Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックのシャーシとは?|シャーシ状態で売る理由2つ

トラックのシャーシとは?|シャーシ状態で売る理由2つ

トラックは、シャーシとボディの組合せで構成されていて、前方のキャビンと後方のシャーシの上の架装は別々に作成されているのが一般的です。シャーシとボディを一緒に作成する乗用車なとどは違った車両といえます。本記事では、トラックの要であるシャーシをご紹介します。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年10月11日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


現在転職活動中で転職先にトラックドライバーを考えている方は、ぜひドライバーワークスへ!


今回の記事では、普段車に接していてもあまり聞きなれない「シーシャ」について説明していきました。
遊び心になるような知識をつけておくことは時に自分を楽しくドライブをさせてくれることでしょう。

そこで、現在この記事を閲覧中の方の中には転職先の一つとしてトラックドライバーを検討している方がいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み平均年齢が30代後半から40代前半です。また、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

シャーシとは

みなさんは、シャーシという言葉をご存知でしょうか?意味がわかったり、使用したりしますか。プラモデルなどを作成したことがある方にはなじみが深い言葉ですが、一般的に使用されていない言葉に分類されるでしょう。

シャーシとは実はフランス語で、日本語では骨格とか枠組みを意味し、英語ではフレームに該当する言葉になります。今回は、シャーシという言葉を使用する自動車、主にトラックにスポットを当てご紹介します。

トラックはフレーム構造が主流

トラックにおけるシャーシは、ボディと呼ぶ上側に対し、土台の骨格を成す下側部分をさします。自動車のプラモデルを作成した場合に、最後にボディをはめ込みますが、このボディをはめ込む前の姿がシャーシです。

トラックでも土台をシャーシと呼びますが、別名のフレームが要となり、この構造によってさまざまなスタイルのトラックが作成されています。このように、トラックはフレーム構造によりシャーシができあがります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラックはシャーシとボディでできている

トラックのフレーム構造は重要な役割をもちます。それは、このフレームで構成されたシャーシを土台にいろいろな形のボディを載せているからです。トラックはシャーシをボディを載せた組合せでできています。

以前は普通乗用車などもフレーム構造でしたが、現在では一部のSUVなど少数となり、主流はモノコック構造となっています。シャーシのフレーム構造はトラックのためと言っても過言ではなさそうです。

1:シャーシの構造

トラックのシャーシは、全幅に該当する縦の左右のフレームに横向きのフレームを組み合わせたものになります。この組み合わせがはしごのように見えますので、ラダーフレームと呼ばれたりします。

このフレームの前方には運転席や助手席やコクピットがあるキャビンを乗っけます。キャブの前にエンジンがあるボンネット型や、キャブの下にエンジンがあるキャブオーバー型でエンジンを配置後、トランスミッションなどを配置します。

2:フレームは重要

さらに、フレームの下部には、サスペンションやタイヤといった走行には欠かせない駆動構造が配置されます。

すべての躯体としての構造やパーツは、シャーシのフレームに取り付けられています。このように、フレームはトラック特有ではありますが、屋台骨となるとても重要な構造です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

いろいろな架装シャーシ

トラックのフレームの前方にはキャビンが乗っていますが、後方はさまざまな形態の架装が施されます。この架装されたシャーシを特装車と呼ぶこともあります。ここからは、その架装されたシャーシをご紹介していきます。

1:タンクローリー

タンクローリー車とは、主に石油やガスを運搬するための特殊用途自動車で、固体・液体・気体を運ぶ貨物自動車のことをいいます。石油などは消防法で危険物の運搬となり種々の制限があります。

トラックのシャーシに架装するタンクローリーは、トレーラータイプの大きな車両は該当になりません。実際に該当する車両としましては、戸建て住宅に灯油を配達にくるときのタンクローリーなどがそうです。

2:ダンプカー

ダンプカーとは、荷台を斜めに傾けて積んである荷物を下ろすことができる装置が装備されたトラックのことをいい、土や石などを運搬することが多い車両になります。傾け方は後方のタイプが一般的ですが、左右に傾くタイプもあります。

ダンプカーは、軽自動車から最大積載量11トンまでと大きさにはいろいろな種類があり、基本シャーシに荷台を架装することで作成されます。

3:ミキサー車

ミキサー車とは、荷台部分に回転が可能な円筒形のミキシングドラムを装備した貨物自動車をいいます。ミキサー車を生コン車と呼ぶことからもわかりますように、生コンクリートを運搬する車両になります。

ミキサー車もシャーシに架装して作成されますが、運搬するための生コンクリートを投入する部分やコンクリートが固まらないように回転しながら走行する装置や現場でコンクリートをおろすための部品と特殊です。

4:冷凍冷蔵車

Bottom banner

冷凍冷蔵車とは、トラックの荷台が箱型の冷蔵庫を装備した車両になります。-5℃の主にお弁当や植物などを運搬する中温に設定した中温車と-30℃の主に冷凍食品や魚などを運搬する低温に設定した低温車があります。

冷凍冷蔵車は、シャーシに冷却装置や断熱装置が架装されたトラックです。乗用車などにも装備されているクーラーシステムが荷台の冷蔵・冷凍庫に装備されており温度を下げています。

5:現金輸送車

現金輸送車とは、その名のとおり、現金を輸送するための車両で、万全を期して通常の車両よりも頑丈なつくりになっているものをいいます。

現金輸送車は、シャーシの上の荷台に金庫が架装されています。さらに、万が一のためのセキュリティシステムが装着されているのが特徴です。見た目から現金輸送車とわかるため、乗車するドライバーなどの警備員も防犯グッズを身につけています。

6:霊柩車

霊柩車とは、葬送においてご遺体を搬送するための車両をいいます。ご遺体を棺に納め搬送することから、棺が収まる長さが必要となります。車両の後ろの部分を改造した車両が一般的です。

トラックシャーシを架装したバリエーションを紹介していますが、現在の霊柩車は国内外高級セダン(フーガやキャディラックなど)やステーションワゴン(クラウンエステートなど)が主流で、トラックをベースにした車両は決して多くありません。

7:馬運車

馬運車とは、名前のとおり、競走馬や競技馬などの馬を輸送する車両のことで、馬の大きさから想像できるように、全長が長い車両をいいます。1度に複数頭を輸送できるスペースを確保している車両が多いため、トラックやバスをベースにしたりして架装されています。

8:塵芥車

塵芥(じんかい)車とは、ごみ収集車と呼ばれる車両で、ごみ集積場から処分施設まで運搬する業務車のことをいいます。シャーシに回転しながらごみを押し込み、プレス機能によりごみを小さく圧縮しながら蓄積していく機能を有しています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

シャーシの状態でトラックを売る理由

ご紹介しましたように、トラックのシャーシはいろいろな形へと架装されます。量販が確保できる定型的な形は別として、特殊な架装トラックは、専門の業者が架装を行うケースがほとんどです。

このことから、量販的な箱型トラックを作成したとしても、特装車の作成では、折角の箱を外し、目的の架装をしていくことになります。そうすることで、最初からカスタマイズしやすく、シャーシの状態でトラックを販売することができます。

1:用途に合わせられる

素の状態のシャーシには、さまざまな架装を自由に組み合わせられますので、用途に合わせたカスタマイズが可能となります。一般的には、シャーシなどの骨格は車両作成メーカーが、シャーシにのせる架装部分は、それぞれの特殊メーカーが作成するのが一般的です。

餅は餅屋で、タンクローリーを専門に作成する業者、塵芥車を専門に作成する業者が存在します。この際、不必要なパーツがシャーシについている必要が全くありません。

2:取り外しができる

今回ご紹介しました車両は、トラックのシャーシにいろいろな架装を施すことによって完成します。あくまでも、シャーシの上に架装しますので、架装部分は取り外しが可能です。とはいいましても、簡単に取り外しできるわけではありませんが、一体ではないということになります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

シャーシこそがトラックの本体!

見た目は、さまざまな形がしている特殊車両であっても部品を取り外していくと、案外同じ基本躯体となっています。

以上ご紹介しましたとおり、トラックにおけるフレームや骨格であるシャーシは、車両の要であり本体そのものといえます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

現在転職活動中で転職先にトラックドライバーを考えている方は、ぜひドライバーワークスへ!


今回の記事では、普段車に接していてもあまり聞きなれない「シーシャ」について説明していきました。
遊び心になるような知識をつけておくことは時に自分を楽しくドライブをさせてくれることでしょう。

そこで、現在この記事を閲覧中の方の中には転職先の一つとしてトラックドライバーを検討している方がいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み平均年齢が30代後半から40代前半です。また、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

また、ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人