Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7つ|未経験でもなれる?

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7つ|未経験でもなれる?

トラック運転手の中でも、大型トラック運転手は特に稼ぎの高い仕事です。ですが、未経験者が大型トラック運転手になるのはなかなかハードルが高いことでもあります。この記事では未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由について解説しているのでぜひご覧ください。


大型トラック運転手は未経験でもなれる?

トラック業界は近年、未曾有の人手不足にあえいでいます。そのため未経験者であっても正社員として採用される確率が高く、トラック業界は転職先として人気を集めつつあります。

トラック運転手の中でも最も稼げるのが、大型トラック運転手です。中には月収50万円以上をコンスタントに稼いでいる大型トラック運転手も珍しくありません。

この記事では、未経験者が大型トラック運転手になる難しさについて解説しています。

大型トラック運転手の仕事について

まずは、大型トラック運転手の仕事内容について確認しておきましょう。

大型トラック運転手は、操縦の難しい大型トラックを運転するということ以外はそのほかのトラック運転手と特に業務内容は変わりなく、荷物を指定時刻まで納品先に運搬するのが基本的な仕事になります。

ちなみに、大型トラック運転手は普通の荷物だけではなく、クレーンや自動車などを載せて運搬することも多いです。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7つ

大型トラック運転手の仕事は稼ぎが良いとは言え、大型トラックの操縦は難しいのが実情です。

未経験者歓迎をアピールする大型トラック運転手の求人も確かに存在しますが、それでもトラック業界未経験者がいきなり大型トラック運転手になるのはあまり現実的ではありません。

ここからは、未経験者が大型トラック運転手になるのが難しい理由を7つピックアップしてご紹介していきます。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由1:必要な免許を持っていない

未経験者が大型トラック運転手になるのが難しい理由としてまず挙げられるのが、大型トラックの操縦に必要な免許を持っていない場合が多いことです。

大型トラック運転手として仕事をするためには大型自動車免許の取得が必須であり、このような免許をあらかじめ取得しているトラック業界未経験者はほとんどいないことでしょう。

そのため、未経験者はまずは中型トラック運転手からスタートするのが一般的です。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由2:大型免許取得にお金がかかる

大型免許を取得するのにはかなりお金がかかってしまうというのも、未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由として挙げられるでしょう。

大型免許取得のためには普通自動車免許か中型自動車免許のいずれかを取得していることが前提ですが、前者の場合は30万円以上、後者の場合は20万円以上もの費用がかかります。

普通の会社員の1か月分の給料ほどの費用が必要になるため、未経験者にとっては取得のハードルが高いです。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由3:大型トラックに躊躇してしまう

未経験者が大型トラックになるのが難しい理由として、大型トラックの操縦に躊躇してしまうということも挙げられます。

ただでさえトラックの運転は普通自動車と勝手が違って難しいものですが、それが大型トラックであるならばなおさらです。

ちょっとした油断や操縦ミスが、他者を巻き込む重大事故につながりかねないため、未経験で大型トラック運転手になるのは怖いと感じる人も多いことでしょう。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由4:仕事内容がわかりにくい

仕事内容が分かりにくいというのも、未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由のひとつとして含まれるでしょう。

大型トラック運転手が載せて運ぶ荷物は多種多様であり、普通の荷物からクレーン車などの特殊な物を載せることもあるため、どのような仕事を受け持つことになるのか想像しにくく、それゆえ未経験者にとってはハードルが高くなってしまいがちです。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由5:トラック自体や荷物が高価である

Bottom banner

未経験者が大型トラック運転手になるのが難しい理由のひとつとして挙げられるのが、トラックや荷物が高額であるため、運転するのが怖いということです。

トラックの操縦に慣れた経験者でなければトラックや荷物を傷つけてしまう可能性が高くなるため、このようなリスクを恐れて、未経験者は大型トラック運転手になることを躊躇し安いと言えるでしょう。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由6:未経験者は事故を起こしやすい

事故を起こしやすくて怖いというのも、未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由のひとつとして挙げられます。

大型トラックの操縦は、経験豊富なドライバーでも難しく、それがトラックの運転自体に慣れていない未経験者であるならばなおさらです。

大型トラックで事故を起こした場合は人命にも関わる大事故になりかねないため、そのようなリスクを想定して未経験者を採用しないトラック会社も少なくありません。

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7:会社側の教育体制

未経験者が大型トラック運転手になりにくいのには、会社側の教育体制が不十分であるということも背景にあります。

トラック業界はどこも人手不足に悩んでいるため、即戦力となるドライバーを求めており、未経験者を採用して一から教育し、一人前に育てるという教育システムがあまりしっかりと整備されていないのが現状です。

それゆえ、未経験のまま飛び込んでも十分に仕事がこなせないと言えるでしょう。

未経験者が大型トラック運転手になる手順4つ

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7つ|未経験でもなれる?

以上で見たように、トラック業界が全くの未経験者がいきなり大型トラック運転手を目指すのはなかなかハードです。

ですが、未経験者だからと言って大型トラック運転手に絶対になれないというわけでは決してありません。現に、未経験者を対象とした大型トラック運転手の求人も存在します。

ここからは、未経験者が大型トラック運転手になるための手順をご紹介しているので、興味のある方はぜひ参考になさって下さい。

未経験者が大型トラック運転手になる手順1:大型トラックのある会社に入社する

未経験者が大型トラック運転手になるためには、まずは大型トラックを扱っているトラック会社に入社することからスタートしましょう。

大型トラックを扱っている会社ならば、採用後に大型免許の取得のための費用を負担したりサポートしてくれるところもあります。

そのような支援制度を利用することができれば、自腹を切らずに大型免許を取得することが可能です。

未経験者が大型トラック運転手になる手順2:必要な免許を取得する

手順の2番目として挙げられるのが、大型トラック運転手になるために必要な免許を取得するということです。

大型トラックを運転する場合には大型一種免許を取得しておけば問題ありませんが、クレーン車などを運転するならば、けん引免許をプラスアルファで取得しておく必要があります。

未経験者が大型トラック運転手になる手順3:横乗りで経験を積む

横乗りをすることで経験を積むというのも、未経験者が大型トラック運転手になるために必要なことでしょう。

助手席に乗ってどのようにドライバーが大型トラックを運転しているのか、運転中にどのような点に気をつければ事故を防げるのかを考え、経験を積めば未経験者でもスムーズに大型トラックを運転できるようになるはずです。

未経験者が大型トラック運転手になる手順4:一人で仕事ができるようになる

未経験者が大型トラック運転手になるためには、最終的には一人で仕事ができるようになる状態に至らねばなりません。

最初のうちは先輩社員に助手席に乗ってもらい、運転のチェックをしてもらったほうがよいですが、徐々に慣れたならば指示なしでも一人で大型トラックを華麗に操縦できるようになることが必要です。

未経験でも大型トラック運転手に挑戦してみよう!

未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由7つ|未経験でもなれる?

今回は未経験者が大型トラック運転手になりにくい理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

確かに未経験者がいきなり大型トラック運転手を目指すのはなかなか大変なことですが、きちんと手順を踏み、練習を重ねていけば大型トラック運転手になることは十分に可能です。

大型トラック運転手になって、バリバリと稼げるようになりましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related