Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

トラック運転手といってもその仕事内容はさまざまです。タンクローリーの運転から荷物の積み下ろし、建築資材の運搬などその仕事内容は多種多様です。そこで今回は、トラック運転手の仕事内容と、トラック運転手になるポイントをご紹介します。

大型トラック運転手の仕事とは?

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

トラック運転手の仕事は、トラックの種類によって仕事内容が大きく変わってきます。基本的には荷物を運び、台車の荷下ろしをします。運転だけでなく、自分でフォークリフトを運転しなければならない場合もあります。

運転する車両によって運ぶもの、操作するものが異なってきますが、総じて言えることは、軽トラックなどでは運べないほどの大きな荷物や資材を運ぶのが大型トラックの仕事になります。

大型トラックの種類

大型トラックとは、一般的に積載量10t以上のトラックのことを大型トラックと呼びます。

また、大型トラックと言っても積載量だけでなく、トラックの荷台にもさまざまな種類があります。

未経験でも大型トラックの運転手になれる?

大型トラック運転手は未経験でもなりやすい仕事です。

その理由は、大きく2点あります。運送会社は常に人手不足で、常に働き手を求めているのと、トラック運転手になれる条件が厳しくないという点です。

・健康で体力に自信があること
・やる気があること
・大型免許をもっていること

この3つさえ揃っていれば、仮に未経験者でも大型トラック運転手になることは可能です。

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ

未経験から大型トラック運転手になるためのポイントをご紹介します。

大型トラック運転手になりたいと考えている人もいますが、どうしたらトラック運転手になれるのでしょう。大型トラック運転手の求人は、未経験でも応募可能な求人はたくさんあります。

しかし、大型トラック運転手になったはいいが、後悔しないためにも事前にさまざまな情報を収集しておく必要があります。

未経験から大型トラック運転手になるポイント1:人手不足で求人はある

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

なぜ大型トラック運転手は未経験でも就職することができのでしょうか。

それは、人手不足で常に求人を求めている、トラックドライバーの高齢化に伴い若い人の即戦力がほしい、トラック運転手は学歴よりもやる気のある人を求めているということが考えられます。

どこの会社も高齢化や人手不足などから仮に未経験でも即働くことのできる人材を求めているからです。

未経験から大型トラック運転手になるポイント2:大型免許は必須

大型トラック運転手になるには、まず大型免許が必要になります。

一般的に大型免許の取得は難易度が高く、取得制限もあります。取得制限の一つにまず、普通免許・中型免許・大型特殊免許のいずれかを受けていて、その免許を受けてから通算で3年以上であることという条件があります。

この他にも、大型トラックの運転手であればフォークリストの免許や、危険物、クレーンや玉掛けの免許も必要になってくる会社もあります。

未経験から大型トラック運転手になるポイント3:高給を目指せる

ひと昔は大型トラック運転手は高給取でしたが、いまではそこまで稼ぐことができなくなっています。

その背景にはガソリン代の高騰、人件費の高騰などさまざまな要因があります。では、どれぐらい稼げるのかというと、相場としては月給約400万円~700万円ぐらいで、賞与としては多くもらえたり、まったくもらえなかったりと、その時の会社の業績によって変わってきます。

特に未経験となると給料が安いで、コツコツと経験を積んで高給を目指して下さい。

未経験から大型トラック運転手になるポイント4:資格以外に必要なものとは?

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

未経験でも大型トラック運転手になるために重要なのは、やる気、体力、運転技術です。

大型トラック運転手ともなると移動距離も長くなりますし、運搬する荷物も大きいため体力が必要になるのと、その分の集中力と運転技術が必要になります。

また、トラック運転手は自分で荷物の積み下ろしをするのが当たり前になってきますので、運搬する荷物が大きくなれば、その荷物を迅速に、正確に積み降ろしするための体力が必要になってきます。

未経験から大型トラック運転手になるポイント5:運転技術が必要

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

大型トラック運転手になるには、普通自動車や中型トラックとは違った運転技術が必要になります。

大きさや高さ、ミラーの構造が違うため、カーブやバックといった基本的なハンドルさばきから、カーブ時などのタイヤの内輪差よる、運転技術が重要になってきます。

未経験ではすぐに大型トラックを運転することは難しいですが、コツと経験ですぐに運転することができますので、あせらずコツコツと安全運転に心掛けて下さい。

未経験から大型トラック運転手になるポイント6:やりがいや楽しさを見付ける

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

未経験でも大型トラック運転手を長く続けるコツは、やりがいと楽しさを見付けることです。

ネットショッピングが普及した現代では、日本の物流を支えるためにはトラック運転手は必要不可欠な存在です。たくさんの物がトラックによって運ばれていますので、トラック運転手の活躍なくしてはこの日本は成り立たないといっても過言ではありません。

また、トラック運転手の楽しさといえば、日本全国いろいろな土地へ行って美味しいものが食べることができることです。そんな小さな楽しみを考えながらトラック運転手を続けて下さい。

未経験から大型トラック運転手になるポイント7:勤務時間や休日

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

近年は労働改善がされてきたとはいえ、まだまだブラック企業が存在します。

勤務時間は会社、運搬する荷物、場所によって拘束時間は異なってきます。特に大型トラック運転手ともなると長距離を走るケースがほとんどのため、そうなると空いている深夜の時間帯に走ることがほとんどです。

休日はというと、長距離トラック運転手ともなると長時間拘束されてしまうため、1ヶ月の内に数日しか休日がないというブラック企業が存在しているのも事実です。

就職する前にしっかりと調べておくといいでしょう。

未経験から大型トラック運転手を目指すときの注意点5つ

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

未経験者でも大型トラック運転手を目指す時の注意点についてご紹介します。

未経験者でも大型トラック運転手になれることをご紹介してきましたが、免許書さえあれば誰でもなれるからこそ注意をしなければいけない点あります。

未経験から大型トラック運転手を目指注意点1:会社の選び方

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

いい求人情報を見付けたとしても安易に飛びつかず、しっかりと見極めてから応募するようにしてください。

未経験者歓迎、免許取得支援制度有、月給60万円以上も可能と書かれた求人をよく見かけます。

これだけを見るといかにもよさそうな求人に見えますが、そんなにうまい話はありません。大型トラック運転手は運転技術を要するため、手放しで未経験者を歓迎してくれる会社はありませんし、最初から60万円がもらえるわけではありません。

未経験から大型トラック運転手を目指注意点2:未経験者は事故の確率が高い

未経験者の大型トラック運転手の事故に多いのは、内輪差による事故です。

大きな事故から、ちょっとこすっただけの小さな事故などもありますが、初心者の約7割の方が事故を起こすとされています。

トラックの修理代として給料がカットされることもありますし、一度事故を起こしてしまうと、周りの方に迷惑をかけるのは当然ですが、一番困るのは自分です。

道路の状況は刻一刻と変化しますので、常に安全運転に心掛けて下さい。

未経験から大型トラック運転手を目指注意点3:運転技術向上の努力をすること

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

未経験者方は、特に運転技術の向上を目指してください。

大型トラック運転の未経験者の方はバックするのにも、ちょっとでも不安になればトラックから降りて確認をしますが、慣れてくるとそれもいつしかしなくなり、これぐらいならいけるだろうという感覚でバックをしてしまいます。

慣れや感覚も大事ですが、絶対というのはあり得ませんので、常に初心を忘れず「万が一」を考えて運転をして下さい。

未経験から大型トラック運転手を目指注意点4:交通違反に注意する

必ず交通ルールを守った運転を心掛けて下さい。

大型トラック運転手は大きな荷物を運ぶケースが多いですが、荷物を運ぶということは、必ずこの時間までに荷物を届けないといけないという時間があります。

時間を守らないといけないということは、交通渋滞や時間の遅れなどに急いでしまったりということもあります。交通違反で捕まってしまっては運転することができないこともでてきます、十分ご注意ください。

未経験から大型トラック運転手を目指注意点5:時間を守る

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

自分は荷物を運んでいるプロです。プロである以上遅れは絶対に許されません。

とは言って交通ルールを無視してまで時間を守ることは間違っています。交通渋滞や悪天候の影響で時間に遅れてしまうことはあります。そんな時「交通渋滞で遅れました」では許されません。

事前に気象状況、交通状況などの情報収集をしたうえで、時間にゆとりをもった運転を心掛けて下さい。

大型トラック運転手は未経験者からも目指せる!

未経験から大型トラック運転手になるためのポイント7つ|トラックの種類

大型トラック運転手は未経験からでもチャレンジできる仕事ではありますが、その分仕事の負担は大きく、運転技術も必要としてきます。

大型トラック運転手の求人は未経験からでも就職することのできる求人はたくさんありますので、大型免許を持っている人であればぜひチャレンジしてみる価値はあります。

かと言って、よさそうな求人に安易に飛びつかず、求人をよく吟味したうえで、自分にあった会社を探して下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related