Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年10月16日

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

一日中パンプスを履いていると、気になるのがその嫌な臭いです。女性でもパンプスや足のくさい臭いに悩まされている人は意外と多いです。パンプスを脱ぐときにもその臭いに躊躇せずに済むように、パンプスの臭いが取れる水洗いの方法や臭いの対策法などをご紹介します。


パンプスの臭い取り方法

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

女性の足を美しく見せてくれるパンプスですが、仕事やお出かけで一日中履いていると脱いだときに嫌な臭いがムワッとすることがあります。仕事で一日中パンプスを履いてる時や、夏場に素足でパンプスを履いてる時はなおさらに自分のパンプスと足の臭いが気になるでしょう。

会社帰りの飲み会が靴を脱ぐタイプの座敷がある居酒屋だったら思わず逃げ出したくなります。足の臭いというのは男性の悩みと思われがちですが、女性でもパンプスや足の臭いで悩んでいる方は意外と多いです。今回は臭くなりがちなパンプスの臭い取りの方法や対策などについてご紹介します。

パンプスの臭いの原因は?

パンプスがなぜ臭いのか、それは足の裏から出る汗と汚れ、そしてそこから繁殖する雑菌が臭いの原因になります。足の裏はエクリン腺という汗腺が数多くあり、とても汗をかきやすい場所です。足の裏は毎日コップ一杯分の汗をかくと言われています。

汗をかくとパンプスの中が蒸れて、雑菌が繁殖しやすいです。そして足先は皮脂や垢、足から剥がれた角質など雑菌の栄養がとても豊富なところなので、そのままにしておくと雑菌はどんどんと繁殖し、くさい臭いが発生するようになってしまいます。この足の臭いがパンプスに付着し、パンプス自体も臭くなってしまいます。

さらに雑菌が繁殖したパンプスを履くことによって足にその臭いがつき、臭くなった足でパンプスを履くことによってさらにパンプスが臭う、という悪循環になってしまうこともあります。

臭いをなくすパンプスの洗い方

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

臭いがついたパンプスは、洗うと臭いを取ることができます。パンプスは仕事や外出先で汚れやすいので、洗って汚れと臭いをスッキリさせましょう。しかしあまり頻繁に洗うとパンプスが傷んだり形が崩れてしまうので、月に一回程度を限度としてください。

気を付けるのはパンプスの素材によって洗い方が違うということです。パンプスは合皮、もしくは本革のものが多いので、その素材別にパンプスの洗い方をご紹介します。

合皮のパンプスの洗い方

合皮のパンプスの場合は、スニーカーなどを洗うときと同じ要領で水洗いすることができます。

1.まず靴裏の大まかな汚れを落とし、バケツに中性洗剤を薄めた水を用意してパンプスの全体を軽く濡らします。

2.合皮の表面が傷つかないように柔らかな雑巾やスポンジを使って、汚れた部分を擦ってきれいにします。

3.内側の部分は靴用たわしで擦っても大丈夫です。むしろこの部分が臭いの原因となるので、気合を入れてしっかりときれいに洗いましょう。

4.水で洗剤が残らないようにしっかりとすすいで、水気を切って風通しのいい場所で陰干しします。洗剤が残るとシミになったり臭いの原因となるので注意してください。陰干しするときはシューズキーパーを使うか、新聞紙などを詰めておくと型崩れしにくいです。

革製のパンプスの洗い方

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

本革は水で濡らしてはいけないというのが常識ですが、本革用の専用の洗剤を使って洗うことができます。しかし、物によっては色落ちするものもあるので、取扱説明書はしっかりと読んで確認しましょう。

1.乾いた布でパンプスの表面の油分を拭きます。

2.水を含ませたスポンジでパンプスの表面全体を濡らしていきます。全体を均一に濡らしておかないと、後で色ムラの原因となりますので注意してください。

3.スポンジに本革用の洗剤をつけて泡立たせます。きめの細かい泡の方がおすすめです。泡をパンプス全体にのせていき、使い古した歯ブラシなどを使って優しく擦ります。力は入れなくて大丈夫です。

4.きれいなスポンジを用意し、泡と汚れを一緒に優しく吸い取ります。洗い流さなくてもOKです。汚れを優しく拭き取ったら、シューズキーパーなどを入れて風通しのいい場所で陰干しします。必要でしたら乾いた後に靴用クリームを塗って仕上げてください。

パンプスの臭いの対策方法

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

パンプスを洗うと臭いが取れるとは言っても、毎日パンプスを洗うわけにもいきません。それに一日中パンプスを履いて仕事をしたり、特に季節が夏場だったらすぐにパンプスが臭くなりがちです。そんなときはどうすればいいのか、パンプスの臭いの対策方法をご紹介します。

立ち仕事でパンプスを履く場合

仕事で必ずパンプスを履かなくてはならない場合、一足をずっと履き続けるのは避け、数足パンプスを用意しておいて毎日ローテーションさせるようにしましょう。これはパンプスだけではなくすべての靴に言えることですが、靴は一日履いたら一日休ませるのがベストです。染み込んだ汗は一晩寝かせるだけでは乾きません。

そして、一日中履いたパンプスは風通しのいい場所で陰干しをさせましょう。嫌な臭いがつきにくくなりますし、パンプス自体の寿命が延びていいことだらけです。

なるべくパンプスを履かないようにする

一日中パンプスで立ち仕事は大変です。足の疲労を減らすためにもパンプスの臭いを減らすためにも、仕事中以外はパンプスを履かないというのもおすすめです。

通勤用にスニーカーやローファーを用意し、仕事中のみパンプスを履くようにして休憩時間は職場に用意したサンダルやスリッパを履くようにすると、パンプスの蒸れが軽減されます。パンプスは見た目は美しいですが疲労が溜まりやすいのも確かです。仕事中以外はなるべくパンプスを履かないようにしてみましょう。

ソックスやフットカバーを履く

素足でパンプスを履くのは当然蒸れますが、ストッキングを履いてパンプスを履いてもやっぱり結構蒸れます。そこでストッキングにプラスして、五本指ソックスや五本指のフットカバーを履くと臭いが軽減されるのでおすすめです。

五本指のソックスは足指の間の汗をしっかりと吸い込むので清潔ですし、臭くなりにくくなります。最近ではパンプス用の五本指ソックスが売られています。オープントゥのパンプスでも履ける指先がないものもあるので夏場にもおすすめです。

夏にパンプスを履く場合

Bottom banner
パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

夏に素足は汗をたくさん掻いてその汗がそのままパンプスに染み込んでしまうので、パンプスや足が臭くなりがちです。夏に履くパンプスは通気性の良い蒸れないデザインのものを選びましょう。指先が開いているオープントゥやかかとの部分がメッシュになっているものなどがおすすめです。

パンプスの臭い対策におすすめのもの

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

パンプスを洗うのは手間がかかるし、何より毎日洗うことはできません。パンプスの臭いが気になったときに、すぐ簡単に、しかも毎日使えるパンプスの臭い対策におすすめのものをご紹介します。

重曹で臭い対策

ナチュラルクリーニングで注目されている重曹ですが、お掃除に使えるだけではなく消臭剤としても優秀なアイテムです。重曹でパンプスの臭いを取る方法はとっても簡単です。

1.重曹を使い古しのストッキングやお茶の葉を入れる不織布のパックなどに入れてこぼれないようにし、シューズキーパーのようにパンプスの内側に詰めます。

2.一晩そのまま放置します。重曹には消臭と湿気を吸い取る効果があるので、パンプスの臭いが取れます。

下駄箱の中に同じように重曹を置いておいても消臭と除湿の効果があるので、おすすめです。

サラサラした粉です。計量カップなどは付いていません。
洗濯では、コレ+お湯+つけおき洗いで、皮脂系の汚れと臭いがよく落ちます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2G76LGNPO7U... |

中敷きで臭い対策

パンプスの臭い対策におすすめなのが「中敷き」です。パンプスを度々洗うことはできませんし手間がかかりますが、中敷きを敷いておくと靴の底に染み込む汗を吸収してくれるし交換も簡単にすることができます。

最近では消臭効果や抗菌効果、通気性を良くする効果の中敷きも販売されています。パンプスの汗の染み込みを軽減し、雑菌の繁殖を減らしたり足の臭いを消してくれるので、自分の足に合った中敷きを選んで使いましょう。

香りがかなりありますが、嫌いではない香りなので気になりません。
25cmのパンプスに使いました。切るのは少し面倒だけど靴に合わせられるのでよかったです。

出典: http://amzn.asia/d/gOKtFCE%20 |

スプレーで臭い対策

パンプスの臭い対策で一番手っ取り早いのが消臭効果のある靴スプレーです。靴スプレーには香りのあるものと無香料のものがありますが、香りのあるスプレーはパンプスの臭いと混じって不快な臭いになることもあるので、無香料のスプレーがおすすめです。

消臭効果だけでなく、抗菌効果のあるものや除湿効果のある靴スプレーもあります。急に靴を脱がなければいけない時も靴スプレーを一本持っていると安心です。

スプレータイプで靴先の奥まで噴射できる。スプレータイプだと角度によって出にくかったら助かる。また他メーカーより香りがキツくないので、オフィスで気兼ねなく使用できる。また持ち運び便利なので、バッグに入れてもかさばらない。

出典: http://amzn.asia/d/cUuHX5z%20 |

パンプスの臭いが取れないときの対処法

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

パンプスの臭い対策をしても臭いが気になるという方は、根本的に臭いを取る方法を試してください。

まずは足をきれいにすることが大切です。入浴の際に足をきれいに洗います。パンプスの原因となる雑菌は足の裏から剥がれ落ちた角質を栄養源とするので、軽石などを使って足裏の角質を除去しましょう。角質を取り除いたら足指の間までしっかりと石鹸で洗いましょう。

パンプスは消臭・抗菌スプレーをして乾燥材を中に入れます。少なくとも三足ほどパンプスを用意してローテーションをし、毎日同じパンプスを履くことは避けます。

足とパンプスの臭いを取り除いたら、残るは下駄箱です。下駄箱の臭いがパンプスにつかないように、下駄箱の中に消臭剤を入れておきます。湿気対策に新聞紙を敷いたり、重曹や炭を置いても効果があります。

気になるパンプスの臭いをすっきり!

パンプスの臭い取りの方法・対策方法・臭いがとれないときの対処法

パンプスの臭いは足の汗で靴の中が蒸れて雑菌が繁殖するのが理由なので、臭いだけでなく衛生的にも良くありません。パンプスをきちんと乾燥させて消臭し、正しい履き方をすると衛生的ですしパンプスの寿命も長くなります。参考にしてみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related