Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報5つ|向いている人の特徴

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報5つ|向いている人の特徴

意外と知られていない海上コンテナトレーラーの仕事内容、給料や対人関係、必要な資格、働いている運転手の年齢を紹介します。また、海上コンテナトレーラー運転手に向いている人材はどんな人か、ドライバーの求人状況の現状について解説していきます。


海上コンテナトレーラーとは?

海上コンテナトレーラーは、通称「海コン」とも呼ばれています。よくテレビなどで海上の貨物船に乗ったコンテナであったり、貨物船へコンテナを運ぶトレーラーを見たことがありませんか。このトレーラー運転手は実は意外と知られていない職業でもあります。

今回は海上コンテナトレーラー運転手とはどんな仕事か、必要な資格や向いている人の特徴をご紹介していきます。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報5つ

海上コンテナトレーラーは輸入品や輸出品を運ぶ大型トレーラーです。海上コンテナは大きさの規格も世界共通となっていて、国際的な貨物輸送に利用されています。

ここでは荷物を世界へ届けるために働いている、海上コンテナトレーラーの運転手について詳しくお話していきます。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報1:仕事内容

海上コンテナトレーラー運転手は、海上コンテナを運ぶ運転手になります。国内でも利用することがありますが、海外との物流が主になります。

特徴としてはコンテナを指定先へ配送する業務に特化しています。国内の物流ドライバーにありがちな積み降し作業がなく、作業中は基本的に待機となり、待機時間は港湾にいることが多く、待ち時間は長めです。またトレーラー運転手としては肉体的負担が少ない傾向にあります。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報2:給料

海上コンテナトレーラー運転手の平均給与は約30~40万円で、年収平均は400~500万円ほどになります。歩合や各種手当が出た場合は600万円を超える場合もあります。

歩合の有無や車両持ち、距離などによって条件は変わってきますが、海上コンテナトレーラー運転手は大型長距離ドライバーより低く、中距離ドライバーより高めです。徹夜での走行や積み降しといった作業がないことを考えると、条件も良く収入も良い方でしょう。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報3:対人関係

大前提に会社によって違うということです。自分の好きなように荷物を積みに行くということではないので、歩合制の会社などは空気がピリピリしていることがあります。

各々が運転しているため対人関係を気にしない人もいますが、リーダーが向かう現場を割り振っている場合が多いので完全に平等な職場とは言えません。

時間や距離が長いと気持ちにゆとりがもてないこともありますが、人と関わる以上は空いた時間を有効に使いましょう。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報4:必要な資格

ドライバーの中でも高収入な海上コンテナトレーラーですが、大型免許とけん引免許の取得をしなくてはなりません。

コンテナのサイズが小さいもので20フィート、大きいもので40フィートになり、運転するには大型免許が必要です。コンテナ部分は切り離しが可能なトレーラーに乗せなくてはならないため、けん引免許も必要となります。

必須ではありませんが、業務上フォークリフトの免許もあると求職には有利です。

海上コンテナトレーラー運転手について知りたい情報5:運転手の年齢

関東圏の調査では、現役海上コンテナトレーラー運転手の平均年齢は46.8歳で、最高齢は74歳になります。他のコンテナドライバーより肉体的負担も少ないことから、高齢のドライバーも多いです。

年齢の割合をみると、
・20代 2.4%
・30代 17.2%
・40代 43.7%
・50代 23.9%
・60代 12.3%
・70代 0.4%
となっています。

Bottom banner

海上コンテナトレーラー運転手に向いている人の特徴3つ

次にトレーラードライバーの適性です。トレーラードライバーに憧れを抱いている方も多いですが、誰もがこの職に向いているわけではありません。向き不向きがあり、向いていない人だと1ヶ月も経たないうちに退職する人もいます。

荷物の積み降しはないものの大型トレーラーで長距離走ることになるので、見方を変えると労働時間も不規則です。では向いている人の特徴を三つご紹介していきます。

海上コンテナトレーラー運転手に向いている人の特徴1:責任感が強い

大型トレーラーを運転するため、事故を引き起こさないように慎重に運転をしなければなりません。

車両が大きい分運転も難しくなり、安全運転の意識をしっかりと持っておかなくてはなりません。また一人で仕事を行わなくてはいけなく、安全運転と無事に荷物を運ばなくてはいけませんのでより責任感がある人が必要とされます。

海上コンテナトレーラー運転手に向いている人の特徴2:効率的に動くことができる

海上コンテナトレーラードライバーは長時間運転をすることになり、長い道のりを走行することを苦に感じない方が向いているといえます。

また夜間の走行も少なくはありません。陸上を運転するため、常にルート上の交通状況や混雑する時間帯を把握して、効率的にコンテナを運ぶことができなくてはなりません。

海上コンテナトレーラー運転手に向いている人の特徴3:使命感がある

荷物を積み降したあと、確実に約束の時間までに配達をしなければなりません。その時、責任を持って荷物を届けることができなかったり、時間の余裕がないからと慎重になれなかった場合に会社や取引先からの信用を無くしてしまいます。

そのため、責任感を持っていることに加えて使命感を兼ね備えている人がトレーラードライバーに向いているといえます。

海上コンテナトレーラー運転手の求人状況

トラック業界全体が人手不足となっている中、海上コンテナトレーラーはどうでしょうか。海上コンテナトレーラー運転手を目指している方、就職を考えていた方、興味がある方向けに海上コンテナトレーラーの求人状況を解説します。

人手不足のため需要が見込まれる

海上コンテナトレーラー運転手も慢性的な人手不足の状況となっています。経験豊富であったドライバーの高齢化が進んでいることに加え、少子化問題でドライバーのなり手が減少してしまっているのが実情です。さらに、物量は増加傾向になっています。

経験が多くなくとも、業務のノウハウを先輩ドライバー指導を受けることができる環境が整っており、すぐに働けます。そういった理由から長く働くことができる環境があります。

大手運送会社は高待遇の可能性が高い

貨物のけん引に特化している海上コンテナトレーラーは、長距離トラックと比べると拘束時間も短く、比較的働きやすい職種です。

給与や福利厚生といった待遇は、会社規模が大きくなればなるほど良い傾向にあります。できるだけ好条件の就職が希望であれば、業界大手への就職がおすすめです。

例えば鈴与自動車運送では、トレーラードライバーを若干名ですが募集しています。

免許があれば応募可能な求人もある

海上コンテナトレーラー運転手に求められている資格として、大型免許とけん引免許があります。入社後に免許の取得を援助してくれる企業もありますが、あらかじめ免許を取得しておくと、即戦力として重宝される場合があります。

ドライバーの高齢化があるため、資格があれば未経験でも応募可能な求人も多いです。未経験の方でおすすめは人材育成に力を入れており、後継者・若者をのぞんでいる会社が良いでしょう。

海上コンテナトレーラー運転手について知ろう

いかがでしたか。海上コンテナトレーラーと言えば特殊なイメージを持っている方が多いですが、意外と通常のトレーラーと変わらないことがわかりました。

通常のトラック運転手と違う点として、荷物の積み降しがなかったり、待機時間が長時間に点が挙げられます。

大型免許やけん引免許を持っていて、転職や就職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人