Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ジーンズに似合う革靴・色・おすすめのコーディネート|靴下

ジーンズに似合う革靴・色・おすすめのコーディネート|靴下
オシャレは足元から決まると言われるように、男女問わずファッションにおいてシューズは、重要なアイテムになります。ここでは、大人カジュアルではオーソドックスとも言えるジーンズと革靴のコーディネートの他、ジーンズに似合う革靴のカラーや種類についてご紹介します。

初回公開日:2018年6月29日

更新日:2018年6月29日

記事に記載されている内容は2018年6月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


メンズ・レディース別ジーンズに似合う革靴

オシャレは足元から決まると言われるように、メンズ、レディース問わずファッションにおいてシューズは、重要なアイテムの一つです。

そこで今回は、大人カジュアルではオーソドックスとも言えるジーンズと、革靴の組み合わせについてご紹介します。

メンズ・ジーンズに合う革靴はどのタイプ?

ジーンズと言えば、スニーカーと合わせる方も多いのではないでしょうか。しかし、最近大人男子の間では、ジーンズに革靴の組み合わせが、とても人気があります。

革靴はジーンズと合うものが多いのですが、ここでは、着こなしを工夫しなくてもコーディネートがスタイリッシュに決まるタイプの革靴を紹介しましょう。

ローファー

ローファーは、紐がないデザインなので着脱が簡単なのがうれしいポイントです。また、基本的にはカジュアルなイメージが強いので、ジーンズとの相性はとても良いと言えるでしょう。

ローファーには、たくさんのデザインやカラーが展開されています。ローファーに合うのは、ロールアップをしたジーンズなど足首が見えているシチュエーションでコーディネートすると、よりオシャレ度がアップします。

レースアップブーツ

レースアップブーツとは、紐を交互に締めて履くブーツのことです。

冬のコーディネートでは、よく見かけるブーツでスキニ―タイプのジーンズに合わせると一気に足元がオシャレな印象になります。さらにレースアップブーツとスキニージーンズのカラーを同じにすることで、脚が長く見える効果があります。

デッキシューズ(モカシン)

デッキシューズとは、本来ヨットや船舶で履くための靴で、滑らないようにゴム底になっています。

デッキシューズの特長はタフで歩きやすいことで、ジーンズとの相性もとても良いです。また、カラーも素材もバラエティがありますが、子供っぽくならずにコーディネートできるおすすめのデッキシューズは、オールレザータイプです。靴下にもこだわれば、さらにオシャレ度がアップするでしょう。

レディース・ジーンズに合う革靴はどのタイプ?

レディース用では、革靴の種類もカラーも数え切れないほどあります。

また、レディースの場合には、カジュアルでもフェミニンでも、チョイスする革靴によって印象が全然違ってきます。

パンプス

女性らしさを演出したいときのジーンズのコーディネートには、パンプスを履くのが一番良いでしょう。

特にスキニータイプのジーンズの場合には、ヒールがあるパンプスを合わせると脚長効果が期待できます。

しかし、どうしてもヒールが苦手な方や、たくさん歩く日には、ポインテッドトゥ(つま先が尖ったもの)のフラットシューズを選べば女性らしくなります。

ショートブーツ

近年流行中の冬の革靴といえば、ショートブーツです。基本的に、黒のショートブーツはどんなファッションともコーディネートしやすいのでおすすめになります。

たとえば、ロールアップジーンズと合わせてコーディネートする場合、足首のすき間を作らないことがポイントです。階段を上ったときなどにチラッと見せるために、おしゃれな靴下をチョイスすればオシャレの上級者になれるでしょう。

さらに、スキニージーンズと、すっきりとしたデザインのショートブーツを合わせると脚が長く見える効果もあります。

オックスフォードシューズ

オックスフォードシューズの名前の由来は、イギリスのオックスフォードの学生たちが1600年代に着用したことに由来しています。このシューズの特徴は、甲を靴紐で結ぶタイプの丈の低い革靴になります。

ジーンズにオックスフォードシューズを合わせると、カジュアルっぽさを軽減することが可能です。コーディネートする際には、裾をロールアップさせて足首を見せることで、すっきりとした印象になります。

ジーンズに似合う革靴のカラー

ジーンズにスニーカーを合わせるのはポピュラーですし、楽で良いですが、シチュエーションによって大人っぽくまとめたいときにはオフ用に1足革靴を持っていると、コーディネートの幅がグンと広がります。

ここからは、ジーンズに似合う革靴のカラーをご紹介していきましょう。

ブラック

ブラックは、どんな場面にも似合うカラーになります。したがって、初めて革靴を履いてみようとする方にはおすすめのカラーです。

たとえば、白のジーンズにブラックの革靴は、洗練された大人のイメージを演出するのにふさわしいコーディネートでしょう。

その他にも、柄物のジーンズやダメージジーンズなどに合わせるコーディネートとして、ブラックの革靴を合わせるのもおすすめです。ブラックはシンプルなカラーなので、全体を引き締めてくれるでしょう。この場合には靴下のカラーもシンプルにするか、または履かない方が似合います。

また、ブラックは冬に似合うカラーになります。スキニージーンズに、すっきりとしたデザインのブラックのショートブーツを合わせると脚長効果もあるのでメンズ、レディース共におすすめです。

ブラウン

ブルー系ジーンズが好きな方は、革靴のカラーはダークブラウンがおすすめです。オーソドックスな着こなしをセンスよく決めるには、上質なブラウンのローファーが似合います。

また、ブラウンは季節的には秋に溶け込むカラーです。やわらかなブラウンの革靴は、季節感とともに、ふんわりした女性らしさのあるコーディネートになるでしょう。

ホワイト

カジュアルなジーンズに革靴というきれいめなアイテムを組み合わせる場合には、バランスが大切になります。

ジーンズにホワイトの革靴をプラスすることで、清潔感や清々しさを演出してくれます。中でも、ベルボトム風や、フレアジーンズなどの裾の広がったタイプのジーンズとホワイトの革靴を合わせると、よりさわやかな印象になるでしょう。

ジーンズと革靴のコーディネート

ジーンズは、一年を通して着られる優秀なアイテムです。そこに革靴というきれいめなアイテムをプラスすることで、よりお洒落なコーディネートになります。

ここでは、ジーンズと革靴のコーディネートを、シンプルから個性的なものまでご紹介します。

Tシャツ

ジーンズとTシャツの組み合わせと言えば、すごくシンプルな定番コーディネートになります。どちらもカジュアル感が強いので、ここに革靴を履くことによって、一気にきれいめコーディネートになります。

しかし、Tシャツがラフなイメージになるので、ジーンズは細身のタイプをチョイスすることが、コーディネートを成功させる秘訣です。

また、よりドレスっぽさを演出したいのならば、ツバ広のハットをプラスするのもおすすめです。

ジャケット

大人の小粋さを演出するスタイルを実現したい場合は、Tシャツ+ジーンズ+革靴にジャケットを合わせると良いでしょう。半袖のTシャツだけでは、心細いという方にもジャケットはおすすめのアイテムです。

夏を感じさせるさわやかなコーディネートならば、涼しげなカラーのジャケットと革靴を合わせましょう。

また、ベージュ系のジャケットとジーンズを組み合わせたシンプルなスタイルでは、革靴をプラスすることで、エレガントさを演出できます。

シャツ

基本的にシャツは、いろいろなアイテムと組み合わせやすく、応用もしやすいので取り入れやすいでしょう。

シャツとジーンズにプラスして、革靴を合わせたオフィスカジュアルスタイルでは、小物類を革靴のカラーと揃えると、よりオシャレ度が増します。

また、ジーンズの素材で統一したコーディネートでは、ワイルドな雰囲気を演出できるでしょう。

アクセサリー

特にレディースの場合、夏は薄着になるので、オシャレに決めたいときにはアクセサリーと革靴で他の人と差をつけましょう。

シンプルなコーディネートの時には、さわやかなターコイズカラーのネックレスとブラックの革靴で大人っぽさを強調すると素敵です。

また、太めのジーンズにビビットなカラーのネックレス+パンプスを合わせるとエスニックなイメージになります。

ジーンズに革靴をあわせるときの靴下

ちょっと脚を組んだ時や階段の上り下りををするときなど、ジーンズの裾から少し見えた靴下が素敵だとオシャレな人だと感じます。したがって、コーディネートの仕上げとして、靴下は意外と重要なアイテムになります。そして、自分が考えている以上に周りの人からは注目されています。

それでは、どんな靴下を選べば良いのでしょうか。

靴下をあまり目立たせたくないという日の場合は、靴かジーンズと似たカラーの靴下を選ぶと良いでしょう。

また、靴下を差し色にしたい場合は、靴下以外のアイテムはあまりカラフルにしないことが大切です。靴下が目立ち過ぎるのが心配なら、靴下の柄の一部分のカラーが靴かジーンズと同じものを選ぶと、適度に順応しつつワンポイトになってくれます。

ジーンズに革靴をあわせる相性

革靴はフォーマルなイメージを持つ方が多いですが、カジュアルなジーンズとの相性は抜群です。ジーンズと革靴のカラーやデザインを、バランスよく着こなすことが、おしゃれに見せるコツになります。

また、レディースにとってジーンズ+革靴の組み合わせは、見た目もキュートで、着心地もいい一挙両得のコーディネートと言えるでしょう。

メンズにとっても、ジーンズに革靴のコンビネーションは年齢を問わず、足元を格上げできるコーディネートになります。

ダサいのか

メンズにとってもレディースにとっても、ジーンズと言えば一般的にはボトムスとしては定番のアイテムではないでしょうか。

しかし、一歩間違えてしまうと、ジーンズはダサい印象になってしまいます。その理由として一つ考えられるのは、ジーンズはカジュアルな印象なので、他のアイテムまでカジュアルにしてしまうと子供っぽくなりすぎてしまうからです。

したがって、しっかり着こなしを考えないとダサくなりやすいアイテムにもなりかねません。

そこで、きれいめな革靴をプラスすることで、エレガントさが加わり、大人っぽくドレスアップすることができます。

ジーンズ+革靴でワンランク上のコーデを目指そう

ジーンズは、今ではカジュアルの王道と言っても過言ではないくらい、誰もが一つは持っているアイテムだと言えるでしょう。

しかし、ともすればカジュアルになりすぎてしまうコーディネートを、大人っぽくワンランク上に演出してくれるのが革靴です。

革靴と言っても、たくさんのタイプが販売されていますが、あなたのお気に入りのジーンズに合う魅力的な一足を見つけてみて下さい。そして、足元をオシャレに決めて、買い物やデートを楽しみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related