Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

毎年、トラックの駐車による事故は数多く起きています。普通車に比べて車体が長く死角が多いトラックでは、駐車がかなり困難とも言われています。運転のコツを覚え、色々な対策を立てることで危険を回避することができます。小さなことから気をつけて、事故を減らしましょう。


トラックのバック運転は慣れるまで苦手とする人が多い

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックは、普通車と違って車体全体が長いため、バック駐車が非常に難しいです。

そのため、初めてトラックを運転する人や、これからトラックを使った仕事に就きたいと考えている人は、駐車について不安を抱くことも多いでしょう。車体全体が長いトラックは普通車と違い、かなりのコツや知識が必要になってきます。

この記事では、トラックを使ったバック駐車のコツや運転のコツについて紹介して行きます。

トラックのバック運転が難しい理由

トラックのバック駐車が難しい理由は、車体の長さと死角が多いことです。

まず、車全体の長さが長いので、どこまで下がれば良いのか分からなくなってしまい、距離感が掴めなくなってしまうことがあります。

そして、普通車では見えていた場所が、トラックでは遮られてしまうこともあります。極端な場合では、全く見えない箇所も出てきてしまうということさえあるでしょう。

この2点が、トラックのバック駐車を特に難しくています。

トラックのバック運転で起きやすい事故

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックのバック駐車で、一番起きやすい事故は「後方にある車や壁にぶつかってしまう」というバック事故です。

車体全体が長く、距離感を掴むのが難しいため、車庫入れや車庫出しの際に発生することが多く、付近の車や壁などに接触してしまいます。

事故を回避できるのはドライバーしかいません。運転のときも、駐車のときも、常に安全を心がけ、普段から気をつけていくことが非常に大切です。

トラックのバック運転を行う8つのコツ

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

ここまで、トラックのバック運転の難しさについて見て来ましたが、事故を回避するためにはどうすれば良いのでしょうか。

トラックのバック駐車を行うコツは、8つあります。

1つ1つの動作や安全を心がけることによって、自身の運転はかなり変わってきます。事故を起こさないためにも、まずは8つのコツを掴み、良い運転に繋げて行きましょう。

トラックのバック運転を行うコツ1:自車の状況

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックを運転する前に、まずは自車の確認をすることが大切です。

車に不備があったら、防げる事故も回避できなくなってしまいます。そのためには、まず運転前に自車の確認をします。ブレーキとタイヤ、そして方向指示器は毎日点検しましょう。初めて乗るトラックでは、車高の高さを確認することも大切です。

車が正常な状態なのかを確認することで防げる事故も多くあります。運転の前には、必ず自車の確認をしましょう。

トラックのバック運転を行うコツ2:前後左右のタイヤの位置を把握する

前後左右のタイヤを把握しましょう。

車体全体が長いトラックでは、内輪差が生じてきます。普通車でも内輪差は起こりますが、トラックの方が遥かに大きいです。トラックのタイヤの位置を把握しておくことは、内輪差で生じてしまう事故を防ぐための有用な対策になります。

自身の安全と周囲の安全のためにも、トラックを運転する前にタイヤの位置を確認、把握しておくことが大切です。

トラックのバック運転を行うコツ3:運転席とタイヤの位置関係を確認する

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

運転席とタイヤの位置関係を確認しましょう。

前方の右側のタイヤは、ちょうど運転席の下にあります。前方の右側のタイヤの位置が分かれば、おのずと左側のタイヤの位置も分かります。前方の右側のタイヤの位置を把握しておくことによって、今トラック全体がどこに位置しているのかがわかるので駐車もしやすくなります。

位置関係を把握しておくことは、バック駐車時のみならず通常の運転時にも役立ちますので確認しておきましょう。

トラックのバック運転を行うコツ4:周辺状況

バック駐車をする前には、周辺状況を確認しましょう。

「周辺に障害物などはないか」、「駐車スペースは十分か」などをしっかり確認しましょう。また、バックする際の距離感はどのくらいなのかを確認することも大切です。バック事故を防ぐことに繋がります。

周辺の状況を確認を確認しないままバック駐車を行うと、予期せぬ事故が起きてしまう場合もあります。必ず、周辺状況を確認してからバック駐車を行うことを心がけましょう。

トラックのバック運転を行うコツ5:シートベルトを外して身体を動かしやすくする

Bottom banner

シートベルトを外して、身体を動かしやすくしましょう。

シートベルトを外すと身体が自由に動かせるようになるので、視野が広がり後方も見やすくなります。窓や車のドアを開けて確認することも可能になります。そのため、後方の距離感も掴みやすくなりますので、バック駐車もしやすくなるでしょう。

ただし、駐車時はシートベルトを外しても問題ありませんが、運転時は必ずシートベルトをしましょう。

トラックのバック運転を行うコツ6:窓を開けて顔を出してみる

窓を開けて、顔を出してみましょう。

トラックのバック駐車の際に、運転手が窓や車のドアを開けて後方を確認しながら駐車する姿を目にしたことがある人もいるでしょう。

このように、窓や車のドアを開けて後方を確認することによって、後ろの壁や車などの距離感が掴みやすくなります。

そしてこの行動は、トラックの運転で一番多いと言われているバック事故を防ぐことにも繋がります。自分の目でしっかりと確認しましょう。

トラックのバック運転を行うコツ7:サイドミラーを活用する

どんな車でも、バックミラーとサイドミラーは必ずついています。

バック駐車をする際は、サイドミラーを活用しましょう。これは、車体が大きく小回りが効かないトラックには、特に欠かせないアイテムの1つです。

後方を目視するだけではサイドの感覚が掴めず、左右どちらかに寄ってしまう恐れがあります。目視とサイドミラーによる十分な確認で、車体全体の感覚を少しずつ覚えていきましょう。

トラックのバック運転を行うコツ8:目視で左右後方を確認する

目視で、左右後方を確認しましょう。トラック駐車に慣れるには、自身の身体でトラック全体の感覚を覚えることが大切です。

左右と後方の感覚を覚える必要があるので、まずは自分でしっかりと目視することを習慣づけましょう。

駐車の際、自分で目視することは非常に大切なことです。最近のトラックでは、後方にバックカメラを設置する人も多いですが、何か1つでも危険を感じたら、必ず車を降りて確認しに行きましょう。

バックが苦手な人の対策方法

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックの運転に慣れてる人でも、事故を起こしてしまうケースは少なくありません。そういった人たちに向けて、2つの対策方法をご紹介します。

バック運転が苦手な人には、バックカメラを取り付けることや有料講習を受けることをおすすめします。万全な対策をして、事故防止に繋げていきましょう。

バックカメラを取り付ける

バックが苦手な方は、バックカメラを取り付けましょう。

最近では普通車に取り付ける人も多くなっています。特に、車体全体が長いトラックでは後方の感覚が分かりにくいです。

バックカメラを取り付け、後方が見られるようにすることによって、事故率もだいぶ変わってきます。バック事故を妨ぐための対策としては、最も良いでしょう。

ただし、バックカメラを付けていても「目視」は大切です。目視を怠ることのないようにしましょう。

先日、バックモニターなしの車に乗っていて駐車場でバックしたら死角で見えていなかった後ろの車にぶつけてしまったので、こちらを購入することに決めました。
心配していた取り付けですが、説明書通りにすれば問題なく簡単に設置することができました!
120度くらいと記載ありましたが、ほとんど見えるので、死角もないので、もう後ろの車にぶつかることはなさそうです!
LEDが付いているので、昼でも夜でも、とても鮮明に映り、画質もとても綺麗です!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%8... |

有料講習を受ける

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

バックが苦手な人は、有料講習を受けてみましょう。

最近では、トラックの駐車のみの有料講習を受けられる場所も多くなってきています。自動車教習所でも行っており、プロの方がマンツーマンで教えてくれます。予算は1万円前後です。

その他に、各県のトラック協会で有料講習を行っているところもあります。無料で講習が受けられる所もあるので、受けたい人は探してみましょう。

トラックのバック運転に慣れて事故を起こさないようにしよう

トラックのバック運転を行う8つのコツ|事故を起こさないために

トラックの運転に慣れても、初心を忘れないようにしましょう。

たとえトラックの運転に慣れている人でも、思わぬところで接触事故やバック事故は起きてしまいます。日頃から万全な対策を心がけることによって、事故防止に繋がって行きます。

「自分は大丈夫」と油断することなく、いつでも初めて乗る時のような気持ちで、トラックを運転して行きましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related