Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

長距離トラック運転手になるには?長距離トラック運転手に関する豆知識8つ

長距離トラック運転手になるには?長距離トラック運転手に関する豆知識8つ

長距離トラック運転手というと、どのようなイメージがあるでしょうか。今回は、実際に長距離トラック運転手とはどのような仕事なのかを、また長距離トラック運転手になるにはどうしたらよいのかを紹介しています。女性でもなれる職業なので、ぜひ参考にしてみて下さい。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月18日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


長距離トラック運転手は人手不足?

日本は現在人手不足と言われていますが、この波は物流業界にも当然波及してきており、長距離トラック運転手は人手不足となっています。

近年、長距離トラックや観光バスによる大きな事故が報道でもたくさん取り上げられました。それにより、長時間勤務という過酷な労働環境などがクローズアップされてしまいました。

よりブラックなイメージがついたこともあり、長距離トラック運転手になろうという人自体が減っています。

長距離トラック運転手になるなら今がチャンス

長距離トラック運転手になるには今がチャンスというのは、上記のようなブラックなイメージがついたことにより、業界が改善して人手不足を解消しようと動いていること、成り手不足なのでなりやすいことが理由です。

長距離に限らずトラック運転手の福利厚生面が見直されたり、人手不足解消のためにさまざまな取り組みや是正が行われています。逆に今の方が、トラック運転手になりたい人にとってはチャンスの時期と言えるでしょう。

長距離トラック運転手に向いている人とは?

長距離トラック運転手に向いている人とは、運転が好きで長時間運転していてもストレスにならない人、渋滞にはまってもイライラせずに待つことができる辛抱強い人、大切な荷物を運んでいることを忘れない責任感のある人などです。

長距離トラック運転手はあまり人とコミュニケーションが必須な職業ではないので、人と接することが苦手な人でも向いています。音楽を聞いたり、1人で時間をつぶすことができる人も向いています。

長距離トラック運転手になるには?長距離トラック運転手に関する豆知識8つ

それでは、実際に長距離トラック運転手になるにはどうすればよいのでしょうか。ここからは長距離トラック運転手になるのに必要なことや、よくある疑問について豆知識を紹介いたします。

長距離トラック運転手の待遇についてや、気になる労働時間、平均的な給料などになりますので、長距離トラック運転手になりたいという方は一とおりご覧になってみてください。

長距離トラック運転手の豆知識1:長距離トラック運転手に必要な免許

長距離トラック運転手の豆知識、1つ目は長距離トラック運転手に必要な免許ですが、最低限必要なのは「大型自動車免許」でしょう。

長距離トラック運転手が運転するトラックは、基本的に大型であるために「大型自動車免許」がほぼ必須と言えます。

免許を取得するためには、21歳以上であること、普通免許・中型免許・準中型免許・大型特殊免許のいずれかの免許を取得して運転経歴が3年以上あること、という条件があります。

普通免許から大型免許を取得する場合、普通免許を取得した時と同様に自動車教習所に通って免許取得を目指す人が多いです。

教習所に通って免許取得を目指す際には、普通免許所有者に対しては第1段階12時限、第2段階18時限の合計30時限の技能教習を課され、第2段階に入ると1時限の学科教習も課されます。オートマ限定の普通免許所有者は、マニュアル車を運転する練習が必要なので、第1段階の技能教習は4時限追加されて16時限となります。

出典: http://www.menmado.com/lodge/kiso/kiso27/ |

長距離トラック運転手の豆知識2:長距離トラック運転手の給料

長距離トラック運転手の豆知識2つ目、給料に関しては、男性長距離トラック運転手の場合は約38万円となっています。

長距離トラック運転手の場合は固定給が約18万円、仕事給として約11万円、所定外が約10万円となっており、固定給よりも仕事給や所定外の割合の方が高いとなっているのが特徴でしょう。

長距離トラック運転手の豆知識3:長距離トラック運転手は正社員?

長距離トラック運転手の豆知識、3つ目は長距離トラック運転手は正社員なのかということですが、これは正社員の募集が多い傾向があります。

長距離トラック運転手にも派遣運転手やアルバイトがいない訳ではないのですが、基本的に人材不足であることから運送会社もドライバーを確保するために、正社員での募集が多くなっています。

とくに長距離トラック運転手は、転職に際して正社員の募集を探すのが難しくはないでしょう。

長距離トラック運転手の豆知識4:長距離トラック運転手の労働時間

長距離トラック運転手の豆知識の4つ目、労働時間はどうなっているのかといいますと、トラック運転手は1日の拘束時間が13時間まで、15時間を超える場合は週に2回までとなっています。

長時間労働が問題になったこともあり、現在は多少なりとも是正されてきているところです。それでも、日をまたいで運送することがある長距離トラック運転手は、労働時間が長めだと言えます。

長距離トラック運転手の豆知識5:長距離トラックが走る距離

長距離トラック運転手の豆知識5つ目の走る距離についてですが、1日に500km程度までという人もいれば、1,000kmという人もいますし、それ以上の距離を走っている人も少なくないという特徴があります。

これは、長距離トラック運転手が「何を」「どこまで」運ぶか、仕事内容に大きく影響されます。ただ基本的には、長距離トラック運転手は日帰りでは行けない距離を走っていることが多いでしょう。

長距離トラック運転手の豆知識6:長距離トラックが運ぶもの

長距離トラック運転手の豆知識6つ目、長距離トラックが何を運んでいるのかということです。これは会社やその時の荷主にもよりますが、食品や家具、また家畜を運んでいるという人もいます。

危険物取扱者の資格を取得している人は、ガソリンなどの引火性のある危険物を運送することもあります。トラックのナンバープレートが白の場合は自社製品を運んでおり、緑の場合は他社の製品を運んでいます。

長距離トラック運転手の豆知識7:長距離トラックの仕事の流れ

Bottom banner

長距離トラック運転手の豆知識7つ目、仕事の流れにつきましては会社によって多少違いがありますが、まずは出社をして点呼・ドライバーの健康チェックの後出発し、荷物を積みこんで目的地まで運送し、目的地に着いたら荷下ろしをするという流れになっています。

長距離トラック運転手の場合、人と接するのは出社して点呼をとっている時、荷物を積みこむ・荷下ろしをする時くらいで運転中は1人で過ごすため、1人の時間が長いです。

長距離トラック運転手の必需品

長距離トラック運転手には必需品としているものがあります。例えば「携帯トイレ」、それと現代では「スマホ」、「グリップのゴム手袋」などでしょう。

大型トラックは駐車できる場所が限られているため、なかなかトイレに行けない時のために使わなくても携帯トイレがあると安心です。

また、昔はCDをたくさん持ち込んでいる運転手がいましたが、現代ではスマホ1つですみます。ゴム手袋は重い荷物を持つときに便利となっています。

長距離トラック運転手の豆知識8:長距離トラック運転手は肉体労働?

長距離トラック運転手の豆知識8つ目、長距離トラック運転手は肉体労働かというと長時間の運転をする必要がある、という点では肉体労働の面があるでしょう。

しかし、最近では労働環境が是正されてきているので無茶な時間運転させられるといったことがないため、昔ほど体力が必要な仕事ではなくなってきていると言われています。

これもまた、人手不足により長距離トラック運転手を取り巻く環境が変わったためと言えるでしょう。

女性も長距離トラック運転手になれる?

女性も長距離トラック運転手になることはできますし、人手不足からとくに女性に対する福利厚生を充実させてきている会社もあるなど、環境は整ってきています。

国によるトラガールプロジェクトなどもあり、女性運転手を増やそうという試みが行われています。

長距離トラック運転手の場合、荷物の積み込みや荷下ろしもフォークリフトを使って行うことが多いため、直接重い荷物を持つ必要がある、という機会は減っています。

長距離トラック運転手になるメリット5つ

ここまで解説してきましたように、長距離トラック運転手は確かに長時間労働や労働環境が悪いという面があったのですが、現在はさまざまなことが是正されてきており、メリットのある職業となっています。

ここから紹介するのは、長距離トラック運転手になることによって受けられるメリットです。これから長距離トラック運転手になろうか迷っているという方は、ぜひチェックしてみてください。

長距離トラック運転手のメリット1:頑張ればいい給料がもらえる

長距離トラック運転手の豆知識のところでも紹介しましたように、長距離トラック運転手の場合はその給与のうち固定給の割合が低く、仕事給や所定外の給与が多いのが特徴なので頑張れば頑張るほど給料がもらえる、というメリットがあります。

もちろん長距離トラック運転手も労働時間を守らなければなりません。しかし、稼ぎたいとなれば比較的長距離の仕事を回してもらうなど、自分の頑張り次第で増やせる部分が大きいのは魅力です。

長距離トラック運転手のメリット2:学歴不問

長距離トラック運転手は学歴不問とともに、人手不足の影響もあり現在は未経験でもOKとなっている求人もあるなど、広く開かれている就職先といえます。

むしろ大学を卒業している人が珍しい、とも言われています。長距離トラック運転手に転職したい方の場合も、就職したい方も採用に関して学歴を問題にされることはほぼない状態です。学歴に自信がないという方にとって、気軽に申し込める職業と言えるでしょう。

長距離トラック運転手のメリット3:運転技術が上がる

長距離トラック運転手のメリットとして、長く運転をしているために嫌でも運転技術が上がる、というメリットがあります。

例えば、雪道での走行など普通の人なら嫌がるでしょうが、長距離トラック運転手にとってはとくに怖い道ではないと言われています。

長距離トラック運転手は1年中、道がどのような状況でも大型のトラックを運転することになるため、最初は運転に自信がないという人でもだんだんと慣れていきます。

長距離トラック運転手のメリット4:人付き合いが少ない

長距離トラック運転手のメリットとして、そもそも人に直接会ってコミュニケーションをとる機会が非常に少ないため、人付き合いをすることが少ないということがあります。

出社して点呼をとり荷物を積みこむあたりまでと、荷物を運んで降ろす場面では担当者と接して話をする機会があります。しかし、長距離の荷物を運んでいる最中については誰ともコミュニケーションをとる必要はありません。人と話すのが苦手な人も向いています。

長距離トラック運転手のメリット5:日々に変化がある

長距離トラック運転手の場合は仕事の内容によって、文字どおり日本全国にトラックを運転して行くという機会があるでしょう。

毎日知らない場所を運転することで新鮮な気分になったり、観光地付近に行くことも少なくありません。毎日同じ時間に起きて会社に行って毎日同じ環境の中で働く、ということが苦痛だという方にとっては、長距離トラック運転手は非常に魅力的な職場といえるでしょう。

長距離トラック運転手について知ろう!

長距離トラック運転手にはブラックなイメージがついていますが、そのために人手不足が響いており、現在は前よりも待遇が改善されてきています。もちろん今でも、長距離を運転するということで日帰りできなかったり、数日自宅に帰れないという場合があるでしょう。

長距離トラック運転手は長時間運転する必要はありますが、その分稼いだり自分の自由になる時間が多いなどメリットもありますので、実態を詳しく知ってみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人