Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

長距離ドライバーの世代別平均年収とは|平均年収アップのポイント5つ

長距離ドライバーの世代別平均年収とは|平均年収アップのポイント5つ
車を運転する人のことを一般的には「ドライバー」と表現します。その中でも、長い距離にかけて指定されたものを指定された場所へ運ぶ人のことを「長距離ドライバー」と言います。今回は、「長距離ドライバー」の年収に関する実情についてさまざまな観点から見ていきます。

初回公開日:2019年7月2日

更新日:2019年8月20日

記事に記載されている内容は2019年7月2日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


長距離ドライバーとは

車を運転する人の事、すなわち「運転手」を一般的にはドライバーと表現します。その中でも、長距離にかけて「指定された場所へ荷物などを運ぶ職業」を長距離ドライバーと言います。

インターネット上などで頻繁に、長距離ドライバーに関する求人を見かけたことがあるはずです。現在大きく注目されている職業となります。そこで今回は長距離ドライバーに関する情報を見ていきましょう。

運送業界の平均年収は

その前に気になるのが運送業界全体での平均年収です。運送業界と言うと、非常に給料が高いイメージが先行していますが実際の給料はどうなのかを見ていきましょう。

早速、答えをお伝えしましょう。運送業界の平均年収は350~486万円になります。日本の平均年収が412万円なので、平均くらいの給料だと言えます。一般的な「ドライバーの給料は高い」という認識を改めさせられます。

平均年収に差が出る理由とは

一般に、長距離ドライバーの給料および年収は個人差が多いことで知られています。長距離ドライバーの給料および年収に個人差があるという点については、もちろん理由があります。その理由について、述べていきます。

長距離ドライバーの給料および年収に個人差がある理由は、給料が走行した距離による歩合で確定するからです。ドライバーの走行距離が長いと、給料が高くなると言えます。

長距離ドライバーの企業別平均年収は

長距離ドライバーの給料と年収に個人差がある理由を見て参りました。同じ組織に属しているドライバーの間でも、給料に差が出るというのは驚きです。

ということは、所属する企業の規模が変わると長距離ドライバーの給料も変わります。一般的には規模が大きくなればなるほど、給料や年収は高くなります。そこで次は、3つの規模に分けて長距離ドライバーの給料と年収を見ていきましょう。

年収例1:大手運送会社

まずは、大手運送会社に所属する長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。大手運送会社に所属する長距離ドライバーの場合、年収は平均で455.9万円となります。また、月平均の給料で言うと約38万円という数字になります。

日本の平均年収がおよそ412万円で、月平均の給料にすると34.3万円になります。つまり、月の給料が日本の平均と比べて4万円程高いです。

年収例2:中規模運送会社

続いて、中規模運送会社に所属する長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。中規模運送会社に所属する長距離ドライバーの場合、年収は平均で377.3万円となります。また、月平均の給料だと約31.4万円になります。

大手運送会社に所属する長距離ドライバーの年収例と比べると、78.6万円ほど差があります。月平均の給料で比べても、2.9万円の差があると言えます。

年収例3:小規模運送会社

続いて、小規模運送会社に所属する長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。小規模運送会社に所属する長距離ドライバーの場合、年収は平均で341.9万円となります。また、月平均の給料で言うと約28.5万円になります。

大手運送会社に所属する長距離ドライバーの年収例と比べると、114万円ほど差があります。月平均の給料で比べても、5.8万円の差がある計算です。

長距離ドライバーの年齢別平均年収とは

所属する組織の規模によって、長距離ドライバーの給料および年収にどれくらいの差があるかを見て参りました。所属する組織の規模が変わると、長距離ドライバーの給料に差が出ることが分かりました。

それでは続いて、長距離ドライバーを務める方の年齢が変わると給料にも変化があるのかという部分が気になります。5つの年代に分けて長距離ドライバーの給料と年収を見ていきましょう。

20代の長距離ドライバーの平均年収

まずは、20代の長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。20代に関してですが、20代の前半と後半では年収と月の給料が違います。

20代前半の長距離ドライバーの年収は平均で224万円となります。また、月平均の給料で言うと約18万円になります。一方、20代後半の長距離ドライバーになると年収は平均で254万円となります。月平均の給料で言うと約21万円です。

30代の長距離ドライバーの平均年収

続いて、30代の長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。30代の長距離ドライバーの場合、年収は平均で278.0万円となります。また、月平均の給料で言うと約23万円なります。

日本の30代平均年収が291万円となるため、平均と比べると13万円年収が低い計算となります。月の給料で言うと、30代の平均的な月の給料が約24万円なので約1万円も低いと言えます。

40代の長距離ドライバーの平均年収

続いて、40代の長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。40代の長距離ドライバーの場合、年収は平均で356万円となります。また、月平均の給料で言うと約30万円になります。

日本の40代平均年収が477万円となるため、平均と比べると121万円年収が低い計算です。月の給料で言うと、40代の平均的な月の給料が約40万円なので約10万円も低いと言えます。

50代の長距離ドライバーの平均年収

続いて、50代の長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。50代の長距離ドライバーの年収は平均で414万円となります。また、月平均の給料で言うと約34.5万円になります。

日本の50代平均年収が540万円となるため、平均と比べると126万円年収が低い計算となります。月の給料で言うと、50代の平均的な月の給料が約45万円なので、約10万円も低いと言えます。

60代以上の長距離ドライバーの平均年収

続いて、60代の長距離ドライバーの年収例と給料を見ていきましょう。60代の長距離ドライバーの年収は平均で343万円となります。また、月平均の給料で言うと約28万円になります。

日本の60代平均年収が395万円となるため、平均と比べると52万円年収が低い計算となります。月の給料で言うと、60代の平均的な月の給料が約32万円なので約4万円も低いと言えます。

長距離ドライバーの年収アップのポイント5つ

長距離ドライバーの年代に応じて、給料と年収にどれくらいの差があるかを見て参りました。長距離ドライバーの年代が変わると、年収および月の給料に差が出ること、加えてどの年代も、日本の平均と比べて年収と月の給料共に低いことが分かりました。

そのため、何かしらの工夫が必要です。長距離ドライバーの方が年収や月の給料を多く得るためのポイントを見ていきましょう。

年収アップのポイント1:特殊車両の免許を取得する

長距離ドライバーの年収をアップさせる1つ目のポイントが、特殊車両の免許を取得することです。特殊車両の免許を取得すれば、他のドライバーとの差別化が図れるので年収アップに必ず繋がります。

長距離ドライバーの方で年収を気にされている方、そしてこれから長距離ドライバーを目指す方は特殊車両の免許を取得しましょう。

年収アップのポイント2:建設業関連に転職する

長距離ドライバーの年収をアップさせる2つ目のポイントが、建設業関連に転職することです。建設業関連の業界は、現在とても求人ニーズの高い市場です。そもそもの求人ニーズが高い長距離ドライバーと掛け合わされると、好待遇で迎え入れられることが期待できます。

長距離ドライバーとして職種を選ぶ際は、「どの業界に属する会社か」という視点も持つと良いでしょう。

年収アップのポイント3:勤務体系を見直す

長距離ドライバーの年収をアップする3つ目のポイントは、勤務体系を見直すことです。

というのも、長距離ドライバーの勤務形態は非正規社員が多いという事実があります。非正規社員の場合だと、年収だけでは無く福利厚生面の条件も正規社員と比較すると良くないです。福利厚生を受けられるかどうかは、間接的に自身の年収に関わります。

年収アップのポイント4:距離を伸ばす

長距離ドライバーの年収をアップする4つ目のポイントは、距離を伸ばすことです。前述したとおり、走行距離の歩合で給料が決まるので自分の頑張り次第で給料を上げることが可能となります。無理は禁物ですが、一番簡単に給料を上げられる方法です。

年収アップのポイント5:単価を上げる

長距離ドライバーの年収をアップする最後の方法は、単価を上げることです。

何度も申し上げますが、長距離ドライバーは走行距離の歩合で給料が決まります。これを式に表すと「走行距離×ベース単価」という計算になります。つまり、「走行距離」だけなくベース単価を上げることで給料をアップできることが分かります。

長距離ドライバーの平均年収を把握しましょう

以上が長距離ドライバーの年収に関する実情です。企業の規模や年代など、さまざまな視点から長距離ドライバーの年収に関する実情を見ていきました。

長距離ドライバーへの転職を考える際は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related