Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

トラックのギアチェンジをするのは難しいと言われています。初めてトラックを乗ると上手くギアチェンジができない方もいるのではないでしょうか?この記事では、トラックのギアチェンジのコツをご紹介していきます。ギアチェンジのコツを知りたい方はぜひ読んでみてください。


ドライバー業界への転職ならドライバーワークス!


今の年収や福利厚生など会社に不満があるなら、転職をおすすめします!


未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。


業界最大数の案件が揃っているドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックのギアチェンジとは

トラックのギアチェンジとは具体的にどういうことなのか、また、トラックのギアチェンジの特徴とはどういうものなのでしょうか。まずはトラックのギアチェンジの特徴やAT/MTでの違いについてご紹介していきます。

ギアチェンジの特徴

では、トラックのギアチェンジの特徴とは一体何かというと、ギアチェンジする際のシフトレバーの数字の位置が違うことです。自動車だと、左から1速、2速、3速、4速、5速、Rになっていますが、トラックだとR、1速、2速、3速、4速、5速、6速と逆になっています。

また、車は5速までしかないですが、トラックは6速まであるのもトラックのギアチェンジの特徴となっています。

MTとATの違い

トラックは車と同じでMTとATもしくはセミATというものがあります。何が違うのかというとクラッチを踏んで自分でギアチェンジするのがMTで、クラッチを踏まずに自動でギアチェンジするのがATになっています。

最近車はATが主流になっていますが、トラックはまだMT車が多いのが現状です。

ドライバーワークスは業界最大数の案件を持ち今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ

トラックギアチェンジを上手に行うコツはあるのでしょうか。ここではトラックのギアチャンジを行う7つのコツをご紹介していきます。難しそうに感じますが、1つ1つのコツをおさえることでギアチェンジがスームズにできます。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ1:クラッチを調整しておく

トラックを運転するのに技術はもちろんですがクラッチを調整することがギアチェンジを上手く行うコツになっています。なぜかというと、調整しないとトラックのようなパワーのある車だといくら離しても簡単に繋がってしまい、燃料を消費やガタガタ車になってしまいます。

しかし、定期的にクラッチの調整をすることが、トラックのギアチェンジを上手く行うコツです。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ2:シフトアップはゆっくり行う

トラックは乗用車と違い、パワーがありアクセルを軽く踏むだけで発進することができます。クラッチが繋がったからと言って、すぐシフトアップしてもガタガタになってしまいます。まずは、アクセルで回転数を上げることを忘れないようにしましょう。

トラックの場合すぐ回転数が落ちるわけではないのでゆっくり丁寧にシフトチェンジを行うことがギアチェンジを上手に行うコツです。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ3:補助ブレーキを活用する

シフトダウンするとき、乗用車のようにエンジンブレーキを使わないようにしましょう。なぜ使わないようにするのかというと、トラックは回転数が落ちにくいので使わない方がいいです。

実はトラックには、リタータというアクセルを離したら自動的にブレーキが効く補助ブレーキというものついています。こちらを上手く活用することがギアチェンジを上手く行うコツです。

Bottom banner

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ4:回転数を合わせる

これは、乗用車にも言えることなのですが、ギアチェンジの際エンジンの回転数を合わせると滑らかにギアが切り替わるので、ギアチェンジの際に起きるガタガタを抑えられます。

エンジンの回転数を合わせるのはどんな感じなのかというと、エンジンの回転数が合うとギアがエンジンに吸い込まれるようにピッタリと入る感じがします。この回転数を合わせることがギアチェンジを上手に行うコツです。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ5:アクセルを完全に離さない

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

ギアチェンジを上手く行うコツで、忘れてはいけないのが先程もお話したエンジンの回転数です。ギアチェンジの際は、ある程度回転数があるからと言ってアクセルを完全に離してしまうと、回転数が合わなくなってガタガタになってしまいます。

ガタガタ車にならないコツとしてアクセルペダルから完全に足を離さずに、緩める程度にすることがトラックのギアチェンジを上手く行うコツです。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ6:必ずしも1速から発進しなくてよい

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

普通車であれば、1速から発進したほうがいいですが、トラックの場合別に1速から発進にこだわる必要はありません。なぜかと言うと、普通車と違い重量もギア比も違います。

しかも、トラックの1速は本当低速しか出ないため、上り坂がきついなどでない限り2速発信できない場合のみ使うようにしましょう。

トラックを発進する際は、1速発進にこだわらないことがギアチェンジを上手くコツに繋がります。

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7:エンジンブレーキのシフトダウンはしない

スピードを落としてギアチェンジする際エンジンブレーキを使用してシフトダウンさせようとしても、上手くいきません。シフトチャンジするときにエンジンブレーキを使用し、そのままクラッチを繋ぐのはかなり難しいです。

先程もお話しましたが、シフトダウンするときは、エンジンブレーキに頼るのではなくリタータというものを上手く使うことがギアチェンジを上手く行うコツです。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんと保険に加入していますか?

「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。

もし福利厚生面に不安があるなら、転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックを運転する際の注意点3つ

ここからはトラックを運転する際に注意したい3つの点をご紹介していきます。ギアチェンジのコツを知ることも大事ですが、上手に運転することも大事なのでトラックを運転する際にチェックしてみてください。

トラックを運転する際の注意点1:運転席の高さ

乗用車からトラックに乗ってまず驚くのが運転席の高さです。トラックの運転席の高さは乗用車の運転席の約2倍あると言われています。高いので先をよく確認することができるメリットがあります。ただその一方で真下が見づらく突然の飛び出しには注意する必要があります。

しかし、サイドミラーがほとんどカバーしてくれるので普段からミラーを見ながら運転する癖をつけるようにしましょう。

トラックを運転する際の注意点2:車両感覚

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

トラックを乗って最も難しいと感じるのは車両感覚です。車両が長いのではじめは戸惑います。しかし、トラックは乗用車と違いノーズがないので普通の感覚で運転すればぶつかることはありません。

ただ、トラックで運転するときに注意したいのが道幅や高さです。高さや道幅を考えて運転しないと看板などにこすってしまうこともありますので、運転するときは高さや道幅を考えて運転するようにしましょう。

トラックを運転する際の注意点3:ルームミラーが使えない

トラックのギアチェンジを上手く行うコツ7つ|運転する際の注意点3つ

トラックによりますが、屋根付きのトラックだとルームミラーを使ってのバッグはできません。なので、今まで乗用車でルームミラーを使ってバッグをしていた人ははじめは苦労するか可能性があります。

ただ、最近のトラックにはバックモニターというものがありますので、そこまで心配する必要なありません。しかし、モニターにも死角あるのでバッグする際は誰かに見てもらうなどしてもらうと安心ですよ。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックのギアチェンジを上手に行いましょう

今回は、トラックのギアチェンジを上手く行いコツと運転する際の注意点を3点ご紹介しました。トラックを初めて運転すると、上手くギアチェンジができなかったり、車両感覚が違いすぎて戸惑うことも多いのではないでしょうか。

トラックの運転やギアチェンジはコツを押さえることが、安全に運転するポイントですので、1つ1つ確認しながらトラックを安全運転するようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人