Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ビジネスカジュアルコーデ・着こなし方・アイテム選び方・着回し

ビジネスカジュアルコーデ・着こなし方・アイテム選び方・着回し
ビジネスカジュアルという単語からは一見楽なような印象を受けがちですが、面接や着こなしなどを考え出すとキリがないのも事実です。この記事ではおすすめアイテムをもとにシンプルで好感をえられやすい着こなし術を多角的にご紹介いたします。

初回公開日:2018年7月5日

更新日:2018年7月5日

記事に記載されている内容は2018年7月5日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


メンズ・レディース別ビジネスカジュアルコーデ

求人情報の職場環境欄にビジネスカジュアル、オフィスカジュアルといった言葉を見かけることが多くなりつつある今日ですが、どこまでがカジュアルでOKで反対にどの程度のビジネス要素が必要かは悩むところです。

また、異性から見ても同性から見てもステキなコーディネートと、好ましくないものもありますので、深く考えると悩みは尽きませんが、いくつかのキーワードやアイテムとともに誰から見てもステキであり、かつ仕事もできそうなコーディネートを紹介いたします。

季節別ビジネスカジュアルの着こなし方

ビジネスカジュアルに定番アイテムはありますが、スーツではないので逆にワンパターンになるのがバレてしまいがちなのがビジネスカジュアルの難しい点です。 逆に春夏秋冬にあわせた季節感を出すことで、ファッション性を演出することがビジネスカジュアルの面白い部分です。

ここではメンズ・レディース別で四季にあわせたおすすめの使いやすく、かつ間違いの少ないコーディネートを紹介していきます。

少し肌寒さが残る春の定番コーディネートはこれ!

結論から先に言いますと春と秋が一番難しいのですが、この2つの季節のコーディネートさえ決まってしまえば、アウターの有無やインナーの調整をすることなどで夏と冬は乗り切れる パターンが多いのも事実です。

夏と冬をつなぐ大事なシーズンで共通項もありますが、それぞれにこだわりを見せることで、あなたらしさを演出することは十分可能です。メンズ・レディースの順におすすめのコーディネートをご紹介していきます。

メンズ春のおすすめビジネスカジュアルコーデ

春に軽めのジャケットは定番ですが、シャツとジャケットの間にカーディガンやセーターなどのニットを挟むのが便利で、これは寒さ対策だけではありません。例えばコピー用紙の補充やシュレッダーのつまりの解消など身体を動かすことがあるのもオフィスワークです。

パンツにインしているシャツとジャケットの間にニットを1枚挟むことで、シャツのはみだしをかなりの確率で回避してくれます。 実際にはシャツがパンツからははみ出していてもニットの中に納まっているので、スタイルをキープできるとも言い換えられます。

ベルトをしていてもシャツは出てきてしまいがちで、スーツの男性でもシャツが出ている人が少なくないことを想像していただければ、容易にイメージできるはずです。また、シャツのはみ出しはだらしなくまたはビジネスカジュアル、オフィスカジュアルという点から、あまりよろしくはありませんので、ニットを挟むことはおすすめです。

レディース春のおすすめビジネスカジュアルコーデ

レディースのビジネスカジュアルのコーデについてですが、一般的に男性よりもう一歩カジュアル寄りで大丈夫です。この一歩をどう考えるかを具体的に表現すると、リクルート活動の時男性がネクタイをしているのに対して、女性はノータイでいいというイメージになります。

一歩カジュアルに寄せた中で爽やかさと利便性を合わせたアイテムがスプリングコートになります。 男性はあまり着用する機会がないアイテムであり、ビジネスカジュアル女子の特権的アイテムです。またフォーマルにも使えるという点から利便性の高いアイテムとも言えます。さらにパンツでもスカートでもコーデしやすい点もおすすめです。

メンズ夏のおすすめビジネスカジュアルコーデ

夏はポロシャツが定番アイテムで便利ですが、ボーダーのポロシャツを数種類用意することをおすすめします。もちろん無地のポロシャツもいいのですが、ブランドの刺繍でもないと若干チープな印象を与えがちです。

特にビジネスカジュアル1年目などで経済的に余裕がない場合は、3枚のブランド品より同額で買えるだけのボーダーなどを揃えたほうが、着こなしている感を演出できます。 また、ボトムスとの組み合わせでアクセントをつけられますので、暖色系と寒色系を意識して用意することをおすすめします。

レディース夏のおすすめビジネスカジュアルコーデ

まず、最初になりますが基本的に襟はあってもなくても大丈夫ですが、あくまでもビジネスですのでノースリーブは避けましょう。 たとえ自社内では大丈夫であっても、オフィスを訪れる顧客側からファッションとして疑問符が打たれる可能性があります。

袖だけ注意をすれば、ボトムスはパンツでもスカートでも大丈夫です。また、肩の露出はエアコンなどの冷えのもとともなるので、健康という観点からもおすすめしません。

最後に袖があるということから一つ注意が必要で、それは汗取りをうまく活用することです。同時に袖があるのでいろいろな対策法が立てられるのも事実で、パッドの付いたインナーやスプレーなど身体にあったものを選ぶことから、コーディネートを絞るという逆算的な手法もあります。

メンズ秋のおすすめビジネスカジュアルコーデ

レディースでは春におすすめしたコートですが、メンズの場合は秋がコートの出番です。肌寒さを感じがちな秋シーズンにダウンを早めに投入してしまうのは楽ですが、コーディネート的にはもったいないです。

基本は春のパターンであるジャケットとニットの組み合わせにライトコートを1枚羽織る季節感を持つことは、ビジネスカジュアルのバリエーションを豊かにします。

本格的な寒さを迎えるまでのシーズンが秋ですが、初冬であっても暖かめの日にはライトコートの出番もありますので、手元にあれば気温にあわせてさまざまなビジネスシーンにも対応し、幅広く活躍してくれるアイテムです。

レディース秋のおすすめビジネスカジュアルコーデ

レディースで秋はメンズでは春におすすめしたニットの活用が有効です。男性の場合は丈の短いものが中心ですが、ビジネスカジュアル女子にはロングのカーディガンがおすすめいたします。

しかし、プルオーバータイプののセーターはオフィス内で気軽には脱ぎ着しにくいというデメリットがありますので、カーディガンをチョイスするほうが無難です。

メンズ冬のおすすめビジネスカジュアルコーデ

結論から書きますが冬場のビジネスカジュアル差をつけるたいであれば、マウンテンパーカーをおすすめします。 見た目以上の暖かさと細身のシェイプがスタイリッシュに映ります。価格的はありますが、できれば素材としてゴアテックス製を選ぶと使い勝手としてほぼ最高レベルです。

特に画像のThe North FaceのTriclimateですが、マウンテンパーカーのシェルにインナーのフリースまたはダウンが取り外しできてますので、季節に応じて3パターンを使える点が便利です。

しかし、できればフリースだけでの着用は毛玉が目立ちがちなので避けたほうが無難であり、晩秋や春先の肌寒い日にアウターシェルだけ使うことがおすすめです。

画像はダウン仕様のジャケットですが、基本的にThe North Faceは登山やアウトドア用の衣料ヤグッズのメーカーですので保温性は折り紙付きで、フリース素材のもので充分日本の冬に対応できます。

レディース冬のおすすめビジネスカジュアルコーデ

反対に女性はダウンの使用をおすすめします。メンズは直線的なラインで、レディースは曲線的なラインで着こなす ことがサッパリとしており、ビジネスカジュアルに向いています。ダウンを選ぶ際には1つおすすめしたい点があり、それはステッチが内側にあるものを選ぶことです。

ステッチが外側にあるものと比較すると特にロングの場合全体的なメリハリを演出できます。より具体的に述べればジャケットの内側にウエストの絞りを調整できますので、有効的な防寒対策とともにじょせいならではのくびれを強調することができる点がおすすめです。

また、フードの脱着ができるモデルの場合、2とおりの着こなし方を楽しめますので、購入の際には検討材料にされてはいかがでしょうか。

アイテム別ビジネスカジュアルおすすめアイテム

男女別で四季のビジネスカジュアルのおすすめアイテムを紹介してきましたが、ここからは反対にアイテム別にビジネスカジュアルに適したものを紹介していきます。

カジュアルでどこまで許されるのかが気になりがちなアイテムや実際に使って便利なアイテムなどをピックアップし紹介していきます。

フットウェア

ビジネスカジュアルの着こなしで気になる部分は靴です。まずはビジネスカジュアルにマッチする靴をご紹介いたします。

ビジネスカジュアルにスニーカーでいいのか、悪いのか、もし、スニーカーでいいとしたら、どのあたりのスニーカーがビジネスカジュアルと親和性が高いのかの2面から2つのアイテムをご紹介します。

メレル ジャングルモック

メレルのジャングルモックは使えます。スエード調のものもおすすめですが、レザーですと簡単なクールビズまで、もう一歩踏み込んでスーツ着用のビジネスシーンでも使用可能です。

特筆すべきはウォーキングシューズの名のとおりの歩きやすさで、オフィス内はもちろんのこと、営業の際にも快適な足回りのサポートに貢献してくれます。

メンズコーデにはもちろん、レディースも同じ商品展開されている点から、2~3足揃えておくとマルチなシーンで活躍できます。例えばスウェード1色とレザー2色(黒とブラウン)のように揃えておくと、スウェードはオフの日にボトムスがデニムの時にも使えます。

レザーのカラーについてですが、メンズの着こなしとしてはその日のベルトとおなじ色を選びましょう。 逆にベルトが1色しかないのであれば、おなじ色のジャングルモックの導入をおすすめします。

靴擦れの気配全くなく、さすがメレルです。
私の足は幅が狭く(ヌード寸法はEとC)、甲も低い方なのでピッタリでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RW4MZ4KFCH1A... |

スタンスミスコンフォート

シンプルなスニーカーとしてスタンススミスは超定番アイテムですが、ビジネスカジュアルには実におすすめです。 メレルと比較するとかなりカジュアルに方向が向いていますので、使い分けは慎重にお願いいたします。

特にシューレースではなく、面ファスナーで固定するタイプはひもが外れないので使用感がすばらしく、またadidasはワイズが広くいわゆる幅広甲高タイプの人でも履きやすいアイテムです。

スタンスミスは清潔感のあるホワイト系をおすすめします。クリエイティブなお仕事系、フランクな職場、カジュアル傾向が強いところに親和性が高いアイテムです。

そしてもう一点、裏技をご紹介します。清潔感重視のホワイト以外にも、例えば地味めなブラック1色でカスタムすることができます。

ジャケット

ジャケットはビジネスカジュアルでは定番中の定番アイテムですが、スーツでなくていいというビジネスカジュアルならではのメリットを最大限に活用しましょう。

ウォッシャブル ストレッチ 撥水加工 ジャケット

具体的なメリットの活用方法ですが、素材を自由に選択できるという点になります。例えばジャージ生地のジャケットクリーニング専門店を必要としないことがほとんどで、おしゃれ着洗剤とネットなどで、自分で洗濯できます。

自分で洗濯可能ということでランニングコストはもちろんクリーニング店に預け、ピックアップするという手間が省けますし、汗をかいたりコーヒーをこぼしても心配不要です。ビジネスではもちろんのことプライベートでもちょっとしたお出かけ着にも使えます。

バッグ

スマートにかつクールに、そしてPCや書類などをストレスなく運ぶためのアイテムがバッグです。特にノートパソコンの持ち運びは今日のビジネスシーンには必須です ので、ビジネスカジュアルかつ機能性を加味したアイテムをご紹介します。

グレゴリー カバートエクステンデッドミッション

デイパックは機能性充分ですが、あたたかいシーズンでは背中が蒸れがちです。また、カジュアルすぎる傾向も否めません。ビジネスカジュアルでは基本的にはブリーフケースをおすすめします。

肩掛けと手持ちは両立してがちですが、3Wayはさらに便利です。重い荷物の時にはリュックとして背負ってしまえます。 また、こちらも山岳系のメーカーですので耐久性は折り紙付きのアイテムです。

さらにGREGORYというメーカーまたはブランド自体がビジネスとカジュアルの中間的な位置である点も推しポイントです。

背負うと、重い荷物でも本当に楽です。しばらく背負って歩いていると重さを感じなくなるので不思議。収納場所が多くもなく少なくもなくで、丁度良いです。グレーと迷いましたが、少しフォーマルな場面でも使うことと、グレーより汚れが目立たないと思い、インディゴにしました。デザインはシンプルで華は無いけれども、行動的で少しだけ知的な雰囲気もあり、生地の質感も良く、なかなかの絶妙さを感じ、とても気に入っています。チャックは軽く、ストレスレスで良い感じです。良い買い物ができました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%8... |

ネクタイなどその他アイテム

カジュアルといえどもビジネスということなので、ネクタイという演出方法もありますがネクタイは意外に着こなしが難しいというデメリットがあります。 そして、ネクタイはなくてもカジュアルですのでさほど弊害はありません。

ネクタイを着用するようなシーン、例えば外部顧客の来客やこちらから出向くこと予定があれば、その日はスーツの着用を強くおすすめします。

それ以上に現在のビジネスシーンには欠かせないアイテムがあります。キーワードは目の健康になります。

otch pc メガネ ブルーライトカット

PCはビジネスでの必須アイテムです。 内勤であれば少なくとも4時間はお付き合いするものですが、疲れ目やドライアイなどさまざまな肉体的なストレスは避けられません。ファッション性と実用性という意味から、ぜひ導入をご検討ください。

PC用メガネは数本持っていますが、これが一番クリアに見えました。
以前購入したものの予備としてもう一本購入しました。
レンズは前の物はPCメガネ特有の少し黄色い見え方から、ピンク色に変更になったみたいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/otch-%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D... |

ユニクロのおすすめビジネスカジュアル向けアイテム

身近な衣類メーカーの代名詞といってもいいユニクロですが、ビジネスカジュアルに使えるアイテムばかりです。 ここではチノパンやドレスシャツなどアイテム別におすすめアイテムをご紹介していきます。

感動パンツ

まず、洗濯ネットの使用で自分で簡単に洗えます。そして、その名のとおり履き心地はもちろん質的にも感動できます。チノパンも着回しという観点では汎用性が高いですが、さらに使い勝手がいいのが感動パンツです。 後述のジャケットとあわせてご検討ください。

ひとまず、ボトムスのアイテムとしての説明は終わります。レディースの場合も洗濯機の使用が可能かどうかを検討材料としていただくことをおすすめします。しかし、重複とはなりますがおしゃれ着洗剤でほぼほぼ洗えないものはありません。

スーパーノンアイロン

形態安定シャツは出まわていますが、実際に使ってみると思ったより袖にしわが寄りがちなことは多々あります。ユニクロのスーパーノンアイロンは本当にアイロン要らずです。 正直なところ価格的にはもっと安いものが多々あります。

しかし、いくら安くてもノンアイロンとして機能しないのであれば、安物買いの銭失いそのもので、コストパフォーマンスが高いのはこちらになると言えます。

感動ジャケット

先ほどご紹介の感動パンツ、スーパーノンアイロンシャツ、どちらもカジュアルでの使用が可能なアイテムです。この2アイテムに感動ジャケットを買い足すとスーツになります。市販のウォッシャブルスーツよりさらに安いです。

感動ジャケットと感動パンツどちらもウルトラライト・コットンライクのブラックにスーパーノンアイロンシャツの3点で14,005円です。 ネクタイは持っているとすれば、面接でもセミナーでも参加可能です。またブラックを選んだ場合は、冠婚葬祭にも使えます。

カーディガン

ユニクロのカーディガンはどちらかといえばレディース向けです。まず、バリエーションの数が違います。ロングカーディガンがもっともおすすめです。理由としてはさりげないアイテムでカジュアル的な意味での実用性もありますが、同時にドレッシーでもある点がポイントです。

ロング丈のカーディガンは男性は着こなしが難しいですが、女性はちょっと肌寒いときの追加アイテムとしても、外部顧客のミーティングで少しドレス感を出したいときにも使えます。

ウォッシャブルセーター

もはや尋常ではないレベルでしつこいですが、洗えるのは大正義です。忙しいのが現代のビジネスパーソンです。フレキシブルに時間を使いこなすことに価値を見出しましょう。 コストパフォーマンスに優れ、メンテナンスが楽で、リーズナブルという3点が最重要です。

また、ユニクロは立派なブランドであり、なんでもそろう点も魅力です。うまく活用し自分らしさを演出するにはとても良い選択肢です。

超難問、面接でのビジネスカジュアルの大正解!

初めての就職転職であっても、転職でも面接先の職場環境にビジネスカジュアルやオフィスカジュアルという文字を見ると、どういった服装で面接に臨めばいいのかは心配になります。より具体的に表現すれば、あまりにもフォーマルで浮きはしないだろうか、とその逆の考え、しかし自分らしさをアピールするにはの心の葛藤です。

実はとても簡単に考えてしまえば答えは明らかで、以下の2つのパターンに分けて考えることが必要です。

既知の職場である場合

知人の紹介での転職OB訪問済みの職場などがこのケースに当てはまります。この場合はどのような職場だかわかっていますので、おおよそ許容されるであろうという範囲内で自分らしさを主張できる服装で面接に行くのが正解です。

これで不採用だった場合は、ご縁がなかったものと考えてださい。服装がすべてで結果を左右するわけではありません。その職場とはマッチしなかったという気持ちで次にのチャンスを求めましょう。

Webなどで見つけ初めて訪れる場合

おそらくはこのケースで悩んでいる人がほとんどではないでしょうか。しかし、なにも悩む必要はありません。わからないのですから上述アイテムの組み合わせのフォーマルなスタイルで面接に行きましょう。

メンズであればユニクロの感動ジャケットと感動パンツにシャツとネクタイで充分です。単体ではカジュアルですが、着こなし一つで充分なフォーマル=スーツになります。 着こなしの心配はもう不要ですので、リラックスして面接での自己PRなどに時間を割いてください。

清潔感とシンプルさとバリエーションの3つが大事!

キーワードの整理になりますが、男性は直線的なラインで、女性は曲線的なラインで清潔感を保ちながら、あまりゴテゴテせずに、組み合わせでいろいろ楽しめるよう服を買い足し、その都度組み合わせていきましょう。

その日の気分から着こなしを選んでもいいですし、作業や会議などの予定から計算するのも朝の着替え時間を短縮できます。 もしこの記事が参考になり時間が空いたのであれば、朝にシャワーを浴びてください。より新鮮な1日が始まります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related