Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

長距離トラックでの運送業の仕事は、ドライバーにとって思った以上の疲れやストレスなどの負担がかかるものです。その負担を軽減するためにも、長距離トラックの内装の改善が必要不可欠です。今回はそのトラックの内装改善アイテムと、掃除の注意点を紹介していきます。


長距離トラックの内装を改善して作業効率をあげよう

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

宅配便などの運送業でよく使われる長距離トラックの運転席は思ったより狭いもので、年中乗り続けると身体が辛く感じてくることでしょう。

そんな長距離トラックに乗り続けるドライバーのために、運転をより快適にするべく設備の追加などをする長距離トラックの内装の改善が行われています。

今回は作業が楽になる長距離トラックの内装の改善におすすめのアイテムを紹介しますので、ドライバーの方はぜひとも参考に役立ててください。

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム10個

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

毎日乗ったり、長時間運転することもある長距離トラックの内装はできる限り改善したいですが、どのアイテムがおすすめなのかわからず、迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで内装用のトラック用品の中でも特におすすめできるアイテムを10個、以下に紹介していきます。トラックの内装改善に迷ったら、これらのアイテムに注目してください。

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム1:フロントテーブル

長距離トラックを運転している際、小物が見つからなくて困った経験をした方は、皆さんの中には多いでしょうか。

そんな方のために、この商品も含めたフロントテーブルを内装として設置し、所持品の定位置を決めておくことで、小物を失くす心配は無くなります。

さらにこのフロントテーブルの設置方法は、グローブボックス上部のポケット部分に両面テープで取り付けるだけで非常に簡単で、おすすめです。

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム2:コンソールボックス

フロントテーブルでは収納が足りない場合、このコンソールボックスがおすすめで、これひとつで快適さが向上すると言っても過言ではありません。

大型と小型の収納スペース、そしてドリンクホルダーを備えており、飲み物や食べ物も含めた多くのものを入れることができます。

カラーは落ち着いたシルバーグレーを採用しており、ブラックやグレーを基調とした車種が多いトラックのインテリアとしての内装におすすめです。

インテリアにマッチする色合いが好いです。
センターに座席がないのでシートに挟める部分が邪魔扱いになってしまっています。
滑り止めマットと左右の隙間を物を挟んで固定して使ってますが今のところ問題はないようです。
ひじ掛けとしてはあまり使ってませんが収納BOX内を好きに使えていいです。
ドリンクホルダーがきつめ設定で525mlボトルが入れにくいのが難点ではあります。
導入したおかげで運転席助手席周りがすっきりしました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1SW60W2T91T... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム3:ハンドルカバー

おしゃれな絵柄や模様の商品で知られるメーカー・ミヤビが販売したオリジナルのハンドルカバーで、内装改善におすすめできる一品です。

新開発素材を使ったリングゴムを使っており、ハンドルから伝わってくるゴムの臭いが気にならず、さらに手にもしっくり馴染んで運転が気持ち良いものとなります。

そして見た目がとにかく綺麗で、インテリアにおいての内装改善も楽しくなること間違いありません。

安くて とても良い あれから数ヶ月 大型ふそうダンプにつけています とても握りやすくて丈夫いいです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R20PDHHOZB1A... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム4:シートカバー

長距離トラックの内装改善において最も重要と言っても過言ではないのがシートカバーで、シートカバー次第で座り心地はもちろん、運転手の疲れや負担も大きく変わります。

このシートカバーはさまざまな車種のトラックにも使える汎用タイプで、パンチングレザーや腰クッションで長距離の運転でも疲れにくくなるようできています。

長距離の運転できついという方は、ぜひともこのアイテムを内装改善の参考としてはどうでしょうか。

品物は、大変良い物でした。普通のカーショップでは売られてない上等な品物です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R78L3841IVEA... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム5:フロアマット

フロアマットも内装改善において重要なアイテムで、足元にも気を配るようにすると一気におしゃれで過ごしやすい環境になります。

ただし、選ぶときは必ずその車種に合ったものを選ぶようにしないと、ブレーキペダルなどに引っ掛かって大変危険なことがおきかねません。

そんなフロアマットの中でもおすすめなのがこの一品で、どの車種にも対応できるフリータイプで、さらにヒールパット付きですべりにくく長持ちもします。

金額相当の品物です。ほつれなどがありましたが、問題はなさそうです!また購入します!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R9V9U8OQKXTE... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム6:センターカーテン

長距離トラックの運転手は仕事次第ですが不規則な時間帯で働くことがあり、仮眠や休憩を取っても昼夜逆転しがちでストレスが溜まりがちとなっています。

そんな運転手におすすめなのがこのセンターカーテンで、特に昼の仮眠で邪魔になる日光を遮ってくれます。

さらに生地も丈夫で長持ちし、丸洗いやコンパクトに収納ができるので、快適に仕事をするためにこの一品で長距離トラックの内装改善をしてはいかがでしょうか。

コスパ最高、プリーツもとても綺麗
キャビンの中がゴージャスになりました

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3RWS3FI0ZG7... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム7:クッション

Bottom banner

休憩時の枕の代わりとなるのがクッションで、長時間の運転を考えると何度も休憩を取るため、内装改善の一環として重要なアイテムです。

この商品は作りがしっかりしている日本製で、丈夫なウレタン入りで厚みも十分であり裏面も滑りにくい素材で枕としても使うことができます。

ちなみにこの商品も含めて、クッションを購入した後は、長持ちさせるために定期的に日光に当てて虫干しをしていくのがおすすめです。

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム8:ゴミ箱・小物入れ

長距離トラックを運転する場合は、コンビニなどの店に途中で何度か立ち寄ることがあるので、その分ゴミの量も増えます。

ゴミはそのまま捨てられるので安心ですが、内装改善の一環としてゴミ箱やゴミ入れを追加するのがおすすめです。

ちなみにこのゴミ箱はコンソールポケットに差し込むだけで簡単に取り付けができ、500mlのペットボトル2本が入るほどの大容量で、非常に使いやすいものとなっています。

スバルサンバートラック用に購入しましたが、ハイゼットトラックと同じ作りなので問題なく取り付けが出来ました。小物入れとして使用してますが、ペットボトル2Lも楽々入ります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RH729PJZVUL3... |

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム9:布団・毛布

寒い冬の中での長距離トラックを使った作業や移動の合間に仮眠や休憩する時に使えるのが、この布団と毛布セットです。

ゴムで付け外しも簡単のためいつでも好きな時に使うことができ、さらに丸洗いもできるため衛生的で長持ちしてくれます。

そして、長距離トラックの運転手だけでなく、厳しい冬の車中泊やキャンプをする人にもおすすめできるほど便利な一品となっています。

長距離トラックの内装改善にオススメのアイテム10:芳香剤・防臭剤

長距離トラックも含めて車の中の臭いは知らず知らずのうちについてしまうもので、特に夏場や梅雨時は汗や湿気で悪臭が増すため、芳香剤や防臭剤も内装改善の重要なアイテムです。

こちらの防臭剤はゼオライトの吸着力で消臭や除湿、防カビや除菌効果を徐々に発揮するものとなっています。

自宅の部屋の押し入れや引き出しはもちろん、車の防臭にも使うことができ、長距離トラックの内装改善にもおすすめです。

クローゼットで使用してます。湿気と臭いが格段に減りました。見た目もオシャレです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32HWNFUDK69... |

長距離トラックの内装を掃除する時の注意点3つ

長距離のものも含めて、トラックに長時間乗車していると、内装に汚れがたまったり目立ったりしてきます。

よって、掃除もまたトラックの内装改善に欠かせませんが、その内装を掃除する際の3つの注意点をこちらに紹介します。

長距離トラックの内装を掃除する時の注意点1:天気の良い日に行い生乾きを避ける

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

トラックの内装の掃除は、フロアマットも洗って乾かす必要があり、さらに生乾きを避けるためにも天気の良い日の午前中に行うのがベストです。

逆に雨の日や湿気の多い日は、フロアマットが生乾きになるだけでなくトラックの内装にカビを繁殖させる危険性もあります。

そして真夏の昼間のように温度が高い日は、掃除している最中に熱中症になる危険性もありますので、掃除は極力控えるようにしましょう。

長距離トラックの内装を掃除する時の注意点2:洗剤を使う場合はまず一部分で試す

トラックの外側のボディは洗剤で簡単に汚れを落とせますが、内側はそうはいかず、特にシートは水で洗うことができません。

さらに洗剤を一度に多く使おうとすると、シートはもちろん他の内装も傷んだりしますので、使う場合は一部分で試し、汚れが落ちるようなら少しずつ量を加えて洗っていきましょう。

また、水に濡らして固く絞ったタオルで叩いて汚れを落とす方法も、シートなどの内装に優しく傷みにくくておすすめできます。

長距離トラックの内装を掃除する時の注意点3:先にホコリやダニを出してから行う

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

トラックの車内はフケやホコリ、飲食の食べ残しなどが多く散らばっていて、それらをダニが栄養分として繁殖してしまう環境となっています。

そこですべてのドアを開けて、布団叩きを使ってシートなどの内装をしっかりと叩いて、中のホコリやダニを全部出してから掃除を行うようにしましょう。

布団叩きがない場合は代用できそうな棒を使っても構わず、ホコリが鼻や口に入るのを防ぐためにマスクを着用することもおすすめします。

長距離トラックの内装を自分好みに改善しましょう

長距離トラックの内装改善のアイテム10個|掃除する時の注意点3つ

いかがでしたでしょうか。今回は長距離トラックの内装改善のアイテム、そして長距離トラックを掃除する時の注意点について解説しました。

遠い場所への運送の仕事に使われる長距離トラックは、内装次第で乗る運転手の疲れやストレスなどの負担を大きく変えます。

そのため、少しでも快適な環境がしたい、もしくは自分好みにアレンジしたいという場合は、この記事を参考にして自分にあった内装の改善を見つけてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related