Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック仮眠スペースの謎10|仮眠スペースを快適にする必需品5つ

トラック仮眠スペースの謎10|仮眠スペースを快適にする必需品5つ

あなたは毎日ぐっすり眠れていますか。トラックの仮眠室は「秘密基地」です。素敵なベッドルームにして快適な車内泊を楽しみましょう。心地よい眠りに誘うおすすめグッズをご紹介します。5分もあればスグに読めますので、ぜひ参考にしてみてください。


トラックの仮眠スペースとは?

トラックの仮眠スペースとは、トラック運転手が休憩時間に仮眠をとるために設けられているスペースのことです。トラックの外からは見えない部分になっていますので、人目を気にせずゆっくりとくつろぐことができます。ドライバーにとって憩いのオアシスのような存在です。

この記事ではそんなトラックの仮眠スペースを快適にするおすすめグッズをご紹介していきます。

仮眠スペースのあるトラック

トラックの仮眠スペースは大きく分けて2種類で、運転席の後ろにある場合と運転席の真上にある場合があります。外から見ると運転席の上がこんもりと盛り上がっている形のトラックがありますが、その盛り上がり部分が運転席の真上の仮眠スペースです。

トラックの仮眠スペースはいつ使うのか?

トラックの仮眠スペースは休憩時間に使います。長時間運転し続けて疲れがたまらないように、トラック運転手は一定時間運転したら休憩を取ることが義務付けられています。

また、トラックの運転手の1日(24時間)の拘束時間は13時間で、1週間に2回までの範囲で16時間まで延長できますが、ずっと連続して運転するわけではありません。まとまった休憩時間も用意されています。そういった休憩時間を利用して仮眠を取ります。

トラック仮眠スペースの謎10

では具体的にトラック仮眠スペースがどのような空間なのかについてご紹介します。

トラックの仮眠スペースは謎だらけです。そもそもそんなに狭いスペースでゆっくり眠れるのかも気になるところです。また暑いときにはクーラーをつけることができるのでしょうか。どんなお布団で眠るのかも気になります。

トラック仮眠スペースにまつわる謎を一つ一つひも解いていきましょう。

運転席の後ろにある仮眠スペースの場合

トラックの仮眠スペースは大きく分けると運転席の後ろにある仮眠スペースと運転席の上にある仮眠スペースの2種類あると解説しましたが、まずは運転席の後ろにある仮眠スペースからご説明します。仮眠スペースではどのような体勢で過ごすのでしょうか。以下でご説明します。

トラック仮眠スペースの謎1:ゆっくり寝られる?

まず気になるのは、そもそもそのような狭そうな仮眠スペースでゆっくりと寝られるのかということですが、結論から言いますと工夫次第です。

トラックの運転席の後ろにある仮眠スペースは実は大きさにするとカプセルホテルのような狭い空間になります。狭い仮眠スペースを快適にするためにはなるべくものを置かないことが大切です。余計なものをゴチャゴチャと置いてしまってはゆっくり寝られるはずがありません。

トラック仮眠スペースの謎2:足をのばせる?

そして、眠るときは足をのばせるのかということも気になります。トラックの運転席の後ろにある仮眠スペースはカプセルホテルくらいの狭い空間ですが、足をのばして眠ることは可能です。大型トラックの場合は横幅が長いですので、足をのばしても眠れるようになっています。

トラック仮眠スペースの謎3:寝返りできる

眠るときに寝返りが打てるのか、ということも謎の一つですが、トラックの仮眠スペースでも寝返りを打つことができます。

実は、睡眠中の寝返りはとても大切です。日頃から眠るときによく寝返りを打つという方にとっては寝返りを打てるか打てないかで眠りの質が全然違ってきます。

また、同じ姿勢で眠り続けると、体の血行という意味でも良くありません。トラックの仮眠スペースといえども適度に寝返りを打つことは必要です。

トラック仮眠スペースの謎4:クーラーはある?

トラック仮眠スペースでも、クーラーを取り付けることはできます。

春や秋といった気候の良い時期はエアコンなどなくても快適に眠れますが、冬や夏は快適な眠りのためには、車内の温度調節は欠かせません。特に深刻なのは真夏で、運転中はエアコンが効いていて快適ですが、エンジンを切ったあとの暑さが気になります。

この点については、アイドリングしなくても使えるクーラーがきちんと開発されていますので安心です。

トラック仮眠スペースの謎5:どんな布団を使っている?

トラックの仮眠スペースにどんな布団を置くかは、仮眠スペースをどのような空間にしたいかによって違ってきます。

寝るためだけの空間にするのであれば、マットを持ち込むのも良いでしょう。マットの場合は厚みがありますので寝心地はバツグンです。

ですが仮眠スペースで眠っていないときに他のことができるようにしたいのでしたら、寝袋タイプの布団にすると良いでしょう。睡眠中以外でも仮眠スペースを有効に活用できて便利です。

運転席の上にある仮眠スペースの場合

では、運転席の上にある仮眠スペースについても考えてみましょう。

トラックの運転手さんを見ていると車を停めたあとで、ときどき運転席の上にヒョイっと消えてしまうことがありませんか。実は運転手さんはきちんと存在しています。運転席の上にある仮眠スペースへ移動しただけです。

トラックの運転席の上には、外からはうかがい知ることのできない快適空間が広がっています。どのように過ごすことができるのかを見ていきましょう。

トラック仮眠スペースの謎6:ゆっくり寝られる?

もちろん、運転席の上にある仮眠スペースの場合でもゆっくりと眠ることができます。運転席の上にある仮眠スペースの場合はカプセルホテルよりも広いです。さらに室内っぽくなっており素晴らしい空間が広がっています。

ちゃんと掃除して小綺麗にしておけばちょっとしたリラクゼーション空間のできあがりです。寝ているときだけでなく、第二の自分の部屋として起きているときにも有効活用できます。

トラック仮眠スペースの謎7:足をのばせる?

運転席の上の仮眠スペースでも足をのばして眠れます。

長時間運転していると想像以上に体力を消耗します。また運転は非常に頭を使う作業ですので脳を休ませることも重要です。そんなときに手っ取り早く体と頭の疲れをとる方法は睡眠ではないでしょうか。

その点トラック仮眠スペースの場合はよく考えられています。平らなところで横になって手足を伸ばして眠れるようになっていますので安心です。

トラック仮眠スペースの謎8:寝返りできる?

Bottom banner

天井部分の仮眠スペースでは、寝返りも打てます。

ですが、きちんと寝返りを打つためには環境も大切です。運転席の上の仮眠スペースは広めですので、快適さを追求しがちになります。アレもコレもと欲張って置いてしまうと、せっかくの快適空間が台なしです。快適でなくなるどころか寝返り一つ打てない空間になってしまいます。

自宅の部屋でもトラック仮眠スペースでも、寝返りを打てるスペースを確保することが大切です。

トラック仮眠スペースの謎9:クーラーはある?

運転席の上の仮眠スペースの場合クーラーがついている場合も多いですが、クーラーの機種によっては運転席の後ろの仮眠スペースの場合よりも冷房の効きが弱いこともあるでしょう。

真夏になると一階より二階の方が暑かったという経験はありませんか。トラックでも同じことです。太陽はトラックの下ではなく上にあります。トラックの天井が太陽に照らされて冷房の効きが弱いと感じたら、ある程度の工夫が必要でしょう。

トラック仮眠スペースの謎10:どんな布団を使っている?

運転席の横の仮眠スペースでいろんな布団が置くことができるように、天井部分の仮眠スペースでも使い方次第で置く布団を決めると良いでしょう。

天井部分の仮眠スペースの場合は広さが十分にあります。大人の男性があぐらをかいて座れるほどの高さもありますので、眠るだけではもったいないと考える方も多いです。布団をコンパクトに折りたためるマットや寝袋タイプにして、休憩時間に趣味にいそしむのも良いでしょう。

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品5つ

ここからはトラックの仮眠スペースでいかに快適にして過ごすかに焦点をあてていきます。トラックの仮眠スペースをステキ空間にするにはどのようなグッズを取り入れると良いのでしょうか。快適に過ごすための必需品5つをご紹介します。

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品1:遮光カーテン

遮光カーテンはトラックの仮眠スペースにはなくてはならない物です。トラック運転手は昼間に仮眠をとらなくてはいけないこともよくあります。このときにトラックの窓から光がサンサンと差し込むようでは安心して寝ていられません。

雅 仮眠(ラウンド)カーテンは素材が良く、1級遮光に難燃加工というこだわりぶりがステキです。日差しをしっかりと遮ってくれて暗闇の中で安心して眠ることができます。

4トントラックで使ってます。
今まで使ってたものが遮光性がなかったので、取り替えたところ、真っ暗になりました!
生地は思ってたより薄かったですが、遮光はバッチリです。
買って良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%8... |

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品2:お気に入りの枕

トラックの仮眠スペースを快適にするお助けアイテムといえば、枕の存在は欠かせません。トラックの仮眠スペースにお気に入りのマイ枕を持ち込むというドライバーは意外と多いです。

こちらの商品はAYO SHOPから販売されています。羽毛枕のような優しい寝心地ですが適度に反発性もありますので、柔らかすぎず程よい硬さの枕です。中身がポリエステルですので丸洗いできて清潔に保てます。

今までの枕達とは全然違います!
いつも首元に隙間ができていたんですが、今回のこの枕はピッタリフィットするので隙間ができず、肩や背中にも負担がかかりません。
柔らかさ、高さ、使用感は大満足!
お安いので試しにと思ってポイントでの購入でした。
もしヘタッたらまた購入します
ありがとうございました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90AYO%E6%9C%80%E6%96%B0%E... |

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品3:寒い時は電気毛布

また寒い冬には電気毛布を持ち込むドライバーもいます。大きめの電気毛布もいいですがひざ掛けサイズの電気毛布も一枚あるといろいろな使い方ができて便利です。

ACATIM USBブランケット チェック柄はコンパクトサイズですので、休憩中に座っているときのひざ掛けとしてはもちろん、寝ているときに足元だけを温めたいというときに重宝します。USBで給電できてエンジンいらずなのもうれしいポイントです。

届いたときはあまり温かくない感じでしたが、使ってみると熱すぎず丁度良い温かさです。使い捨てカイロの様な温かさにはなりません。ヒーターは下敷きぐらいの大きさ。赤のチェック柄も可愛いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/ACATIM-USB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%... |

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品4:耳栓

トラックで眠るときは野外ですので騒音対策も欠かせません。交通量の多い道路の近くで眠るときは耳栓が重宝します。

サイレンシア レギュラーはポリウレタン素材でできた柔らかい耳栓ですので、自由に形を変えることができて耳管にフィットし、眠っているときに取れにくいのでおすすめです。

いろいろと試しましたが、
遮音性つけ心地のバランスで、
私的にはこれが一番です。

遮音性を優先するモノは、
キツくて圧迫感があり、
一晩中の装着がつらいです。
ユルいと音が漏れ聞こえます。

出典: https://www.amazon.co.jp/DKSH%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%... |

トラックの仮眠スペースを快適にする必需品5:アイマスク

疲れているときは目元を温めるとリラックスして快適に眠ることができます。今日は特に疲れているなというときにはホットアイマスクはいかがでしょうか。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスクは袋から出すだけでOKです。優しい温かさの蒸気で目元を温め、ラベンダーセージの香りが心地よい眠りにいざないます。使い捨てタイプなので電源が必要なく、お手入れしなくていいのもうれしいポイントです。

ホットアイマスクは好きで、良く使います。
特にラベンダーはお気に入りです☆
夜勤の時の 必需品でもあります♪
使うと眼がすっきりします。今後も継続して使っていこうと思います☆

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3AL2YFDGQ6X... |

トラックの仮眠スペースについて知ろう!

毎日きちんと眠ることは健康には欠かせません。トラック運転手の場合でも同じで、仕事以前の問題として一番重要なのは健康です。もしあなたがトラックドライバーの仕事をされていて、睡眠についてお悩みでしたら、仮眠スペースについてもう一度見つめ直してみませんか。

トラックの仮眠スペースは自分だけの秘密基地です。心地よい眠りに連れて行ってくれる快適グッズを揃えて今日も素敵なおやすみタイムを楽しみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related