Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

運送会社にもブラックな会社が存在するので、ドライバーの仕事をする場合は見分け方を身につけることが大切です。この記事では、ブラックな運送会社と優良な運送会社の見分け方について、運送会社の背景とともにご紹介します。ぜひお読みいただき、参考にしてください。

運送会社にはブラックな会社も存在する

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

運送会社にもブラックな企業が存在します。運送会社の収益が少なくなれば、会社自体が人手不足に陥ることになるので、働きやすい労働環境を整えることが難しくなり、ドライバーへの負担が増加することになります。

トラック運転手として働く人は、運送会社全体が置かれている実情を理解しながら、ブラック運送会社を見分ける力を養うことが大切です。

運送会社の実情

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

運送会社の実情が変化していることも把握しておく必要があります。自動運転や無人での運搬を視野に入れている会社が多く、サービス競争が激しくなっているのも、ブラック運送会社を生み出している原因になっています。

運送会社の仕事をする人は、入社を考えている会社が新しい技術の導入に積極的に取り組んでいるかを知るのも大切です。もし、会社自体が利益を出せていなければ、新しい技術を導入する余裕はないでしょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方8つ

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方があります。運送会社自体の収益が増えていれば、多くの顧客から信頼される仕事ができているので、労働環境が整っていることが多いです。そのため、運送会社自体が収益を上げているかどうかを知るのも見分け方のポイントです。

また、自分が入社を考えている会社の面接を受ける際には、停めてある車両の数と状態を見るようにして、ドライバーが生き生きと働いているかを観察しましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方1:給料がきちんと支払われない

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、給料がきちんと支払われていないことが挙げられます。ブラックな運送会社は顧客からの信頼を得る仕事ができないので、収益を上げられず、決められた給料を払えないことがあります。

自分が入社を考えている会社があれば、社員へ給料が支払われているかを調べることもブラック企業の見分け方の1つなので、ドライバー仲間やネットの口コミから情報を得るようにしましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方2:みなし残業が多い

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、みなし残業が多いことが挙げられます。運送会社自体の収益を上げることができていない場合は、人手不足になることが多く、社員にみなし残業をさせることがあるからです。

運送会社の仕事をする人は、入社を考えている会社の面接を受ける際に、残業手当の支払い方法などを確認しておきましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方3:請負契約という形態

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、請負契約での仕事が多いことが挙げられます。ブラックの運送会社は会社の規模が小さいことがあるので、請負での仕事しか得られないことがあるからです。

ブラックな運送会社に勤めたくない人は、請負契約ではない勤務形態の会社を選ぶようにしましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方4:ドライバーの人数が少ない

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、ドライバーの人数が少ないことが挙げられます。ブラックな仕事をさせていることで、辞めていく人が多くなり、十分なドライバーを確保できていないことがあるからです。

自分が入社を考えている会社の面接を受ける際に、ドライバーと車両の数を確認しながら、荷物の数なども見ておくようにしましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方5:車両が古い

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、仕事に使っている車両が古いことが挙げられます。運送会社として利益を出せていなければ、新しい車両を配備することができないからです。

ブラックな運送会社に勤めたくない人は、面接の際に、車両の年式を観察しながら、ドライバーが仕事をしやすい車両かどうかを見ておくようにしましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方6:常に求人募集をしている

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、常に求人募集をしているかどうかを見ることも大切になります。求人募集ばかりをしている会社は、労働環境が悪いため、辞めていく人が多くなるので、仕事がしづらい悪循環を作っていることがあるからです。

自分で運送会社の仕事を探す際に、常に募集をしている会社を避けるようにして就職活動をするようにしましょう。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方7:残業代が支払われない

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、残業代が支払われているかどうかを知ることが挙げられます。ブラックな運送会社は利益が少ないので、人手不足の中で仕事をさせていることが多く、残業代が払えないことがあるからです。

自分が入社を考えている会社の面接の際に、残業代の支払い方法を確認するとともに、不明な点を残さないように質問をすることが重要です。

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方8:固定給が少ない

ブラックな可能性のある運送会社の見分け方として、固定給が少ないことが挙げられます。会社全体の仕事が少ないことで、十分な収益を上げることができず、社員へ労働に見合った固定給を渡すことができないからです。

ブラックな運送会社に勤めたくない人は、固定給が多い求人を選べるように、持っていない免許や資格の取得を目指すようにしましょう。

優良運送会社の見分け方3つ

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

優良運送会社の見分け方にはコツがあります。優良運送会社は、ホワイトな労働環境が整っており、優秀な人材を集めやすくなるので収益を上げることができています。

自分が入社を考えている運送会社のホームページを閲覧するようにして、会社の仕事内容や労働環境などに注目して優良な企業かを見分けるようにしましょう。

優良運送会社の見分け方1:あまり求人募集を出していない

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

優良運送会社の見分け方として、あまり求人募集を出していないことが挙げられます。労働環境が整っていれば、仕事がしやすくなり、辞めていく人が少ないので、求人を出す必要がないからです。

自分で運送会社の求人を探す場合は、求人の好条件だけに注目せずに、会社の規模や仕事内容にも興味を持つようにしましょう。

優良運送会社の見分け方2:車両がきれい

優良運送会社の見分け方として、仕事に使う車両が綺麗なことが挙げられます。会社の収益を上げることができなければ十分な人員を確保できず、車両を洗車する時間が持てません。そのため、車両が綺麗な状態かどうかは優良運送会社かどうかを見分けるポイントになります。

自分が入社を考えている会社の車両が洗車されているかどうかを見ながら、タイヤの状態や車自体の年数が古くないかを観察するようにしましょう。

優良運送会社の見分け方3:安全装置・環境装置の有無

優良運送会社の見分けるために、安全装置・環境装置が備えられているかどうかを見ることも大切です。会社の収益が少なければ、運転手や環境を考えた車両を配備することができません。また、人の安全を考えていないので労働環境が悪い場合が多いです。

自分が入社を考えている会社に停めてある車両に警報ブザーや、車の荷台に荷物を積む際の安全を考えた装置が備えられているかを確認しましょう。また、排気ガスの量も見ておきます。

ブラック運送会社を選ばないように注意しよう

ブラックな運送会社の見分け方8つ|運送会社の実情と優良会社の見分け方

運送会社の仕事をする場合には、ブラック運送会社を選ばないことが大切です。ブラックな会社はドライバーへの負担を考えていないことが多いので、無理な仕事をさせることがあり、怪我や事故などにつながることもあります。

運送会社の仕事を考えている人は、運送業の仕事内容を把握して、優良な会社を見極める力をつけながら、良い条件で働けるように、持っていない免許や資格の取得を目指しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related