Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの積載量の計算方法を知っていますか。トラックの積載量を理解するのは意外に難しいです。車両総重量・車両重量・最大積載量など言葉の意味を理解する必要があります。そこで車両総重量・車両重量・最大積載量などの言葉の意味から計算方法まで詳しく説明します。

トラックの積載量とは?

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラック用語に何トンといった言い方があります。例えば、10トントラックの場合は、10トンまで荷物が積める、いわゆる積載量と勘違いをしている人がいます。確かに積載量の意味は荷物が積める量であることは間違いありません。

しかし、10トントラックだからといって10トンまで荷物が積めるわけではなく、トラックが安全に走行するために、車両総重量と車両重量などを加味して決められているのが積載量です。

トラックの形状

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

荷物を積んで走る車のことをトラックと呼びます。そのトラックには目的や用途によって、平ボディ・バンボディ・ウィングボディ・クレーン・テールゲートリフタなどの形状があります。次項からそれらのトラックの形状を説明していきます。

平ボディ

トラックの形状「平ボディ」とはトラックの運転席がある空間、いわゆる「キャブ」と呼ぶ部分と荷物が積める平らな荷台だけの構造をしています。このタイプのトラックは、荷台が平になっているので、クレーンなどの大きな荷物の積み降ろしには便利です。

しかし、走行中に直接雨や風が当たるため、精密機械などを運搬する時には、荷物を雨や風から守るために保護シートなどが必要です。

バンボディ

トラックの形状「バンボディ」とは、キャブと荷台にアルミで作られた四隅を囲った物が入れられる、箱型が乗せられた構造をしています。このタイプのトラックは、環境に左右されることなく、荷物を安心して運ぶことができます。

しかし、大きな荷物を積むことができなく、ダンボールに入った荷物を運びには便利です。またサイズが小さなのトラックには、冷凍・冷蔵の機能がついた箱型が乗せられたタイプがあります。

ウィングボディ

トラックの形状「ウィングボディ」とは、「バンボディ」と同じように、キャブと荷台にアルミで作られた四隅を囲った物が入れられる箱型が乗せられた構造をしています。大きな違いは箱型の左右パネルが開くことができることです。

荷台の後からしか、荷物の積み降ろしができないトラックと違って、左右サイドから荷物の積み降ろしができるのがメリットです。左右サイドのパネルが羽のように開けることから、ウィングと呼ばれています。

クレーン

トラックの形状「クレーン」とは、荷台に重い荷物の積み降ろしに便利なクレーンがついた構造をしています。別名ユニックとも呼ばれ、荷台の後部に3トンの荷物を対応できるクレーンが設置されたタイプと、0.8トン程度の荷物に対応した簡易タイプがあります。

また、クレーンと荷台が斜めに傾く、ハイジャッキと呼ばれているユニックもあります。

テールゲートリフタ

トラックの形状「テールゲートリフタ」とは、荷台の後の部分にエレベーターのように上下するゲートと呼ばれる装置がついているタイプです。ゲートに乗せて単に、垂直に上下するタイプとゲートが弓形のような動きをしながら上下するタイプに分かれます。

また、ゲートが荷台後部に格納される種類と、ゲートが荷台の床下に格納される種類があります。テールゲートリフタタイプのトラックは、重い荷物の積み降ろしにとても便利です。

トラックの最大積載量の計算方法

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの最大積載量の計算方法について解説します。トラックの最大積載量とは、積める荷物の最大の重さことで、トラックごとに決まっています。この決められた積載量よりも多く荷物を積んで走行した場合は法律違反になります。

トラックの最大積載量の計算方法は、(トラック総重量-トラック本体の重量)で求められます。最大積載量は、トラック本体の重量が軽いほどトラックに多くの荷物が積めることになります。

車両総重量との違い

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

最大積載量と車両総重量は何だかわかりにくいです。そこで最大積載量と車両総重量との違いについてお話します。

最大積載量はトラック荷台に積むことのできる荷物の最大重量、車両総重量はトラックのキャブ、荷台、荷台にある装備と乗車する人数X(法律で決められている55kg)+最大積載量になります。

車両総重量とは車両が荷物を最大に積んだ時の重量ということです。

最大積載量と車両総重量の違い

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

最大積載量は、車両に荷物をどれだけ積めるかを示した最大の重さ、すなわち、この量よりも多くの荷物を積むことが許されないということになります。一方で、車両総重量は、乗車人数を含めた、車両全体の重さに積めることが許される量、すなわち最大積載量まで荷物を積んだ状態の車両の重さのことです。

トラックの大きさ別・積載量4つ

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの大きさ別・積載量4つについて説明します。トラックは大きさ別によって大型トラック・中型トラック・小型トラック・トレーラに分かられます。次項から大型トラック・中型トラック・小型トラック・トレーラについて説明します。

1:大型トラック

積載量が10トンクラスのトラックを大型トラックと呼びます。車両総重量は11トン以上、最大積載量は6.5トン以上と定められているのが大型トラックです。大型トラックは道路運送車両法によりサイズが決まっています。

長さ「4.7メートル以上12メートル以下」、幅は「1.7メートル以上2.5メートル以下」、高さは「2メートル以上3.8メートル以下」です。ただし、道路管理者指定道路は4.1メートル以下です。

2:中型トラック

積載量が4トンクラスのトラックを中型トラックと呼びます。車両総重量5トン以内、最大積載量3トン以内と定められているのが中型トラックです。長さ「4.7メートル以内」幅は「1.7メートル以内」高さは「2メートル以内」です。

荷台のサイズにより、ロング・ショートロング・スーパーロングがあり、標準が「長さ7.6m・幅2.2m・高2.68」、スーパーロングが幅・高さは同じで、長さ9.6mになります。

3:小型トラック

エンジンの上にキャブがあるのが一般的な小型トラックです。車両総重量5トン以内、最大積載量2.0トンから2.9トンと定められているのが小型トラックです。小型トラックにも中型トラックと同じようにショート・ロング・ワイドロングと種類があります。

ショートは「長さ4.7m・幅1.7m程度」、ロングは「長さ6.0m・幅1.9m程度」、ワイドロングは「長さ6.0m・幅2.1m程度」になります。

4:トレーラ

車に引かれて荷物や貨物を運搬する車をトレーラと呼びます。トレーラには、・フルトレーラー・セミトレーラー・キャリアカー・タンクトレーラ・バルクトレーラ・コンテナトレーラなど、使う用途によりさまざま種類があります。

前輪のタイヤの中心から後輪のタイヤの中心までの距離により、総重量の制限値が変わり、8m以上9m未満は25トン、15.5m以上36トンと9段階あります。また、走行する道路により制限値が変わります。

トラックの積載量を減らすメリット

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの積載量を減らすメリットは、自動車税・自賠責保険の節約です。自動車税は最大積載量が多いほど税金が高くなるため、積載量を減らすことは自動車税が安くなり、また自賠責保険は最大積載量2トンを堺にして料金が変わります。

税金の金額が安くなる

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

最大積載量を減らすことは、自賠責保険のコストの削減ができます。トラックの最大積載量は、総重量を減らせば最大積載量が多くなり、税金が高く、逆に総重量を増えせば最大積載量が少なくなり、税金が安くなります。

トラックの積載量を減らすメリットしては、自動車税・自賠責保険の税金の金額が安くなることです。

車両の積載重量などの基礎知識は最低限もっておこう!

トラックの積載量の計算方法|トラック別の最大積載量4つ

トラックの最大積載量は車両総重量に関係していることがわかりました。また、トラックの種類により詳細に積載量が決まっていることを理解することができました。トラックを運転していうドライバーは、積載重量のことや税金の金額が安くなるなどの基礎知識は最低限知っておきましょう。

Related