Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックドライバーの給料について知っておきたいポイント10コ

トラックドライバーの給料について知っておきたいポイント10コ

物流業が人手不足の今がチャンス。今回は、トラックドライバーの給料について、良い点や悪い点、調べておくべきことを10個のポイントで詳しくご紹介します。この記事を参考に、トラックドライバーとして自分の理想の環境を見つけましょう。


トラックドライバーの仕事って?

トラックドライバーの仕事は、運ぶ荷物の種類によって仕事内容が変わります。
>重工業の会社と取引をしている場合は、荷物が特殊なのでトラックドライバーは運転のみの場合が多く、食料品や雑貨などを扱っている会社の場合は、トラックドライバーが荷物の積み下ろしなども行う場合があります。

今回はそんなトラックドライバーの給料についてご紹介します。

トラックドライバーは不足している

物流業界全体が人手不足になっています。トラックドライバーが減少している理由は配送に求められるレベルが高くなっていることが考えられます。一方でトラックドライバーの給料が高いことは変わらず、大きく稼げる可能性を秘めています。

人手不足だからこそ、トラックドライバーは求められている職業です。この機会を活かして、自分に合った勤務体制の職場を見つけて大きなチャンスを掴みましょう。

トラックドライバーの給料について知っておきたいポイント10コ

実際のところ、トラックドライバーの給料がどのくらいもらえるのが普通なのか、トラックドライバーの給与体系はどのようになっているかという点が疑問になります。運送会社の中には残業代をごまかして、不当な金額の給料しか払わない悪質な会社も多くあります。

今回は、トラックドライバー給料についてのポイントを10個に分けてご紹介します。この記事を参考に、より良い給料を貰える環境で働けるようにしましょう。

ポイント1:トラックドライバーの平均給料について

トラックドライバーの平均給料は32万円で、高くなるのが40代で35万円となっています。さらに、年間賞与などの特別支給は、平均36万となっています。

ただし、年齢が50代を超えると給料が減ったり、会社の従業員数が変化すると給料も変化したりすることもあるので注意が必要です。

ポイント2:トラックドライバーの年収について

トラックドライバーの給料は、平均年収で400万円が相場となっています。実際には歩合制が多く、トラックの種類や雇用形態によって給料にバラつきがでます。

トラックドライバーの年間賞与は会社が大きいほど高くなる傾向にあるため、年収で考えると大きな会社ほど稼げることになります。

ポイント3:年収アップの秘訣とは

年収をアップするのに重要なのは、就職先の運送会社です。けん引免許が必要になる大型車のトラックドライバーなら年収は格段にアップするため、大型車の取り扱いが多い重工業を扱っている会社に就職すると年収アップに繋がります。

けん引免許を含む免許を就職前に取得しておくと良いですが、就職した後に免許を取得しても良いでしょう。

より多くの資格を持ち、良い会社を見つけることが年収アップの秘訣になります。

ポイント4:種類によって給料に変化がある

トラックドライバーの給料は取り扱うトラックの種類で変化します。

10トンを超える大型のトラックドライバーであれば平均年収が450~550万、2トン車などの普通~小型のトラックドライバーであれば300~400万、大型免許とけん引免許を必要とするトレーラードライバーであれば500~600万といった形で給料に変化があります。

自分の技術や体力に合わせてトラックの種類を変えて年収をアップさせましょう。

ポイント5:歩合給について

歩合給制は、成績や売り上げによって給料が計算される給与体系のことで、トラックドライバーの給料の多くはこの制度が多く採用されています。

トラックドライバーは、売上げからガソリン代やトラックの維持費などを引かれ、残りの30%〜40%がドライバーに支払われる場合が多くあります。歩合給制の場合残業代が出ないと勘違いをされる方も多いので、もし貰えない場合はキチンと貰えるよう確認しましょう。

ポイント6:みなし残業代制について

Bottom banner

トラックドライバーの給与体系に多いもうひとつの制度が、みなし残業代制です。みなし残業代制は、毎月残業が一定時間あることを前提に残業代を一定額支払うという制度です。

トラックドライバーの給料をみなし残業代制でごまかす悪質な会社もあるので注意しましょう。残業代がきちんと貰えるかで、給料の金額も大きく変化するので、自分の給料の支払いは違法な状況にないか確認をしましょう。

ポイント7:長距離ドライバーとは

歩合制の企業のトラックドライバーは距離によって給料が変わるので、長距離のトラックドライバーをすることで給料をアップすることができます。

基本的に高速道路を長い時間運転することが多く、長時間の運転が苦手ではない人におすすめです。夜通しの運転で生活リズムが不規則になります。睡眠時間を確保し、休憩を取りつつ時間を厳守する、自己管理能力が必要になります。

ポイント8:短距離ドライバーとは

決まったエリア内を移動する配送ドライバーや、港周辺を移動するトレーラードライバーなどが短距離ドライバーです。長距離を移動するがなく、いくつかの配送先を巡ったり、往復することの多いトラックドライバーです。

短距離ドライバーでも大型車やトレーラーの収入は高く、長距離ドライバーにあるデメリットがありません。短距離ドライバーは長距離ドライバーよりも働きやすい環境が作れます。

ポイント9:資格をとって差をつけよう

大量の貨物を運ぶトレーラーなどの超大型の車両を運転するのに必要な「けん引免許」や、積み下ろしするのに必要です。

また、大型トラックドライバー必須になる「フォークリフトの運転免許」は、トラックドライバーとして重宝され、クレーンに貨物を掛け外しするための「玉掛け作業者の免許」を使うにも必要です。

これらの免許を取得することで会社からより必要とされる人間となることで、自然に給料をアップすることに繋がります。

ポイント10:技術が身に着いたら大手企業に転職しよう

同様の仕事内容でも、中小企業より業界大手の企業の方がより良い条件で働ける場合があります。給料の面はもちろん、休暇の日数といった福利厚生面でも良い条件で働けます。

トラックドライバーとしての経験を積んで技術が身に着いたら、トラックドライバーの求人をチェックしてみて転職をすることで給料をアップさせることも考えましょう。ただし、給与形態などをきちんとチェックして損をしないように注意も必要になります。

トラックドライバーの仕事を探す方法

ここまででご紹介したとおり、トラックドライバーとして働く際にはキチンとした下調べが重要になります。ひとつの場所にこだわらず色々な場所で色々な情報に目を通すことが重要になります。昼勤務や夜勤務などの差や労働時間などもきちんと確認しましょう。

ここでは、トラックドライバーとして働くために求人を探す方法をご紹介します。

求人サイト

トラックドライバーの掲載数が多いサイトを利用して、自分の能力や希望などに合った企業を選びましょう。

大手サイトには、未経験者の求職者からベテランのドライバーを対象とした求人まで幅広く掲載されてます。長く働き続けられる職場を見つけるために、複数の企業の条件をチェックしよう。

会社説明会や採用試験に直接申し込めるサイトもあるので、多くのトラックドライバーが利用したサイトを調べておくことも重要になります。

ハローワーク

ハローワークは求人を出しやすい環境になっているので、トラックドライバ―にとって良い条件の企業と良くない条件の企業が混ざってしまい、どの企業を選べばいいのかわかりにくい状態になっています。

給与形態や研修、福利厚生などを窓口の担当員の方としっかりと確認し、自分に合った会社を探しましょう。

トラックドライバーは高い給料も狙える!

いかがでしたか。トラックドライバーの給料についてご紹介しました。トラックドライバーはの給料や待遇などは会社やスキルによって大きく違います。人材不足のため、良い条件で募集する企業や悪質な会社などさまざまにあります。

自分が働きやすい環境で日々仕事をするためにも多くにの求人情報を集め、募集要項などをよくチェックして比較しましょう。

この記事を参考に理想の環境でトラックドライバーとして働ける場所を探そう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人