Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手が過酷な理由10個|過酷さによるリスク3つ

トラック運転手が過酷な理由10個|過酷さによるリスク3つ

トラック運転手は基本的に学歴や職歴が不問であり、未経験者でも正社員として採用されやすいというメリットがある一方で、その業務内容は過酷な面が多いというデメリットもあります。この記事ではトラック運転手の仕事が過酷と言われる理由について解説しています。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月18日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック運転手は過酷というイメージは真実か?

トラック業界への転職の際には学歴や経歴が不問なことが多く、未経験者で学歴や職歴がなくとも正社員として雇用してもらえる確率が高いと言われています。

その一方で、過酷な業務内容に耐え切れず、離職をするトラック運転手も少なくありません。

「トラック運転手の仕事=過酷」というの事実であり、そのブラックな労働環境を是正するために、近年では労働時間や環境の見直しが課題とされています。

トラック運転手が過酷な理由10個

厚生労働省によって「トラック運転手の労働時間等の改善基準」が策定されたことによって、過酷極まりないとされていたトラック運転手の労働環境は確かに改善されつつあります。

ですが、トラック業界はまだ完全にホワイトな労働環境になったとは言えません。依然として過酷な仕事であることには変わりありません。

ここからは、トラック運転手の仕事が過酷と言われる主な理由を10個ピックアップして解説していきます。

理由1:労働時間が長い

トラック運転手の仕事が過酷と言われる理由としてまず挙げられるのが、労働時間が長いということです。

トラック運転手の拘束時間は他の職種と比べても過酷極まりないほど長かったため、現在では1日の拘束時間は13時間まで、最長でも16時間までとされています。

それでも、トラック運転手の月の平均勤務時間は約210時間と過酷であり、かなりの長時間労働の傾向が見て取れます。

理由2:低賃金である

低賃金であるということも、トラック運転手の仕事が過酷であると言われる理由として挙げられるでしょう。

大手のトラック会社に勤めるトラック運転手であっても、月の手取りが30万円に満たないというトラック運転手はざらにいます。

勤務時間が短く仕事内容が簡単ならばまだ納得できますが、トラック運転手の仕事内容はかなり過酷であり勤務時間も圧倒的に長いため、労働実態と賃金が見合っていないと言えるでしょう。

理由3:休みが少ない

トラック運転手の仕事が過酷とされる理由のひとつに、休みが少ないということも含まれるでしょう。

最近はどのトラック会社も慢性的な人手不足にあえいでおり、それゆえになかなか休みが取れず心身を休める時間が十分に取れないと悩んでいるトラック運転手も少なくありません。

また、まとまった休みを取るのも難しいため、家族と泊まりで旅行に行けないというケースも決して珍しくないのがトラック業界の実情です。

理由4:体力を必要とする

体力をかなり必要とする仕事であるというのも、トラック運転手が過酷と言われる理由のひとつとして挙げられるでしょう。

事故を起こさないように常に気を張ってトラックの運転をするのは想像以上に体力を消耗することですし、手作業で荷物の積み下ろしをしなければならないことも多いため、毎日の仕事でへとへとに疲れ果ててしまうトラック運転手も多いです。

理由5:荷主の権力が強い

トラック運転手の仕事が過酷と言われる理由のひとつとして挙げられるのが、荷主の権力が強いということです。

トラック業界においては荷主の言うことは絶対に聞かなければならないという悪しき風潮が存在しており、理不尽なクレームを入れられたとしても、また時間的に厳しい注文を受けたとしても、それを受け入れざるを得ない弱い立場にトラック運転手は置かれています。

荷主からのパワハラに悩まされることも少なくありません。

理由6:ネットショッピングによる仕事量の増大

ネットショッピングの利用件数の急増によって仕事量が年々増大しているということも、トラック運転手の仕事が過酷と言われる理由のひとつです。

Amazonや楽天などに代表されるネット通販を利用する人の割合が年々増加しており、荷物を運ぶ件数が従来と比べて飛躍的に増えたことから、朝から晩まで休みなしに配送しても配送が完了しないというケースも少なくありません。

また、再配達によってもさらなる負担がかかります。

理由7:睡眠が十分にとれない

Bottom banner

トラック運転手の仕事が過酷と言われる理由のひとつに、睡眠不足になることが多いというのも含まれるでしょう。

とりわけ長距離トラック運転手は数日間丸ごと拘束されることが多く、その間はホテルでしっかりと休むことはできずにトラックの車内や温泉施設などで仮眠を取らねばならないため、睡眠不足から体がへとへとになってしまいます。

また、不規則な勤務形態ゆえに不眠状態に陥ってしまうこともありえるでしょう。

理由8:長時間同じ姿勢でいる

長時間同じ姿勢で運転をしなければならないというのも、トラック運転手の仕事が過酷だと言われる所以でしょう。

トラック運転手は基本的に終業時間のほとんどを同じ姿勢でトラックを運転して過ごすため、どうしても体に負担がかかってしまいます。

長時間の運転を毎日続けることによって、肩こりに加えて腰痛は、多くのトラック運転手が抱える問題と言っても過言ではないでしょう。

理由9:一人のトラック運転手にかかる負担が大きい

トラック運転手の仕事が過酷とされる理由のひとつに、一人のトラック運転手にかかる負担がかなり大きいということも含まれるでしょう。

トラック会社はどこも人手不足の傾向にあり、一人のトラック運転手が、本来ならば2~3人分の人手が必要な仕事量を担わされることも多く、その分大きな負担がかかってしまいます。

体調を崩しても代わりのトラック運転手がおらず、休みをとれないこともあります。

理由10:待機時間が長い

待機時間が長いというのも、トラック運転手の仕事が過酷と言われる所以でしょう。

納品先に時間通りに到着すればそれで終わりというわけではなく、数時間にもわたる荷待ち時間に我慢せねばならないのもトラック運転手の過酷な現状のひとつです。

また、荷待ち時間を労働時間としてカウントしてくれないトラック会社もあり、荷待ち時間がただ働きになっているケースも少なくありません。

トラック運転手の過酷さによるリスク3つ

以上で見たように、トラック運転手の仕事はなかなかにハードだと言えます。

当然ながら、過酷な仕事を続ければトラック運転手のコンディションは悪化し、その仕事のパフォーマンスも低下してしまうことでしょう。

ここからは、トラック運転手の過酷さによって起こりうるリスクを3つピックアップしてご紹介していきます。

リスク1:体調を崩してしまう

過酷さによって起こりうるリスクとしてまず挙げられるのが、体調を崩してしまうということです。

長時間労働や休日の少なさ、また同じ姿勢で長時間運転し続けることなど、トラック運転手の仕事は体を壊しやすい条件がそろっているため、中には仕事が続けられないほど健康を損ねてしまうトラック運転手も少なくありません。

リスク2:事故を起こしてしまう

事故を起こしてしまうというのも、トラック運転手の過酷さによって起こりうるリスクとして挙げられるでしょう。

仮眠も休憩も十分に取れずに長時間勤務を続けた結果、居眠り運転をしてしまい交通事故を起こしてしまうというケースも実際に存在します。

中には、自分だけでなく歩行者や他の自動車のドライバーの命に関わる重大事故を起こしてしまうこともありえるでしょう。

リスク3:再就職に向かない

トラック運転手の過酷さによるリスクのひとつに、再就職に向かないということも含まれるでしょう。

トラック運転手の仕事はとても過酷であるにもかかわらず、キャリアアップのためのスキルや経験が身に付きにくく、その業務内容の過酷さに耐えかねて転職をしようとしても、転職先がなかなか見つからないというのも珍しくありません。

トラック運転手が過酷な理由を一通り把握しましょう

今回はトラック運転手が過酷な理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

トラック運転手は立派な学歴や職歴がなくとも正社員として雇用してもらいやすく、シニアでも活躍できる職種ですが、その仕事内容は過酷な面も多く併せ持っています。

トラック業界への就職・転職をお考えの方は、トラック運転手の過酷さをよく理解した上で応募しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人