Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック運転手はどのような食事をしているのか?代表的な食事スポット5選

トラック運転手はどのような食事をしているのか?代表的な食事スポット5選

トラック運転手の配送は1日で終わる場合もあれば、数日かかる場合もあります。忙しい業務内でどのような場所で食事をしているか代表的な食事スポットや予算やタイミングや困っている点などを載せつつ、車内で食べるトラック運転手におすすめの食事を提案いたします。

トラック運転手はどのような食事をとっているか?

トラック運転手はどのような食事をしているのか?代表的な食事スポット5選

日常の生活において忙しそうに配送作業を行っているトラック運転手を目にすることは少なくはないでしょう。

トラック運転手の配送の距離は、その日で済むものもあれば、数日かけて完了するものもあります。配送には完了時間が決まっているので私たちが想像している以上に多忙です。

そんな休憩する暇もなさそうなトラック運転手の人たちが、どのような場所で食事をしているか、食事事情についてご紹介していきます。

トラック運転手の代表的な食事スポット5選

多忙なトラック運転手にとって大切なことは効率よく食事をすることです。一般的には色々な食事をする場所がありますが、その中でも忙しいトラック運転手がよく利用している代表的な食事スポットを5つ紹介します。

代表的な食事スポット1:トラックの車内

時間の短縮によってトラック運転手の精神的な余裕が生まれます。

配送スケジュールがタイトなトラック運転手にとって、時間の節約は大切です。お店に入って食事をするとなると、席の確保や注文などに時間が取られてしまうこともあるので、車内で食事をとる事が時間の短縮につながることでしょう。

代表的な食事スポット2:イートインスペース

コンビニエンスストアは飲み物などの嗜好品の取り扱いも多彩なので、トラック運転手の息抜き用の商品の同時購入もしやすい利点があります。

以前よりもコンビニエンスストアにはイートインスペースが充実しています。それに加えて、大型トラック用の駐車場もあるのでトラック運転手にとって食事での利用がしやすくなってきました。

お弁当などの加熱や、お湯の提供もあるので、温かい食事をとることもできるでしょう。

代表的な食事スポット3:ファミレス

料理の提供まであまり時間がかからず、駐車場でトラック運転手の休憩も取りやすいです。

小型トラックの運転手だと駐車場スペースを気にしないで止められるので、トラックの車内ではなく、ファミレスに入り食事をとる人もいます。野菜などのサラダや味噌汁の付いた定食メニューがあるのも利用したい点の一つです。

代表的な食事スポット4:ラーメン店

大型トラック用の駐車場もある店舗も多く、トラック運転手が利用しやすい点になります。

ラーメンだけでなく、餃子などのサイドメニューが充実していて、セットなどボリュームがあってお得なメニューもあるのが魅力で、トラック運転手同士で美味しいラーメン店の情報交換もしています。

代表的な食事スポット5:サービスエリアやパーキングエリア

トラック運転手はどのような食事をしているのか?代表的な食事スポット5選

サービスエリアで食べるご当地グルメはトラック運転手にとって楽しみの一つです。

移動の多いトラック運転手にとって、その土地ならではの味に出会えるのは楽しみの一つです。サービスエリアは土地柄の出るお土産品を見て回る楽しみだけでなく、ご当地グルメをメニューにしている所もあるので、食事に利用しているトラック運転手も多くいます。

トラック運転手の食事事情3つ

食事をするということは、お金も時間もかかることです。人それぞれ抱えている問題点もあることでしょう。

次に多忙なトラック運転手が食事の一か月にかけている予算や、どのタイミングで食事をとっているか、そして困っていることを取り上げます。

トラック運転手の食事事情1 予算はどのくらい?

近距離のトラック運転手は月に約2万円、長距離のトラック運転手は月に約4万円以上になります。近距離のトラック運転手だと月に約2万円くらいです。

長距離のトラック運転手の場合は、近距離のトラック運転手より外食費がかさみます。移動中、毎食がほぼ外食になることになります。

ですので、月に平均4万円から6万円かかるトラック運転手が多いです。食事の他にも飲み物など嗜好品にもお金がかかってしまいます。

トラック運転手の食事事情2:どのタイミングでとっている?

近距離のトラック運転手は自分のタイミングで取りやすく、長距離のトラック運転手は不規則になりがちです。

近距離のトラック運転手は、配送のペースなどよみやすいので自分のタイミングで食事を取ることもできます。

ただ、長距離のトラック運転手は、規則正しく取三食取れません。満腹になるまで食事をしてしまうと睡魔に襲われます。そのため、空腹を感じたら食事をするという不規則なタイミングになってしまいます。

トラック運転手食事事情3:食事で困っていることは?

栄養のバランスに気を付けてないと偏った食事メニューになり、トラック運転手の健康面の管理が難しいです。

その日の内に配送が完了する短距離のトラック運転手は帰宅して食事をとる事ができますが、長距離のトラック運転手は、ほぼ外食になってしまいます。そのため、食費がかさむことと、食事のタイミングが不規則になりがちで、一食あたりの食事量が過食の傾向になってしまいます。

車内で食べる人におすすめの食事

トラック運転手は外食費がかかり、距離によっては食事をするタイミングが難しくなること、栄養のバランスの偏りが出てしまうことに触れました。ここでは、多忙なトラック運転手に車内で食べやすい、おすすめの食事を3つ紹介します。

おすすめの食事1:おにぎり

おにぎりは片手で食べられ、ゴミもあまり出ないのでおすすめの食事です。お米は腹持ちも良く、おにぎりを空腹時に軽く食べておくと、食事の時に食べ過ぎることを防ぎ身体の負担が減らせます。

コンビニエンスストアなどで販売されており、味もバラエティーに富んでいて、値段も安く購入がしやすいです。また季節ごとに新商品が発売されるので食べ飽きることもありません。節約を考えている人には、自作するのもおすすめです。

おすすめの食事2:菓子パン

菓子パンを購入しておけば、多少の道路状況のトラブルが起きても食事に困ることもありません。

惣菜パンの方が食事には向いていそうですが、季節によっては痛みやすいことがあります。その点、菓子パンだと惣菜パンより痛むことがなく、日持ちがします。

場所によっては、コンビニエンスストアや飲食店が見当たらなかったり、営業時間外で閉店している事もありまするので、購入しておくと心強いでしょう。

おすすめの食事3:お弁当

手作りお弁当は栄養のバランスが取れます。

外食が多くなりがちな栄養のバランスに、体調を整えられる手作りのお弁当をおすすめします。手作りのお弁当だと自分の好みのおかずも用意できますし、味付けも外食とは違っているので飽きがきません。

作ってくれる人がいるようなら相談してみるのも一つです。もし、難しいならば自分で作ってみるのもおすすめします。お弁当作りは簡単な調理方も増えているので試してみるとよいでしょう。

トラック運転手の食事事情を参考にしよう

トラック運転手がおこなっている忙しい時間の中での食事の取り入れ方を参考にしましょう。

タイトな配送業務をこなす中で必要に応じて食事をとっているトラック運転手の食事スタイルは、トラック運転手を目指している方や、他の人がどのようにしているか気になっているトラック運転手をされている人にも参考になるのではないでしょうか。

もし、この記事を読んで興味がでたのであれば良かったらお試しください。

Related