Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック運転手の腰痛の予防法10個|車のシートクッションの種類3つ

トラック運転手の腰痛の予防法10個|車のシートクッションの種類3つ

トラック運転手は長距離・長時間の運転にくわえて力仕事も多いので、腰痛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、トラック運転手の腰痛予防に効果的な方法や腰痛予防におすすめの車のシートクッションについてご紹介します。ぜひ腰痛予防の参考にしてください。

トラック運転手の腰痛対策は日頃のケアが一番である

長距離・長時間の運転を仕事とするトラック運転手には、腰痛で悩まされている人も多いのではないでしょうか。長時間同じ体勢でいる事で、腰には大きな負担がかかっています。また、トラック運転手の中には、荷物の上げ下ろし作業で腰を痛めてしまう人も多くいます。

日頃からケアをすることで、予防する事が大切です。腰痛の予防法には、トレーニング、身体のケア、腰痛防止グッズなどがあります。

トラック運転手の腰痛の予防法10個

トレーニングや身体のケアは、無理なく自分に合った方法で少しずつ継続する事が大切です。無理をすると逆効果になり、身体を痛めてしまうこともあります。トラック運転手の日々の業務で凝り固まった腰回りの筋肉をほぐす事で、腰痛は予防する事ができます。

ここからは、腰痛の予防法をご紹介しますので、運転による腰痛はトレーニングや日頃の身体のケアで予防しましょう。

予防法1:ウォーキングをする

ウォーキングを正しい姿勢で行う事で、腹筋や背筋が鍛えられ、腰痛予防に大変効果があります。さらに、ウォーキングによって下半身の筋力がつくことで、血流も良くなります。

ウォーキングは腰を反らせず、お腹に力を入れるようにすると効果的です。腕は肩の力を抜いて自然に振り、足はかかとで着地し、つま先で地面を蹴るように歩きます。始めは20分位から、慣れて来たらだんだんと時間を伸ばしてみましょう。

予防法2:スクワットで筋肉を鍛える

スクワットをすることで、腰回りの筋力をアップして体幹を鍛える事ができるので、腰痛予防に効果的です。体幹が鍛えられると、トラック運転手が荷物の上げ下ろし作業をする際、腰にかかる負担が軽減されます。

スクワットの正しいフォームは、足を肩幅くらいに開き、つま先よりも前に出ないように息を吸いながら、ゆっくり膝を曲げて息を吐きながらゆっくりと戻ります。始めは10回を2セット位から徐々に増やすと良いでしょう。

予防法3:腹筋を鍛える

トラック運転手の仕事には、強い腹筋が必要です。荷物の上げ下ろし作業などで腰に負担がかかりやすいトラック運転手の仕事ですが、重い荷物を持ち上げた際にかかる腰への負担を腹筋を鍛える事で軽減できます。

長時間の運転においても、腹筋が弱いと体幹が崩れて猫背になり、腰に負担がかかります。腹筋をする時は、無理をすると逆に腰を痛めてしまう事もあるので、両膝を立てゆっくりと背中を浮かせる方法が効果的です。

予防法4:腰回りの筋肉を鍛える

腰回りの筋肉である大腰筋を鍛えることで腰痛を予防できます。大腰筋は大腿骨と腰椎の間にある筋肉です。大腰筋の柔軟性を保つ事で、体幹が整い、腰痛が予防できます。

また、体の安定性が高まる事で、仕事中の事故や怪我の予防にもなります。大腰筋を鍛えるには、まっすぐ仰向けになり両足を揃えてゆっくり上げ下げする方法や、胸を張り大きく片足を前に出し90度に曲げ、もう片方の足は後ろにまっすぐ伸ばす方法などがあります。

予防法5:ストレッチで筋肉や関節を柔らかくする

なかなかウォーキングや筋力トレーニングをする時間がないトラック運転手の人は、仕事の合間にストレッチをするだけでも腰痛予防に効果的です。

重い荷物を上げ下げする前にアキレス腱を伸ばしたり、長時間運転をした後はよく腰を伸ばして筋肉や関節が固まらないようにするなど、日々の中で少しずつのケアを心がけましょう。

予防法6:血流を改善する

血流を良くするには、足のマッサージが効果的です。トラック運転手の仕事は長時間同じ体勢でいることが多いため、血流が悪くなりがちです。血流が悪くなると、腰痛以外にも他の病気まで引き起こす可能性があります。

足は第二の心臓といわれるように、よくマッサージする事で、全身の血行を良くする効果があります。また、首を回したり腕を回したりして、肩甲骨を動かすと血行促進に効果的です。

予防法7:正しい姿勢を心がける

トラック運転手の仕事は長時間の運転で座りっぱなしでいる事が多いので、腰に負担がかからないような正しい姿勢を心がけましょう。座っている時の姿勢が悪いと、腰への負担が大きくなります。

座る姿勢での基本は、背骨と首がしっかり伸びている事です。それらを意識すると、自然と腹筋に力が込められ、腰痛予防に効果的です。立ち姿勢の基本は、両手が太ももの横にまっすぐ来るように意識し、お腹に力を入れるようにしましょう。

予防法8:腰痛予防に効くツボを押す

腰痛予防に効くツボとして、腰には腎兪というツボがありますので、このツボを押すことも腰痛予防には効果的です。腎兪は臍の高さで、背骨を挟んで左右4センチ位の所にあります。

また、手の甲の真ん中で薬指と小指の間と、中指と人差し指の間に腰腿点というツボがあります。押して気持ち良いと疲れが溜まってきているサインなので、少し休んで腰を伸ばすストレッチをするなどして腰痛を予防しましょう。

予防法9:湯船にゆっくりとつかる

トラック運転手の慢性的な腰痛は、血行不良が大きな要因になっています。入浴により体内の血行が促進され、筋肉の緊張がほぐれるので、1日の終わりの入浴で血行を促進して腰痛を予防しましょう

腰の高さ程で38度〜40度のぬるめの湯船に20分程ゆっくりつかりましょう。時間がある時は、お湯の量を増やし、さらに2度ほど湯船の温度を上げてしっかり温まると、さらなる血行促進が期待されます。

予防法10:腰に負担をかけない体勢で快適な睡眠をとる

うつぶせ寝・仰向け寝は腰が圧迫され、腰痛になりやすくなります。横向きに寝て、脚の間にクッションを挟むと、腰と脚の高さがほぼ一定になり腰に負担がかからないので、腰痛予防につながります。

また、適度に硬さのある布団やマットレスの方が、柔らかい物よりも腰痛予防には適しています。毎日の快適な睡眠で、トラック運転手の業務中も快適に過ごしましょう。

車のシートクッションの種類3つ

トラック運転手の腰痛を予防し、快適な運転をサポートするための車のシートクッションがあります。トラック運転手が長時間運転する際に座っているだけでも腰痛が予防できるシートクッションは、トレーニングする時間や余裕がないという人にもお奨めです。

座布団タイプ、腰に当てるタイプ、首を固定するタイプの3種類があるので、自分に合ったタイプを探してみると良いでしょう。

種類1:座布団タイプ

長距離運転をするトラック運転手に合う座布団タイプのクッションは、誰にでもフィットし、腰に負担がかかりにくい低反発の物を選びましょう。

太ももの裏が低反発のクッションで適度に押されて血行が促進されるので、長時間座っても疲れにくくなります。また、座布団タイプのクッションは、気軽に置けて持ち運びもしやすいので便利です。

品質はとても良くて、異味がなくて、使って便利で、座っているのはとても心地よくて、手触りがよくて、品質がよい、好きです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1YQPLA7YYWO... |

種類2:腰に当てるタイプ

腰に直接当てるタイプのクッションは、腰や背中が沈みすぎて猫背になってしまうのを防ぎ、腰と座席の間にできる隙間を埋めて上半身をしっかり支えてくれます。

トラック運転手の長時間の運転中も、腰をしっかりと支えてくれるので、腰痛予防に効果的です。腰に当てるタイプのクッションも、硬すぎず柔らかすぎない低反発の物を選ぶと良いです。

腰痛持ちなんだけど、運転してて楽。
他のやっすい品物とは違う。
長距離・長時間の運転にも適正あり。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2OY5YH5Y4W2... |

種類3:首を固定するタイプ

首を固定するタイプのクッションは、ヘッドレストと首の間にできる空間を埋めることで頭部と首を安定させ、トラック運転手の疲労や負担を減らすことができます。

圧力が全体に分散するので、肩や腰への圧迫が少なく、血行不良から起こる肩こりや腰痛予防に効果があります。首を固定するタイプのクッションも、硬すぎず柔らか過ぎない低反発の物がお奨めです。

もともと運転中の肩こりや首の疲れがひどかったのですが、首元からサポートしてくれるのですごく楽です。
停車中もリクライニングしたときに、通常の枕のような役割もはたしてくれています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SLAZ6RL6S6... |

トラック運転手の腰痛の予防法を一通り把握しましょう

長時間・長距離の運転をすることの多いトラック運転手は、いろいろな腰痛の予防法を把握しておくことが欠かせません。腰痛があると力仕事の多いトラック運転手の業務に支障をきたしてしまいます。

日々のトレーニングやケアに加え、快適なクッションシートも利用するなどして、腰痛を予防していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related