Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

女性が大型ドライバーとして働くメリット7つ|大型ドライバーに必要な免許

女性が大型ドライバーとして働くメリット7つ|大型ドライバーに必要な免許

大型ドライバーは男性が多い職種であり、女性は近年になって進出するようになってきました。しかし人手不足が顕著な業種なので、新たな就業者になる女性の参加は会社側からすれば喜ばしい限りですが、人数が少ないため女性の不安も多い職種なので紹介していきましょう。


大型ドライバーとは?

大型ドライバーは自動車の種類で車両総重量が10tを越える車両を運転でき、18歳になると取得可能な普通自動車を運転できる運転免許では、大型自動車を使って公道を走行することはできません。

車両は総重量が大きくなるほど運転操作が難しくなり、事故が発生する危険性も高まるので特別な運転免許が必要になっています。大型自動車は仕事での使用がほとんどで、大型ドライバーの内容は広くは知られていないと言えるでしょう。

大型ドライバーに必要な免許

大型自動車を運転するためには大型運転免許が必要になり、他にも車の種類に応じてバスのような旅客に使われる車両は大型二種免許、トレーラーのようなけん引するタイプの車ではけん引免許も必要になります。

大型免許では物流で使用されるトラックを運転できますが、大型二種免許を取得すればバスとトラックのどちらも運転できます。 大型免許は自動車免許を取得して3年が経過しなければ、試験を受けることができません。

女性大型ドライバーの現状

大型ドライバーは以前までは男性特有の仕事という考え方が浸透して男性ばかりでしたが、現在は全ての大型車種で女性ドライバーが進出が目立っています。これは社会的な状況の変化もありますが、車両の操作性能が改善されたことも大きな理由です。

以前の大型車両はパワーステアリングではなく、ハンドル操作に力を必要としていました。それが女性でも簡単に操作できるようになったことで、就業へのデメリットが軽減しています。

女性が大型ドライバーとして働くメリット7つ

大型ドライバーは男性中心の業種でしたが、現在では車両の改善や社会情勢により、女性の姿も見かけることが多くなっています。女性はどうしても肉体的に男性に負けてしまう部分があるため、これはいい傾向と言えるでしょう。

現在はそれまでの概念を越えて、女性であってもあらゆる職種に挑む人が増えています。しかしメリットの無い仕事は魅力が低く、大型ドライバーに女性が増えてきた要因はメリットがあるからです。

女性大型ドライバーのメリット1:稼げる

大型ドライバーは使用する車両の大きさによる運転操作の難しさや肉体労働の多さなどの理由から給料が高めになっていますが、この給料は性別に関係がなく、業務を問題なく遂行できれば受け取ることができます。

以前の業務には荷物を人力で積み込む場合もあり、女性では困難な作業でした。しかし現在はリフトを使って機械的に搬入するのが主流であり、力仕事の減少によって腕力が弱い人でも就業が可能になっています。

女性大型ドライバーのメリット2:スキルが身に付く

普通乗用車は多くの人が運転経験がありますが、大型ドライバーは専用の免許が必要になり仕事以外は運転することが少ないため、大型ドライバーとして車両を運転すると本人のスキルとして役立つでしょう。

大型ドライバーはトラックだけではなく、バスなどの旅客事業にも必要になります。このような業種は慢性的に人手不足の企業が多く、大型ドライバーとしてのスキルは、とても有効であると言えます。

女性大型ドライバーのメリット3:転職しやすい

大型ドライバーは運転免許所持者が意識的に専用の免許を取得しなければならず、免許取得の費用や手間から免許を持っている人は多くないため、大型免許を所有していて運転経験もあれば転職は有利になります。

新卒者であれば学歴は大きく左右されますが、転職の場合は学歴よりも経験や資格が重要です。それが人手不足が顕著な業種であれば、採用される確率はかなり高くなるでしょう。

女性大型ドライバーのメリット4:一人でいる時間が持てる

複数の人が同じ職場で作業する仕事では常に誰かが近くにいることになりますが、大型ドライバーでは運転中は基本的に一人なので、自分のペースで仕事ができるというメリットがあります。

女性が仕事に従事すると、男性が中心の職種では気苦労も多くなるでしょう。それが長時間継続するとストレスにもなるため、大型ドライバーのように運転中は一人の時間が持てるとストレスの軽減にも繋がります。

女性大型ドライバーのメリット5:大きな車を運転できる

Bottom banner

運転免許を取得して最初の頃は車体感覚が掴めず運転に苦慮しますが、慣れてくると大きな車両でリラックスした体勢で運転したいと考えるようになります。これは体格が男性より小さい女性でも同じです。

小さな車両は小回りができるという利点もありますが、長い時間を運転すると体が痛くなります。業務として車両を長時間使う場合は、特にそのような気持ちが強くなるでしょう。

女性大型ドライバーのメリット6:行ったことのない場所へ行ける

大型ドライバーは遠方が仕事の目的地になっていることがあり、自分の知識には無い場所に行くと新たな発見や感動を生じることがあります。すぐに引き返さなければならない場合でも、その景色を目にするのは貴重な経験となるでしょう。

大型ドライバーは固定のルート配送もありますが、荷物に応じて配送先が変わることもあります。自分で交通費を支払う必要がなく旅行気分が堪能できるのは、女性の興味を惹く部分と言えるでしょう。

女性大型ドライバーのメリット7:人手不足が解消される

大型ドライバーは勤務時間が早朝や深夜であったり、使用する車両そのものが大きく操作しにくいなどの理由から人手不足が問題であり、今まであまりいなかった女性が大型ドライバーになれば人手不足の問題が解決されるでしょう。

大型ドライバーは運転しなければ仕事にならず、その上に誰でもできるわけではありません。女性が大型ドライバーになるのは強い意思を持っているからであり、配送会社もそのような人材を求めています。

女性が大型ドライバーとして働くデメリット3つ

どのような業種であってもメリットがあればデメリットもあり、人数的には少数である女性の大型ドライバーにもデメリットは存在しています。

最初からデメリットを知って入れば実際に問題に直面しても対処できますが、予測せずに経験してきまうとその仕事から離れてしまう人も少なくありません。女性が大型ドライバーになった場合に起きる可能性があるデメリットとは、どんな内容でしょうか?

女性大型ドライバーのデメリット1:職場に女性が少ない

大型ドライバーはまだ男性が中心の業種であり、当然に職場での女性の比率は低くなっています。現在は女性の大型ドライバーも増えていますが、それほど圧倒的な人数増加には至っていません。

男性の多い職場に女性が入ると自分の居場所を見つけられない場合があり、それがストレスになってしまうケースも少なくないでしょう。これは会社側としても対応が難しく、簡単に解決できる問題では無いというのが実情です。

女性大型ドライバーのデメリット2:女性が働きやすいインフラが整っていない

大型ドライバーは近年になって女性の姿を見ることも多くなりましたが、以前は男性が従事するのが圧倒的でインフラも男性が利用するという考えがあり、女性には不便に感じることがあるでしょう。

特に問題なのはトイレと更衣室であり、建物が古いと女性が使用するということを前提にしていないため、限られたインフラしか設備されていないところも存在しています。会社側も対策は講じていますが、まだ完全ではありません。

女性大型ドライバーのデメリット3:事故のリスク

車両は常に進化していて事故が起きないように機能を充実させていますが、大型ドライバーのように車両が大きく、長い時間を運転に費やしていると事故の発生する確率はどうしても上昇してしまいます。

車両の運転は自分がいくら注意していても発生しますし、大型ドライバーは全く土地勘の無い地域にも配送しなければならず、そうなると道路や周辺の状況がわからないので事故も起きやすくなるのは仕方ないでしょう。

女性が大型ドライバーになるメリットとデメリットを理解しよう!

大型ドライバーは今でも圧倒的に男性の方が多く女性は少数派に該当してしまうため、社会的に女性に対する意識が高まってもデメリットは解消されないでしょう。しかし、これは仕事に従事していれば仕方ないとも言えます。

性別に関係無く仕事をすればメリットばかりでは無いのが普通であり、女性の大型ドライバーと悲観的にならず、悪い部分よりもいい部分を探して長く勤務できるように努めて下さい。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人