Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガストラックは近年注目されている乗り物の1つです。天然ガストラックの特徴について気になっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、天然ガストラックのメリットを紹介します。天然ガストラックについて知りたい方は、ぜひ読んでみて下さい。


トラックにも使用される天然ガスとは

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガスとは天然に生み出されている化石燃料です。

天然ガスとは炭化水素ガスのことで、地下に存在していたり地下から地表に噴出していたりします。天然ガスは現在、エネルギー源で広く使われています。燃焼させて熱源として使われることが多いですが、動力としても利用し始められています。

石油や石炭に比べて天然ガスは燃焼時の大気汚染物質や温室効果ガスの排出が少ないのがメリットで、火力発電の中心的な燃料でもあります。

天然ガス以外のガソリンの種類

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガス以外のガソリンの種類にはレギュラー、ハイオク、軽油などがあります。

車の燃料のレギュラー・ハイオク・軽油は全て原油から作られています。レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違いはオクタン価で、オクタン価とはノッキングのしにくさを表す指標です。ハイオクガソリンはレギュラーガソリンよりもオクタン価が高いです。

軽油はガソリンを蒸留する過程で付随して生まれる燃料でガソリンよりも価格が安いです。

天然ガスの歴史

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガスは1970年代以降、急速に普及しました。

世界で初めてガスが使われたのは1792年ですが、このときは石炭が原料でした。日本でガスが使われたのは1872年でガス灯で利用されたのが最初です。光エネルギーとして利用されていたガスはやがて熱エネルギーとして使われるようになっていきました。

1970年代以降に天然ガスへの転換があり、それを契機としてガス利用料が増加していきました。

天然ガスのトラックのメリット5つ

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

他のガソリン車ではみられないメリットが天然ガスのトラックにはあります。

燃料を天然ガスにすることで、ガソリン車と何が違うのでしょうか。メリットを知ることで、天然ガストラックへの理解を深めましょう。ガソリン車のメリットと比較し、トラックの購入は高価なコストとなりますので、将来性も念頭に置き慎重に判断することが重要です。

価格やエコなどで比較できますので、まずは天然ガスのメリットを5つ紹介します。

天然ガストラックのメリット1:ランニングコストが安い

他のガソリンに比べて、天然ガスのトラックは約半分のランニングコストです。

天然ガス車はディーゼル車やガソリン車に比べてランニングコストはおよそ60%~80%程度になります。つまり条件が良ければ、燃料費が約半分でハイブリッド車に劣らないコストとも言えます。

天然ガストラックはランニングコストが安いことによる燃料代のメリットも大きいですが、補助金制度や税制優遇もありますので、全体的に経費削減ができます。

天然ガストラックのメリット2:音が静か

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガストラックは燃焼方式であるため、騒音が少なく静かです。

振動、騒音が少ないと言われています。それによって運転がスムーズで疲れにくいというメリットにもに繋がります。内装に防音・断熱素材が多少使われていたり、上級の車体を利用することが多いのでコンパクトカーと同じくらいの騒音レベルと言われています。

音が静かであると、ドライバーだけでなく周辺の住民にも迷惑にならないというメリットでもあります。

天然ガストラックのメリット3:排気ガスがきれいになる

天然ガストラックはガソリントラックと比較すると二酸化炭素の排出量が1~2割削減できます。

二酸化炭素の排出は地球温暖化の原因の1つです。その二酸化炭素の排出を天然ガスはガソリンに比べて1~2割削減できるメリットがあります。

また、光化学スモッグや酸性雨の原因である窒素酸化物・炭化水素・一酸化炭素の排出量も少なく、黒煙や粒子状物質もほとんど排出しないメリットもあります。

天然ガストラックのメリット4:天然ガスの価格変動の心配が少ない

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガスは価格変動が緩やかです。

例えば大規模災害や石油危機のような価格変動が起きても、天然ガスは比較的緩やかな価格変動です。道路に埋設した中圧ガス導管によってエコステーションに供給されるため、耐震性に非常に優れており供給能力が高いです。

これは東日本大震災においても地震に対する強さが実証されています。急な価格の高騰のリスクがディーゼルやガソリンよりも少ないことはメリットです。

天然ガストラックのメリット5:減税の対象になる

Bottom banner

天然ガストラックはエコカー減税対象になります。

エコカー減税というのは、排出ガス性能と燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて自動車重量税と自動車取得税を免税・減税することです。また、条件によっては初回継続検査が免税になります。

先進環境対応トラック・バス導入加速事業というものが国交省と経産省で行われているので、更なる支援も見込まれます。コストが抑えられるのはメリットのひとつです。

◆エコカー減税(自動車重量税・自動車取得税)
 排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減
 ※本HPでのエコカー減税対象自動車一覧の掲載は終了しましたが、自工会・輸入組合では引き続き掲載しています。

出典: https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000028.html |

天然ガストラックのデメリット5つ

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガストラックには特有のデメリットがあります。

天然ガストラックならではのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。天然ガストラックは、ガソリン車と違う特徴をもっているのでデメリットも特有のものがあります。

購入を検討する場合はガソリン車のメリットとデメリットのどちらも比較し、理解を深めてから考えましょう。

それでは天然ガスのデメリットを5つ紹介します。

天然ガストラックのデメリット1:燃料補給場所が少ない

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

天然ガスを補給する天然ガスステーションは通常のガソリンスタンドよりも圧倒的に少ないです。

天然ガスを車両へ充填できる場所は、天然ガススタンドやエコ・ステーションという名称で呼ばれ、日本では都市部を中心に約320箇所整備されています(2019年現在)。通常のガソリンスタンドは約3万箇所あります。

天然ガストラックを運転する場合、天然ガスの充填は必須ですが、その場所が少なくて不便である事はデメリットです。

天然ガストラックのデメリット2:故障した時の修理場所が少ない

天然ガス車の故障箇所を直せる整備技師が少ないことが原因です。

天然ガス車をメンテナンスするには、特別な講習を受けなければならないのでその講習を受けている整備技師さんが少ないことや、在籍しているお店を探すのが大変です。

また、天然ガストラック用の部品も置いてあるところが限られているので、たとえ整備技師が見つかっても施設不足という現状があります。近くにない場合はそこまでの移動も負担となるのはデメリットです。

天然ガストラックのデメリット3:トラックの購入金額が高い

ディーゼル車よりも購入金額は高いです。

同じメーカーの大型トラックで比べてみても、天然ガストラックはディーゼル車よりも数百万円高いことが多く、購入コストがどうしてもかかってしまいます。要因は、技術がつまっていること、生産台数が少ないことが挙げられます。

しかし、購入コストが高くてもどれだけ乗れるかによってその価値は変わってきます。

天然ガストラックのデメリット4:維持費が高い

天然ガストラックのみかかってくる維持費があります。

天然ガス車であることで、車両の法定点検とは他に行われるシステムの点検、高価な白金プラグの交換、高温になるエンジンの全合成のオイルの使用、ブレーキパッドの摩耗など、ガソリン車に比べてコストがかかるのがデメリットです。

なお、ガソリン車との燃料代の差額には収まることが考えられます。

天然ガストラックのデメリット5:車内が暑くなりやすい

天然ガス車の排気が熱いことが原因です。

天然ガスには多くのメリットがありますが、天然ガスを燃料とするために、液体燃料の役目の1つである燃焼室の冷却効果が得られません。よって、エンジン内に熱がこもる形になります。

マフラーの真後ろはより熱くなることがあるので注意しましょう。熱がこもると冷房コストもかかる恐れがあります。現在では技術が進み、改善されてきているようなので購入の際には確認しましょう。

天然ガストラックとディーゼルトラックの価格は異なる

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

同じ自動車メーカーで比べてもエンジンの作りが違うので、天然ガストラックとディーゼルトラックの価格は異なります。

最新の技術が詰まったエンジンやエンジンコントロールシステム、本体を持つトラックはどのような仕様でも高価になります。天然ガストラックとディーゼルトラックのメリットとデメリットを知った上で価格の違いを把握してから購入を検討しましょう。

天然ガストラックは、近年コストを抑える動きが広まっています。

天然ガストラックの価格

大きさや仕様によって違いますが、大型トラックは2,000万円後半です。

天然ガストラックにはCNGとLNGの二種類があります。天然ガスを圧縮したのがCNG、冷却して液体にしたのがLNGです。

仕様によっての違いはありますが、CNGの大型トラックは2,000万円後半、CGNの小型トラックは400万円のものもあります。ランニングコストは安いのがメリットでしたが、イニシャルコストは少し高く感じます。

ディーゼルトラックの価格

大きさや使用によって違いますが、大型トラックは2,000万円前半です。

通常のディーゼル車とクリーンディーゼル車でも価格は異なりますが、ディーゼル車の大型トラックは2,000万円前半、ディーゼル車の小型トラックは400万円前後です。

ディーゼル車は種類がたくさんあること、選択の幅が広く同時に価格の幅も広いことはメリットではありますが、検討に時間がかかります。

天然ガストラックの将来性を考えよう

天然ガストラックのメリット5つとデメリット5つ|トラックの価格比較

開発が進んでいることや車種が増えていることから、将来性があります。

天然ガストラックには紹介したようなメリットがあり、近年のエコ推進によって政府の支援もあります。また、世の中の環境に対する意識が高まっている事から、今後も天然ガストラックに注目が集まると考えられます。

各メーカから次々に新型車両が出ていたり、購入しやすいように価格を抑えたりしていますので、天然ガストラックには更なる将来性があります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人