Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックドライバーに向いてる人の特徴10個|向かない人3つ

トラックドライバーに向いてる人の特徴10個|向かない人3つ
ここでは、トラックドライバーに向いてる人と向いていない人についてみていきます。トラックドライバーに向いている人、いない人の特徴とその理由などもみていきます。向いてる人といない人の特徴ははっきりしています。ぜひご覧ください。

初回公開日:2019年7月10日

更新日:2019年7月22日

記事に記載されている内容は2019年7月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックドライバーに向いてる人はいつの時代も同じ

ここでは、トラックドライバーについてみていきます。トラックドライバーの仕事は、ハードですが、働き方次第で売上を大きく上げることのできる仕事です。

しかしながら、大型免許があればだれでもトラックドライバーになれるかというとそうではありません。トラックドライバーには、向いている人と向いていない人がいます。

特徴はいつの時代も同じです。向いてる人、向いていない人との特徴を以下で具体的にみていきましょう。

トラックドライバーに向いてる人の特徴10個

まずは、トラックドライバーに向いてる人の特徴を見ていきます。これからトラックドライバーとして就職する方や、今後トラックドライバーを目指している方は、ご自分が以下のいくつの特徴が当てはまるかをぜひチェックしてみてください。

当てはまる項目が多ければ多いほど、トラックドライバーに向いてるということになります。自信をもって応募することができます。

特徴1:ストレス耐性がある

トラックドライバーに向いてる人の特徴として、ストレス耐性があるということが挙げられます。大型のトラックを長い時間に渡って運転するので、緊張や渋滞によるイライラなどで、当然のことながら、疲れやストレスがたまってきます。

疲れやイライラがピークに達した時に、ストレスとうまく向き合える人こそが、トラックドライバーに向いてる人といえるでしょう。

特徴2:ひとつのことに熱中できる

トラックドライバーに向いてる人の二つ目の特徴として、ひとつのことに熱中できるということが挙げられます。何かに熱中するということは、簡単そうに見えて実はとても難しいことだと言えます。

熱中することは、集中力が続くということにつながります。ひとつのことに熱中できる人は、トラックの運転に対しても集中力が続くということになるので、トラックドライバーに向いてる人だといえるでしょう。

特徴3:稼ぎたい気持ちが強い

トラックドライバーに向いてる人の三つ目の特徴として、稼ぎたいという強い気持ちがあるということが挙げられます。やはり、たくさんのお金を稼ぎたいという気持ちは、トラックドライバーとしてのやる気を引き出す原動力になります。

たくさんの売上をあげて、自分の給料をたくさん稼ぎたいという前向きな気持ちを持っている方は、トラックドライバーに向いてる人といえるでしょう。目標があることはやる気アップにもつながります。

特徴4:一人で仕事をすることが好き

トラックドライバーに向いてる人の四つ目の特徴として、一人で仕事をすることが好きということが挙げられます。トラックドライバーの仕事は、基本的に一人で行います。長時間に渡って、一人で大型トラックを運転しなければなりません。

普段から一人の時間を楽しむことができる人は、仕事においても一人の時間を苦に思うことなくこなすことができるので、トラックドライバーに向いてる人といえるでしょう。

特徴5:どんな仕事にもハマる

トラックドライバーに向いてる人の五つ目の特徴として、どんな仕事でもハマル人ということが挙げられます。仕事にハマる人の特徴は、おおらかな性格で、どんな仕事でも不満に思うことなく要領よくこなす器用な人が当てはまります。

この特徴に当てはまる人は少数派といえますが、間違いなくトラックドライバーに向いてる人でしょう。

特徴6:目の前の仕事を本気でがんばれる

トラックドライバーに向いてる人の六つ目の特徴として、目の前の仕事を本気で頑張れる気持ちがある人ということが挙げられます。与えられた仕事をがむしゃらに頑張ろうとする姿には仕事に対する誠実な態度がみてとれます。

こういった特徴のある人は、自分が一度受けた仕事を最後まで頑張りぬく力を持っているので、トラックドライバーに向いてる人といえるでしょう。

特徴7:養わなければいけない家族がいる

トラックドライバーに向いてる人の七つ目の特徴として、養わなければならない家族がいるということが挙げられます。養うべき家族がいる人は、当然のことながら独り身の人よりも背負っているものが大きいです。背負うものが大きい分、本気度もより高いといえるでしょう。

家族のために仕事を頑張ろうという気持ちを持つ人は、トラックドライバーとして誠実に勤め上げようとするので、トラックドライバーに向いてる人だといえます。

特徴8:正社員で働きたい人

トラックドライバーに向いてる人の八つ目の特徴として、正社員で働きたいと望んでいる人ということが挙げられます。正社員になれば給料は上がりますが、派遣社員よりも責任も重くなります。

正社員を希望するということは、責任を背負う覚悟ができているということにもつながってきますので、トラックドライバーに向いてる人といえるでしょう。

特徴9:年間休日が110日ほしい人

トラックドライバーに向いてる人の九つ目の特徴として、年間休日が110日欲しいということが挙げられます。現在、トラックドライバーのほとんどの人は年間110日ほどの休日があります。

逆にいえば、年間の110日のお休みが欲しいなと考えている人にとって、トラックドライバーの仕事は最適であるといえます。

特徴10:起業資金を1000万円貯めたい人

トラックドライバーに向いてる人の最後の特徴として、起業資金として1000万円貯めたい人ということが挙げられます。

将来的に自分の会社を起業するために、なるべく早く1000万円貯めたいと考えている人は、トラックドライバーとして頑張って働こうとします。トラックドライバーに向いているでしょう。

ただし、目標額である1000万円が貯まれば、トラックドライバーを辞めてしまうので、期間限定ドライバーとなります。

トラックドライバーに向かない人の特徴3つ

ここからは、トラックドライバーに向かない人の特徴をみていきます。トラックドライバーとして働きたいけれど、果たして自分はトラックドライバーに向いているのだろうかと疑問に思われる方が少なくありません。そういった方は、下記の特徴をチェックしていただければ幸いです。

特徴1:運転に苦手意識がある

トラックドライバーに向かない人の特徴の一つ目として、運転に苦手意識があるということが挙げられます。トラックドライバーの仕事は運転が商売道具といえます。

ですので、運転が苦手であることは、トラックドライバーとしてはかなりのマイナスになってしまいます。運転が苦手なのに無理してトラックドライバーになっても、毎日疲れ果ててしまいますので、やめておきましょう。

特徴2:多くの人と協力し合いたい人

トラックドライバーに向いていない人の二つ目の特徴として、多くの人と協力して仕事をしたい人ということが挙げられます。トラックドライバーの仕事は基本的に一人で行います。孤独を苦痛に感じふさぎこんでしまう人には向かない仕事といってよいでしょう。

特に仲間と協力して仕事をすることにやりがいを感じている方には、トラックドライバーの仕事は正反対になるので、やめておく方が無難です。

特徴3:不規則な勤務形態を避けたい人

トラックドライバーに向いていない人の特徴として、不規則な勤務形態を避けたい人ということが挙げられます。トラックドライバーの仕事は、早朝や深夜勤務など時間的にとても不規則になってきます。

当然のことながら、この不規則勤務にも耐えられる体力も必要になってきます。不規則な勤務形態で働くことが苦手な人には、トラックドライバーは向いていないといえるでしょう。無理して働いても、体調も悪くなってしまいます。

トラックドライバーに向いてる人を把握しましょう

ここまで、トラックドライバーに向いてる人、向いていない人について詳しく見てきました。トラックドライバーは、自分のやる気次第で売上を上げることができる仕事ですが、向いてる人と向いてない人がいます。

それぞれの特徴ははっきりしていますので、トラックドライバーの仕事を志望している方は、ご自身はどちらのタイプに当てはまるのか把握しておくことが必要です。向いていた人は自身を持って面接に臨みましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related