Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手の仕事をする人は飲酒運転を起こさないようにします。車内の研修を受けて、アルコールチェックを受けて事前に防止しましょう。また、事故を起こした場合のことを考えて仕事をするようにします。トラック運転手に飲酒は厳禁だということを覚えておきましょう。


トラック運転手が気をつけなければいけないこととは

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラックでの仕事をするには安全運転を心がけなければなりません。トラック運転手の仕事は大きな車両を扱うことが多く、大事故につながりやすいからです。そのため、トラック運転手の仕事をするときは飲酒運転や危険な運転は厳禁になります。

トラック運転手の仕事をする人は、飲酒運転をしないようにお酒以外の気分転換を探しておきましょう。また、気を引き締めるため、ときには事故の悲惨さを学ぶ機会を持つようにします。

トラック運転手は免許が重要

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手の仕事は免許が必要になります。トラック運転手の仕事は車両を扱うため、免許は必須です。「普通自動車運転免許」はもちろん、扱うトラックの大きさの違いで「中型自動車運転免許」、「大型自動車運転免許」が必要になります。

トラック運転手の傾向として、仕事でのストレスを飲酒以外のことで発散するようになる方がいます。免許がなければ仕事ができないことを意識し、次のポイントをおさえましょう。

飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

飲酒運転について覚えておきたいポイントが8つあります。そのすべてが飲酒事故を起こした本人にペナルティが科せられるものばかりです。飲酒運転をすることで仕事がなくなるだけでなく、その後の生活さえもままらならなくなってしまいます。

トラック運転手の仕事をしている人は、仕事をする日にお酒が残らないように飲酒を楽しみます。そのため、飲み会の席でも、お酒は遠慮してノンアルコール飲料で周囲に合わせるようにします。

1:即日解雇の可能性もある

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手の仕事をしている人が飲酒運転をして事故を起こした場合、即日解雇になります。警察の事情聴取などがあり、さらには身柄を拘束せれることもあり得るため、その後の仕事ができなくなってしまいます。

自分で飲酒をしなくても良いようにメンタルを強くして、仕事をするようにしましょう。

2:しばらく運転が許可されない可能性

トラック運転手の仕事をしていて飲酒運転をして検挙された場合、その後しばらくの期間、トラック運転手の仕事をすることができません。飲酒運転の場合は免停、もしくは免許取り上げとなるのでトラックはおろか、小型の乗用車ですら運転できなくなります。

トラック運転手の仕事をする人に限りませんが、もしも飲酒した場合運転ができなくなり、仕事を失ってしまうことを自覚しなければいけません。

3:減給などの処分もありうる

トラック運転手が飲酒して運転したことを所属会社が知ると、減給処分にすることがあります。普通の事故ではなく飲酒での事故となると、会社の管理責任が問われる可能性があるからです。

減給されたくない人はもしも事故を起こした場合、自分や自分の家族はどうなってしまうのかをよく考え、肝に命じて仕事をするようにしましょう。

4:被害者への賠償がある

トラック運転手が飲酒事故を起こした場合、被害者への賠償をしなくてはいけません。飲酒事故を起こせば被害に遭う人が出るので、きちんとした保証のある任意保険に加入する必要があります。

トラック運転手の人は事故に対する意識を高めて仕事をするようにます。飲酒事故を起こせば、加害者である自分と被害者の両方の家族が悲しむことになります。そのためには事故の悲惨さを学び、失うものの大きさを自覚するようにしましょう。

5:事故の大きさによっては家族離散もありうる

トラック運転手が飲酒事故を起こせば、その事故のために家族が離散することもあり得ます。飲酒事故を起こしたことで、家族の生活がままらなくなり、一緒にいることが難しくなるためです。

トラック運転手をする人は、普段から家族の絆を深めるようにして、飲酒の誘惑を断つようにします。

Bottom banner

6:運送会社としての責任を問われる

飲酒事故を起こした場合、大きな事故になることが多く、社会的な制裁を受けることがあります。飲酒事故を起こした場合、所属する運送会社の管理責任が問われ、もしも杜撰な管理をしているのであれば、そのことがニュースとなり会社の信用を損ねてしまいます。

運送会社を経営する人は、運転前には必ずアルコールチェックを行わせ、もし検出されたら運転を中止させて、トラック運転手が飲酒運転をしないよう指導を徹底させます。

7:再就職先が見つかりにくくなる可能性がある

トラック運転手が飲酒事故を起こした場合、運転免許が使えず車の運転ができなかったり、怪我の治療をしなければならなかったりと、働けない期間ができてしまいます。

また、飲酒運転での事故で解雇されたということであれば、トラック運転手としての再就職先が見つけにくくなります。

トラック運転手の人は、飲酒以外の気分転換を探すとともに、仕事の意識を変えていくようにします。

8:アルコール依存症の治療をしなければならない

自分の意思で飲酒をコントロールすることができずに飲酒事故を起こしてしまった場合、社会復帰のためにアルコール依存症の治療をする必要があります。同じ事故を繰り返さないためにも、アルコール依存症の人へのケアが必要だと考えられているためです。

アルコール依存症によって飲酒事故を起こしてしまった際には、更生施設で治療に励み、社会復帰を目指すようにしましょう。

飲酒運転防止のためにできること3つ

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

トラック運転手の仕事をする人も飲酒運転防止のためにできることがありますが、飲酒事故を起こさないためには会社側が飲酒運転を未然に防ぐことも大切です。

また、運転時の飲酒の管理だけでなく、雇用形態や労働環境の見直しをして、ストレスによる過剰な飲酒を助長しないようにします。

運送会社の経営をする人は、アルコールチェックや車内点検をするとともに、従業員が納得する待遇を用意して労働環境の改善をするようにします。

1:アルコールチェック

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

飲酒運転防止の手段としてアルコールチェックをする方法があります。アルコールチェックがあると意識することで、仕事の前日に飲む量を抑えることができるので、運転前のアルコールチェックはとても効果的です。

運送会社の経営をしている人は、抜き打ちのアルコールチェックをして従業員の飲酒の管理の徹底が求められています。

2:管理者による車内点検

飲酒運転防止には現場管理者による車内点検が必要です。管理者が車内を点検することで、従業員の仕事ぶりを理解しやすくなり、飲酒運転だけでなくその他の指導もしやすくなるからです。ドライバーのお酒に対する意識を変えるためにも管理者による指導が必要になります。

管理者の人は、車内点検をしてお酒が置いていないかを調べるようにします。また、お酒が好きなドライバーには個別に注意喚起するなどの指導も必要となります。

3:研修会

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

飲酒への意識を変えるためには、飲酒運転防止のための研修会を開くことも効果的です。研修会に出ることで事故の件数や現在の道路法がわかるので、飲酒への意識を変えるきっかけになるからです。

トラック運転手の人は積極的に研修会に参加するようにして、事故の悲惨さを学ぶ機会を持つようにします。

トラック運転手に飲酒運転は厳禁

トラック運転手は注意!飲酒運転について知っておきたいポイント8つ

飲酒運転をしているときは、判断能力が低下してしまうため、事故を起こしやすい状態になっています。

事故を起こしてしまうと被害者とその家族だけではなく、自分の家族や会社にまでも迷惑をかけることになってしまいます。

自分の仕事を失うだけでなく身内まで巻き込んでしまう恐れがあるため、普段からアルコールの摂取については注意して安全な運転を心がけましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related