Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手の転職を成功させるコツ8つ|おすすめの転職サイト5つ

トラック運転手の転職を成功させるコツ8つ|おすすめの転職サイト5つ

トラック運転手は現代社会において多く必要とされています。特にインターネット通販の需要に伴い、その人手不足は深刻です。将来性があり福利厚生や待遇が良いトラック運転手は転職先におすすめです。この記事ではトラック運転手の転職を成功させるためのコツを紹介していきます。


トラック運転手とは

トラック運転手は、決められた時刻に安全かつ確実に荷物を運ぶことが仕事です。

トラック運転手には時間やルールを守るという意識の高さと、責任感が必要となります。また荷物を運ぶために必要な体力だけではなく、コミュニケーション能力や自己管理能力も重要となります。

トラック運転手の仕事はネット通販の需要が高まる現代において重要度が高く、なくてはならない存在であると言えます。

トラック運転手は転職しやすいか?

トラック運転手の転職を成功させるコツ8つ|おすすめの転職サイト5つ

現代において非常に需要の高いトラック運転手ですが、近年その数は減少傾向にあります。業務の関係上、拘束時間が長くなってしまうことが理由のひとつです。

またインターネット通販の需要に伴い、依存よりトラック運転手の活躍の場が増えたということも、人材不足の原因と言えるでしょう。

人手不足は非常に深刻であり、物流業界は常にトラック運転手を求めています。転職しやすい業種であると言えるでしょう。

トラック運転手に向いてる人の特徴

トラック運転手に向いている人の特徴として「体力があること」があげられます。特に長距離の運送を行う場合は、長時間の運転に加え、トラックに荷物を積む作業など、体力が必要されます。

また荷物を渡す際にはコミュニケーションをとる必要があります。ある程度の接客スキルは必要です。他にも時間やルールを守り、決められた時間に荷物を届けるためのスケジュール管理能力や責任感が必要となります。

トラック運転手に資格は必要?

トラック運転手として働くために必要な資格は自動車運転免許です。必要な資格は運転する車体の大きさや転職先の業務内容により変わります。

近距離の配送であれば小型を運転できる「普通自動車運転免許」が必要です。中距離・中型であれば「中型自動車運転免許」、長距離・大型であれば「大型自動車運転免許」が必要となります。

他にも牽引免許やフォークリフト運転技能者の資格を取得していると業務の幅が広がります。

トラック運転手の転職を成功させるコツ8つ

トラック運転手は転職先に向いている職業のひとつであると言えます。

人材が不足していることもあり、企業側が未経験者でも働くことができるように、環境作りや育成に力を入れているケースがほとんどです。

またインターネット通販の普及も相まって、トラック運転手は今後も需要のある安定した転職先であると言えるでしょう。

トラック運転手の転職を成功させるコツ1:希望の雇用形態か確認する

一般的な雇用形態は運送会社に所属し、正社員あるいは契約社員として働くという形です。また、運送会社から委託契約にて仕事を請け負う、フリーランスのような形式もあります。

運送会社に所属する場合は、給料は固定月給制であることが多いです。

一方、委託契約では歩合制が基本となります。ある程度の自由は効きますが、トラックを個人で所有している必要があります。またメンテナンス費用は自己負担です。

トラック運転手の転職を成功させるコツ2:勤務時間と給与が見合っているか

トラック運転手は荷物を運ぶ距離や運転する車種、また勤務体制などによって給与は大きく変わります。

しかしながら普通の会社員に比べ、トラック運転手の給与は高い傾向にあり、一般的な平均年収は400万円前後とされています。基準としましては、長距離・大型のトラック運転手であれば、月におよそ30~35万円の収入が一般的です。

トラック運転手の転職を成功させるコツ3:休日の日数

転職する運送会社にもよりますが、トラック運転手はその業務の関係上、土日に休みを取得できないというケースが多く見られます。

特に長距離・大型のトラック運転手の休みは少なく、休日出勤も多い傾向にあります。反対に、短距離・小型、中距離・中型のトラック運転手は長距離・大型のトラック運転手に比べ、休みが確保しやすい傾向にあります。

転職の際は、休日の日数をしっかりと確認しましょう。

トラック運転手の転職を成功させるコツ4:手当などの福利厚生を確認する

現在、運送会社ではトラック運転手が不足しています。トラック運転手を確保するために福利厚生を充実させている運送会社がほとんどです。

扶養手当だけではなく、出産一時金や結婚祝い金などが支給されるケースも少なくありません。

トラック運転手への転職は、一般的な企業に転職するよりも多くの福利厚生を受けることが可能であり、要望に合った職場を探すことも難しくはないでしょう。

トラック運転手の転職を成功させるコツ5:業務内容が向いてるか確認する

トラック運転手は長距離を運転することが多いです。近距離・中距離であっても、それなりの体力が必要となります。また体力の他に、知識や経験も必要となります。

大型・長距離は給与面での待遇は充実しておりますが、拘束時間が長く疲労が溜まりやすい傾向にあります。一方、小型・短距離は給与面では劣りますが、拘束時間が短いです。

どちらにも長所短所はあります。転職の際は、自身に合った働き方を選択するべきでしょう。

Bottom banner

トラック運転手の転職を成功させるコツ6:業界研究

トラック運転手の転職を成功させるにあたり、業界研究は大切です。運送業界のことを研究するならば、物流業界全般を理解する必要があります。

業界研究は必ずしも必要な訳ではありません。しかしながら、物流分野に関連する基本的な情報を取得していれば、転職をスムーズに進めることができます。

ある程度の知識を持っていて損はないでしょう。

トラック運転手の転職を成功させるコツ7:必要な資格を取得

運転手に転職する際には業務の関係上、普通自動車運転免許・中型自動車運転免許・大型自動車運転免許の何れかを取得することは必須となります。

転職先によっては、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許を入社後に取得させてくれる場合もありますが、転職の際は選択肢を広げるために、最低でも普通自動車運転免許は取得しておくべきでしょう。

トラック運転手の転職を成功させるコツ8:体力と精神的な強さをアピール

トラック運転手は他の業種に比べ拘束時間が長く、また休みが不規則です。特に長距離・大型の場合はその傾向が強く、業務によってはまとまった休息や睡眠時間を確保することは難しいでしょう。

そのため体力があること、自己管理や体調管理ができることは非常に重要となります。また、そうした点をアピールすることは、転職の成功につながります。

トラック運転手のおすすめの転職サイト5つ

トラック運転手への転職を考えている方に、おすすめの転職サイトを5つ紹介させていただきます。

紹介する転職サイトは一般的に「総合型転職サイト」と呼ばれ、大手運送会社の求人案件が多く集まります。正社員の募集案件も多く、教育体制や福利厚生も比較的充実しています。

トラック運転手への転職を考えている方に非常におすすめできる転職サイトと言えるでしょう。

トラック運転手のおすすめの転職サイト1:ビズリーチ

ビズリーチは総合型転職サイトの中での知名度は低めですが、トラック運転手の求人案件を非常に多く取り扱っています。

給与も平均より高く、年収500万円以上の求人案件も珍しくありません。目を通しておいて損はないでしょう。

トラック運転手のおすすめの転職サイト2:マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営する、転職エージェントサイトです。他の総合型転職サイトに比べ、女性向けの求人案件が多い傾向にあります。

求人数自体は決して多くはありませんが、その特色からトラック運転手に転職したいという女性におすすめできます。

トラック運転手のおすすめの転職サイト3:リクナビNEXT

大手運送会社の近距離・小型、中距離・中型の求人案件を多く取り扱っています。

未経験者を歓迎する求人案件が多く、トラック運転手の業務経験がないという場合でもトラック運転手として転職することが可能です。

トラック運転手のおすすめの転職サイト4:DODA

トラック運転手の求人案件を多く扱っていますが、DODAは他の総合型転職サイトに比べ、経験者を求める求人案件が多いです。

トラック運転手の業務経験があるのであれば、非常におすすめできる転職サイトであると言えます。

トラック運転手のおすすめの転職サイト5:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、他の総合型転職サイトに比べ知名度は低いですが、優秀なコンサルタントが多く在籍しています。

転職先を探す際に、自身に合ったサポートやアドバイスを多く得ることができるため、プロの意見が聞きたいという方にはおすすめです。

トラック運転手の転職を成功させよう!

現在、運送業界の人手は不足し、トラック運転手は常に必要とされています。

インターネット通販の需要も衰えることはなく、今後も高まっていくことでしょう。そうした背景からもトラック運転手は将来性のある安定した転職先と言えます。

また福利厚生も安定している場合が多く、未経験者であっても十分に働く事ができるように企業側も力を入れています。トラック運転手を転職に考えている方はぜひ、参考にしてみてください。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人