Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

トラックと乗用車は、見た目から違いますが運転方法も当然変わってきます。特にトラックの事故が起こった場合には、大惨事になってしまう場合もあります。乗用車とトラックの運転の仕方の違いを知ることで防ぐことができる事故もあります。違いを勉強しましょう。

トラックの運転技術が必要な理由

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

トラックは軽トラックというものもありますが、大きなものが多いです。普通自動車免許で運転できる軽トラックだとしても、荷物などを載せる事が一般的ですから乗用車を運転するようにはいきません。

トラックの運転には、ある程度の運転技術が必要になります。これからなぜトラックの運転技術が必要なのかについて説明していきます。

乗用車とトラックの車両感覚の違い

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

鈍感な人もいますが、乗用車とトラックにそれぞれ乗った際、同じ広さの車に乗っているという感覚になる人はほとんどいないでしょう。見た目から大きさや運転席の広さが違うため、運転手の運転技術も当然変わってきます。

軽トラックと乗用車くらいであれば、目隠ししていればわからない人はいますが、大きいトラックの場合は目隠ししていても雰囲気でわかるほどです。

トラックの運転技術を向上して事故を防ごう

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

乗用車とトラックは、役割や大きさが違いますので運転技術も変わってきます。乗用車では大丈夫な運転技術であっても、トラックでは通用しないばかりか事故につながる事もあります。

普通自動車免許で運転できるトラックは別として、一般的に大きなトラックを運転するためには中型免許証や大型免許証が必要になることもあります。それぞれのトラックに合わせた運転技術が必要になります。

トラックの運転技術向上のポイント9つ

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

乗用車とトラックの違いは理解できても、運転技術についてどうすれば良いのかわからないという人もいます。

トラックに全く乗らず、これから先も乗る機会がないという人は運転技術を磨く必要はありませんが、これから仕事としてトラックを乗る可能性がある場合には、死活問題になります。

こちらでは、トラックの運転技術を向上させるためのポイントについて9つご紹介します。自分は運転技術があるという人は確認してみましょう。

トラックの運転技術向上のポイント1:車幅間隔をつかむこと

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

日本の道路の場合、大きすぎる車や高さがある車が通行できない場所があります。乗用車では通行できても、トラックでは通行できない橋げたなどもあります。トラックの大きさを把握していなければ、通れない道に行くたびに引き返すことになってしまいます。

トラックの運転技術向上のポイントの1つ目は、道路を走る際の車幅とトラックの高さについてしっかりと理解しておきましょう。

トラックの運転技術向上のポイント2:内輪差

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

かつて一流の武士は、自分の持っている刀の長さを感覚として知っていたというエピソードがあります。

車の運転技術が高い人は、車が自分の手足の延長のように扱う事が可能になります。それは車について、どのくらいの大きさでどのくらいのタイヤを使っているので、この位置で動けば事故がないという事を理解しているからです。

トラックの運転技術向上のポイント2つ目は、タイヤの内輪差を理解しておきましょう。

トラックの運転技術向上のポイント3:オーバーハング

トラックと乗用車では、乗用車の方が小回りがききます。乗用車では道路に余裕を持って曲がることができる道でも、トラックの場合大回りになる事があります。

また、トラック自体が大きいため車道からはみ出してしまう事もあります。はみ出してしまう部分は、オーバーハングと言い、死角になることもあるので事故が起こりやすくなります。

トラックの運転技術を向上させるには、オーバーハングがどれくらいか把握しておきましょう。

トラックの運転技術向上のポイント4:ミラーの見方

トラックは大きいですから、乗用車よりもミラーが多くついています。特に後ろは荷物で見えない事もありますので、確認のためのミラーがいくつかあります。

このミラーの位置とどこを映しているのかをしっかり把握しておくことで、運転技術が向上します。トラックの運転技術を向上させるためのポイントの4つ目は、ミラーの見方を覚えておき安全運転に努めましょう。

トラックの運転技術向上のポイント5:車間距離

自動車学校では、車間距離に関する授業があります。同じ車であっても、スピードによって車間距離を変えなければいけません。トラックの場合、プライベートで使用する人はまずいません。仕事で荷物を積んで走るのが一般的です。

荷物を載せていますので、傷や破損がない運転技術が必要ですが、後続車などにぶつからない走り方も重要です。トラックの運転技術向上のポイントの5つ目として、最低限の車間距離を取りましょう。

トラックの運転技術向上のポイント6:車線を意識すること

道路を走る際には、車線が決まっています。大きなトラックの場合は、あまり追い越し車線に行かないという人もいます。

追い越し車線に行く際には、周囲の車の動きを把握しておかなければいけませんので、それなりの運転技術が必要になります。また、トラックで無理に車線変更しようとして事故につながる事もあります。

同じ方向の道路であればある程度の融通もききますが、対向車線に行ってしまうと大惨事になることもあります。

トラックの運転技術向上のポイント7:左折

道路が直進だけであれば、真っすぐ進むだけでいいので楽ですが、現実的に日本の道路では曲がり角や山道などいろいろなパターンがあります。

左折をする場合、対向車がくることはありませんが、歩行者やバイク、自転車などを注意する必要があります。トラックの場合、特に見えづらいため、しっかり意識して行うことによって運転技術の向上につながります。

トラックの運転技術向上のポイント8:右折

車を運転する人の中で、右折が苦手という人は多いです。右折する場合、直進してくる車もですが歩行者にも注意しなければいけません。また、自動二輪車の場合、二段階右折の必要がありませんのでトラックに並んで走っていたらオーバーハングに巻き込まれたという事もあります。

左折よりも注意が必要な右折ですので、きちんとできるようになれば、トラックの運転技術向上につながります。

トラックの運転技術向上のポイント9:バックや車庫入れ

トラックは荷台に荷物がある場合が多いので、後ろをまともに見れない事があります。最近では車体の後ろにカメラがついているものもありますが、乗用車に慣れているとわかりづらいこともあります。

また、車庫入れをする際には、車体の大きさを把握しておかなければ、隣のトラックにぶつかってしまう場合もあります。

トラックの恩典技術向上のポイントの9つ目は、バックや車庫入れをどうすればうまくできるか理解しておきましょう。

運転技術向上の基本!乗用車とトラックの違い4つ

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

トラックの運転技術には基本があります。基本をしっかりと理解しておくことで実務を行っていく中で応用が効くようにあることもあります。

こちらでは運転技術向上の基本として、乗用車とトラックの違いを4つ説明します。知っているとスルーしても良いですが、知っているからこそもう一度確認してみませんか。

乗用車とトラックの違い1:車体が大きい

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

乗用車とトラックが並んでいる場所で、どちらが大きいか質問された場合乗用車と答える人はほとんどいません。軽トラックとリムジンが並んでいれば、リムジンの方が大きいという場合もありますが、一般的にはトラックの方が大きくなります。

大きいということは、それだけ注意しなければいけない運転技術があるという事でもありますので、しっかりと理解しておきましょう。

乗用車とトラックの違い2:運転席が高い

乗用車でもやや運転席が高いものもありますが、トラックの場合はしごを登るようにして運転席に行くものもあります。運転席が高いですので、乗用車に比べて下の方が見えずらいという事になります。

大きなトラックの場合、下の方を確認するミラーがある場合もありますが、出発前にトラックの下で遊んでいる子供がいないかなどの確認をするようにしましょう。

乗用車とトラックの違い3:マニュアル車が主流である

乗用車は最近ではオートマティック車が増えてきました。しかし、トラックの場合、軽トラックではオートマティック車のものもありますが、大きなものであればマニュアル車が主流になります。

マニュアル車は普通に走る時はもちろん、曲がる際には減速とギアチェンジが必要になりますので、オートマティック車の乗用車に慣れていて、大きなトラックを運転する仕事をする場合には気をつけましょう。

乗用車とトラックの違い4:ブレーキの違い

乗用車とトラックのブレーキは基本的には同じです。エンジンブレーキとブレーキペダルがあります。しかし、トラックの場合、エアブレーキや補助ブレーキがついているものもあります。大きいので安全のためきちんとした停車をする必要があるからです。

ブレーキオプションはトラックごとに違いますので、ブレーキについて理解しておきましょう。

トラックの運転技術を向上しよう!

事故を防ごう!トラックの運転技術向上のポイント9つ|乗用車との違い

トラックの運転は、乗用車の運転に比べて安全管理をしなければいけない部分もありますし、運転免許そのものを新たに取得しなければいけない場合もあります。

しかし、トラックの運転技術を向上させれば、トラックを運転する仕事に就くこともできますし、キャリアを積むことで給与アップすることもできます。

いろいろと難しい部分もありますが、まずはトラックの運転技術を向上できる仕事に挑戦してみませんか。

Related