Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

トラックの運転手はマナーが悪いため、トラックの近くでは注意しているという人もいます。しかし、当然ながらすべてのトラックの運転手がマナーが悪いわけではありません。また、トラック運転手はマナーを守っても、マナー違反と勘違いされていることもよくあります。


トラック運転手はマナーが悪い?

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

街中を走っている大きなトラックをよく見かけることがあります。そのトラックが走っている近くを歩いたり、車で走ったりする際には、トラックの運転手はマナーが悪いため、注意しているという人もいます。

しかし、当然ながらすべてのトラックの運転手がマナーが悪いわけではありません。また、トラックは大きいため、その走行方法によってマナーが悪いと勘違いされてしまうこともあります。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因10個

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

トラックの運転手はマナーが悪いという印象を持っている人もいます。しかし、当然ながらすべてのトラック運転手のマナーが悪いわけではありません。中にはマナーの悪い運転手もいますが、多くのトラック運転手がマナーを守っています。

しかし、トラックは非常に大きいため、乗用車とは走行方法や運転感覚に違いがあります。そのため、大きなトラックに合わせた走り方をすることでマナーが悪いと勘違いされていまうこともあります。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因1:視点が高いので車間距離を詰めてしまう

トラックは非常に大きい車のため、乗用車と比べると運転席が高い位置にあります。また、トラックは正面が平らな形をしている物が多いため、高い位置から車の手前がよく見えています。

そのため、前の車との距離もよくわかるため、乗用車よりも車間距離を詰めがちになってしまうことがあります。また、トラックは大きいため、車間距離が詰められることで、トラックの前を運転するドライバーは圧迫感を感じてしまうこともあります。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因2:安全に停止できるよう車間距離を広く取る

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

走行中のトラックは前の車と広く車間距離を取るようにゆっくりと走っていることがあります。そのため、周囲の車の流れを無視してのんびり走って、マナー違反をしていると勘違いされることがあります。

しかし、トラックは大事な荷物を積んでおり、荷物に加えて車体も非常に重いことから、急停車ができません。そのため、トラックは安全のためにあえて車間距離を広く取っています。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因3:車両通行帯が決められている

トラックは急停車できないため、前の車と広めに車間距離を取って、ゆっくり走ることもあります。しかし、安全走行のためにゆっくり走っているトラックが右車線を走っていることもあります。

ゆっくり走っているのに右車線をずっと走ることで、マナー違反をしていると勘違いされることもあります。しかし、トラックが右車線を走るのは沿道の騒音防止や環境を守るなどの目的で、車両通行帯が右側に指定されている道路もあるためです。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因4:車線変更したくないから右車線を走行する

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

道路によってはトラックは右車線を走ることを指定されていることがあります。他にも、地域によっては左車線には路上駐車が多くされている道路もあります。

路上駐車をしている車を避けるために、大きなトラックを何度も車線変更することは危険が伴います。そのため、トラックは安全運転のために、あえて右車線をずっと走っています。そのため、トラックがずっと右車線を走っていることはマナー違反ではなく安全のためです。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因5:時間に追われているから路上駐車をする

トラック運転手の仕事は決められた時間に荷物を集荷して、配達をすることです。決められた時間がタイトな設定になっていることもよくあります。しかし、トラックは大きいため、小道を使って渋滞を避けたりなどすることはできません。

また、荷物を下ろすための駐車スペースがなくても、駐車できる場所を探している時間がないことも多いです。そのため、やむを得ずにトラックは路上駐車しなければいけないことも多いです。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因6:ミラーの接触

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

トラックは非常に大きいことから、周囲を確認して安全運転ができるように大きなミラーが多く付いている物もあります。そのため、左車線を走っていると、街路樹や道路標識などとミラーが接触してしまう危険性もあります。

トラックは安全のために右車線を走り続けているので、マナー違反ではありません。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因7:駐車スペースがない

Bottom banner

大きなトラックを駐車させるスペースが見つからないことは多いです。コンビニなどにトラック用の駐車スペースが用意されていても、乗用車の方がマナー違反をして駐車していることも多いです。

トラック運転手は時間に追われているため、短時間の駐車のために時間をかけて駐車スペースを探すことができません。そのため、他のドライバーのマナー違反で、路上駐車をしなければいけない状況になることもあります。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因8:休憩時間

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

疲労や眠気がある状態で運転を続けることは危険なため、トラック運転手には適度な休憩が必要となります。また、法律でも仕事で車を運転する場合には4時間以上連続で行ってはいけないとなっており、4時間トラックを運転すれば30分は休憩が必要となります。

しかし、先に述べた通り休憩するタイミングで大きなトラックを駐車できるスペースは簡単に見つけられないため、安全運転を続けるために仕方なく路上駐車して休憩をします。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因9:スピードが出せない

急いで荷物を届けようとして大きなトラックがスピードを出してしまうと非常に危険となります。そのため、会社もトラックがスピードを出し過ぎていないか監視するために、トラックにはデジタコが付いていることがあります。

デジタコが付いたトラックは制限速度以上出した際に、警告音を出します。また、機械にデータが記録されます。そのため、周囲の車の流れに合わそうとしても、スピードが出せない場合もあります。

トラック運転手のマナーが悪いと言われる原因10:単純にマナーが悪い

先に述べた通り、多くのトラック運転手はマナーを守って運転をしています。しかし、残念ながらトラック運転手の中にもマナーの悪い運転をする人もいます。

一部のトラック運転手がマナーの悪い運転をすることで、他のトラック運転手までマナーが悪いという印象を世間に持たれてしまうことがあります。

マナーが悪いトラック運転手への対処法3つ

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

多くのトラック運転手はマナーを守っています。しかし、上記で述べた通り、一部ではありますが、マナーの悪いトラック運転手もいます。

トラックは非常に大きな車のため、マナーの悪いトラックが近くにある場合には、事故を避けるためにも注意をしなければなりません。また、トラックだけでなく、トラブルを避けるためにトラック運転手自体にも注意が必要となります。

マナーが悪いトラック運転手への対処法1:一切相手にしない

トラック運転手に限らず、マナーの悪い人は素行が悪いことも多いです。そのため、マナー違反を指摘や注意をするという正しい行動をしたとしても、相手の逆上を買ってしまう恐れがあります。

トラックはしばらくすれば移動するため、トラブルを避けて自分の身を守るためにも、マナーの悪いトラック運転手は一切相手をしないようにすることも対処方法の1つです。

マナーが悪いトラック運転手への対処法2:運行管理者に連絡する

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

マナーの悪いトラック運転手に注意や指摘をしてしまうと、いくら正しいことであってもトラブルになってしまう可能性があります。自分でトラック運転手に指摘や注意をするのではなく、そのトラックの会社に連絡をしましょう。

トラックにはたいてい会社名が書かれています。そのため、会社に連絡をして、そのトラックのナンバーと事情を伝えれば、自分で指摘や注意をしなくても会社が代わりに運転手を注意してくれます。

マナーが悪いトラック運転手への対処法3:記録したものを警察に渡す

マナー違反であれば、トラック運転手や会社に連絡をするなどすれば、たいていのことは解決します。

しかし、煽り運転のような即座に対応が必要な場合や、命の危険に関わるようなことがあった場合には、ドライブレコーダーの記録や同乗者に動画を撮影してもらうなどの証拠を用意して警察へ相談しましょう。煽り運転は死者を出す事故にも繋がるため、適切な対処が必要となります。

トラック運転手のマナーについて理解を深めましょう

トラック運転手のマナーが悪いといわれる原因10個|マナーが悪い人の対処法3つ

トラック運転手に対してマナーが悪いという印象を持っている人もいます。しかし、マナーの悪いトラック運転手は一部であり、多くのトラック運転手がマナーを守って運転をしています。

また、トラックという大きな車に合わせた運転をマナー違反と勘違いしている人もいます。そのため、トラックのマナーは運転手だけでなく、トラックに乗らない人も理解しておくようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related