Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

腰痛はトラック運転手の職業病と言われており、生活を守るためにも腰痛対策が必要になっています。今回紹介しているトラック運転手の腰痛対策を参考に、自分に合う対策を組み合わせていきましょう。腰痛にならないよう注意することがトラック運転手には必要です。

トラック運転手と腰痛の関係性とは

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手は腰痛になりやすい職業です。トラックの運転中は同じ姿勢で座っている時間が長く、長距離運転では長い時間運転を続けることになります。

運転中は特定の筋肉が緊張している状態が続き、腰の奥の大腰筋というインナーマッスルが緊張してしまい、腰痛の原因のひとつになるため対策が必要です。また、荷物の積み下ろしもトラック運転手の腰に負担をかけてしまうため腰痛の多い職業といえます。

座り続けることが腰痛の原因となる

トラック運転手は座り続けることで腰の筋肉が緊張し、こわばってしまうことが腰痛の原因になります。腰痛にならないためには、座り方を変えるなどの対策が有効です。座って前傾になっている姿勢は、特に腰に負担をかけてしまいます。

トラック運転手が腰痛を防ぐには座ったまま前傾姿勢にならないように注意することが必要で、首と背骨をまっすぐ伸ばして猫背にならないような対策をして運転します。

腰痛になるとトラック運転の死活問題になることも

トラック運転手は長時間の運転業務による腰の筋肉への負担増や、荷物の積み下ろしによる直接的な負担など、腰に負担がかかることが多い職業です。

腰痛持ちになると運転自体に支障が出てしまううえに、トラックに積み下ろしをする際の作業に支障が出てしまいます。そして、最悪の場合はトラック運転手としての職を続けられなくなります。したがって、腰痛を防ぐために日ごろのケアと対策が必要です。

トラック運転手の腰痛対策9選

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手の効果的な腰痛予防の方法や対策などを、いくつか選んで詳しく紹介します。ここで紹介した腰痛対策以外にも、トラック運転手の効果的な腰痛対策として、ストレッチで筋肉や関節を柔らかくして血流を改善するのも有効な対策です。

さらに、サポートグッズを使うことで腰痛の軽減を図れます。その用具としては後ほど製品を紹介するため参考にしてください。

対策1:休憩時に歩いてみる

トラック運転手の腰痛対策として、手ごろにすぐできるのが休憩中に歩くことです。ウォーキングをすることでの腰痛対策には特別な道具も必要なく、すぐに始めることができるおすすめの対策です。

トラック運転手は業務時間のほとんどを運転席で座っています。足を使わないため筋肉の衰えにより腰痛になりやすくなるので、普段から少しでも歩く習慣を持つことが必要です。腰痛対策としては、徐々に長く歩くようにしていきましょう。

対策2:整体や接骨院に行ってみる

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手は腰痛予防と対策が必要ですが、腰の痛みが続き、痛みが激しい時はヘルニアや脊柱狭窄症ほかの疾患の可能性があるため、病院で医師の診断を受けることが必要です。

腰痛はトラック運転手の職業病とも言えるので、その痛みの軽減や治療には整体や接骨院に行ってみることも対策としておすすめです。腰痛に対しては病院の整形外科よりも軽減対策になることが多いのですが、保険適用外で費用がかさむのが弱点です。

対策3:休憩はベッドで横になる

休憩時間が長いときには積極的にベッドで横になることが腰痛対策として有効です。大型トラックでは座席後部にある仮眠用のスペースで、横になって体を伸ばすようにします。

後部の仮眠用スペースはマットが固く腰に負担がかかるため、トラック用の車中泊マットレスを使用するのが望ましいです。ただし、あくまでも仮眠スペースなので寝返りも打ちにくく、腰に痛みのある方には車中泊よりドライブインのベッドの利用がおすすめです。

対策4:ハンドルに足を乗せない

休憩時間にトラック運転手がハンドルに足を乗せて休んでいる場面を見ます。この姿勢は足を高くあげられるため、うっ血した足から血液を戻すことができるので楽な姿勢と思われています。

しかし、この姿勢では体を延ばすことができず、背を丸めた姿勢になり腰への負担が大きくなるため、腰痛持ちのドライバーにはおすすめできません。また、長い時間足を上に上げていると、今度は血液循環が悪くなってしまいます。

対策5:荷物の積み下ろしに注意する

腰痛持ちではないトラック運転手でも荷物の積み下ろしに注意する対策が必要です。荷物を運搬する業務中は、急に力を入れることや体をひねったりすることは避けます。

中腰の状態で荷物を持ち上げず、膝を曲げてしゃがんでから荷物に手をかけて、全身を使って持ち上げることが腰痛対策としておすすめです。体の向きを変えるときには、動作しながらではなく荷物を持って立ち上がってから向きを変えるのも腰痛防止対策として必要です。

対策6:コルセットを用意する

腰痛が出てしまったらコルセットを着用して、腰をサポートして業務を行うことがトラック運転手におすすめの対策です。コルセットを付け続けるのが気になる方は、重い荷物を持つときや、長時間の運転が続く時につけておくと腰の痛みが楽になるため腰痛対策におすすめです。

コルセットは腰の筋肉の代わりをしてくれて腰痛対策になりますが、たよりすぎると筋肉が衰えて腰痛を悪化させることにもなるため必要な時に使うのがよいです。

対策7:休憩時には湯船に浸かる

トラック運転手でなくとも、腰痛や腕の疲れをやわらげる手軽な対策として入浴があります。入浴することで全身の血行を良くして痛みの物質や疲労物質を流して痛みやこりが良くなります。

湯船の中に入ることで浮力が生じ浮き上がり、全身の筋肉や関節の緊張がほぐれて腰も楽になります。入浴の際に足を伸ばして首までお湯につかることがおすすめです。お湯にゆっくりとつかることで血流改善やリラックス効果が得られます。

対策8:睡眠を十分にとる

トラック運転手の腰痛対策として睡眠を十分にとることも必要です。そのためには睡眠習慣をよくすることが大事です。睡眠時に仰向けで足を伸ばして寝る姿勢では、自然な脊髄カーブが崩れるため、腰に負担をかけてしまいます。

横を向いて少し膝を曲げて丸まった姿勢をとると、腰への負担が軽減されて腰痛対策になりますが、個人差があるため痛みが少ない姿勢を自分で試すことが大切です。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

対策9:休みの日に筋トレをする

トラック運転手の腰痛対策として休みの日に筋トレをするのはおすすめの腰痛対策です。特に足の筋肉を中心に鍛えるスクワットは腰痛予防対策に有効です。

スクワットは足の筋肉だけではなく、体幹の筋肉も鍛えられるため腰痛の予防対策になりますが、スクワットは正しく行うことが大切です。背筋を伸ばし胸も張り体幹を意識しながら行います。スクワットは少しの場所があればよいため、トラック運転手には向いた筋トレと言えます。

トラック運転手に人気の腰痛対策グッズ4選

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手に人気の腰痛対策グッズを4つ紹介します。ボディドクターザ・シートはシート下に引いて血行を悪くしないようにできる製品です。また、ヘルスケア座布団は低反発ウレタンにより体圧の負担を減らすとともに姿勢矯正もできる製品です。

ほかにもランバーサポートはアーチ型設計のクッションで、レカロシートはトラック運転手の運転姿勢をしっかり支えてくれる腰痛防止のドライブシートです。

グッズ1:ボディドクター ザ・シート

ボディドクターのザ・シートはグローバル産業製の中身が100%天然ラテックス製のボディシートで、優れた体圧分散効果により毛細血管が圧縮されるのを防ぎます。血行が悪くなるのを防ぐことで、腰の疲労を抑えて痛みやしびれがおきないようにできる製品です。

仕事やレジャーによる疲れや腰の痛みから解放でき、トラックの運転席だけでなくオフィスの椅子や飛行機の座席でも使えます。

車の座布団として使っています。
薄いけど十分な効果がありました。
舗装の悪い道路を走っても振動が軽減してお尻が痛くなくなり、腰の疲れが減りました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%8... |

グッズ2:ヘルスケア座布団

ヘルスケア座布団は、人体力学に基づいた作りで低反発ウレタンにより、体重の圧力を吸収してくれます。臀部を包み込むように保持してくれ、クッションが外側から臀部を支え圧力を分散して緩和してくれます。

特に尾てい骨の負担を軽減し、腰やお尻への負担も少なくなり、姿勢矯正になることから腰痛を防止してくれます。

金のペンギンのロゴが可愛いし、長時間座っていても疲れにくい‼︎
沈み過ぎず、固すぎない座り心地で今のところお尻が痛くなったことはないです。
敏感肌だし、メッシュの生地だからチクチクするのかな?と思いきやそんなに気になりませんでした。
肌が過敏になっているときは、薄いタオルを敷けば問題無しです。
夏場はムレやすいですが、メッシュなので使わないときは風通しの良いところに置いとくだけでいいですね‼︎
頻繁に洗う手間が省けて楽チン‼︎
持ち運び用のバッグがついているのも好印象!
重量は軽くはないですが、重くもないです。
軽すぎると型崩れしやすかったりするのできっと丁度いい重さなのでしょう。
座り心地があまり良くない車椅子でもこれなら快適なんじゃないかと思うので、祖母にも勧めてみようと思います。
総合的に見て星5つです‼︎

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%8... |

グッズ3:ランバーサポート

ランバーサポートは人間工学に基づいたアーチ型設計のクッションで、腰や背中のカーブにフィットするため、腰や背中への負担を軽減して腰痛を防ぎます。

高品質の低反発性の腰クッションで、普通の腰クッションより長く大きめサイズになっているために、広範囲の負担減を実現しています。

仕事でイスに座りっぱなしなので、背もたれと腰の間の「空き」が腰への負担となっていました。
腰痛予防のためクッションの購入を検討していたところ、こちらの商品にたどり着きました!
手触り良く、適度な硬さで使い心地は抜群です。
背中、腰をしっかり支えてくれて、楽な姿勢になれるのですごく使いやすいです。
おかげで腰も痛くならずに仕事できてます♪

出典: https://www.amazon.co.jp/dp/B01CJJI204?aaxitk=mxmWCwAdrUT... |

グッズ4:レカロシート

レカロシートは運転席の高級シートで、既製品のドライビングシートと交換することで運転中のトラック運転手の姿勢をしっかりサポートしてくれます。姿勢をサポートすることで、安定した運転姿勢を取り続けられるため腰痛を防げます。

座面サイドサポートが低くなっているので非常に乗り降りしやすい。
街のリメインだと、こちらの方が良いと思う。
クッションも、硬くもなく柔らかくもなく程よい。流石RECAROだ。

出典: https://www.amazon.co.jp/Recaro-%E3%83%AC%E3%82%AB%E3%83%... |

腰痛対策を怠らず快適なトラック運転を目指そう!

トラック運転手の腰痛対策9選|おすすめのグッズ4選

トラック運転手に限らず腰痛は生活の幅を狭めてしまう厄介な症状です。しかもトラック運転手であれば、日常の業務である運転に支障が出てしまいます。

さらに、貨物を運搬する仕事のために運べる荷物に制限が出ることで正常な業務を遂行するのが厳しくなります。腰痛対策を行ってトラック運転を快適にできるようにしていきましょう。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related