Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

トラック運転手を仕事としている人の中には、腰痛持ちが多いといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか。トラック運転手がなぜ腰痛を発症するのか、その原因を調べるととともに、腰痛の予防対策、痛みの軽減についてをまとめてあります。

トラック運転手は腰痛になりやすい

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

トラックなど運送業で運転手をしていると、何時間も同じ姿勢で運転をしているために、腰痛を発生させているとよく云われてます。運転手の腰痛は運転関係はどのぐらいあるのでしょうか。

事実、厚労省の方でもトラック運転手の腰痛を問題視し、トラック運輸労働者の腰痛と労働負担に関する研究なども行われているほどです。

今回はトラック運転手がなりがちの腰痛について「原因、予防、痛みの軽減など」をみていきます。

腰痛になってしまう原因

トラックの運転手が腰痛を発症してしまうのには、いろんな原因があると考えられます。

第一に、トラック運転手が業務を行う上で、長時間勤務であったり、不規則勤務であったりすることがあると言えます。

そのほかに、「荷物の積み下ろし」、「無理な姿勢」、「しゃがむ」など腰に負担がかかる姿勢が多いことが原因です。

姿勢が悪い状態で、長時間運転することによって腰痛を発症している人もいますし、ストレスの場合もあります。

身体のケアと予防が重要

トラック運転手の多くが、腰痛を発症する年齢が、30代の半ばであることが、厚労省の調べからわかっています。多くのトラック運転手が仕事中に腰痛を発症し、腰痛が原因で仕事を欠勤したなどの体験をもっています。

腰痛を発症したことで、運転の操作ミスなどを起こしてしまい、事故に繋がっているケースもあります。運転手の仕事を欠勤したり、事故を起こさないためにも、トラック運転手は、腰痛予防が必要となってきます。

トラック運転手の腰痛予防と対策12個

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

それでは、ここからトラック運転手におすすめする腰痛の予防と対策をご紹介します。腰痛予防は、12のポイントごとにわかりやすくまとめてあります。腰痛対策のなかにはグッズを使うものもあります。

グッズはあくまでもサポートの一つですので、腰痛の根治にはつながっていないことを覚えて起きましょう。

腰痛を改善するには、運動で予防していくことが大切です。まずは、どのポイントが自分向きかを探してみましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策1:ウォーキングをする

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

エーザイ株式会社が腰痛を発症している人に向けて作ったリーフレット「腰痛との正しい付き合い方」によると、腰痛予防対策としてウォーキングをあげています。痛いからと行って、体を動かさないのは、逆効果です。

リーフレットでおすすめしているウォーキングの時間は、15~20分という大変短いもので十分です。これなら、トラック運転手の方も仕事が休みの日や運転の休憩の合間にウォーキングができるのでしょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策2:スクワットで筋肉を鍛える

トラック運転手の腰痛もちの方におすすめしたい対策が、スクワットです。正しいスクワットを覚えることで、腰痛予防になり、筋肉もついてきます。間違った救わっては、効果がでませんので、人に習うか、動画を見て正しいスクワットをしましょう。

足の筋肉量が増えて、スクワットをすることで体幹も鍛えられるので、腰痛軽減になります。トラックから降りて休憩をする時のほんの少しの時間でいいので、毎日行いましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策3:腹筋を鍛える

トラックの運転手として働いてるうちに、自動車のハンドルにもたれかかったり、腹筋が弱いことで姿勢が悪くなっている人がいます。トラックの運転手として姿勢が悪いと、視界も異なり事故にもつながります。

いずれにしろ、姿勢が悪いことで、トラック運転手は腰痛を引き起こしがちです。腹筋があると上体を伸ばし背筋がよいまま運転手は、トラックの運転ができ、腰痛軽減に繋がります。

トラック運転手の腰痛予防と対策4:腰回りの筋肉を鍛える

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

お腹周りを鍛えるということと同時に、足を鍛えたり、腰の筋肉も育てることも大変大事です。

総合的に筋肉を育ててあげることで、トラック運転手の腰痛を軽減できます。腰痛予防のために、姿勢をよく運転する、バランスよく座るなどがが大切で、姿勢良く座ることを意識をするように心がけましょう。

そのためには、トラック運転手の方は、腰回りの筋肉を鍛えて腰痛を改善していきましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策5:ストレッチで筋肉や関節を柔らかくし血流を改善する

トラック運転手のなかには、椅子に座っていることで、血流が悪くなってそれが腰痛に繋がっているケースもあります。血液の流れが滞ると、おしりが冷たくなります。鬱血は腰痛の原因の一つです。

血流の流れを改善するには、派手はトレーニングは不要ですが、体を軽く動かす簡単なストレッチを始めてみましょう。座ってばかりいないで、立つことが重要です。仕事柄それはできにくいので、休憩を取るようにしましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策6:コルセットやベルトを着用する

サポートグッズを使うことで、トラック運転手の方の腰痛を軽減することができます。腰痛予防にもなりますので、ぜひコルセット、ベルトなどを使ってみましょう。

コルセットをつけることで、腰回りの筋肉をサポートし、腰痛が少し楽になります。コルセットやベルトをつけると痛みが和らぎ、体が動きやすくなります。そのために、腰痛を忘れて、過度に働いてしまう人もいます。無理をしないようにしましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策7:運転中の姿勢を矯正してくれるシートを使う

トラックを運転中に、姿勢が悪いことで腰痛が悪化してしまう場合があります。もちろん、腰痛があるから、姿勢が悪くなることもあります。

これを繰り返さないように、トラック運転手の方は、サポート用のシートを使うと良いでしょう。自分の力だけで、姿勢をよく保つのは、厳しいので、座り方、姿勢を矯正するシートを利用し、腰痛を軽減しましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策8:クッションを使用して運転中の姿勢を改善

矯正シートだけでなく、手元にあるクッションを背中や、腰の周囲あるいはおしりの下に置くことによって、姿勢の悪さが改善し腰の痛みがへるということもあります。

クッションを背中やおしりにあてることで上半身を起こし、腰がたつことで、腰痛が軽減されます。

意識して姿勢よくするのも大変難しいことなので、ぜひ、クッションを利用することで正しい姿勢で運転ができるように調整してみましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策9:腰まくらを着用して睡眠をとる

腰痛がひどい時は、眠る時も痛みを感じて大変です。睡眠がきちんととれないと、トラック運転手のような仕事の人は、運転中に眠気が起こったりして、事故の元となりこともあり大変危険です。

交通事故を防ぐという意味でも、腰痛を軽減し睡眠をサポートする腰枕なるものを試して見ましょう。腰枕と呼ばれるものは、色んな物が各メーカーさんから販売されています。できれば現物を手にとり、体に楽な姿勢で眠るようにしましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策10:トラック用の車中泊マットレスを使用する

特に長距離トラックの運転手さんは、仮眠を車の中で取ることも多いです。車中泊を取ることがある場合は、できるだけ腰への負担を減らすことができるように、車中泊用のマットを利用して、腰への負担を減らして睡眠を取るようにしましょう。

車中泊用のマットは、体重圧が分散され、腰の痛みが軽減され快適に眠ることができるようにデザインされています。少しでも腰痛の痛みを軽減するために、車中泊マットを試してみましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策11:負担にならない理想的な座り方を知る

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

色んなサポートグッズを使ったり、薬を飲んだりして腰痛を軽減させても、結局姿勢が良くなかったり、椅子に座る時に間違った座り方をし続けていたら、いつまで立っても腰痛そのものはなくなりません。

腰へ負担がかからないような椅子の座り方などは、動画やイラストでインターネット上にたくさん出回っています。ぜひ、それらの動画やイラストを参考にして、正しいイスの座り方を身に着けましょう。

トラック運転手の腰痛予防と対策12:適度に休憩をとる

体操をしたり、サポートグッズ、あるいは薬などを利用して腰痛を軽減したり、予防をしても休養が全くとれていないと、意味をなしません。

一時的に改善しても、勤務時間が不規則であったり、長時間労働などが腰痛を作る原因になっているからです。

体だけでなく、精神面でのストレスも腰痛を引き起こすといわれています。休み無しの運転も禁物です。適度な休憩、過密なスケジュールで働かないなどに心がけて、腰痛を改善しましょう。

トラック運転手におすすめのシートクッション3つ

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

トラック運転手の腰痛を少しでも楽にするためのサポートグッズをご紹介します。

今回ご紹介している3つのシートは、それぞれがトラック運転手以外の方でも使える代物です。腰痛がある人は、この記事を参考にして自分似合ったものを見つけ出して腰痛軽減を心がけましょう。

こちらで紹介したシートはすべて、アマゾンなどのインターネットにあるオン・ラインストアから購入できます。ぜひ記事を参考にして腰痛軽減対策をしましょう。

トラック運転手におすすめのシートクッション1:Pinto driver

ドライバー専用のクッションが「p!nto driver ドライバーのためのクッション」で、丸洗いできるので清潔にお使いいただけます。

腰だけでなく、運転中に疲れてくる首や腕、あるいはお尻などの疲れも軽減してくれるようにと作業療法士が考えて作ったシートです。シートには、腰への負担を軽減するために4つの大きな特徴があります。

できることなら、一度現物を手に取り、自分にあうかどうかチェックするのが良いでしょう。

何時間運転し続けても全く腰が痛くならない。
まるで欧州の高級車のよう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/ROBPEN4AGV8L... |

トラック運転手におすすめのシートクッション2:EXGEL ハグドライブシートクッション

トラックドライバーだけでなく、自動車全般を運転する人に向けて、使うと腰への負担が軽減できるシートがこちらです。速乾性に優れたシートのため、長時間運転をしていても背中が不快になるということもないでしょう。

色は、黒とグレイがあるので、車の内装や好みの色で購入されると良いでしょう。

腰骨を包むようにサポートして、正しい姿勢で運転ができるようにしてくれます。腰がたつように仙骨のゾーンもサポートしています。

以前使っていた事があり今回はは軽自動車を増車したので探してアマゾンで見つけた次第です。軽自動車にはチト横幅大きいですが
運転中の腰の痛みはかなり軽減しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R38TH3B9S86I... |

トラック運転手におすすめのシートクッション3:Style PREMIUM クッション

人間工学に基づきデザイン設計されたこちらのドライバー向けのシートは、腰への負担を軽減してくれるシートクッションです。腰だけでなく、首元の負担軽減も考えて作られたネック向けのピローもついていますので、運転中は上半身が起き、正しい姿勢で運転が行なえます。

姿勢が正しいので、安全運転にもなります。

このシートの魅力のひとつに、肌に負担をかけないことや、血液循環を妨げないように作られていることがあります。

トラック運転手の腰痛予防や対策を知り参考にしましょう

トラック運転手の腰痛予防と対策12個|おすすめシートクッション3つ

12のポイントで腰痛の軽減、対策などをご紹介しました。腰痛の原因は、一つとは言えません。もちろん、体の歪み、過労などからも来ていることがあります。

運転に集中している時には、どうしても今までの癖がでて、座りやすい姿勢になりがちで、正しい姿勢では座ることは難しいでしょう。それでもできるだけ、休憩でトラックを降りた時は、軽いストレッチをする、仮眠のときに正しい姿勢で眠るなどし、腰痛を軽減しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related