Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック運転手がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

トラック運転手がきつい理由10個|向いている人の特徴3つ

学歴・職歴が不問でシニアでも活躍できるトラック運転手の仕事は転職先として密かな人気を集めていますが、一方では「きつい仕事」というイメージゆえに敬遠する人も少なくありません。この記事ではトラック運転手の仕事がきついと言われる理由について解説しています。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年10月10日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラック運転手はきついけど、向いている人の特徴に当てはまる人はトラックドライバーへ!

今回の記事をご覧になっている方の中には、トラック運転手がきついけどトラックドライバーとして働きたいという方がいらっしゃるかと思います。


トラック運転手として働くに向いている性格は我慢強かったり、集中力があり、単純作業が好きだったり、運転が好きな方に向いています。
また、長時間の運転が苦ではなく、体力がある人におすすめです。

ドライバーワークスではあなたに合う会社を紹介することができます。トラックドライバーに転職を考えてる方はぜひ自分に合う案件を探してみてください。

未経験者でもトラック運転手に!豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手がきついかどうかは会社ごとに異なる

トラック運転手は基本的に学歴や経歴が不問であり、なおかつシニアでも活躍できるため、転職先として密かな人気を集めています。

しかし、「トラック運転手の仕事はきつい」というイメージが根強いのもまた事実です。トラック運転手の仕事がきついかどうかは勤め先のトラック会社によって異なっているのが実情であり、ブラックなトラック会社や人手不足の激しいところでは、一人のトラック運転手にかかる負担が大きくなります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手がきつい理由10個

ホワイトな労働環境のトラック会社ではトラック運転手は快適に仕事をすることができますが、そのようなケースは必ずしも多くありません。

トラック業界は昨今のネット通販利用件数の激増により慢性的な人手不足にあり、トラック運転手にかかる負担が年々増加し、きつい状態へと追い込まれているのは紛れもない事実です。

ここからは、なぜトラック運転手の仕事がきついと言われるのか、その理由について解説していきます。

理由1:勤務時間が不規則

トラック運転手の仕事がきついと言われる理由としてまず挙げられるのが、勤務時間が不規則であるということです。

短距離のトラック運転手ならばさほど不規則ではありませんが、長距離でなおかつ大型のトラック運転手の場合は勤務時間が不規則なことが多く、また朝出社して夕方に帰宅することができず、数日間も拘束された状態が続きます。

そのため、体力的にかなりきついというのが実情でしょう。

理由2:出勤時間が荷物や到着地によって変わる

出勤時間が荷物や到着地によって変わるということも、トラック運転手の仕事がきついと言われる理由として挙げられるでしょう。

常に同じ物品を同じ納品地に運ぶというのはかなり稀なケースであり、多くのトラック運転手は複数の荷物を異なる納品先に運ばねばならないため、距離も納品時間もさまざまですし、それによって出勤時間や退社時間も大きく変わってきます。

このことも、トラック運転手の仕事がきついとされる所以です。

理由3:待機時間が長い

トラック運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつに、待機時間が長いということも含まれるでしょう。

納品先に到着しても、複数のトラックが納品のために順番待ちをしていることも多く、毎回待機時間として数時間も無駄に使わざるを得ないというトラック運転手も少なくありません。

昨今のトラック業界の取り組みによって待機時間のカットが目指されているものの、現場にさほど変化はなく、依然としてきつい状態が続いています。

理由4:決まった時間に睡眠が取れない

決まった時間に睡眠が取れないということも、トラック運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつです。

運ぶ荷物や納品先の都合によって出社・退社の時間は日によって変わってきますし、特に長距離トラック運転手の場合にはトラックの中で寝泊まりすることも多いため、決まった時間に睡眠がとれず、生活リズムが崩れてしまいがちです。

中には不眠になってしまい、体力的にも精神的にもきつい思いをする人もいます。

理由5:手積み手下ろしが大変

トラック運転手の仕事がきつい理由のひとつが、手積み手降ろしの作業が大変であるということです。

荷物をトラックに乗せ、目的地に到着後に納品する際にも荷物を手づから運ばねばならないことも多く、その重さや数はかなりのものになるため、体力的にかなりきつい思いをすることでしょう。

しかも、このようなハードな作業が毎日続くことも珍しくありません。

理由6:車が大きくなるほど気を使う

トラックが大型になればなるほど運転時に気を遣わねばならないということも、トラック運転手の仕事がきついと言われる理由として挙げられるでしょう。

トラックの車体が大きければ大きいほど操縦が難しくなるものですし、特に右左折時には巻き込みや衝突事故のリスクも大きくなるため、運転中に常に気を張っていなければなりません。

そのため、トラック運転手はなかなかに精神的にきつい仕事だと言えるでしょう。

理由7:連続勤務になることもある

トラック運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつに、連続勤務になるからということも含まれるでしょう。

とりわけ長距離トラック運転手の場合は、3日間ほど拘束されることも少なくありませんし、短距離トラック運転手であっても朝から晩までの勤務が連日続くこともよくあります。

今はどのトラック会社も深刻な人手不足にあえいでいるので、どうしても一人のトラック運転手にかかる負担が大きくなってしまいがちです。

Bottom banner

理由8:体力勝負なところがある

体力勝負な面があるというのも、トラック運転手の仕事がきついと言われる理由のひとつでしょう。

大型になればなるほど、トラックを運転するには体力が必要になりますし、また荷物の積み下ろしの作業ではかなりの腕力が必要となるため、どうしても体が疲れやすくなってしまいます。

ただでさえきつい仕事なのに、連日の勤務になると心も体もへとへとに疲れ果ててしまうことでしょう。

理由9:長距離の場合は仮眠しか取れない

トラック運転手の仕事がきつい理由のひとつとして挙げられるのが、仮眠しか取れない場合があるということです。

長距離トラック運転手の場合だと数日間連続勤務をすることになりますが、その間にホテルできちんと睡眠をとることは不可能であり、多くの場合温泉施設や高速のインターなどで仮眠を取ることになります。

体力も気力も多くを消費する仕事なのに、仮眠しか取れない状態で運転をせざるを得ないため、きついの一言です。

理由10:同じ姿勢で運転し続けねばならない

同じ姿勢で長時間トラックの運転をしなければならないということも、トラック運転手の仕事がきついと言われる理由として挙げられるでしょう。

トラック運転手は就業時間のほとんどを、同じ姿勢でトラックの運転をして過ごすため、どうしても体のあちこちに痛みを感じやすくなってしまいます。

同じ姿勢で運転し続けていることが原因で、慢性的な肩こりや腰痛に悩まされているトラック運転手も少なくありません。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手に向いている人の特徴3つ

以上で見たように、トラック運転手の仕事はなかなかハードだと言えるでしょう。体力勝負なところが多いだけでなく、常に運転をして過ごすので事故に遭う確率も高くなり、常に気を張って安全運転をせねばならないため、精神的にも疲れてしまいがちです。

ですが、そんなトラック運転手の仕事であっても、適性があれば楽しくこなすことができます。

ここからはトラック運転手に向いている人の特徴をご紹介していきます。

特徴1:長時間の運転が苦ではない

トラック運転手に向いている人の特徴としてまず挙げられるのが、長時間の運転が苦でないということです。

トラック運転手は朝から晩まで毎日トラックを運転して過ごすため、もともと車を運転するのが好きな人にとっては、まさに天職と言えるでしょう。

反対に、車の運転が嫌いな人や苦手な人はトラック運転手の仕事は苦でしかありません。

特徴2:体を動かすのが好き

体を動かすのが好きであるということも、トラック運転手の仕事に向いている人の特徴として挙げられるでしょう。

トラック運転手の仕事はただトラックを運転するだけでなく、荷物の積み下ろしも行わねばならないため腕力が必要になってきますが、体を動かしたり鍛えることが好きな人であるならば、難なくこなすことができるはずです。

特徴3:体力がある

トラック運転手の仕事に向いている人の特徴として、体力があるということも重要です。

トラック運転手は朝から晩までトラックを運転するというとてもハードな仕事ですし、睡眠時間が不規則になりがちなので、長く仕事を続けるためには体力があることが必須となってきます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手がきつい理由を一通り把握しましょう

今回はトラック運転手がきつい理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。トラック運転手の仕事は主に体力面できついと言えますが、車を運転するのが好きな人や、一つの職場に長時間い続けるのが苦手な人、あるいは一人で黙々と仕事をするのが好きな人には天職とも言えます。

トラック運転手の仕事がきつい理由を理解し、自分に向いているかどうかをよく見極めた上で、トラック業界への就職・転職をしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運転手はきついけど、向いている人の特徴に当てはまる人はトラックドライバーへ!

今回の記事をご覧になっている方の中には、トラック運転手がきついけどトラックドライバーとして働きたいという方がいらっしゃるかと思います。



トラック運転手として働くに向いている性格は我慢強かったり、集中力があり、単純作業が好きだったり、運転が好きな方に向いています。
また、長時間の運転が苦ではなく、体力がある人におすすめです。

ドライバーワークスではあなたに合う会社を紹介することができます。トラックドライバーに転職を考えてる方はぜひ自分に合う案件を探してみてください。

未経験者でもトラック運転手に!豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人