Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

長いネクタイの結び方・直し方・おすすめブランド・コツ・調整法

長いネクタイの結び方・直し方・おすすめブランド・コツ・調整法
ネクタイが長いと、スーツの裾から見えてしまったり、動くときに邪魔になってしまったりします。長いネクタイをどう結んだらすっきりとできるのか。結んだ時にすっきり見える長さや、長いネクタイの直し方と調整方法、長いネクタイのおすすめブランドを紹介します。

初回公開日:2018年7月6日

更新日:2018年7月6日

記事に記載されている内容は2018年7月6日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


長いネクタイはどう結ぶ?

社会人の身だしなみとして、スーツを着用するときにはネクタイが欠かせません。しかし、ただ結んでいれば良いというものでもありません。結んだ時の長さによってはスーツの裾からネクタイの先が見えていたり、襟元から見えるネクタイが妙に太くなったりと、せっかくのスーツをだらしない印象にしてしまいます。

また、標準的な長さのネクタイでも、体格によっては長くなってしまうこともあるでしょう。ネクタイを結んだ時とき一番格好良よく見える長さがあります。ネクタイの適切な長さを覚えていれば、いつでもすっきりとしたスーツ姿になります。

また、ネクタイの結び方を変ええるだけで長いネクタイも丁度良い長さになります。

ネクタイの長さは?自分に合った長さとは?

今販売されているネクタイで一番多い長さは140cmです。この長さがほとんどの人が、長過ぎず短過ぎずず結べる標準的な長さといえます。とはいえ、小柄な人も大柄な人もいるので、最短で120cm、最長で160cmのネクタイがあります。

ネクタイを選ぶときの基準は、自分の身長から15cm引いた長さがちょうど良いと言われています。例えば165cmの人なら150cmとなりますので、その前後の長さのものを選ぶと良いでしょう。

ネクタイの結び方の種類

自分の身長に合ったネクタイの長さが分かったところで、手持ちのネクタイを確認してみてください。自分の身長からすると長いものを買ってしまっているでしょう。

しかし、少し長いくらいでしたら結び方を工夫することで、結んだ時に丁度良い長さにすることができます。

ここからは、長さの調節にも役立つネクタイの結び方をご紹介します。

プレーンノット

一般的に知られている代表的な結び方です。結び目が小さくすっきりとした印象になります。きつく締めるよりふわっと結んだ方が今風で、ネクタイの傷みが少なくて済む結び方です。

ウインザーノット

結び目が正三角形に近い大きな結び方です。襟の大きなシャツやワイドカラーのワイシャツに合う結び方で、顔や体格の大きな方が結ぶと、とてもバランスが良いです。

ダブルノット

プレーンノットよりも結び目が縦長になる結び方です。インポートものなどの長いネクタイを結ぶときにこの結び方だと、丁度良い長さにできます。

結んだ時に丁度良い長さは?

ネクタイの結び方で一番気になるのは、結んだ時の長さがどのくらいなら印象が良くなるかです。ネクタイを結んだ時に長いと以下のような印象になります。

・スーツからネクタイが見えていてだらしない
・胴長に見える
・動くときに邪魔そう

また、反対に短いと以下のように思われてしまいます。

・チャラチャラしていて遊び人みたい
・お腹が強調されるので、太っている

上記のような印象を持たれない、すっきりとした印象を持たれるベストな長さは、ネクタイの大剣(幅の広い方)の先がベルトのバックルに少しかかるくらいです。

ネクタイが長い時の結び方のコツとは?

さて、ネクタイを結んだ時の理想的な長さは分かりました。しかし、その長さになるように結ぶと、長いネクタイだと小剣(幅の狭い、後ろ側にくるほう)が大剣より長くなってしまう場合があります。

ここからは、長いネクタイを結ぶときのコツについてくわしく解説します。

ネクタイの縫い目を利用する

ネクタイをいつでも決まった長さで結ぶには、ちょっとしたコツがあります。ネクタイの裏の縫い目を利用します。ネクタイを裏返して見ると、大剣側に縫い目があることが分かります。この縫い目を目印に小剣側を巻き付けて結びます。手順としては以下のようになります。

1.ネクタイを首からたらす

2.ネクタイの縫い目を見つける

3.その縫い目がワイシャツの上から4番目のボタンの上辺り(みぞおち付近)に来るように大剣を下にひく

4.長さが決まったら結ぶ

このやり方だと、常に理想的な大剣の長さで結ぶことができます。

ネクタイの細い方が長い時は?

上記のやり方でネクタイの大剣側の長さが決まっても、長いネクタイだと大剣の後ろ側から小剣が出しまう場合があります。そのような時は次のような方法で目立たなくすることができます。

・出てしまっている部分をシャツとズボンの間に挟む
・ネクタイの裏側にあるループに小剣を下からくるりと巻き付ける

長いネクタイの調整方法はカンタン

前述しましたが、長いネクタイを調節する方法は意外と簡単です。次の2つの方法で、たいていはすっきりできます。

1.ネクタイのノット(結び目)を変えてみる

2.大剣より長くなってしまった小剣は、ネクタイ裏のループに巻き付けるか、ズボンにはさんで隠してしまう


ネクタイのノットを変える方法でどのくらい長さが変わるかを説明します。ノットの下から大剣の先までの長さを計って比べてみると、以下のように結び方を変えるだけで大剣の長さが20cmも短くなります。

長すぎるネクタイをお持ちの方は、ぜひダブルノットで結ぶ方法を試してください。

ノット(結び目)の種類大剣の長さ
プレーンノット60cm
ウインザーノット50cm
ダブルノット40cm

長いネクタイを直したいときは?

長いネクタイを直す方法はいくつかあります。

一つ目は長いネクタイを切って、自分に合ったサイズにする方法です。二つ目は、クタイのノット(結び目)を変えて、長さを調整する方法です。

切ることで直す

デザインが気に入って購入したものの、実際に結んでみると自分の身長には長すぎるネクタイで、だらんとだらしなくなってしまう場合は、ネクタイを切って調整することができます。

ただし、ネクタイの細い部分(小剣)は隠れて見えないからといって、はさみでブツンと切ってしまう事はやめましょう。

購入した店に相談したり、洋服のリフォーム専門店で直してもらったりするようにしましょう。店によって差はありますが、2,000円~3,500円ほどで丁度良い長さに修正してもらえます。

結び目(ノット)を変えて結ぶ

前述しましたとおり、ネクタイは切らなくても結び目の形をいろいろ工夫することで、長さを変えることができます。まずは、結び方をいくつか覚えて丁度良い長さになる結び方を見つけてください。

インポートデザインの長いネクタイおすすめ

長いネクタイであっても、結び方を工夫したり、切って調整したりすることができます。長いネクタイの調整方法が分かれば、多少自分の長さに合わない長いネクタイでも、デザインの好みで購入できます。

海外ブランドのネクタイはデザインは好きだが、長いので敬遠していたという人も、購入してみようという気持ちになったのではないでしょうか。いくつかおすすめのブランドをピックアップしました。

Hermès

こちらは、絹100%のネクタイです。しなやかで結んでもしわになりにくく、インポートものとしては比較的短めな148cmです。こちらの商品は、赤紫をベースにしたブルー・ライトグリーンです。黒の三色で小紋柄に織られています。大剣の幅も8cmと標準的なサイズですので、どんなスーツにも合わせやすく上品なデザインです。

TURNBULL & ASSER‎

創業1885年、イギリスロンドンの老舗ブランドです。こちらは、イギリス王室や各国の要人が選ぶハイブランドなネクタイです。イギリス伝統のストライプ柄は、どんなスーツにもすっきり映えるデザインと言えとてもおすすめです。

SHLAX&WING

160cmの長いネクタイも扱っているブランドで、華やかな花柄や、光沢のある無地ネクタイの他、ストライプや格子柄のすっきりとしたデザインが多く、価格も大変お手頃です。

長いネクタイをすっきり着こなそう

今回は、長いネクタイの結び方、長い場合の調整方法、長いネクタイの直し方、おすすめの長いネクタイについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ネクタイは、結んだ時にすっきり見えるベストな長さがあります。大剣の先がベルトのバックルにかかるくらいに調整すると、すっきりと格好よく見えます。また、長いネクタイでも結び方を変えるだけで、10cm~20cm結び目からの長さを短くすることができます。

長いネクタイを切って短くする場合は、購入した店や洋服のリフォーム専門店に頼んで短く作り直してもらいましょう。長いネクタイでも結び方を工夫したり、短く作り直したりすることで、お気に入りのデザインを楽しむことができます。長いネクタイをすっきり着こなしてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related