Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

10トントラックにはいくつか種類があり、さまざまな理由で10トントラックの運転手を目指す人がいます。労働に対して問題視されていることもありますが、給料面では高収入と言われています。今回は10トントラックの仕事内容について紹介します。

10トントラック運転手の仕事は今注目を集めている

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

運送業は人の入れ替わりが激しく、労働面でも問題視されています。しかし勤務スタイルと給料は魅力的で10トントラック運転手の給料は、相対的に高いです。

10トントラックドライバーの仕事は1人の時間が多く、マイペースで仕事をしたい人には魅力的です。

また免許の取得費用を負担してくれる会社が多いので、経済的に助かります。大型免許取得の費用は教習所によって異なりますが、一般的に30万円程度必要です。

10トントラック運転手の仕事の特徴10個

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

車両総重量が10トン前後のトラックは、大型トラックと呼ばれています。10トントラックは多くの荷物が積めるので、効率的に運搬できます。

以下では、そんな10トントラック運転手の仕事の特徴を紹介します。10トントラック運転手になりたい人は、参考にしてください。

特徴1:運転するには大型一種免許が必要

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

10トントラックを運転する際は「大型一種免許」を取得する必要がありますが、は普通自動車免許と取得条件がいくつか異なります。

条件としては普通自動車免許を取得してから3年以上経過した21歳以上であること、また視力も重視されています。メガネやコンタクトは使用可能です。

特徴2:高度な運転技術を必要とする

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

10トントラックは視界や車両の運転感覚などの面やMT車であることから、普通自動車や小型トラックと比べて高度な運転技術を必要とします。
 
大型の10トントラックは運転席の高さが異なります。そのため運転する際の視界に違いがあり、先は良く見えますが、真下が見えにくくなります。

またカーブやバックでは注意が必要です。特に車体の見通しが悪いトラックでは、内輪差による巻き込み事故に気を付けなければなりません。

特徴3:荷物の積み下ろしは主にドライバーが行う

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

10トントラック荷台の種類や荷物の種類により異なりますが、積み下ろし作業は厳密にはトラックドライバーと倉庫側の共同で行なわれます。

しかし数か所に積み下ろし作業がある場合はドライバーが判断して作業しなければ、万が一ミスがあった際に自己責任となってしまいます。

トラックの荷物によっては人の手で行なう場合もありますが、重量があり大きい荷物であれば機械を使って積み下ろします。

特徴4:体力を必要とする仕事である

10トントラックドライバーは体力的にも精神的にも大変な仕事であると言えます。特に長距離ドライバーは長時間同じ姿勢で緊張感を持って運転しており、加えて何トンもの荷物を積み下ろす作業があります。

10トンもの大きなトラックが事故を起こせば大きな問題となり、けが人の数や被害の大きさも想定できません。

特徴5:目的地が遠距離の場合もある

10トントラックはたくさんの荷物を配送できることから、遠距離での仕事が多くなります。また積載量も大きいため、重量のある荷物の運搬には欠かせません。

近隣の県や特定のエリアを配送するトラックと異なり、例えば札幌から東京や、大阪から福岡といった遠い距離の配送になります。

目的地が遠い距離の場合、何日も家を空けることも珍しくありません。

特徴6:経験がなくても採用されやすい

10トントラックは大型一種免許を取得する必要があり、労働環境の点などから慢性的に人手が不足していると言われています。また若者の車離れも人手不足の要因と言えるでしょう。

大型トラックは運送の際に必要不可欠な存在であることから、大型一種免許を取得していれば、経験がなくても採用されやすいといえるでしょう。

特徴7:高収入が見込める

10トントラックや大型トラックの仕事は高収入と言われています。もちろん働き始めたばかりで月収100万円とはいきませんが、勤続年数や経験・労働時間によって月に50万円以上の収入を見込める職業です。

しかし一般的な公務員やサラリーマンとは仕事の内容が全く異なります。運転することへの緊張感や荷物の積み下ろし作業など重労働の仕事がほとんどです。そういった意味では高収入は真っ当な労働対価と言えるでしょう。

特徴8:一人の空間が好きな人

大型トラックである10トントラックは荷物の積み込みや積み下ろし作業を除いて、他ほとんどの時間を運転して過ごします。そのためひとりでいる時間が長くなります。

人と関わる仕事が好きな人がいるように、一人で仕事をすることが好きな人もいます。10トントラックは長距離の運転時間になり体力面が必要にはなりますので、向き不向きがあらわれる仕事です。

特徴9:運転が好き

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

普通自動車にしか乗ったことのない人にとっては、大型トラックはとても大きく感じるでしょう。職業に10トントラックを選択する人の中には給料や待遇の面を魅力に感じている人もいますが、もちろん運転が好きで志望している人もたくさんいます。

大きい車が好き・運転が苦にならない方に向いている職業とも言えます。また近年では女性ドライバーも増えています。働き方が多様化するのは良い傾向と言えるでしょう。

特徴10:将来的にも安泰

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

日本の社会において物流は欠かすことができません。スーパーやショッピングモールで買い物をするにも、外食するにも、宅配サービスを利用するにも全て物流があるからこそできることです。

運送業でのトラックドライバーは社会に必要とされている仕事だといえるため、需要がなくなることはないでしょう。そのため将来的にも免許や経験があれば将来的にも安泰と言えます。

大型トラックの種類4つ

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

大型トラックは全長12メートル以内・全幅2.5メートル以内・全高3.8メートル以内・最大積載量6,500キロ以上・車両総重量11,000キロ以上と規定が定められています。一括りに10トントラックと言っても、荷台の形や車種・幅や高さなどが異なります。

ここでは運搬用に使用される大型トラックを4種類に分けて紹介します。

種類1:10t標準ボディ

10トン標準ボディは全長11.9メートル・全幅24.9メートル・全高2.86メートルで標準ボディのメリットは他のボディサイズより小回りが利きやすく、狭い山道や住宅街に荷物を運ぶのに適しています。

その一方で装着可能な種類が限られることや、荷台に収まらないといったデメリットも考えられます。

種類2:10tロングボディ

10トンロングボディは全長12メートル・全幅2.3メートル・全高3.8メートルで、標準ボディと比較すると、縦が長いのがロングボディの特徴です。

車体の比重が軽いため強風などの影響を受けにくいというメリットがあります。その一方で車体が長くなる分内輪差による巻き込み事故に注意しなければなりません。

種類3:10tワイドボディ

10トンワイドボディは全長12メートル・全幅2.4メートル・全高3.8メートルで、横幅高さ共に大きく作られています。

標準ボディと比較して、横に広いのがワイドボディの特徴です。ワイドボディは荷台が広く、面積の大きな荷物を乗せることができます。また縦長でない荷物を積み込む際は安定感が増すというメリットもあります。

その一方で車体の幅が広く、狭い道路や山道では標準ボディよりも運転が困難になります。

種類4:10tショートボディ

ショートボディは全長12メートル・全幅2.5メートル・全高3メートルで、横幅は広く高さは低い大型トラックです。

10トントラックを運転するためには大型一種免許が必要ですが、クレーンや重機は大型特殊免許が必要になります。間違えないように注意しましょう。

また大型トラックは各メーカーによって荷台の寸法などが異なります。トラック自体の大きさは似ていても荷台は異なるため注目しましょう。

10トントラック運転手の仕事を把握しましょう

10トントラック運転手の特徴10個|大型トラックの種類4つ

さまざまな理由から人手不足や労働について問題視されている運送業ですが、なくてはならない存在です。運送業界は日本の物流を担い、数多くの産業を支えています。

運送業では10トントラックだけでなく、他の種類のトラックもあります。それぞれの仕事内容を把握するとともに自分に合ったもの見つけましょう。

10トントラックの仕事に興味がある方は、積極的に免許取得に向けて挑戦してみるのも良いでしょう。

Related