Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

ドライバーに求められる資質とは何か、市場とは何か知りたい人もいるでしょう。では、ドライバーとは何か、資質、売り手市場、昼勤・夜勤の違いについてご紹介します。さらに、昼勤と夜勤ドライバーのメリットとデメリット、転職サイトもお伝えしますので参考にしてみて下さい。


ドライバーとは

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

ドライバーとは、指定場所へ荷物を運搬することが仕事です。2t・4t・10tトラックがあり、10tなどの大型車を運転するには大型免許が必要となります。

昼勤であれば個人宅へ荷物を運ぶドライバーが多く、夜勤なら主に工場から工場、倉庫、コンビニに商品を運ぶドライバーが多いです。

夜勤は長距離トラックドライバーも多くなり、1日に100km以上運転する時は車の中で仮眠・宿泊をしながら目的地にまで荷物を運びます。

ドライバーに求められる資質

ドライバーに求められる資質は、指示とおりのことができ、基本的な挨拶もできることが求められます。道路で渋滞にハマり、時間が間に合わないからと焦らず、冷静な判断ができることも求められるでしょう。

過酷な労働環境であっても音を挙げずに真面目に仕事ができ、肉体的な労働と精神的な辛さを耐えられる人であることもドライバーにとって大切な資質です。

ドライバーは売り手市場

ドライバーは売り手市場となっています。インターネット通販で商品を購入する人が増えている昨今、個人への配達が増えているため物流量も増えていてドライバーが不足しています。

特に、運転に慣れていないと危険な夜勤ドライバーは慢性的に不足しており、業界では一人でも多くの人材を確保したいと売り手市場が続いている状態です。

ドライバーとして経験が浅い人や女性、中高年も採用したいと、市場はいつも買い手が溢れかえっています。

昼勤と夜勤の違い

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

昼勤と夜勤の違いは、夜勤の方が色々な手当てが付くところです。本来ならばゆっくり寝て、体を休める時間にトラックを運転し、荷物を指定場所へと送り届けます。身体的に負担が大きいので、夜勤手当を出す会社が多いです。

さらに、暗いので走行しにくく、走る車も速度を出していて危険なため、22時から翌5時までの深夜に仕事をする際は深夜手当てが支給されます。25%の割増賃金ともなり、昼勤よりも稼げる違いがあるでしょう。

昼勤と夜勤ドライバーのメリット・デメリット

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

多くのドライバーが働く昼勤ではなく、あえて夜勤を選んで働いている人もいます。どうして昼勤務を選ぶのか、夜勤を選ぶのか、それぞれのメリットとは何なのでしょうか。

ドライバーにとって昼勤だからこしいいことがったり、反対に悪いこともあります。では、それぞれのメリットとデメリットを幾つか取り上げてご紹介しましょう。

昼勤メリット

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

ドライバーがこの時間帯を選ぶと体への負担が少ない、初心者でも就きやすい、生活リズムが狂わない昼勤メリットを3つ取り上げ、それぞれどのようなメリットがあるのか詳しくご紹介します。

昼勤メリット1:身体への負担が少ない

昼勤するメリットは身体への負担が少ないところです。昼型の人は、昼間元気に動けるよう体が慣れていますので、昼勤は体への負担が少ないのがメリットです。

夜寝て、規則正しく朝起きて、太陽を浴びることで体力もつきますから、重たい荷物を運んだり、長距離を運転する体力勝負のドライバーの仕事でもしっかりできます。

降り注ぐ太陽の日差しは頭をスッキリさせ、ストレスを解消する効果もあり、仕事の疲れも溜まり難いでしょう。

昼勤メリット2:トラックドライバー初心者でも就きやすい

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

トラックドライバー初心者でも就きやすいのが昼勤のメリットです。昼間は道路標識も行き先が書かれたプレートも見つけやすく、さらに車間距離も分かり易いので、初心者も比較的安全に運転ができます。

また、昼間は普通乗用車が走っているため、走るトラックも車も速度を控えていますから、運転に慣れていない人も速度が遅いと煽られず、会社は運転初心者もできると多くの会社は採用していますから就きやすいでしょう。

昼勤メリット3:生活リズムが狂わない

生活リズムが狂わないのが昼勤のメリットです。生活リズムが狂うと体力も落ち、ストレスが溜まり易くなってイライラしてしまい、運転に集中できないことがあります。

しかし、昼勤であれば、今までのように食事をしてたい時間に食べて仕事をして、夜就寝していた人は、そのままの生活リズムで働くことができます。

午前中に寝て、夕方起きて出勤しなくてもいいのでストレスがなく、前向きにドライバーの仕事ができるでしょう。

昼勤デメリット

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

メリットがあればデメリットもある昼勤ドライバーは、昼勤を選ぶと給料が低い、昼の時間を自由に使えないなど、この時間だからこそのマイナスな点を2つ取り上げて詳細をご紹介します。

昼勤デメリット1:夜勤に比べて給料が低い

昼勤のデメリットは、夜勤に比べて給料が低いことです。昼勤には大勢の人が働きたいと希望しますから、雇う方は低い給料でも人でが集まるので給料を高くする必要がありません。

そのため、基本給は低めに設定されていますし、夜勤手当のような特別な手当ても支給されないので、夜勤と同じ仕事をしたとしても、毎月受け取れる額は夜勤よりも低くなってしまうのがデメリットです。

昼勤デメリット2:昼の時間を自由に使えない

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

昼の時間を自由に使えないのが昼勤のデメリットです。会社から告げられた時間内に荷物を指定先へ届けるため、時間がなければ昼食も食べずに運転します。

道路が渋滞中なら休憩していると配達時間に間に合わないので、休憩もできないドライバーは家族に電話を掛けたり、トイレでゆっくりしている暇もありません。

届け先が複数あれば、色々な場所をまわって配達する分余計に時間がかかるため、昼の時間を自由に使えないでしょう。

夜勤メリット

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較
Bottom banner

夜勤だからこそドライバーがたくさん稼げる、昼間の時間を自由に使える、渋滞に巻き込まれない、子供の行事に参加できるなどのメリットを4つ取り上げて、それぞれの詳しい内容をご紹介します。

夜勤メリット1:沢山稼げる

夜勤のメリットはたくさん稼げるところです。基本給は昼勤よりも5万円から10万円高い会社が多いですし、25%の割増手当がつきますから、30万円の給料であれば7万5,000円も手当が付くことになります。

また、夜勤手当、深夜手当がつくなど、深夜22時から5時の勤務は仕事内容も変わらないのに稼げるでしょう。長距離手当てが支給される長距離大型トラックの仕事も多いので、頑張って挑戦すればより稼げます。

夜勤メリット2:昼間の時間を自由に使える

昼間の時間を自由に使えるのが夜勤のメリットです。夜勤であれば昼間は丸々自由に使えますので、映画を観たり、ドライブをする、レストランに食事に行く、寝ることに使えます。

平日の昼間は施設もスーパーも人が少なく、安い料金で楽しめる場所が多くありますので、思い切り遊べるのもいいところです。

また、家でゆっくり音楽を聴き、料理をして食事をする、銭湯に行ってお風呂に入る、雑誌を見て過ごすなどしても楽しめます。

夜勤メリット3:渋滞に巻き込まれない

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

渋滞に巻き込まれないのが夜勤のメリットとなります。昼間は軽自動車や乗用車、宅配車、バイクなどが多くなる時間帯は渋滞が起こりやすいです。

しかし、深夜はこれらの乗り物がかなり減るので、渋滞が起こりにくくなります。深夜に道路を走るのはトラックが多くなりますが、昼間ほど台数も少ないですし、多くのトラックは直線を早く走るトラックばかりなので、スムーズに走行できるでしょう。

夜勤メリット4:子供の行事に参加できる

子供の行事に参加できるのが夜勤のメリットです。昼間の時間帯が自由に使える夜勤なら、日中行われる運動会や授業参観、ピクニックなどの行事に一緒に参加できます。

昼勤では仕事があるために行けない子供の行事でも、夜勤であれば昼間行事に参加して、その後に仕事へ出かけて稼ぐことができるでしょう。

また、わざわざ有休を使ったり、会社を休むこともないので、トラック会社に負担を掛けないのもメリットとなります。

夜勤デメリット

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

4つのメリットをご紹介してきましたが、反対に、デメリットはどのようなことがあるのか気になる人も多いでしょう。では、不規則になりがち、ドライバー未経験だと始めにくいという問題点を取り上げ、それぞれ詳しくご紹介します。

夜勤デメリット1:不規則になりがち

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

夜勤は生活が不規則になりがちなのかデメリットです。夜勤に合わせて生活スタイルを夜型にしなければなりません。午前中に寝て、夕方頃起きるという生活は、多くの人と違う生活になってストレスになることもあります。

深夜に過酷な肉体労働をするドライバーは、ぐっすり寝たくても多くの人々が生活する昼間は声や車の音、生活音などでぐっすり寝ていられず、頭の中がボーッとしてしまい、仕事に集中できないでしょう。

夜勤デメリット2:ドライバー未経験だと始めにくい

ドライバー未経験だと始めにくいのが夜勤のデメリットです。トラックは走行速度が速いので、もたもたしていると煽られたり、パッシングされて邪魔扱いされます。

多くのトラックが速度を上げて走る高速道路やバイパスで車線変更するのはタイミングが難しいなど、ドライバー未経験だと始めにくいでしょう。

そのため、雇う会社は事故を起こす確率が高いドライバー未経験は雇わないことが多いので、未経験だと始めにくくなります。

ドライバーに強い転職サイト3選

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

メリットやデメリットを理解すれば、自分も前向きにドライバーとして働いてみたいと感じるでしょう。転職先を色々とチェックして見比べ、より自分に合う求人を選びたいという人のために、ドライバーに強い転職サイトを3選ご紹介します。

ドライバーに強い転職サイト1:ビズリーチ

ビズリーチはドライバーに強い転職サイトです。人材の条件を設定しておけば、自分が希望するトラック会社をアクセスした時に選んでくれます。

上場企業や大手トラック会社の求人が多いビズリーチでは、一流ヘッドハンターや大手企業のスカウトがメールで直接受け取れるのが魅力的です。

ドライバーに強い転職サイト2:DODA

ドライバーに強い転職サイトのDODAは、勤務地・路線・駅からトラックドライバー求人を探すことができます。

正社員・契約社員・その他の雇用形態でドライバーの求人を探したり、年収で検索できるのも魅力的です。こだわり検索であれば完全週休2日制、年間休日120日以上、未経験歓迎、学歴不問などでも検索できます。

ドライバーに強い転職サイト3:マイナビエージェント

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

マイナビエージェントでは、ドライバー特集を行っているところが頼れる転職サイトです。車の運転が好きな人に最適なサイトで、トラックドライバーの仕事を多くアップしています。

食品、日用品、大型貨物のドライバーを募集していますし、バス、大型トラック、トレーラー、小・中型トラック、普通・軽貨物・軽車両、ダンプ・など、色々なタイプのドライバーをキーワードから検索できるのも魅力的です。

昼勤と夜勤のメリット・デメリットを把握して自分に合った勤務形態を選ぼう

夜勤ドライバーのメリット・デメリットは?昼勤ドライバーとの比較

昼勤と夜勤のメリット・デメリットを把握して、自分に合った勤務形態を選びましょう。自分の生活スタイルや体質、家族とのことを総合的に考えてからデメリットも受け入れて勤務形態を選べば、より後悔しない転職になります。

最初は昼勤にしておき、体力がついたり、子供が成長してから夜勤にチャレンジするドライバーもいますので、無理をせず、除々に夜勤ドライバーに移行してみるのもいい方法です。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人