Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックの荷台寸法は、トラックの形状によって変わります。なぜなら、トラックの形状ごとに最大積載量が変わるからです。いったいどれぐらいトラックの形状ごとに荷台寸法が変わるのでしょうか?今回、トラックの形状ごとの荷台寸法をご説明していきます。

トラックの荷台とは?

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

皆さんはトラックの荷台というと、身近なのは引っ越しの際に積む荷台や、配送業者が荷物を下ろす際の大きなボックス型のものを想像するでしょう。

大きくわけてトラックの荷台には、「平ボディ」「バンタイプ」「幌タイプ」の3種類があります。トラックの使用目的に応じてトラックを使い分けるために種類がわかれており、それぞれ機能性や使用場面は異なります。

ここからはそれぞれの荷台の特徴などをご紹介していきます。

平ボディ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックの荷台の形状が平らなものを平ボディと言います。平ボディは汎用性が高いため、さまざまな業界で使用されています。代表的なものは、農業用の軽トラック・工事用のトラック・建築現場用のトラックです。

平ボディは荷台が平なことより、荷台に多くの荷物を安定させて載せることができます。そんな平ボディは、荷物の運搬用にはじめて作られたトラックなため、トラックのスタンダード形状と呼ばれています。

バンタイプ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックの荷台に荷物室が取り付けられているものをバンタイプと言います。バンタイプは荷物を汚さず安全に運べることから、物流業界で普及しています。代表的なものは、宅配便の車両・商品配達用の車両・引っ越し業で使用される車両です。

荷物室が取り付けられていることにより、雨・風・汚れなどから荷物を守り、荷物の荷崩れを防止して安全性を確保。荷物室の扉は施錠できるため、荷物の盗難防止などの防犯性能を持っています。

幌タイプ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

荷台の荷物室の両側面が開くものを幅タイプと言います。幅タイプは、大型の荷物の積み込みがしやすいことから、大型荷物輸送時に使用されています。代表的なものは、野外イベント用のトラック・長距離運搬用のトラックです。

幅タイプは、荷物室の両側面を開いたときに鳥が翼を広げているように見えることから、ウィングタイプとも呼ばれています。荷物室の両側面が開くことで、荷物の積み下ろしが簡単に行えます。

トラック形状ごとの荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックには2t~10tという形状があります。なぜ形状がわかれているのでしょうか。その理由は、荷物の積載重量が違うからです。荷物の最大積載量が違うことにより、荷台寸法も変わります。

ここでは、使われることが多いトラックである2t平ボディ・4t平ボディ・4tクレーン車・10t平ボディ・10tウィングタイプの荷台寸法と荷台寸法ごとの積載重量をご紹介していきます。

2t平ボディの荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

2tボディの荷台寸法は、荷台全長4,700mm以内・荷台全幅1,700mm以内・荷台全高200mm以内・最大積載量は3t未満です。物流業界では2tトラックのことを2t程度と見なすため、最大積載量に差が生じます。

2t平ボディは小型トラックと呼ばれています。小型トラックは、トラックの規格の中で一番小さいです。その小ささから小回りが利き、普通免許でも運転できるため、人気があります。

4t平ボディの荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

4t平ボディの荷台寸法は、荷台全長4,350mm~7,200mm・荷台全幅2,040mm~2,340m・荷台全高380mm~400mm・最大積載量は5t未満です。

4t平ボディは中型トラックと呼ばれています。中型トラックは、トラックの中で一番種類が豊富です。種類が豊富なことで汎用性があり、運送業界・食品業界などさまざまな業界で使用されています。

4tクレーン車の荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

4tクレーン車の荷台寸法は、荷台全長4,610mm~5,600mm・荷台全幅2,130mm~2,150mm・荷台全高370mm~670mm・クレーン吊り3t未満・最大積載量は3t未満です。

4tクレーン車は4tユニック車と呼ばれ、4tユニック車は3種類あります。車両と荷台の間にクレーンが設置された「クレーン付き」、荷台にクレーンが設置された「簡易クレーン」、車体を斜めにできる「ハイジャッキ」です。

10t平ボディの荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

10t平ボディの荷台寸法は、荷台全長5,100mm~9,670mm・荷台全幅2,340~2,490mm・荷台全高267mm~450mm・最大積載量は11t未満です。

10t平ボディは大型トラックと呼ばれています。大型トラックは、一度にたくさんの荷物を運搬できることから、中距離~長距離の荷物運送時に使用されています。また、大型の荷物を運搬を運搬できることから、大型荷物運送時にも使用されています。

10tウィングの荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

10tウィングの荷台寸法は、荷台全長5,100mm~10,030mm・荷台全幅2,340mm~2,490mm・荷台全高267mm~500mm・最大積載量11t未満です。

10tウィングも10t平ボディと同じく大型トラックと呼ばれています。10tウィングは荷物の積み下ろしが簡単に行えるため、中距離~長距離の荷物の運搬で使用されています。また、荷台の特性を生かし、コンサートイベントにも使用されています。

2tトラック全車種の荷台寸法

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

2tトラックは、ショートボディ・ロングボディ・ワイドロングの3種類にわかれ、荷台寸法もそれぞれの種類で違います。種類がわかれる理由は、2tトラックの需要が高いため、作業用途に応じてトラックを使用できるためと考えられます。

ショートボディ・ロングボディ・ワイドロングでは荷台寸法がどのぐらい違うのでしょうか。ここでは、ショートボディ・ロングボディ・ワイドロングの荷台寸法と最大積載量をご紹介していきます。

ショートボディ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

荷台全長が3,000mm前後の2tトラックをショートボディと言います。ショートボディの荷台寸法は、荷台全長3,000mm~3,100mm・荷台全幅1,600mm~1,790mm・荷台全高2.000mm未満・最大積載量は3t未満です。

ショートボディは、AT限定自動車免許でも運転ができるモデルが多数あること、2tトラックよりもコンパクトで小回りが利くことから、トラック初心者の間で人気があります。

ロングボディ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

荷台全長が4,300mm前後の2tトラックをロングボディと言います。ロングボディの荷台寸法は、荷台全長4,300mm~4,500mm・荷台全幅1,750mm~1,790mm・荷台全高2,000mm未満・最大積載量は3t未満です。

ロングボディは、荷台全高が建物の制限高さに引っかかりません。そのため、たくさんの荷物を積み込むことができます。そのことから、荷物の搬入や引っ越しで使用されています。

ワイドロング

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

荷台全幅が2,050mm前後の2tトラックをワイドロングと言います。ワイドロングの荷台寸法は、荷台全長4,300mm~4,500mm・荷台全幅1,790mm~2,100mm・荷台全高2000mm未満・最大積載量は3t未満です。

ワイドロングは、2tトラックの標準サイズよりも一回り大きく、たくさんの荷物を積めます。そのため、最大積載量を3tに増トンしていることが多く、3トン車と呼ばれています。

積載方法に関する禁止事項3つ

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

運道路交通法第55条第2項には、荷物の積載方法に関する禁止事項が3つ書かれています。運転手の視野やハンドルを妨げること・後方がバックミラーに映らなくなること・方向指示器やブレーキランプなどが確認できなくなることです。

積載禁止事項は運転手や外部の安全に関わり、場合によっては生命にも関わってきます。そのため、安全を最優先にするためにも積載禁止事項に当てはまらないことが必須です。

車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

出典: http://thoz.org/law/%E6%98%AD%E5%92%8C35%E5%B9%B46%E6%9C%... |

運転手の視野やハンドル等の操作を妨げる

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

積載した荷物が運転手の視野やハンドル操作などを妨げないようにしましょう。なぜなら、積載した荷物が運転手の視野やハンドル操作を妨げることは事故につながることだからです。

運転手の視野やハンドル操作を妨げない荷物の積載方法は、座席シートをスライドさせて荷物を積載すること、シートベルトなどで積載した荷物を固定することがあげられます。

後方の状況がバックミラーに映らなくなること

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

後方の状況がバックミラーに映るように荷物の積載をしましょう。なぜなら、後方の状況がバックミラーに映らないということは危険なことで事故や人命につながるからです。

トラックには死角が多く存在します。中でも、後方・斜め後ろ・左側はトラックにとって死角の中の死角。荷物がはみ出ただけで視界が妨げられてしまいます。死角を無くし視界を妨げられないためには、荷物の積載時にミラーの調整を行うことがあげられます。

外部から方向指示器・ブレーキランプなどが確認できないようにすること

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

荷物を積載するとき、外部から方向指示器・ブレーキランプなどが確認できるようにしましょう。外部から方向指示器・ブレーキランプなどが確認できることにより、事故を防止できるからです。

外部から方向指示器・ブレーキランプが確認できなければ、交通事故を引き起こし兼ねません。事故を起こさない方法のひとつは事故を予防することです。そのためにも外部から方向指示器・ブレーキランプを確認できるようにすることが必要です。

はみ出し可能な範囲

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

はみ出し可能な範囲は、長さはトラックの全長10%以内、幅はトラックの幅内・高さは3.8mから積載する高さを滅した範囲です。はみ出して荷物を積載する場合は、出発地を管轄する交番や警察署に申請をする必要があります。

はみ出し許可申請のことを「制限外積載許可申請」と言います。制限外許可申請が受領されたトラックは、荷物の後ろに赤い布を取り付ける・布の大きさは30cm四方以上という規定があります。

2)規格・基準、検査等の概要
i. 規制等の内容
車両の運転者は、一定の場合のほか、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない(第57条)。道路において一般交通に著しい影響を及ぼすような通行形態又は方法により道路を使用する行為をしようとする場合は、当該行為に係る場所を管轄する警察署長の許可を得なければならない(第77条)。

ii. 申請手続
乗車又は積載の制限を超える車両を運転する場合は、出発地を管轄する警察署長に申請書を提出する(施行令第22条、施行規則第8条)。道路交通法第77条第1項の規定による許可(道路工事、道路上の工作物・露店等の設置、道路上での祭礼行事等)を受けようとする者は、当該場所を管轄する警察署長に申請書を提出する(第78条第1項、施行規則第10条)。

出典: https://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/oto/otodb/japanese/h... |

交番で受理できる範囲

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

交番で受領できるはみ出し範囲は、長さは全長15m以下(首都高では12m以下)・幅は自動車の幅以下・高さは全高4m以下です。この範囲内であれば、交番で制限外積載許可申請が受領されます。

交番で制限外積載許可申請に必要になる書類は、制限外積載許可申請書・特殊車両通行許可証・車検証のコピー・出発地から目的地までの経路図・荷姿図・運転手の免許証です。

警察署で受理できる範囲

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

警察署で受理できるはみ出し範囲は、長さは全長20m以下(首都高では12m以下)・幅は全幅3.5m以下 (首都高では全幅2.5m以下)・高さは全高4.3m以下(首都高では3.8m)です。

警察署で制限外積載許可申請に必要になる書類は、交番と同じです。交番と警察署で差が開く理由は、管轄している地域の違いです。交番よりも警察署が管轄している地域が多いため、警察署での制限外積載許可の受理の範囲が広がります。

トラック形状ごとの荷台寸法をしっかり守ろう

トラックの荷台とは?積載方法に関する禁止事項3つ

トラックには2t~10tの形状があり、形状ごとに荷台寸法が違います。安全にトラックを運転するためには、トラックの形状と形状ごとの荷台寸法をしっかり守ることが必要です。

トラックの形状と形状ごとの荷台寸法などは、法律で定められています。トラックを運転する前にトラックの形状・形状ごとの荷台寸法・法律をしっかりと確認し、安全を心掛けましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related