Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック形状ごとの荷台寸法|南京結びの方法と手順4つ

トラック形状ごとの荷台寸法|南京結びの方法と手順4つ

これから仕事などでトラックを利用する方に、トラックの形状ごとに荷台の寸法が異なることや、それに紐づく情報をご紹介します。荷台に大型の荷物をのせた場合など、使用されるロープの結び方の手順も詳しく書いてありますので、参考にして下さい。


トラックの荷台とは?

トラックの荷台をよく知らない方のために、3種類の荷台についてご紹介します。主流となっているのが、平ボディ、バンタイプ、幌タイプの3種類です。

基本的にあおりは両側と後ろ側の3箇所が開くようにできていますが、荷物を楽に積み下ろしたい時に電動リフトや簡易クレーンなどが装備されているタイプが人気です。

この3種類の荷台には、大型の物や天候など機能力が備わっているので、使用に合わせて選択しましょう。

平ボディ

平ボディーは荷台の部分が平らな状態で、蓋がないものを指します。大型の荷物を運ばなければならない場合や雨天でない日に運ぶのならば必然的におすすめしたいのが平ボディのトラックです。

平ボディーが誕生したのは明治時代であり、日本初のトラックが平ボディ型であったほどポピュラーな形状でした。エレベーターのような積荷ができるパワーゲート付きで、あおりの素材や高さ、幌の有無など自由にお好みでアレンジできます。

バンタイプ

バンタイプは荷台に小型の荷室が取り付けられています。独立した部屋になっているので、雨風から荷物を守ってくれたり、荷物が積みやすいと言った部分、屋根と広い荷室スペースを完備し、キャビン部分が一体化になっているのがメリットです。

箱素材は軽量なアルミやホワイトボード材のようなパネル、幌タイプなどあり積載物を固定できるラッシングレールや、荷役性に優れたジョルダーレール付きの便利なタイプまであります。

幌タイプ

幌タイプは形がバンタイプにそっくりで、上と横の部分が幌で覆われているのをイメージするとわかりやすいでしょう。メリットは、金属部分が少ないおかげで重量を軽くできて、重い荷物を運ぶことができます。

バンの側面部分が開閉できるので、大型の荷物が余裕で積みこむことが可能なので優れています。床を二倍まで厚くした強化ダンプ、三方向に荷台を傾けられる三転ダンプ、クレーン付きなど進化したものもございます。

トラック形状ごとの荷台寸法

トラック形状ごとの荷台寸法|南京結びの方法と手順4つ

トラックの形状の違いのほかに荷台の大きさの違いがあります。荷台の大きさは車種によって変わり、最小350㎏まで積載可能な軽トラックのサイズから、最大積載量が4tを超える大型サイズのものまで多岐にわたります。

車両サイズによって荷台寸法が異なってくる事はご説明したとおりです。続いて実際のトラック荷台寸法はどのくらいなのかを車両サイズごとに紹介しますので、車両サイズと荷台寸法の関係性をよく理解しましょう。

2t平ボディの荷台寸法

小型トラックとも呼ばれる2tトラックは、最大積載量が2tのトラックの事を意味します。トラックは物流業界での基準が曖昧なので、積載量に1tくらい差があっても2tトラックと呼ばれることがあります。

平均2t平ボディの荷台寸法は、全長が4,700㎜以内、全幅が1,700㎜以内、全高200㎜、積載量2~3t程度(もしくは2t未満)くらいです。小型ではありますが機能力はとても優れているのでおすすめです。

4t平ボディの荷台寸法

次に、中型4t平ボディートラックの荷台寸法です。2tトラックは4tまで積むことが可能なため、2tの場合と4tの場合もやはりこの基準はあやふやで、1t近くの違いが発生していても4tトラックとして認められます。

平均4t平ボディの荷台寸法は、全長6,210㎜、全幅2,155㎜、全高390㎜くらいで、車種やメーカーによって多少の誤差があります。中型は普通免許では運転できないので気をつけましょう。

4tクレーン車の荷台寸法

次に、4tクレーン車と聞くと使い勝手が良くどんな作業現場でも役立ち優れています。優れた点はトラックにクレーンが付いているのはとても便利でしょう。

平均の4tクレーン車の荷台寸法は全長5,120㎜、全幅2,140㎜、全高380㎜くらいです。トラッククレーンは、トラックの荷台の部分にクレーンと操作室が備わっていて運転席と分かれています。トラックと荷揚げ設備が個別なので自走速度は早く走れます。

10t平ボディの荷台寸法

10t平ボディの荷台寸法は、積載量が10t前後のトラックで積載量が9tから11tのトラックとなります。トラックを購入する時は、車庫が低いなら全高を見て低いトラックを、長い荷物を積むのであれば全長を確認して長めのトラックを選びましょう。

平均の10tトラックは全長6,200㎜、全幅2,200㎜、全高520㎜くらいです。

10tウィングの荷台寸法

Bottom banner

次に大きくて力持ちな10tクレーン車です。クレーン車はユニック車と呼ぶ場合もあります。見た目はバンタイプと大きな差がないウイング車ですが、扉が鳥の翼のように開閉が可能です。

ウイング車の開閉が、電動モーターか油圧でバンタイプよりも最大積載量が少ないです。平均の10tクレーン車の荷台寸法は全長9,200㎜、全幅2,350㎜、全高450㎜くらいです。

2tトラック全車種の荷台寸法

2tトラックは、車両の重さが5t未満で、最高の荷物の重さが3t未満のトラックを言います。ボディの種類はショートボディ、ロングボディ、ワイドロングボディの3種類あります。

2tトラックは大型の積載は不可能ですが、普通免許だけで運転可能な車種もあります。初心者の方にはおすすめのトラックです。平均の2tトラックは車両総重量が5t未満で、最大積載量が2.0~2.9トンくらいです。

ショートボディ

ショートボディはAT限定免許しか所持していなくても運転可能モデルもあります。小回りが利きトラック初心者の方でも乗りやすいです。

トラックの種類は具体的に平ボディやアルミバン、クレーンなどです。平均のショートボディーの荷台寸法は全長が4,700㎜以内、全幅1,700㎜以内、全高2,000㎜以内くらいです。平ボディーの場合は荷台長3,100㎜程度、荷台幅1,600㎜程度、荷台高380㎜程度です。

ロングボディ

次にロングボディは型式にもよりますが、ショートに比べ0.5〜1tは多く積めます。バンタイプの場合は広告宣伝カーとして使用が可能です。平均のロングボディの荷台寸法は全長6,000㎜、全幅1,900㎜程度でしょう。

トラックには、2トンまたは、中型なのかによって、サイズが全く異なります。そこで、中型トラックの荷台寸法は全長1,200㎜以内、全幅2,500㎜以内、全高380㎜以内くらいです。

ワイドロング

次にワイドロングは最大メリットは荷幅が広いものを運搬で着とても便利でしょう。平均のワイドロングの荷台寸法は全長6,000㎜、全幅2,100㎜程度です。ロングボディとワイドロングの差があるのが全長です。2トントラックの2.5倍以上の水準になります。

それから、全長・全幅・全高の基準は、中型トラックと大型トラックに違いはありません。最大積載量と車両総重量については、大型トラックがトップクラスとなっています。

トラック荷台に積む時のロープの結び方

トラックの荷台に荷物を積みたい時、荷物をロープで結ぶ場合があります。荷物をしっかりと固定するために正確なロープの結び方を覚えておきましょう。

南京結びは、トラックの荷台に荷物を積む場合に、ロープを使用して簡単に解れて荷物が落下するリスクを減らす、定番の結び方です。とてもポピュラーな結び方ですので一度南京結びを覚えれば、業務以外の場面でも活かすことが可能です。

南京結びの方法と手順4つ

南京結びは、ロープの最後を確実に固定できるので、調整装置の役割で使用できます。 大きな荷物を結ぶ時には、固定される部分に南京結びを使えば、緩むことなく固定できます。 南京結びはトラックの荷台にしっかり固定することができ、安心でしょう。

手順としては4つしかございませんが、難しいという声も多々あるので、覚えるまではゆっくりと行い、始めのうちは結びぐあいを確認するために2人で行うことをおすすめします。

手順1:ロープを用意しロープの片方の先を荷台の向こう側へ投げる

荷台に大型の重量のあるものを固定するときに向いている南京結びです。まず、ロープはビニロンロープ、マニラロープ、リキロンロープ、ポロプロピレンロープなどが最も使用されています。中でも、滑りにくくビニロンロープがおすすめです。

金具などを使用せず滑車の原理の結び方で、解く際も軽く引っ張るだけで解ける結び方です。ロープを用意して、八の字ループにして輪を作り、荷台の荷物を固定して片側へロープを投げましょう。

手順2:荷台の反対側にまわってロープの先をフックにかける

先ほど投げたロープの先端を二重八の字結びにしたものを荷台の反対側にまわってフックにかけましょう。二重八の字結び以外にも、引き解き止め結びでも構いません。

フックにしっかりと固定されることが重要で、緩みが発生すると落下へとつながりますのでよく確認して行いましょう。もし二人で行う場合にはもう片方の方が行ってください。この事で時間短縮につながります。

手順3:ロープを投げた方に戻ってロープを結ぶ

もう片方は、左手で持ったロープの軸に、右手で二つ折りにした輪を重ねて数字の8のように作ります。下側の輪を上側の輪との交点にクルクルと2回引っ掛け、ロープを投げた方へ戻りロープをしっかりと結びましょう。

この時、2回目は1回目より下(荷台側)になるように巻くのがポイントです。手順4の下にあるの南京結びリンクの1~5までの工程です。わかりやすいので参考にしてください。

手順4:8の字の下の輪からロープを通してフックにかける

手順3後、下側の輪を一度ねじり、その間から垂れたままになっているロープを引っ張ってきてくぐらせます。引っ張ると長い輪になるはずです。できた輪を、トラックのフックに引っ掛け垂れている方のロープを引くと締まっていくので、引っ張りましょう。

最後に手前に引いてから下に引くという手順で引っ張るとしっかり締まり、垂れているロープをフックに固定します。緩まないように注意しながら、二度フックに巻き付けてください。

トラック形状ごとの荷台寸法を理解しよう

トラックを使いたい方、運転手として働きたい方は、運転するトラックの種類に応じた免許が必要となりますが、運転免許は、取得すれば公に認められたスキルとして仕事の幅が大きく広がります。

また、2tクラスの運転経験があってもショートからワイドロングに乗り換える場合は、感覚が変わると覚えておいた方が良いです。トラックの形状とメーカー、車種によって荷台寸法が異なってきますので、よく確認することが必要になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人