Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラックの運転手は歩合制の会社が多く、働けば働くほどに手当がつくという魅力あり仕事です。トラックの運転手と言っても仕事内容はさまざまで、乗る車両のタイプによって仕事内容が大きく変わります。トラック運転手として働く条件や、必要になるスキルなどを紹介します。

トラック運転手とは?

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラック運転手はさまざまな仕事によって、日本の物流を支えています。

荷揚げ場所からトラックの荷台に荷物を乗せて、荷卸し場所まで荷物を運び、それらの運び出しまでがトラック運転手の仕事です。運ぶ荷物の種類はさまざまで、宅配便や危険物に指定されているガソリンなど、その数は多様に及びます。

必要に応じた各種トラックで全国を走り回ることで、トラックの運転手は日本の物流を支えています。

トラック運転手の種類

トラックの運転手の仕事は、大きく分けて5つあります。

トラック運転手はさまざまなトラックを運転するほか、運ぶ荷物の種類も多様で宅配物やガソリン、食材、木材、薬品など多岐にわたります。

トラックの大きさにより運ぶ荷物や移動距離なども変わり、トラック運転手は主に、大型トラック運転手、中型トラック運転手、小型トラック運転手、宅配運転手、トレーラー運転手の5つに分類されています。

トラック運転手の業務内容

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラックの運転手の業務内容は、トラックの種類によって異なります。

大型トラックでは高速道路を含めた長距離走行が多く、小型トラックは集配所から集配所へのルート配送がメインになり比較的近距離の走行になります。

このように同じトラック運転手といっても、トラックの種類によって走行距離やルート、運ぶ荷物に違いがあります。

トラック運転手に求められる能力

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラック運転手に求められる能力として一番大切なことは、運転が好きであることが挙げられます。運転が好きで長距離運転が苦にならず、運転を楽しんでできるということが大切です。

また、トラックの運転手は責任感が求められる仕事なので、自己管理能力が高く責任感が強いことが条件に当てはまります。運転だけに限らず荷物を運んで積むという作業もあり、体力と根性も必要とされます。

トラック運転手のボーナス事情4つ

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラック運転手は一般企業とは異なり、ボーナス制度はなく歩合制で支払われる企業が多いのが特徴です。

ボーナスや歩合制の内容は、契約内容や企業によって異なることがありますが、ほとんどの企業がボーナスとして支給をしないケースが特徴です。トラックの種類別で見たボーナスの違いを以下にまとめたので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:長距離トラック運転手

ほとんどの長距離トラック運転手は歩合制による給与体系です。

長距離トラック運転手は一度勤務についたら一週間程度勤務が続くことがあり、勤務時間は不規則になりがちで体力を要する仕事になります。そのため、年収で見ると他のトラック運転手より高めの傾向があります。

しかし、前述したようにトラックの運転手は歩合制であることが多いです。その一方で、長距離の移動となると手当が増えることもあります。

2:大型トラック運転手

大型トラック運転手はボーナスが支給されるケースも珍しくありません。

大型トラック運転手は自宅や会社に荷物を配達したり、引越の荷物を運ぶため、小さな荷物から大きな荷物まで運ぶ仕事をしています。

これらの大型トラック運転手は、給与の他にボーナスが支給される場合が多くあります。しかし、会社の規模によって賞与やボーナスの額が変わるため、事前に確認しておきましょう。

3:普通・小型のトラック運転手

2016年2月18日に公表されている総務省統計局政府統計の総合窓口で見る日本によると普通、小型トラックの運転手は、10名以上の会社で27.01万円、10名~99名の会社で17.09万円、100名~999名の会社で20.01万円、1000名以上の会社では43.05万円が、ボーナスの平均金額です。

このことから普通、小型トラックの運転手は、ボーナスが支給されている可能性が高いと言えます。

4:男女での違い

男女でボーナスの支給額が異なるとは言えません。

トラック運転手のボーナスについては前述したように、規模の大きさ、勤務形態、車両のタイプなどでボーナスの有無が変わります。そのため男女での違いではなく、会社の規模や勤務形態でボーナスの違いがあります。

ボーナスと歩合制の関係

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラックの運転手にボーナスが支給されるケースが少ない要因として、歩合制であることが挙げられます。

歩合制とは、働いたら働いた分だけ給与が高くなる給与方式です。そのため、ボーナスをもらわなくても高い給与を貰えるので、トラック運転手を雇用する会社は、ボーナスを支給するのではなく歩合制を採用している企業が多いのが特徴です。

歩合制とは

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

そもそも歩合制とは何なのかいまいちわからない方のために、歩合制について説明します。

歩合制とは、一般的に個人や会社の売り上げや業績などを考慮して算定されます。歩合制の場合は固定給に加算して支払われるため、働いたら働いた分だけ給与が高くなる給与方式です。

そのため、ボーナスをもらわなくても高い給料をもらえる見込みが高いので、収入が増えるというメリットがあります。

昇給について

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

トラックの運転手は、他業種と比較して初任給が高い傾向にある一方で、勤続年数が長く続いても、大幅な昇給は期待ができないと言われています。

経験年数が少なくても体力のある若い運転手は仕事量をこなせることから、給料も多くなります。逆に勤続年数が長いと年齢を重ねていくので体力も落ち、こなせる仕事量が減ってきてしまいます。このことから、基本給が上がりにくいことが考えられます。

トラック運転手の世代別平均年収

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

前述ではトラックの運転手は初任給が高く、給与が上がりにくいということが分かりました。

年齢の推移でみる年収の変動はさほど大きくありませんが、年齢別でみると大きな変化があることが分かります。

このことから長く続くけることで、安定した年収を稼げます。

1:20代の平均年収

トラックの運転手の20代の平均年収は20歳から24歳で272.3万円、月額給与は14万円で支給されるボーナスは56万円です。

また、25歳から29歳の平均年収は229万円から279万円となり、月額給与では17.4万円で支給されるボーナスは69.8万円と言われています。

20代でも安定した生活が送れる高い年収と考えられます。

2:30代の平均年収

トラックの運転手の平均年収は30歳から34歳で206.5万円から306.5万円となり、月額給与では19.2万円で支給されるボーナスは76.6万円です。

35歳から39歳で245.8万円となり、月額給与で21.9万円で支給されるボーナスは87.4万円とされています。

30代の平均年収より低いとされており、安定した生活を送ることが難しいと言われています。

3:40代の平均年収

40代は270万円から440万と、年収の差が広がります。

トラックの運転手の平均年収は40歳から44歳で272万円から393万円になり、月額給与では24.6万円で支給されるボーナスは98.3万円になります。45歳から50歳で318.2万円から440.2万円になり、月額給与で27.5万円で支給されるボーナスは110万円になります。

4:50代の平均年収

50代後半は前半と比べて年収が下がる傾向にあります。

トラックの運転手の平均年収は50歳から54歳で361.6万円から471.6万円になり、月額給与では29.5万円で支給されるボーナスは117.9万円になります。

55歳から59歳で357.7万円から467.7万円になり、月額給与で19.2万円で支給されるボーナスは116.9万円になります。

ボーナスも魅力!トラック運転手は稼ぎやすい仕事

トラック運転手のボーナス事情4つ|世代別平均年収は?

学歴関係なく高収入が期待できるお仕事です。

トラック運転手は大卒で一般企業に就職した人の初年度の年収より、ずっと良い年収を得ています。ボーナスは支給されるケースが少ない業界ですが、普通、小型トラックの運転手の場合はボーナスを支給している企業が多いのが特徴です。

主に、トラックの運転手は歩合制の会社が多く走行距離などで手当てが付きます。長距離を走ればその分手当がつくので、稼ぎやすい仕事です。

Related