Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックをメンテナンスする時の注意点2つ|エンジンオイルの大切さ

トラックをメンテナンスする時の注意点2つ|エンジンオイルの大切さ

トラックのメンテナンスについて詳しく知っている人は少ないでしょう。今回はトラックのメンテナンス時の注意点や、トラックをメンテナンスする時の大切なポイントなどの情報をお届けします。さらに、トラックの寿命を延ばす運転方法も合わせて紹介します。


トラックのメンテナンスの理由とは?

トラックは、正式には貨物自動車に分類され、荷台に荷物を積んで運搬することを目的とした自動車のことです。そのトラックは重い荷物を運搬することが多く、そのため一般的な自動車より丈夫な構造になっています。

丈夫な構造になっているからといっても、エンジンオイル交換などのメンテナンスを怠るとトラックの寿命が短くなります。よって、トラックの寿命を延ばすためにはメンテナンスが必要です。

トラックの寿命を延ばす

トラックの寿命を延ばすメンテナンスには、エンジンオイルの交換、ラジエーターリザーバタンク(冷却液)・バッテリー液・ブレーキオイルなどエンジンルーム内にある液体の確認と補充が大事です。これらの液体は減ったり、劣化したりします。

そのため定期的な確認と補充が必要です。オイルが劣化すると役目を果たさないため交換が必要になったり、またラジエーターの冷却液はエンジンの冷却に欠かせないので適量に保つ必要があります。

売却の価格に差がでる

トラックのメンテナンスを怠ると売却の価格に差がでます。トラックを売却しようとした時、しっかりメンテナンスをしてこなかったトラックの評価は下がり、結果としてトラックを高く売ることができなくなります。

メンテナンスしていないトラックのエンジンは、エンジン音や乗った時のエンジンの加速感、力強さなどが、評価するプロから見ればすぐにわかります。年式が新しくても、メンテナンスを怠っているトラックは高く売れません。

トラックをメンテナンスする時の大切なポイント2つ

トラックをメンテナンスする時の大切なポイントは、オイル交換・エンジンルーム内液体の残量確認と補充です。冒頭でも少し触れましたが、エンジンの寿命を延ばすためには、オイル交換などのメンテナンスが大事です。

これから、それらのトラックをメンテナンスする時の大切なポイントについて紹介します。

1:オイル交換

トラックをメンテナンスする時の大切なポイント「オイル交換」は、エンジンの潤滑・冷却・洗浄・防錆の効果を正常にする目的です。エンジンはピストンとシリンダの働きが大事で、働きをよくするのが潤滑効果のあるオイルです。

熱くなったエンジン冷却のためにもエンジンオイルは必要です。金属部品から構成されるエンジンは、サビの発生を抑える必要があり、オイルが劣化すると効果が薄れ、そのため定期的なオイル交換が必要です。

2:エンジンルーム内の液体の残量

エンジンルーム内のメンテナンスには、エンジンオイル・ブレーキオイル・ラジエターの冷却水・ウォッシャ・バッテリー液の残量の確認と補充が必要です。エンジンオイルが所定のメモリまで入っているか、オイルの粘度は大丈夫かなどの確認が必要です。

エンジンオイルは、粘度がなくなると効果が低下します。それらの液体の残量の確認と補充は、トラックをメンテナンスする時の大切なポイントのひとつです。

冷却液

ラジエターの冷却液には、エンジンオーバーヒートの防止・錆防止の役割があります。エンジンは絶えず熱を発しています。エンジンが高熱になり過ぎるとエンジンが正常に機能しなくなります。そのため、ある程度冷やす必要があり、その役割がラジエターの冷却液です。

冷却液は、エンジン内に入り、ピストンやシリンダーの動きにより、熱くなったエンジンの熱を冷やします。ラジエターの冷却液の確認も大事なメンテナンスです。

ウォッシャ液

ウォッシャには、フロントガラスの油膜、被膜落としの役割があります。ウォッシャには、一般ウォッシャ・解氷ウォッシャ・油膜取りウォッシャ・撥水ウォッシャの種類があり、多く使用されているのが、フロントガラスの汚れや油膜を落すタイプです。

撥水ウォッシャは、雨の時に、見にくいフロントガラスの視界をよくしてくれ、解氷ウォッシャは、フロントガラスについた霜や氷を溶かす役割があります。

Bottom banner

バッテリー液

バッテリーは電気を発生する時に、極板と電解液の化学反応により水蒸気が発生し、その後蒸発して減っていきます。そのためバッテリー液を補充する必要があります。バッテリー液が減って、内部の鉛の極板が露出してしまうとバッテリーが弱くなります。

そのままの状態が続くとバッテリーが機能せず、エンジンがかからなくなるケースもあります。また、そのような状態にならなくても確実にバッテリーの寿命を短くすることになります。

エンジンオイルの交換を怠るとどうなるの?

エンジンオイルの交換は、走った距離、オイルの年数などにより劣化するため、交換が必要です。エンジンオイルの交換を怠ると、エンジンの温度が異常に上昇してエンジンの焼き付き・オーバーヒートの原因になります。

次項からは焼き付き・オーバーヒートについて説明します。

オーバーヒート

オーバーヒートとは、エンジンオイルによる原因やラジエターの冷却液の影響により、熱くなったエンジンの温度が冷やされなくなりエンジン本体の温度上昇が続き下記のような現象が現れることです。アクセルを踏むと、ノッキング音がするようになります。

回転数が不安定、エンジン内部からの異音、オイルが焼けるような匂いなどの現象が起き、最終的にはアクセルを踏んでもエンジンがかからない状態になります。

エンジン焼き付き

エンジン焼き付きとは、エンジン内にあるピストン・シリンダー・カムシャフトに摩擦熱が発生してエンジンの回転が完全に停止した状態のことです。エンジンはピストン・シリンダーの動きにより吸入・圧縮・燃焼・膨張・排気の行程で機能しています。

エンジンに欠かせないピストン・シリンダーが正常な動きができなくなるとエンジンが正常に機能しないため、冷却液とエンジンオイルのメンテナンスを忘れないようにしましょう。

トラックの寿命を延ばす運転方法

トラックの寿命を延ばす運転方法について説明します。トラックの寿命を延ばす運転方法には、暖気運転・急発進・急加速・急ブレーキ・半クラッチなどの方法があります。次項からそれらについて説明します。

暖気運転

暖気運転とは、トラックのエンジンをかけ、すぐに動きだすのではなく、ある程度待つことを言います。エンジンをかけすぐに運転を開始するのではなく、そのままアイドリングを続けた状態です。

エンジンを始動してからすぐに運転をすると、エンジン内部にあるピストン・シリンダーなどの部品が適度な温度になっていないため、各部品に負担をかけます。そのため各部品が適度な温度になることを待つ暖気運転が必要になります。

急発進・急加速・急ブレーキ

トラックを急発進・急加速・急ブレーキで運転することは、エンジンにかかる負担が大きくなることやブレーキバッド・ディスクなどの部品の消耗に繋がり、結果としてトラックの寿命を縮めることになります。

そのため、トラックの急発進・急加速・急ブレーキの運転を控えるようにしましょう。そのことは、結果としてトラックの寿命を延ばすことになります。

半クラッチ

クラッチはマニュアル車のギアチェンジに欠かせない操作で、エンジンとタイヤを繋ぐことです。いくらエンジンを吹かしてもクラッチが繋がらなければトラックは動きません。エンジンとクラッチをつなぐ時には、ある程度回転数を上げないと車を動かすことができません。

半クラッチは、半分クラッチが繋がった状態のことです。低回転でトラックを発進するためには、半クラッチが必要で、その祭クラッチは滑った状態で負担が生じます。

定期的なメンテナンスを心掛けよう

トラックのメンテナンスについて知りたい人に、メンテナンスする時の注意点に加えて、寿命を延ばす運転方法などについて説明してきました。トラックの寿命を延ばすには、走行距離に応じてエンジンオイルの交換が必要です。オイルは年数と共に劣化します。

走行距離に関わらず、定期的なエンジンオイルの交換も必要です。そのことでトラックのエンジンの寿命を延ばせます。定期的なメンテナンスで、トラックの寿命を延ばしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人