Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

腕時計の選び方・似合う腕時計|男女/年代/ケース/ビジネス

腕時計の選び方・似合う腕時計|男女/年代/ケース/ビジネス

最近は、スマホを見れば、時間が分かる時代ですが、社会人である以上、腕時計は最低限の身だしなみとしてつけるようにしましょう。ここでは、男女別、年齢別に人気のあるものや会社で使っても浮かないオンオフを兼ね備えた腕時計も紹介しています。

初回公開日:2018年08月07日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年08月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別腕時計の選び方

男女別の腕時計の選び方について詳しくご紹介していきます

男性

男性が腕時計の選び方で重要視ししているのは、機能性やブランドであることが多いですが、ビジネスシーンで高価な腕時計を身に着けるのは、お勧めしません。

会社での立場や職種によっては、その高級感や存在感が悪目立ちして、嫌味に受け取られてしまう可能性もあります。特に入社1、2年目の人、人と会う機会の多い接客業や営業職の人は、腕時計の選び方に気を付けましょう。

男性が時計にかける予算の相場は手取り年収の3~30%と言われています。時計好きの男性は年収の30%程度の時計を分割払いで購入する人もいます。

腕時計のベルトの選び方としては、大切な商談などでは、レザー製のベルトのフォーマルな時計が望ましく、普段使いにもお勧めなのは、使い勝手の良いステンレス製がよいでしょう。適度なフォーマル感もあって、重宝します。

女性

女性の腕時計の選び方は、機能性よりも、ファッション性を重視することが多い傾向にあり、ある統計では、女性の70%が機能性よりデザインやカラーを重視する傾向がありました。もちろん、どんな時に身に着けるかを考えることも大切です。できればビジネス用と普段使い用を準備するのが理想的です。

顔の形や体型に近い腕時計を選ぶのもお勧めです。例えば、丸顔の人は丸みを帯びた「ランドタイプ」、手首の華奢な人は厚みの薄い時計を付けましょう。バランスがよく見えます。

ビジネスシーンでは、シンプルなデザインで、文字盤がやや小さめの華奢なものが好評です。また、オンとオフにも対応できるようにバンドが交換できるタイプも人気があります。

オシャレで使う場合は、ブレスレットのようにアクセサリー感覚で付けることもできるデザインも好まれています。

年代別腕時計の選び方

年代別の腕時計の選び方について、ご紹介していきます。参考にして見てください。

20代

20代の社会人の腕時計の選び方で重要なのは、高すぎても安すぎてもよくなく、1万~5万円がベストです。

海外製で人気が高いのが、ポールスミスとカルバンクラインです。カルバンクラインは、オンオフ使えて、価格帯も5万前後のものが多いので悪目立ちすることはないでしょう。

カルバンクラインも、若い世代から人気のアメリカ発祥ブランドです。キレイ目のオフ、ビジネスシーンと汎用性が高く、大きめのフェイスで存在感もあります。いずれもプレゼントとして贈られることが多い時計です。

国内三大ブランドの、セイコー、シチズン、カシオも人気があります。セイコーとシチズンは、3,000円~230万と価格帯は広いですが、どの価格帯でも品質の良さが保証されているブランドです。腕時計を選び方で、手ごろな価格と性能を求める人にちょうどよいでしょう。

カシオはデジタル時計の取り扱いが多いので、オフィスカジュアルに寛容な会社向けです。

30代

30代は、5万円~10万弱の価格帯の腕時計を身に着ける人が多いでしょう。大学卒業後に、新入社員として入社し、10年を過ぎたころが、30代にあたります。昇進や転職などの経験を経て、社会人として視野が広がっている時期です。中には結婚や子どもの誕生という生活スタイルの変化がある人もいるでしょう。

30代は色々な経験をして、「円熟した感性」を持ち始めるスタート地点です。なるべく人気モデルを買うのではなく、自分の感性を大切にした時計選び方をすることをお勧めします。

よりフォーマルな場に出る機会が増えるので、その場に合う時計であることが必要です。また30代の感性で購入した時計は長く使えることが多いです。メンテナンスが長くできるメーカーを探しましょう。

40代

40代といえば生活も落ち着き、会社で責任のある役職についている人もいるでしょう。部下も増え、先輩として身だしなみにも気を付けたいところです。

40代男性で、ビジネスマンが自分で買う場合は、10万~30万円が相場といわれています。ただし不景気なこともあり、10万円以下のコスパがよいブランド時計も好まれています。形はビジネスシーンやフォーマルな場でも使える、アナログ式が人気です。

ステータスシンボルとしても重要な役割を果たす40代の腕時計で人気が高いのが、ロレックス、オメガなどの知名度の高い高級時計になります。ロレックスは50万~300万しますが、オメガはそれほど高価ではないので、ちょうどよい高級感があります。

国内三大ブランドで、腕時計に特化したブランドがセイコーです。40代は、トレンド感をやや控えめにし、全体を品のよい光沢で統一した落ち着いた雰囲気で人気です。グランドセイコーラインがお勧めです。

女性の年代別腕時計

Bottom banner

男性とと同じく、女性も、20代、30代、40代と年を重ねるごとに似合う時計は変わってきます。それぞれの年代にふさわしい腕時計の選び方を紹介します。

20代~30代後半

若々しい20代前半から30代前半にかけての腕時計の選び方としては、ビジネスシーンでも普段使いもできる機能性を重視した腕時計を選びましょう。国内三大ブランドのうちセイコーは、ムダな装飾を省いたシンプルで洗練されたデザインのものが多いです。

価格も3万円程度から高品質な腕時計がそろっています。オンオフ関係なく使えうころのできる「ルキア」シリーズが人気です。

女性で、子供のいるお母さんが気軽につけられるのが、カシオのBaby-Gです。安い物なら1万円程度で手に入ります。男性向けののG-SHOCKをレディース向けに改良したモデルで、機能性とファッション性を兼ね備えています。

10万~と少し値ははりますが、大人のデザインを選ぶなら、ハミルトンもお勧めです。「ベンチュラ」は三角形のフォルムで人と被りません。

30代後半~40代

30代前半までは、オンオフ兼用のシンプルなデザインを選んでいる人が多い傾向にありますが、年を重ねると一生もののレディース腕時計が欲しいと感じてくる人も多いでしょう。

ネックになるのは予算ですが、憧れの時計を身に着けることで生活にも張り合いが生まれてきます。例えばカルティエは、予算的には数十万円になりますが、高級感溢れるデザイン性を考えると十分な価値が感じられるでしょう。

ビジネスでの腕時計の選び方

ビジネスマンとして正しい腕時計選び方には、大きく3つのポイントがあり、デジタルではなくアナログを選ぶこと、仕事用は黒皮(またはステンレス)、白無地地盤、3針時計のものを選ぶこと、フォーマルな場では革ベルトを選ぶことです。

スーツに合わせた選び方の注意点は、靴やベルトと色を合わせる、スーツとの価格帯を合わせる、体型に合ったケース(腕時計のメインになる部分)を選ぶことです。

靴、ベルト、腕時計の色を合わせと全体的にまとまった雰囲気になります。また安いスーツに100万以上する腕時計をしても腕時計だけ浮いてしまうので、スーツとのバランスを取りましょう。

また、これは若い人に多いですが、時計を付けずにスマートフォンで時間を確認する人がいます。相手にも失礼にあたるので、腕時計の装着は社会人の常識だと考え、常に身に着けるようにしましょう。

学生の腕時計の選び方

学生の腕時計の選び方について、ご紹介していきます。

高校生

高校生が、自分で購入する場合、5,000円~2万円ぐらいが相場です。

高校生、とりわけ男子高校生は、ライフスタイルによって腕時計の選び方が多様化しています。例えば、部活をしている高校生は、スポーツタイプのデジタル式腕時計が人気です。アディダスやニクソン、G-SHOCKなどが好まれています。

制服に合う腕時計を探している高校生は、大人な雰囲気のあるアナログ式の腕時計を好みます。ベルト部分を革にするか金属にするか迷った時は、落ち着いた革がよいでしょう。金属が好みの人は、細身でシンプルなものにすると、腕時計だけ悪目立ちすることはありません。

ダニエルウェリストンは、SNSでも人気です。シンプルなデザインで丸い大きな文字盤が特徴です。ナイロン製のベルトと革製のベルトを選べるので、気分で付け替えられるようにセット購入する人も多いです。

似合う腕時計の選び方

似合う腕時計の選び方のポイントは、時計の形が、自分の顔型に近いものを選ぶことが大切です。丸顔の人は丸い形の時計を選び、面長であれば四角形や長方形のものを選びましょう。

また、選び方で重要なのは体型も考慮することです。がっしりした人は大きめのサイズを選んだり、華奢な人はサイズが少し小さめの厚みがないものを選ぶとよいでしょう。少しぽっちゃりで手首が太い人は、分厚い時計が似合います。

背の高さと時計選びは、あまり関係ないので、顔型と体型から総合的に考えて選ぶことを心がけましょう。

腕時計ケースの選び方

腕時計のケースとは腕時計の中心になる部分の呼称です。腕時計ケースの選び方のついて記載します。

ケースのシルエットを選び方のポイントは、自分の体型や顔型に合った選ぶことです。例えば、身体の大きい人は丸形のラウンドケース、細身な人は縦長の長方形のケース、がっちりとした筋肉質の体型の人はスクエア型が似合うでしょう。

一人一人、自分に合う腕時計のデザインは異なるので、ぜひ探してみてください。

似合う腕時計が、魅力を引き出してくれます

男性は、若手の頃の選び方のポイントは主張が少ない機能性を重視した腕時計でしたが、役職や立場に変化が出てくると、ステータスシンボルとして一生ものの時計を購入する人も少なくありません。

女性も、オンとオフの使い分けができるシンプルな中にもファッション性を兼ね備えた時計を選ぶ人が多いです。ただし40代前後になると、憧れの高級時計を一つは持ちたいという女性も縫えています。

吟味して探した、年齢、生活スタイル、顔型、体型に合う腕時計は、あなたの持つ本来の魅力をさらに引き出してくれるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人