Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

運送会社が倒産する理由とは?運送会社が倒産する原因の解消方法3つ

運送会社が倒産する理由とは?運送会社が倒産する原因の解消方法3つ
近年、人手不足によって倒産する運送会社が増えています。運送業界は人手不足になる理由を解明し、対策を立てる必要があります。また、人材を確保するために働きやすい環境作りをすることが、会社の倒産を回避する最短の手段となるでしょう。

初回公開日:2019年6月24日

更新日:2019年10月10日

記事に記載されている内容は2019年6月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


運送会社が倒産する1番の理由は人手不足

近年、大手の運送会社50社の約半数は倒産や吸収合併で姿を消しました。さらに、運送費の下落により倒産率は約5倍へ跳ね上がりました。

しかし、このような状況でも新規参入の運送会社が跡を絶たず、運送会社の数は10年で2倍以上に増加しました。 結果、2008~2014年までに400件以上の運送会社が倒産していますが、その大きな理由は人手不足と言われています。

運送業界において、人手不足は大きな問題です。

運送会社と他の職業の人手不足の違い

運送業界は、宿泊・飲食サービス業界についで人手不足が問題となっています。その他、人材確保に困窮している業界としては、IT業界や介護業界、建設業界などが挙げられます。

日本における少子高齢化問題が人材不足の理由ならば、条件は全産業とも同じはずです。運送業界が他の業種以上に人手不足となるには、特有の理由があるはずです。

運送業界が人手不足に陥る理由を分析をして、対策を講じる必要があります。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由8つ

運送業界における深刻かつ重大な問題は、長時間労働による社員の疲弊にあります。原因はいくつかありますが、その最大の理由に慢性的な人手不足が挙げられます。

ドライバーの数が足りていないがゆえに、一人あたりにかかる負担が増して辞めていく、するとさらに一人のドライバーが抱える仕事量も増える、という悪循環に陥ります。

それでは、運送会社が人手不足によって倒産する理由について紹介していきます。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由1:後継者がいない

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、後継者が少ないことです。

運送業の経営者が後継者として引き継ぐのは、約半数が現経営者の子息です。しかし、6割以上が親族に事業を引き継ぐ際に「問題になりそうなことがある」と考えており、継承の難しさを物語っています。

ドライバーなどの従業員だけでなく、経営者の後継者の育成も会社存続の課題となるでしょう。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由2:人件費をあげたくても不景気

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、賃金が低いことです。

運送業界は、長時間労働のわりに賃金が安いと言われています。宅配運送会社が長時間労働問題で是正勧告を受けたように、勤務時間の改ざんや残業代の未払いが横行した時期もありました。

ただし、事業別の過去10年の賃金の推移をみると、事業規模問わず賃金が右肩下がり、または横ばいの状況で、決して運送業界だけの問題ではありません。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由3:若い人が続かない

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、若い労働者の仕事が続かないことです。

運送業界は、荷待ちや再配達の増加によって、さらなる長時間労働が問題視されています。各人の負担も大きく、心身ともに疲弊していきます。

現代の若者は労働環境に対して敏感です。こうした問題を解決しなければ、若い世代の就労数を増やすことは難しいでしょう。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由4:広告を出しても成果があがらない

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、広告を出しても成果が上がらないことです。

前述したとおり、若者の仕事が続かなければ、その口コミなどを見た世間の若者は決してその会社に就職しようとは考えないでしょう。

結果として、求人をかけても応募がないなど、成果が上がらないことになります。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由5:働く世代が減少

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、働く世代が減少していることです。

団塊の世代の退職とともに、少子高齢化が進んだ現在、働く世代の人口が減少しています。これは、若い社員の減少、社員の高齢化につながります。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由6:社員の高齢化

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、社員の高齢化です。

現在60代のドライバーはトラック運転手全体の15%を占めています。若い働き手が少ないことで、さらに高齢ドライバーの負担が増えていることが、トラック業界の人手不足の大きな原因の一つです。

前述の若者が定着しない、という問題ともリンクした重要な問題です。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由7:配達需要の急増に対応できない

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、配達需要が急増したことです。ECサイトの普及により、トラック運転手の配達量は年々増加傾向です。

国土交通省によると、宅配便の取り扱い数は2010年から2015年の5年間の間に5.3億個も増加していると発表されました。

人手が追いつかないほど宅配荷物が増加した今、運送業界の人手不足は今までにないほど深刻になっています。

運送会社の人手不足が原因で倒産する理由8:運送業の印象が悪い

運送会社が倒産するほどの人手不足になる理由の一つは、運送業界の印象が悪いことです。

運送業界は3K職場であるとしばしば囁かれます。3Kというのは「危険」「きつい」「帰れない」の略で、ブラック企業という印象が定着しています。

当然、すべての運送会社がブラック企業ではないのですが、一度定着した印象を払拭するのは難しいことです。若者の就労率にもかかわる重要な問題でもあります。

運送会社の人手不足を解消する方法3つ

近年のトラック運転手の人手不足や運送会社の倒産を受け、国を挙げての施策が進んでいます。

平成27年に国土交通省と厚生労働省が連携し、運送業界における魅力ある職場づくりと人材確保・育成を進めていくと発表されました。

魅力ある職場づくりには、賃金の向上や長時間労働の改善、職場の安全管理の徹底などが、人材確保・育成には、トラック業界への入職の促進や、女性トラック運転手の促進などが含まれます。

運送会社の人手不足を解消する方法1:アルバイトを雇う

人手不足に対する対策として挙げられる手段は、アルバイトを雇い入れることです。

繁忙期にアルバイトを入れれば、正社員に業務に余裕が生まれます。アルバイトは、残業となる時間帯だけ使うなど、融通も利くでしょう。

また、土日や能力によって賃金をアップするなど、アルバイトにとっても働き易い職場を作ることも大事なことです。

アルバイトを募集するときは、求人サイトを利用したり、ホームページで募集するのも良い方法です。

運送会社の人手不足を解消する方法2:労働時間を短縮させる

運送業界の人手不足の原因として最大の理由は、長時間勤務です。長時間勤務は、若者の仕事離れを促し、社員の高齢化を加速させます。

会社全体で配達量の上限を決める、積載効率を上げる努力をする、アルバイトを雇い入れるなどの手段を講じて、各社員の労働時間を短縮させましょう。

それにより、倒産に追い込まれるほどの人材不足を解消できるでしょう。

運送会社の人手不足を解消する方法3:福利厚生を安定させる

人手不足を解消する方法として、福利厚生を充実させることも重要な要素です。

たとえ労働時間が長くても、福利厚生が整っていれば、その会社をブラック企業と感じる人はいません。また、福利厚生の充実は仕事へのモチベーションも高め、この会社のために働いてみたいと感じる若者は増えます。

正社員・アルバイトともに働き易い環境を作れば、人材も定着し、人手不足も解消できるでしょう。

運送会社の人手不足となる原因を知っておこう!

人手不足は、会社を倒産に追い込む深刻な問題です。特に、近年人手不足によって倒産する運送会社が増え、対策を立てる必要があります。

少子高齢化や配達需要の急増など大局的な問題もありますが、結果的には人手不足になる理由を解明し、働きやすい環境作りをすることが、会社の倒産を回避する最短の手段となるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related