Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

スーツで座るときボタンはどうする・きつい場合・シワができない方法

スーツで座るときボタンはどうする・きつい場合・シワができない方法
スーツは座る時と立っている時では、見え方が大幅に変わります。そのため、普段着などの感覚で座ってしまうときつく感じたり、異常に引っ張られることもあります。ここでは、スーツで座る時の見え方や対処の方法を紹介しているので参考にしてください。

初回公開日:2018年6月29日

更新日:2018年6月29日

記事に記載されている内容は2018年6月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


スーツで座る時のボタンはどうするべきか?

スーツを着ることに慣れている場合は、マナーを身につけていることが多いですが、普段スーツを着ない人は着慣れていないため、マナーを把握できていない場合があります。

スーツを着こなすためには、正しく着用することも大切ですが、マナーを守ることも重要です。スーツを着る時は特別な場面なことが多く、マナーを守っていないと常識がないと感じられ、印象が悪くなる傾向があります。

スーツで座る時のボタンはどうしたらいいのか分からない人も多くいるのではないでしょうか。そのような方に座る時のボタンの掛け方を紹介します。

外しても問題ない

スーツのマナーを完全に把握している人は少なく、間違った知識で着こなしている場合が多いです。特に、座る時のボタンに対するマナーを間違って覚えている人が多くいます。スーツのボタンは、常にかけておくことがマナーだとおもっている人もいますが、座る時は外しても問題ありません。しかし、立った時にはボタンを留める必要があります。

座る時にボタンを外してもマナー違反にはなりませんがボタンを留めていても問題ありません。ボタンを留めたままで座ると両側に引っ張られるため、生地を傷めてしまいます。また、引っ張られている姿は相手が醜く感じる場合もあるため、座るとキツイと感じたらボタンを外しましょう。

座るときついと感じるのはサイズが合っていない?

スーツで座る時にキツイと感じるのはサイズが合っていない場合が多いです。しかし、座ることでどうしても引っ張られるため、ある程度キツイと感じることは仕方ありません。次に、座る時にキツイと感じやすい部分を紹介します。

お腹がキツイ

スーツで座る時にキツイと感じる場所はお腹が多いです。その原因は、お腹が出ているためです。中年になるとお腹が出やすくなり、トレーニングなどを自主的にしないと年々出てきます。特にビールなどを飲んでいるとよりお腹が出やすいです。お腹が出ていても下半身は細い方が多くいるため、座る時にお腹だけがキツイことがあります。

この場合は、決してサイズが合っていないとは言い切れません。お腹のサイズに合わせると下半身に違和感を感じる場合があります。そのため、サイズを大きくするのではなく、ホックをはずしベルトでズボンを固定することをおすすめします。それでもキツイと感じる場合はベルトも緩めましょう。しかし、立ち上がる前にベルトを締め直すことを忘れないようにしましょう。

太ももがキツイ

スーツで座り太ももがキツイ場合はサイズが合っていない可能性があります。女性の場合はむくみなどの原因で一時的にキツイと感じる場合もありますが、男性の場合はサイズが合っていない可能性が高いです。そのため、一つ大きいサイズに変更することをおすすめします。

太ももがキツイと感じることは、ズボンに余裕がなく、座る時に引っ張られている状態です。そのため、長時間座っていると生地を傷めてしまう可能性もあります。スーツはゆったり着こなすことが常識なため、座ると太ももがパンパンになるとスマートに見えません。

スーツで座る時の裾はどうするべきか?

スーツは立っている状態で大きさや裾の長さなどを気にしながら着用しますが、座っている時と立っている時とではスーツの形状が変わり、見た目に違いが起きます。特に、座る時にズボンの裾が上に上がって困ってしまう場合があります。座ると裾が極端に上がってしまう原因には幾つかの要因が考えられます。

一つ目は、スボンのサイズが合っていないことです。ズボンのサイズが小さいと上に上がりやすいので、一回り大きいサイズに変更しましょう。ウエスト部分にベルトなどできつく固定してしまうと、膝を曲げるとズボンの丈に余裕がなく、裾が上がります。

二つ目の理由は、足が長いことです。ズボンのサイズはウエストで決めてしまう場合が多いです。しかし、足の長さは個人によって違いがあるため、足の長さがズボンに合っていない場合もあります。

スーツで座る時にシワが出ないようにする方法は?

スーツを着る際に気になることがシワの有無です。スーツにシワがあるだけでだらしなく見られてしまうため、仕事に影響が出る場合があります。多くの人がシワができないように着こなそうと心掛けていますが、シワができてしまいます。カッターシャツとは違いアイロンで簡単にシワを伸ばすこともできないため、できる限りシワが付かないように努力する必要があります。

次に、スーツにシワができないようにする知識を紹介するので参考にしてください。

素材を選ぶ

最近のスーツはさまざまな素材で作られているため、軽く着やすいタイプも販売されています。素材はスーツにとって大切なことで、素材が違うだけで着心地に違いがあります。また、シワができやすい素材とできにくい素材があるため、シワが気になる方は素材にも注目して購入しましょう。

シワができにくい素材のスーツを購入することで、座る時でもシワができにくくシワ取りをする手間を省くことができます。

シワの直し方

シワができないように心がけていても知らない間にシワができてしまっていることもあります。そのような場合すぐにシワを直して出掛けないと印象が悪くなるため、必ずシワを伸ばしてから外出しましょう。しかし、シワの直し方を知らなかったり、独学でシワを直そうとすることもありますが、生地を傷めてしまう可能性もあるのでおすすめできません。

アイロンで伸ばすことで簡単かつ短時間で直すことができますが、素材によって使用不可の場合もあるので注意しましょう。

霧吹きスプレーを利用する

スーツのシワを簡単に伸ばす方法があります。それは、霧吹きスプレーを使う方法です。霧吹きスプレーは100円均一で簡単に購入することができ、中に入れる物もただの水で良いので誰でもできる方法です。

まず、霧吹きスプレーでシワが気になる場所に水を吹きかけます。ここで、注意しなければならないことが水の量です。多すぎるとビショビショになってしまい、少なすぎると上手くシワが伸びません。適量の水を吹き付けたあとは、手で軽く伸ばすようにしましょう。あとは、自然乾燥させるだけでシワが目立ちにくくすることができます。

スーツで座る時のネクタイの見え方は?

スーツで座る時に気になることがネクタイの長さです。スーツで座るとジャケットが両側に引っ張られやすく、ジャケットは元々真ん中が短い形に作られているため、ネクタイが見えてしまう場合があります。そのため、立った状態ではネクタイがジャケットから覗いていなくても、座ると見えてしまうことがあります。

長さに気を付ける

あまりに長すぎるとだらしなく見えるため、座った時でもネクタイが見えないことが理想です。座った時にネクタイが見える原因は、結び方が理想的ではないからです。ネクタイの長さは、立った状態でネクタイの先端がベルトに触れるか触れないかが理想的な長さです。ネクタイを結ぶ際に長さを調整するだけで座った時にネクタイが見える状態を回避することができます。

スーツで座った際に靴下が見えても良いのか?

スーツ姿で靴下が見えてしまうと見栄えが悪く、着ている本人も恥ずかしい想いをする場合があります。しかし、座った時に靴下が見えてもマナー違反ではないため、過剰に気にする必要はありません。靴下が見えても問題ありませんが、靴下がスーツにそぐわない色を選んでいるとマナー違反にもなるので注意しましょう。

脛が見えるとマナー違反

靴下が見えてもマナー違反にはなりませんが、脛までが見えてしまうとマナー違反です。そのため、裾が上がりすぎる場合は、ゆとりのあるスボンに変えることをおすすめします。

座った時が重要!

スーツ姿で気にするのが立った状態ですが、座った時にこそマナーが問われます。机などがある場合は、他の人に見られないため、気を緩めてしまいがちですが、普段から座った時のスーツを見え方を気にしましょう。特に、面接の時は面接官に座った状態で対面するため、マナー違反をしないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related