Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

運搬トラックの特徴・運搬費・積算基準・寸法・はみ出し違反範囲

運搬トラックの特徴・運搬費・積算基準・寸法・はみ出し違反範囲

運搬トラックは、運搬する荷物によりさまざまな種類があります。それぞれの運搬する荷物についてどのような特徴の違いがあるのでしょうか。この記事では、運搬トラックの特徴・運搬費・積算基準・寸法・はみ出し違反範囲について紹介します。

初回公開日:2018年07月02日

更新日:2019年10月11日

記事に記載されている内容は2018年07月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職活動中の候補にトラックドライバーを考えている方はドライバーワークスへ!


種類別運送トラックの特徴として今回の記事では説明をしました。中には木材や危険物、家畜や土砂、生コンクリートを運ぶ車があります。


トラックについて詳しい知識をすることで働きやすい環境に居れるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み平均年齢が30代後半から40代前半です。また、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます

転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

種類別運搬トラックの特徴は?

種類別運搬トラックの特徴は、運搬する荷物によってさまざまな特徴があります。それぞれの特徴により、運搬トラックも構造が違っています。

ここでは、種類別運搬トラックの特徴を「木材」「危険物」「家畜」にわけて、それぞれ説明します。

木材は?

木材を運ぶのに適したトラックは木材運搬車です。荷台が広く木材の落下防止用のポールが立っています。荷台にクレーンがついていてクレーンを使用して木材を荷台に積み込みます。

木材運搬車の中には、荷台にクレーンがついていないタイプもあります。その場合はクレーンのついたグラップル車を積み込みように使用します。

木材運搬車を新車で購入する場合は、トラックと荷台を別々に購入する必要があります。トラックの車種としては、三菱ふそうのファイター、日野のフロティア、いすゞのギガなどがあります。荷台を購入する架装メーカーには、株式会社浜名ワークス、株式会社喜多村製作所、山本車体工業株式会社などがあります。

木材運搬車が何らかの事情により導入できない場合は、荷台の深い深ダンプで代用できる場合もあります。

危険物は?

危険物は、消防法で定められた容器に定められた方法で危険物を入れないと運搬できません。危険物の積み下ろしのときに、指定数量を超える場合には危険物取扱者の立会いが必要ですが、危険物を移し変えたあとに運搬するのは、危険物取扱者ではなくとも構いません。

タンクトローリーは?

危険物の運搬というとタンクトローリーをイメージする人が多いですが、タンクトローリーで危険物を運ぶ「運搬」でなく「移送」です。

タンクトローリーで危険物を移送する場合は、規定数量以上で消防法の規制を受けます。これに対して一般のトラックでは、タンクローリーよりも危険性を伴うので、指定数量以下でも消防法の規制を受けます。

他にタンクトローリーで危険物を移送するのと、一般のトラックで危険物を運搬する場合の違いについて説明します。タンクトローリーで危険物を移送する場合は、危険物取扱者の資格を持った人の同乗が必要です。しかし、一般のトラックで危険物を運搬する場合は、危険物取扱者の資格を持っていなくても運搬できます。

家畜は?

家畜の運搬には、家畜運搬車を使用します。家畜運搬車は、新鮮な空気を荷台に送り込む換気扇やエアコンが必要になります。家畜は生き物なので、快適な環境で運搬する必要があります。また、家畜の唾液などによって腐食しやすくなるので腐食の対策も必要です。

家畜運搬車は主に牛や豚が中心ですが、鶏などの小型の動物を大量に運搬できるように、2階デッキ仕様になっている車種もあります。

家畜運搬車は他の荷物と違い、生きた動物を運ぶために輸送効率よりも、ストレス軽減を優先させる必要があります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

土砂は?

土砂の運搬には、土砂などの運搬用に開発された土砂ダンプが向いています。土砂ダンプは、荷台を傾けることが可能な機械装置を備えていて、油圧シリンダを伸ばして土砂を排出できます。

土砂を積んではいけないトラックが土砂禁ダンプです。土砂禁ダンプは、重量のある土砂などの積み込みは一切禁止されていて、積み込んでしまった場合は過積載になり整備命令が勧告されます。

土砂禁ダンプは、ペットボトルなどの軽量でかさばる荷物を運ぶのに適しています。

生コンクリートは?

生コンクリートはミキサー車で運びます。ミキサー車は、荷台部分にミキシングドラムを装備していて、生コンクリートを製造している工場から工事現場まで輸送するために使用されます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運搬費料金の相場は?

トラック運搬費料金の相場は、荷物の量や移動距離・引越しの時期によって変わります。

時期別では、需要の多い3月と4月が料金が高く、需要の少ない11月が一番安くなります。

通常期は?

通常期の場合、単身者が20,000円~55,000円、家族が50,000円~220,000円です。

単身者の場合、荷物が少ない場合、同一都道府県内だと20,000円~23,000円、他の都道府県だと30,000~55,000円です。荷物が多い場合、同一都道府県内だと25,000円~23,000円、他の都道府県だと42,000~74,000円です。

2~3人家族の場合、同一都道府県内だと50,000円~70,000円、他の都道府県だと75,000~185,000円です。

4~5人家族の場合、同一都道府県内だと65,000円~90,000円、他の都道府県だと90,000~220,000円です。

三月と四月は?

三月と四月の場合、単身者が26,000円~105,000円、家族が65,000円~360,000円です。

単身者の場合、荷物が少ない場合、同一都道府県内だと26,000円~31,000円、他の都道府県だと47,000~80,000円です。荷物が多い場合、同一都道府県内だと35,000円~43,000円、他の都道府県だと62,000~105,000円です。

2~3人家族の場合、同一都道府県内だと65,000円~111,500円、他の都道府県だと97,000~300,000円です。

4~5人家族の場合、同一都道府県内だと95,000円~116,000円、他の都道府県だと160,000~360,000円です。

Bottom banner

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック運搬積算基準は?

トラックの運搬は、トラック運搬積算基準に基づいて行います。トラックの運搬積算基準については、国土交通省土木工事標準積算基準書によりダンプトラックの積算基準について示されています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運搬トラックの寸法は?

トラックを購入する際には、寸法が重要です。トラックには、大型トラック・中型トラック・小型トラックがありそれぞれ寸法によって分けられます。

小型トラックの条件は、全長4,700mm以内、全幅1,700mm以内、全高2,000mm以内、最大積載量3,000kg以内、車両総重量5,000kg以内です。

中型トラックの条件は、全長12,000mm以内、全幅2,500mm以内、全高3,800mm以内、最大積載量6,500kg以内、車両総重量11,000kg以内です。

大型トラックの条件は、全長12,000mm以内、全幅2,500mm以内、全高3,800mm以内、最大積載量6,500kg以上、車両総重量11,000kg以上です。

長さは?

長さは運搬する荷物の長さにあわせてトラックを選びます。小型トラックだと全長4,700mm以内、中型トラックや大型トラックは、全長12,000mm以内です。

幅は?

幅は運搬する荷物の長さにあわせてトラックを選びます。小型トラックだと全幅1,700mm以内、中型トラックや大型トラックは、全幅2,500mm以内です。

高さは?

高さは縦型の荷物を載せるときに重要です。小型トラックだと全高2,000mm中型トラックや大型トラックは、全高3,800mm以内です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

運搬トラックのはみ出しの違反範囲は?

運搬トラックの違反範囲は、はみ出し幅の制限最大2.5m、高さが制限最大3.8m、重さが総重量20トンを超えた範囲です。

制限を越えると交通事故の危険が増し、道路の構造にも影響を与えてしまいますので、違反しないようにしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

目的にあったトラックで運搬しよう

運搬用のトラックは、大きさや形状などにより用途が決まっています。用途の違うトラックで荷物を運送すると、思わぬトラブルや事故のもとになります。目的にあったトラックで荷物を運搬しましょう。

荷物の種類によっては、違う種類のトラックで代用が可能なケースもありますが、できるだけ専用のトラックを使用しましょう。やむを得ず代用する場合は、代用しても問題ないかどうか必ず事前に確認します。

実際に運搬する場合は、安全を最優先にして運搬するようにします。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

転職活動中の候補にトラックドライバーを考えている方はドライバーワークスへ!


種類別運送トラックの特徴として今回の記事では説明をしました。中には木材や危険物、家畜や土砂、生コンクリートを運ぶ車があります。


トラックについて詳しい知識をすることで働きやすい環境に居れるかと思います。

ドライバー業界では高齢化が進み平均年齢が30代後半から40代前半です。また、現在深刻な人手不足ですが、近頃労働環境などやアプリなども提供され環境が改善されつつあるので転職先としておすすめな職業かと思います。

また、ドライバーワークスではドライバーへの転職を考えている方の手助けとなる大型免許の取得の補助費などを負担してくれる会社を紹介しています。 また、ドライバーに向いてる方は長時間の運転が好きな方や我慢強い方に合うかと思います。

ドライバー業界では走ることに給料が増えていくので未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます

転職先としてトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人