Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りはドライバーの補助を行い、駐車禁止違反対策にもなっています。トラックの横乗りはただ単にトラックの助手席に座っているのではなく、マナーを守りつつ運搬作業を手伝ったりドライバーの仕事を覚えることでドライバーとして独り立ちするための研修期間です。


トラックの横乗りとは

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りとは、新人社員やアルバイトらドライバー初心者がベテランドライバーの横に乗って、ベテランドライバーの補助や運搬作業を手伝うことです。

なぜトラックの横乗りをする人が必要なのでしょうか。そしてなぜドライバー初心者はトラックの横乗りをしなくてはならないのでしょうか。

トラックの横乗りが必要な理由

ドライバーの横乗りが必要な理由としては、ドライバー初心者が、経験者から仕事のやり方を教えてもらうことにあります。ドライバーとして独り立ちするために、仕事の手順や一日の仕事の流れなどを教えてもらったり、運搬の仕事を手伝ったりして仕事に慣れる必要があります。

もう1つの理由として駐車禁止違反対策が挙げられます。トラックに人が乗っていれば駐車禁止違反にはならないからです。

トラックの横乗りで覚えるべき仕事3つ

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

ドライバー初心者がトラックの横乗りで覚えるべき仕事は3つあります。

一見簡単な仕事のように見えますが、ただトラックの助手席に乗ってるだけで良いということではありません。それでは具体的に仕事の内容を見ていきましょう。

トラックの横乗りで覚えるべきこと1:道を覚える

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックに乗って、ある街での宅配やルート配送をする際の道を覚えておくことです。これによって効率よく仕事を行うことが可能になります。

カーナビが装着されているトラックもありますが、実際に道を覚えているのといないのでは仕事の効率が格段に違うでしょう。さらにカーナビを見る頻度が減れば運転に集中することができ、事故を減らすことも可能でしょう。道を覚えておいて損はありません。

トラックの横乗りで覚えるべきこと2:運転技術を覚える

独り立ちをするためにトラックの横乗りをするので、しっかりとトラックを運転する技術を覚えなくてはなりません。

アルバイトである場合は運転を任されることはほぼないのですが、新入社員の場合は慣れてきたころにトラックを運転することになるでしょう。そのためトラックの横乗りをしている期間にしっかりとトラックの運転技術を学んでおきましょう。

トラックの横乗りで覚えるべきこと3:運搬などの作業を補助する

現在はインターネット通販で多くの商品が気軽に買える時代であり、いろんな種類の運搬物があります。そのため一人では運搬作業が難しい場面があります。

運搬作業の補助をしながら、効率の良い仕事の手順をトラックの横乗りの期間に学びましょう。ただ休んでドライバーの方の仕事を見ているだけではなく、何をすべきかを常に考えてしっかり業務に集中しましょう。

トラックの横乗りで貰える給与と勤務時間は勤務形態によって異なる

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りの給与や勤務時間は、研修期間の場合とアルバイトの場合でそれぞれ異なります。

それでは次にトラックの横乗りでどのくらい給与が貰えるのか、どのくらいの時間働くのかを見ていきましょう。給与と労働時間は働く人にとっては大きな関心事です。

貰える給与と勤務時間:研修期間の場合

トラックの横乗りをしている方は運転手に比べて労働量が異なるため、トラックの横乗りはドライバーよりも給料が安い傾向があります。

しかし正社員はトラックの横乗りが義務化されているところもありこの期間にしっかりと仕事を覚えることが大事です。

勤務時間はドライバーと同じ時間働き、およそ12時間以上となっています。給料はドライバーよりも安いですが研修期間と捉えましょう。今後ドライバーとして独り立ちできるように仕事にいち早く慣れましょう。

Bottom banner

貰える給与と勤務時間:アルバイトの場合

アルバイトの場合はトラックの横乗りの最低賃金が1000円となっており、他のアルバイトよりも給与が高くなっています。

その日の移動距離で仕事をする時間が変わってきます。よって勤務時間に関しては、その日にならないと分からないことが多めです。2時間などの非常に短い時間だったり半日程度の長い時間だったりまちまちです。

トラックの横乗りでやってはいけないこと5選

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りはドライバーの横に乗るだけの簡単な仕事のようですが、やってはいけないルールが5つあります

それではトラックの横乗りでやってはいけない具体的な例を見ていきましょう。ドライバーは仕事をしているのでトラックの横乗りの人はある程度のマナーを守らなくてはなりません。

マナーを守るだけでもしっかりとコミュニケーションをとることができ、業務を円滑に進めることができるので、必ず実践しましょう。

トラックの横乗りでやってはいけないこと1:お菓子を食べる

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

ドライバーは仕事をしているのですから、ドライバーの隣でお菓子を食べるようなことをしてはいけません。ドライバーの機嫌を損ねたり集中力を途切れさせてしまいます。

そのようなことがあると事故のリスクも上がり大変危険です。友達同士のドライブではないのですから、仕事中はお菓子を食べるのは自重しましょう。

トラックの横乗りでやってはいけないこと2:リクライニングを倒してリラックスする

ドライバーが仕事をしている横で、後輩にあたるトラックの横乗り人がリラックスをしていることは失礼になることがあります。

トラックの横に乗っているだけの暇な時でも、勤務中であることを忘れずに、仕事中の態度に気を付けましょう。

トラックの横乗りでやってはいけないこと3:手袋を持ってこない

トラックの横乗りをする人は運搬作業を手伝う際に手袋を必ず使うので、手袋を持ってくることは必須です。

なぜ手袋をするのかというと、荷物を落とさないようにしたり、段ボールや他の荷物で自分の手を怪我したりしないようにするためです。

手袋はトラックの横乗りの仕事において大変重要なアイテムですので、忘れずに持っていくようにしましょう。

トラックの横乗りでやってはいけないこと4:寝てしまう

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

当然ですが仕事中に寝ることはよくありません。

勤務中ですから不測の事態に備えるためにも、きちんと起きて、いつでもドライバーをサポートできるように準備しておきましょう。

運転中の事故や荷物の積み下ろし時の事故は起こりがちなことです。必要な時のサポートとしての横乗りの人の役割は重要です。

トラックの横乗りでやってはいけないこと5:挨拶や返事をしない

トラックの横乗りに関わらず、挨拶や返事は基本中の基本です。

挨拶は大切なコミュニケーションです。初対面で仕事を共にする場合も多いでしょうから、挨拶はとても大事になってきます。

同様に返事をすることも重要なことです。返事がなかったら行ったことが伝わっているのか、理解してくれているのかが分かりません。きちんと返事をして円滑なコミュニケーションを心がけましょう。

トラックの横乗りについて詳しくなろう

トラックの横乗りが覚えるべき仕事や給与|やってはいけないこと5選

トラックの横乗りは簡単な仕事のようで得られることが多く、注意しなくてはならない点もあり、想像以上に内容の濃い仕事となっています。

トラックの横乗りはドライバーになる前に必ずやらなくてはならない重要な業務であり、この時期に学ぶべきことが多くあります。

トラックの横乗りはれっきとした業務であることを忘れずに、基本的なマナーを守り、ドライバーとの円滑なコミュニケーションをとることが非常に大事です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related