Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手の仕事は土砂や砂利、アスファルトを運ぶことが多くなります。大きな車両を扱うので、ダンプカーの運転手をする人はより高い意識で安全運転をすることを求められます。また、ダンプカーの運転手をする人は仕事の良い面にフォーカスして働くことが大切です。


ダンプカーとは

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーとは荷台に砂利や土砂を載せる車両です。ダンプカーで仕事をする場合は、荷台に多くの砂利や土砂を運ぶことが多くなります。その車高の高さから海外ではダムを作る現場で使われることが多いです。

ダンプカーで仕事をする人は、大型普通免許とけん引免許を取得して安全運転をするようにします。

ダンプカーとトラックの違い

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーとトラックは見た目と用途が違います。ダンプカーは荷台に土砂や砂利を乗せやすくしており、トラックは貨物を運ぶことに特化しています。運送業の仕事に就く場合は仕事に合わせて車両を選ぶことが大切です。

運送業の仕事をする人は、ダンプカーに限らず、自分の業務経験と力量に合わせた車両を選ぶようにします。また、重機を扱う場合も作業に合わせて選ぶことが大切です。

ダンプカーの運転手に必要な免許

ダンプカーの運転手をするために必要な免許があります。普通免許だけではできず、大きい車両を扱うための免許が必要になるからです。運転手の仕事をしていくには、なるべく多くの免許を取ることが重要になります。

ダンプカーの運転手をしたい人は、大型普通免許とけん引免許を取得して仕事をするようにします。また、仕事をスムーズに進めるためにも二種大型免許や玉掛けの免許の取得を考えましょう。

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手の仕事をすることで生じる特徴が8つほどあります。ダンプカーを操って作業をするには体力的にきついという特徴があることを把握しておかないと、仕事を続けることは難しくなります。

また、仕事自体がハードなので好待遇の運送会社を選ぶことも大切になります。

ダンプカーで仕事をする人は、好待遇の会社で働くためにけん引やフォークリフト、玉掛けなどの免許の取得を考えるようにします。

ダンプカー運転手の仕事の特徴1:ダンプカーは土砂や砂利を運ぶことが多い

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの仕事では土砂や砂利を運ぶことが多くなります。そのため、ダンプカーの仕事はどれだけ多くの砂利や土砂を確実に運べるかが重要になってきます。

仕事を増やしていくには顧客の信頼度を上げることを考えることが大切です。ダンプカーで仕事をしている人は、載せる物ごとに扱いを変えられるようにして運転の仕方を考えるようにします。

ダンプカー運転手の仕事の特徴2:荷物の積み下ろしはしない

ダンプカーの運転手の仕事は荷物の積み下ろしをしません。運ぶものはアスファルトや土砂となり、荷台に載せる作業はダンプカーの運転手の仕事ではないからです。そのためトラックドライバーのように貨物を載せる必要がないです。

運転手の仕事をする人は、荷台にアスファルトを載せてもらう際に他の作業員と雑談などをしてコミュニケーションを図るようにします。そうすることで現場でお互いの信頼関係を築くことができます。

ダンプカー運転手の仕事の特徴3:荷物を運んで下す繰り返しが多い

ダンプカーの運転手の仕事は荷物を運んで下ろすことが多くなります。ダンプカーの運転手の作業は荷台の荷物を運ぶことを仕事としているので、積み下ろしの作業が多くなります。

自分でルーチンワークだという意識をなくして緊張感を持ちながら仕事をするようにします。そうすることで安全性を考えた仕事をすることができます。

ダンプカー運転手の仕事の特徴4:長距離運転をすることがある

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手の仕事は長距離運転が多くなります。首都圏から九州までの移動はないですが、仕事で運転をするには渋滞や顧客の都合を考えなくてはいけないので長時間運転になることがあるからです。

自分で長時間運転に備えて十分な睡眠を取り、早めに車両の点検をしておきすぐに仕事ができる状態にしておきます。また、体調を整えておき安全運転を心がけるようにします。

ダンプカー運転手の仕事の特徴5:給料は?

ダンプカーの運転手の仕事は危険が伴い、生産性が高いものを運ぶので給料が高いです。ドライバー個人が運送会社の下請けをしている場合は、50万円から60万円ほどの収入があります。また、運送会社で雇用されている場合でも30万円から40円ほどになります。

ダンプカーの運転手をする人は、経験を積みながら、多くの免許を取得して待遇の良い運送会社を選ぶようにします。

ダンプカー運転手の仕事の特徴6:雇用形態は?

Bottom banner

ダンプカーの運転手の仕事は正社員での雇用が多いです。正社員だけでなく契約社員の労働契約もあり、また下請けで個人で会社を経営していることもあるので雇用形態はさまざまです。

ダンプカーの運転手をする人は、自分のライフスタイルに合わせた雇用形態を選ぶようにします。もし、家族で介護や育児が必要な場合、勤務時間の短い運送会社を選ぶようにします。

ダンプカー運転手の仕事の特徴7:休日は?

ダンプカーの運転手の仕事にも休日はあります。ダンプカーの仕事は休日が少ないので、待機時間を利用して体を休めることが大切になります。特に年末の繁忙期は休みが取れないので、それらを考慮して過ごすようにします。

自分が働く運送会社の労働契約などを見返して、経営者に正式な休日の取り方を聞いておきます。また、病気をした際や身内に不幸があった場合の対処法を聞いておきます。

ダンプカー運転手の仕事の特徴8:女性の運転手も多い

ダンプカーの運転手は女性のドライバーも多いです。運送業にも女性の柔軟な感性が必要になっており、男性にはない視点で仕事に向き合うことができるからです。そのため、運送会社として飛躍するためには女性の活躍が必要になります。

運送会社を経営する人は、女性が働きやすいように育児休暇を設けて、託児所などを完備するようにします。また、トイレやロッカーなども女性が利用しやすいようにします。

ダンプカー運転手に向いている人の性格5つ

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーは大きい車両なので運転に向き不向きがあります。ダンプカーの運転手をするには、自分の性格的なことを理解して仕事をすることが重要です。運転が好きなのかどうか、また一人での作業に耐えられるかどうかが大切になります。

ダンプカーの運転手の仕事をする人は、ダンプ自体や運転をすることが好きなのかを考えて、運転手の仕事をするのか考えるようにします。

ダンプカー運転手に向いている人1:長時間運転ができる運転が好きな人

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手の仕事をする人には、長時間の運転が好きかが問われます。ダンプカーの仕事は長い時間運転をしなければいけないので、それだけ運転に興味があるかが大切になるからです。

ダンプカーの運転手になりたい人で、長時間運転に不安がある人はプライベートでも運転をするようにして仕事に向き合うようにします。また信頼できる人を助手席に乗せて、自分が運転する仕事に向いているかを尋ねてみます。

ダンプカー運転手に向いている人2:運転が上手な人

ダンプカーの運転手の仕事は運転が上手でなければ作業をこなすことができません。運動神経の機敏さは運転技術にも反映されるので、体を動かすことが好きでなければドライバーの仕事はできないからです。

運転が上手でない人は社内の講習を受けたり、安全運転のために十分な睡眠を取るようにします。

ダンプカー運転手に向いている人3:安全運転ができる人

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手は安全運転ができるかが大切になります。なぜなら、大型車両を扱うので、安全運転ができなければ大きな事故につながってしまうからです。そのため、運転手自体が持つモラルも高くなければ勤まらない仕事です。

自分の運転に不安を感じるようになった場合は、ダンプカーの運転手を続けるのか検討します。もし、ドライバーを引退した場合は現在の運送会社で働けるようにPCの資格などを取得しておきましょう。

ダンプカー運転手に向いている人4:一人で仕事をするのが好きな人

ダンプカーの運転手の仕事をするには一人の時間に耐えられるかが問われます。ダンプカーの仕事は車内で一人で長時間運転をして、孤独に耐えなければいけないからです。

ダンプカーの仕事で孤独に耐えられない人は、ラジオをつけたり、無線で仲間と会話をして仕事をするようにします。また支えている家族がいれば写真を車内に置くようにします。

ダンプカー運転手に向いている人5:責任感のある人

ダンプカーの運転手の仕事は責任感がなければ勤まりません。大きな車両を扱うので、仕事に対する責任感がなければ安全性を考えて作業を続けることが難しくなってしまうからです。

自分の責任感が弱いと感じている場合は、ドライバー同士の責任者を率先して勤めることで仕事に対する気持ちを高めるようにします。

ダンプカー運転手の仕事を知ろう

ダンプカー運転手の仕事の特徴8つ|ダンプカー運転手に向いている人とは?

ダンプカーの運転手の仕事を知ることで経営の仕方や作業への向き合い方を考えることができます。ダンプカーの仕事は大きな車両を扱うので、それに伴う責任感がなければ大きな事故につながるからです。

ダンプカーの運転手をしている人は、普段の作業を振り返りながら、運転手という職業の良い面を伸ばすように仕事をすることが大切になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related