Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

運送業でトラックで過ごす時間が長い運転手にとって、カーテンは休憩や仮眠時になくてはならないものです。それでは、そのトラックのカーテンはどう付けるものであり、どんなものを選べばいいのでしょうか。今回は、トラックのカーテンの付け方と選び方について解説します。


トラックにカーテンをつけてもいい?

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

トラックを運転する際は、主に仕事などで長距離運転になってしまうことが多く、運転の合間に車内で休息や仮眠をとることが多いでしょう。

そんな中、外から車内が見えて落ち着かなかったり、日差しが差し込んで仮眠ができなかったりとで、トラックにカーテンを付けようとする人も多くいます。

その一方で、トラックにカーテンを付けたいけれど付けても大丈夫なのかと不安に思ったり、付け方がわからず迷ったりする人もいます。

取り付け方・運転時のマナーを守ればOK

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

昨今、カーテンでの運転中の視界の妨げによるトラックでの交通事故が各地で多発しており、これに対して各都道府県警が取り締まりを行っています。

しかしこの取り締まりはカーテンの取り付け自体ではなく、カーテンの取り付け方と運転時の窓ガラスの状態に対するものとなっています。

そのため、カーテンの取り付け方と運転時の状態とマナーさえ気をつけるようにすれば、カーテンの取り付けは全く問題ないことがわかっています。

トラックのカーテンの付け方

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

以上の点を踏まえて、運転の妨げにならないように取り付ける場所と方法に気をつければ、トラックにカーテンを取り付けても問題はありません。

それでは、そのトラックへのカーテンの付け方は具体的にどういったものであり、正しい付け方をするにはどうすればいいのでしょうか。

以下にトラックにカーテンを付け方の手順を紹介していきますので、これからトラックにカーテンを付けようと考えている方は、ぜひ目を通してください。

付け方1:カーテンレールが付いているか確認する

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

トラックのカーテンの付け方は、カーテンの土台となるカーテンレールが車についているかどうかを確認することから始まります。

カーテンレールが付いていない場合は、自分で取り付けなければいけませんが、最初のところにも挙げましたように取り付ける位置に気をつけるようにしてください。

カーテンレールを付けるときに必要な道具

カーテンレール付けに必要な道具として、電動ドライバー、ドリル、水性ペンの3つが強くおすすめできます。

電動ドライバーはカーテンレールの金具のネジの締め外しに、ドリルは金具の固定のための穴あけに使うことが多いからです。

そして水性ペンはカーテンレールを取り付けする際、どの辺りにつけるかをマーキングするときにあるととても便利です。

カーテンレールの取り付け方

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

まずはトラックのカーテンレールを取り付ける箇所に、水性ペンなどでマーキングを事前に行っておくことをおすすめします。

そして次に、カーテンを引っ掛けるためにレールを伸ばし、仮で固定する位置を決めておきましょう。

間違った位置に固定してしまうことがあったら、それまでの付け方の手順が無駄になりますので、慎重に固定するよう心がけてください。

カーテンレールの取り付け位置

カーテンレールの取り付ける場所は運転席の天井が一般的であり、その上で運転の妨げにならないよう位置の微調整などをすることが重要です。

最近のトラック用のカーテンレールは、トラックの運転席の天井が台形や丸型になっていても、ある程度は自由に曲げられるため簡単な取り付け方ができます。

そして専用のカーテンレールでも留め具の角度を調整すれば、天井が少々斜めだとしても綺麗な付け方ができます。

付け方2:カーテンランナーを選ぶ

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

カーテンをつけるには、レールの下についているカーテンを開け閉めするための部品「カーテンランナー」が必要となります。

カーテンランナーはインテリアショップや100均でも購入でき、マグネットやリング、クリップなどさまざまな種類が売られています。

それらの種類にはカーテンの動きをよくしたり、光を最小限に抑えたりするなどの効果がありますので、自分の好みと考えに合わせ、付け方も考えていくといいでしょう。

車種にあったものを選ぶことがポイント

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

自分の乗っているトラックにカーテンレールが最初から付いている場合は、その車種にあったカーテンランナーを選ぶようにしてください。

カーテンレールがついているトラックと言ってもメーカーによってその幅がまちまちで、それに合ったカーテンランナーを見つけるのは難しいものとなっています。

そこで、自分の乗っているトラックの型番も照らし合わせて、Amazonなどの通販でカーテンランナーを検索するといいでしょう。

付け方3:カーテンを選ぶ

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方
Bottom banner

カーテンレールとカーテンランナーを揃えることができ、付け方の準備が整いましたら、いよいよ本命のカーテンを選びます。

色や絵柄はもちろん、自分の乗るトラックとその運転環境をしっかりと踏まえて付け方を考えながら、選ぶようにしましょう。

サイズの確認を忘れずに

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

付け方はほぼ同じですが、売っているトラック用のカーテンでも、カーテンごとによってサイズが違うことがあります。

運転はもちろん、ドアの開け閉めなどの邪魔にならないようにジャストサイズを選ぶ人もいれば、外や日光を考慮して長めのサイズを選ぶ人もいます。

よって、トラックでの自分の環境や好みを踏まえ、どういったサイズのカーテンが自分に合うのかをしっかり確認して選ぶようにしましょう。

トラックのカーテンの選び方

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

以上でトラックのカーテンの付け方について解説しましたが、カーテンの選び方についてはどうすればいいのでしょうか。

そこで次は、トラックのカーテンの選び方について最も重要となる4つのポイントを紹介していきます。

カーテンの選び方について迷っている方はこの4つのポイントに目を通し、前項の付け方と合わせて参考として役立ててください。

選び方1:ハイル—フか否か

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

ハイルーフとは、標準車よりもルーフパネルを高くした自動車のことであり、トラックにもこの分類があり、その車種は積載できる空間と室内の居住性に優れています。

ハイルーフのトラックの場合、かなり長めのカーテンを選ぶ必要があり、ノーマル用のカーテンだと長さがどうしても足りなくなってしまいます。

ちなみに4tの中型トラックにもハイルーフの車種がありますので、この点についても注意しておきましょう。

選び方2:遮光効果の有無

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

トラック運転手は勤務時間のほぼすべてを運転席で過ごすことになり、長距離の運送業など移動が多い方は途中で何度か仮眠も取らなければなりません。

その場合、邪魔になるのが外からの光で、特に日中だと眩しさと暑さで落ち着いて仮眠ができなくなります。

そのため高い遮光効果の確保と、周囲の視線のシャットアウトも兼ねて、厚めの生地で作られたカーテンを選ぶようにしましょう。

快適に仮眠できる

遮光性の高い厚めのカーテンを選べば、昼間でも日光をほとんど気にすることなく仮眠することができます。

さらに厚めの生地ならば空間を完全に仕切ることで、外や周囲からの視線が気にならなくなり、仮眠の環境がより快適なものとなります。

そして余裕があれば、車両火災に備えて難燃・防災素材のカーテンを選べば、事故や火の不始末といった事態にも対応できるでしょう。

選び方3:形状

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

売っているトラック用のカーテンでも、品種によって長さやサイズなどの形状が違うことがあります。

色やデザインと合わせて、カーテンの形状の好みは人それぞれとなりますが、可能な限り自分が乗っている車種に合ったものにするのがおすすめの選び方で、付け方となります。

また、運転手にとって車内はもうひとつの自分の家と言っても過言ではないので、形状も視野に入れて快適な環境になるぴったりのカーテンを選びましょう。

選び方4:値段

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

カーテンは、品質が良ければ良いほど値段は高くなり、逆に品質が良くないものほど値段は安いものとなっていきます。

そのため、多少は無理をしてでも、快適な運転環境を作るためにカーテンはなるべく高いものを選んだほうが効果的です。

安すぎるものには注意

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

ひと口にカーテンと言っても、生地が薄いと光を遮っても熱が伝わってきて、何のためのカーテンなのかわからなくなってしまいます。

そして安いものほど薄い生地のカーテンとなり、激安となるとかなり薄くなり、仮眠や休憩を取っても光と暑さに悩まされてしまいます。

つまり、激安だからといって後先考えずに買ってしまうよりも、品質を見て考えてからカーテンを買うのが賢明な選択と言えます。

トラックのカーテンは良質なものを選ぼう

トラックのカーテンの付け方|トラックのカーテンの4つの選び方

宅配便などの運送業に就くドライバーにおいて、トラックは必要不可欠な存在であり、作業はもちろん、休憩や仮眠も含めたほとんどの時間をトラックで過ごすことになります。

しかし、そのカーテンは質が良くないとせっかくの遮光や防暑の意味がなくなりますので、多少の出費を覚悟してでも、質が良いものを選ぶようにしましょう。

そして、カーテンを付けたくても付け方がわからないという方は、この記事を参考にしてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related