Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

トラック運転手の退職金について、長距離・大型・中型の3タイプの相場と平均年収の差を比較、特徴を紹介。トラックのサイズごとの業務内容と退職金の比較を通して、自分にあった働き方を見つけることができます。求人情報でチェックすべきポイントも掲載。


トラック運転手の仕事とは

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

「トラック運転手」といっても、その業態は様ざまです。商品の輸送だけでなく積み込みや荷下ろし、場合によっては配達を行うこともあります。このような仕事内容の違いや資格の有無、トラックの大きさ、輸送距離の違いなどで退職金も大きく変わります。

今回はトラック運転手のもらえる退職金の相場についてご紹介します。

トラック運転手に定年はあるのか

トラック運転手の定年は所属企業が定年制を導入しているかによって異なります。現役トラック運転手の高齢化は進んでいます。

60歳を超えても、現役で活躍しているトラック運転手の方はたくさんいます。定年があるかどうかは、所属している企業規則、雇用形態によって異なります。雇用時に詳細を確認するようにしましょう。

トラック運転手の退職金とは

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

定年退職とは、定年制を導入している企業に勤務する労働者が、就業規則によって決められた年齢を過ぎたときに退職することを指します。トラック運転手の場合も例外ではなく、企業によっては退職金が支払われる場合もあります

トラック運転手に退職金は出るのか

トラック運転手に退職金が出るかどうかは所属企業の就業規則次第です。退職金を受け取るためには、就業規則によって定められた条件をクリアする必要があります。

この条件は所属企業によって異なりますので、あらかじめしっかり確認しましょう。トラック運転手でも退職金が出る可能性はあります。

そもそも退職金制度のある企業か?

企業によっては退職金制度を採用していない場合があります。雇用形態がアルバイトやパートの場合、退職金制度が採用されていないなどのケースが見られます。長く働いて、退職時にはまとまった退職金が必要だと思われる方は、就業時に退職金の有無について確認するべきでしょう。

一般企業の退職金の相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

東京都労働産業局の、平成30年「中小企業の賃金・退職金事情」調査では、中小企業で大卒、勤続10~15年で110万~230万円程度となっており、大企業(資本金5億円以上、従業員数1,000人以上)の相場は、勤続10~15年で190万~430万円程度です。

一般的に大企業の方が退職金は高い傾向にあります。また、内閣人事局の発表によると、公務員の方が民間企業より退職金が多いとされています。

トラック運転手の退職金の相場

トラック運転手の退職金の相場は、10年勤務で100万円を超えるのが難しい程度です。上記の退職金相場は、運送会社に多い中小企業の相場であるため、大企業で勤務している場合は100万円を超える退職金が用意されていることもあります。

しかしこれはあくまで10年勤務の場合の額面ですので、勤務期間がより長ければ長いほど退職金は高くなります。

長距離トラック運転手の退職金の相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場
Bottom banner

長距離トラック運転手の退職金の相場は、20年勤務で500万円~700万円です。長距離トラック運転手の退職金は、他の業種と比較しても高額であるといえます。

長距離トラックの場合、1日のほとんどを移動に使ったり、睡眠もトラックの中でとるなど激務であるため退職金も高い傾向にあります。激務ゆえに長期間の勤務も難しいので、長距離運転に向いているかどうか、ご自身の判断が重要です。

中型トラック運転手の退職金の相場

中型トラック運転手の退職金の相場は、20年勤務で300万円~400万円です。中型トラック運転手は工場間での食品の配送や工事現場への資材運搬など、決まったコースでの配送や運搬が多く、睡眠を車内でとることは少ないです。

退職金も長距離トラックや大型トラックに比べて低い傾向にあります。しかし、業務そのものが大きく違ってきますので、退職金の違いだけで判断しないほうが良いでしょう。

大型トラック運転手の退職金の相場

大型トラック運転手の退職金の相場は、20年勤務で350万円~500万円です。大型トラック運転手の場合、勤続年数が長距離トラックや中型トラックに比べ長い方が多いです。

勤続年数に比例して退職金も中型トラックに比べ高くなります。大型トラック運転手の年齢層は30代から40代が多く、大型免許があれば長く続けられるので他の職種よりも退職金が高めな傾向にあります。

トラック運転手の給与相場

気になるトラック運転手の給与相場をご紹介します。給与年収もトラックのサイズによって大きく異なります。ご自身のワークライフバランスとの兼ね合いも重要ですので、自分にあったタイプのトラックを選んで働くのがベストでしょう。

また、ご紹介させていただいた情報はあくまで一般的な相場になりますので、企業規模や勤続年数によって額面は大きく異なります。ご了承ください。

大型トラック運転手の給与相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

大型トラック運転手の年収は、およそ420万円程度といわれています。大型トラック運転手の中でも、大手の宅配会社配送センターなど大企業の所属の場合、給与は高い傾向にあります。

福利厚生が充実していることも多いため、退職者も少なく、新規の募集が他のトラック運転手に比べて少ないのも特徴です。

中型トラック運転手の給与相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

中型トラック運転手の平均年収は、380万円程度といわれています。大型トラックの運転手とは違って、走行距離が長い車中泊の必要な仕事は少なくなっています。

少なく感じる給与額ですが、大型、長距離に比べ比較的激務にはなりづらいため、ワークライフバランスを重視したい方には向いているでしょう。

長距離トラック運転手の給与相場

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

長距離トラック運転手の年収は400万円~750万円と、トラック運転手の中でも高給な方に位置しています。

仕事上移動時間が長く、トラック内での睡眠が続いたり、1週間程度自宅に戻れないことも多いなど、肉体的・精神的に大変なことが多いため、高い給与が設定されています。疲労による事故のリスクなども考慮されての給与設定といえるでしょう。

求人情報でチェックするポイント

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

前述させていただいたとおり、まずチェックすべきポイントは退職金の有無でしょう。長く働きたいと思っている方は特に重要です。

大型特殊免許など特別な免許を持っていない方でも、企業が免許取得のための費用を負担してくれる場合もあります。「免許を持っていないから」と諦めてしまう前に、求人情報でそのような支援があるかどうかのチェックもしたほうが良いでしょう。

退職金は長く働いてこその退職金である

トラック運転手のもらえる退職金とは|長距離・大型・中型の3タイプの相場

同じトラック運転手でも、その種類によって退職金の額も大きく異なることがお分かりいただけたでしょうか。退職金はもともと相当な長期期間、企業に大きく貢献してくれた社員への感謝として位置づけられているものです。

トラック運転手として20年、30年活躍したい、就職時にその思いをしっかり持つことがとても大切なことでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related