漂白剤の使用上の注意では、次亜塩素酸ナトリウムの入った塩素系の漂白剤は、酸性のものとの使用は毒ガスが発生して大変危険です。酢、などと合わせないように気をつけましょう。塩素系漂白剤は必ず単独で使用し、手肌の保護に手袋を着用し、室内の窓を開けるなどし、必ず換気をしてから使用しましょう。

白いスニーカーの洗い方は、漂白剤入りの物を使用するのもお勧めです。ペースト状のクレンザーも白い靴を洗うのによいでしょう。白のスニーカーはブラシで汚れを落とした後に洗いましょう。白い靴に泥が付いた時には、こすらないように注意しましょう。

泥を一旦乾かした後に掃除機で吸うのもおすすめです。洗い乾いた後には撥水スプレーをしておけば、汚れにくくなるのでおすすめです。

ベビーパウダー

使用前の乾いた綿素材の白い靴には、ベビーパウダーをはたいておくことも靴が汚れにくく、また汚れも目立たなくなるといわれています。防水効果には、ろうそくを靴表面に塗り込んでおくことも防水スプレーの代わりになるのでおすすめです。白い靴の汚れやすい部分にとくに入念に塗り込んでおきましょう。

黄ばみ

汚れが良く落ちるといわれる重層や洗濯洗剤やスニーカー用の洗剤などはアルカリ性のため、洗い残しがありアルカリ性の石鹸成分が靴の表面に残っていると紫外線と反応して白い靴が黄ばんでしまう原因になってしまうといいます。

靴を洗う洗剤に多いアルカリ性の洗剤を使用した後は、黄ばみ防止のためにも、洗い残しがないよう、すすぎを入念に行うことが大切です。

レモン水で白く

黄ばんでしまった靴は、レモン一個を絞った熱湯に一晩漬けておくと、白さがよみがえるいわれています。コットン製の白い靴にも応用してみましょう。

黒い靴の洗い方で気をつけておきたいのは色あせです。色落ちが心配な綿素材の黒い靴などは色柄物に対応していない、塩素系のカルキを使用しないように気をつけましょう。黒い靴には、蛍光増白剤無添加な洗濯石鹸が洗濯物の白色化を起こさないので、黒い靴などに適しています。

色あせる心配のある黒い靴は、日差しが当たらない日陰に干すようにしましょう。

メーカー別靴の洗い方

メーカー別のおすすめの靴の洗い方はどのような方法があるのでしょうか。メーカーの靴は値段も高めですので長持ちさせたいことでしょう。メーカーの靴などは、靴のクリーニングに出せば、洗い方を間違える心配もなく、クリーニング屋さんが靴を大切に扱い綺麗に洗ってくれるので安心です。

素材はメーカーによっても特徴に違いがありますので、洗濯機で洗えるものも多いことでしょう。洗い方は上記の靴の洗い方を参考にしてみましょう。大切にしたい靴を丁寧に洗うことができるでしょう。靴専用のクリーナーを使用するのもおすすめです。

おすすめの靴のクリーニング

メーカーの靴のおすすめの洗い方には、下記のリンクにおすすめのクリーニング靴専科をご紹介します。クリーニングに出せば、カビが生えてしまった靴も消臭効果が塩素の7倍もあるというオゾンを使ってクリーニングしてくれます。ぜひ参考にサイトを見てみましょう。靴箱にしまってあるメーカーの靴がよみがえる可能性があります。

靴は丁寧に扱い汚れを綺麗に落とそう

今回は、「靴の洗い方、素材別、種類、洗濯機、色別、状態別、メーカー別」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。靴は汚れてどうしようもなくなると捨てるしかないと思いつめてしまいがちですが、洗い方の方法を知ることで、捨てずに済んだり、大切な靴がよみがえることがあるでしょう。

靴は丁寧に汚れをふき取るだけでも洗ったように綺麗になることがありますが、丁寧に扱いながら、汚れを綺麗に落とすことも可能でしょう。捨てずに洗い綺麗な靴を履き、足元のおしゃれを楽しみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related