Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラック用タイヤの特徴・選び方・交換時期の見極め方|空気圧

トラック用タイヤの特徴・選び方・交換時期の見極め方|空気圧

トラックは車体が大きく、搭載の荷物の重量も重いですから、タイヤの劣化は普通車よりも早いと思っておいた方が良いでしょう。トラックにとってタイヤは生命線です。早めのタイヤチェック、早めのタイヤ交換は、トラックの最大のメンテナンスと心得ましょう。

初回公開日:2018年06月29日

更新日:2019年10月10日

記事に記載されている内容は2018年06月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックのタイヤが好きな方は、ぜひドライバーワークスへ!

今回の記事では、トラックのタイヤの特徴やタイヤの構造、また重量や重さについても触れました。 そんなところで、今回の記事を読んでくださってる中にはトラックドライバーとして転職先を探している方もいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では平均年齢が30代から40代後半までなので、未経験の方でも転職がしやすい業界です。また、長時間の運転が好きな方やトラックを運転したい人などにお勧めしたい職業です。

最近では、労働環境も改善されつつあるので転職先として考えている方は、業界最大手のドライバーワークスで転職を検討してみることをお勧めします!

また、ドライバーワークスでは、ドライバーになるための障壁として立ち塞がる大型免許の補助費などを負担してくれる会社の求人も紹介することができます。 また、未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


地方の平均年収は380~500万前後ですが、交通量が多い東京では年収が600万円以上の会社も多数あるので車の運転が好きな方は転職を検討してみてもいいかもしれません。


現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラックのタイヤの特徴

トラックのタイヤは、普通の乗用車のタイヤとは大きく異なる特徴があります。種類も構造別特徴と模様別特徴によって分けられます。この記事は、トラック運転に関わる人に役に立つ情報を集めています。トラックタイヤの新しい一面に出会ってください。

トラックのタイヤの構造

タイヤはトレッド部位・ショルダー部位・サイドウォール部位・ビード部位からなり、さらにゴム層・ベルト層・カーカス・ビードワイヤーなどで構成されています。下記にそれらを詳しく解説します。

1.トレッド部位(ゴム層):タイヤの一番外側の部位で、直接地面と接する所
2.ショルダー部位:トレッド部位とサイドウォール部位の中間部位のこと
3.サイドウォール部位:タイヤサイズやメーカー名やパターンなどが表示されている部位
4.ビート部位:タイヤをリム(ホイールの一部)に固定させる部位のこと

タイヤの部材

タイヤの部位材は次のようになっています。

1.カーカス:タイヤの骨格部(部材はポリエステルコード・ナイロンコード・レーヨンコードなど)
2.ベルト:ラジアル構造タイヤのみにある部位(部材はスチールコード)
3.ビードワイヤー:ピアノ線を束にしたもの
4.ゴム層:トレッド(地面と接する部位)ゴムのこと

トラックのタイヤの構造別特徴:チューブタイヤ

トラックのタイヤは、その構造によって4種類に分類されます。チューブタイヤは、タイヤの中に空気を入れるチューブが入っている構造になったタイヤです。かってタイヤと言えば全てこのタイプでした。特徴を改めて紹介します。

1.チューブの空気圧で車体の重量を支えている
2.タイヤの外側やホイールが何かで破損しても、チューブが破れなければ走行は可能
3.チューブの空気圧の調整が簡単にできる

チューブレスタイヤの特徴

チューブレスタイヤは、名前のとおりタイヤの中に空気を入れるタイヤが入っていないタイプです。乗用車のタイヤは、ほとんどこのチューブレスタイヤを採用しているといわれます。

チューブレスタイヤも進化していて、最近は大型のトラックやバスなどでも、チューブレスタイヤを採用するケースが増えています。特徴は、以下のとおりです。

1.チューブの代わりに「インナーライナー」というゴムシートが使われている
2.チューブでないので釘を踏んでも直ぐに空気が抜けない
3.チューブタイヤと比較してタイヤの摩擦熱が抑えられる
4.パンクが気付きにくいデメリットがある

バイアスタイヤの特徴

バイアスタイヤは、バイアス構造でできたタイヤのことをいいます。ではバイアス(バイヤス)構造とは、どんな構造をいうのでしょうか。

洋裁に使う「バイヤス」は、襟などの曲線部分を取り繕う時に使う補助布で、織り目に対して斜めに切ってあるので収縮性があります。

バイヤスタイヤも、この原理を応用した構造になっています。つまりカーカスを斜めに配置し、このカーカスがねじれないように、逆方向に何枚も重ねてブレーカーで締め付けた構造になったタイヤです。特徴は、以下のとおりです。

1.構造上振動を抑えてくれる
2.振動が少ないので、悪路でも乗り心地ガ良い

ラジアルタイヤの特徴

ラジアルとは「放射線」という意味です。つまりカーカスがタイヤの中心より放射状に配置され、それをベルトで締めつけた構造のタイヤのことをいいます。特徴は、以下のとおりです。

1.地面とタイヤの摩擦が軽減できる
2.地面との接触面での抵抗が少ない
3.スリップが少ない
4.高速での振動が少ないので乗り心地が良い

トラック用タイヤの重量・重さなど

トラック用のタイヤの重量は、タイヤ部分とホイール部分を合わせたものをいいますが、トラックの車体の大きさと、トラックの車種によっても重さが違います。また、ホイールがスチールホイールとアルミホイールでも重さは違ってきます。

トラックの中でも大型トラック(10t~20t)用のタイヤの大きさは20インチになります。このタイヤ部分の重量がおおよそ60kgで、スチールホイールの場合は、ホイールの重量が40㎏ですから、全体の重さは100kgになります。

またアルミホイールの場合ですと、タイヤ部分の重量60㎏に、アルミホイールの重量25kgが加算されるので、全体の重量は85kgになります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

おすすめのトラック用タイヤの選び方

物を選ぶ時に一番重要な選び方は、目的をしっかりと確認することが大事です。特にトラック用のタイヤを選ぶ時は、次の項目をしっかりチェックしましょう。

1.タイヤのンサイズ(トラックは大型・中型・小型とあるので)を確認する
2.タイヤの製造日(タイヤの寿命は長くても5年。3年を過ぎると劣化が始まる)を確認する
3.タイヤの種類(夏用&冬用)を確認する
4.タイヤの模様(トレッド)を決める

タイヤの模様(トレッド)には次のような種類があります。
1.リブタイプ(操縦性・安定性ガ良く、タイヤ音が小さい)
2.ラグタイプ(駆動力・制動力ガ良く、非舗装道でも良く走る)
3.リブ+ラグタイプ(1・2の模様が組み合わさったタイプ)
4.ブロックタイプ(雪道や泥道向き)

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック用タイヤの交換時期の見極め方

トラック用タイヤの交換時期の見極め方は大変大事です。トラックは車体も大きいですし、走行距離も走行時間も長くなりますので、トラック用タイヤの交換時期の見極めは、安全運転という点からもきわめて重要です。

交換時期を見逃して、悲惨な事故を引き起こすことのないように、以下にトラック用タイヤの交換時期に関するポイントを挙げますので、安全運転の参考にしてください。

トラックのタイヤの交換時期:溝

トラック用に限らず、タイヤにはすべてに溝があります。この溝は全てのタイヤで共通の深さを持っていて、新しいタイヤの場合大体8mmの深さがあります。

この溝が走行年数や走行距離によって摩耗して浅くなりますが、タイヤの走行限界の所にスリップサインというものが記載されています。

Bottom banner

スリップサインの基準値

スリップサインはタイヤの中に6カ所記載されていて、通常では残り1.6mmの所に記載されていますが、トラックの場合は、1.6mmの走行限界まで溝が減りますと大変危険です。ちなみに高速道路におけるスリップサインの基準は、

1.乗用車用タイヤの場合で1.6mm
2.小型トラック用タイヤの場合は2.4mm
3.大型トラックやバスの場合は3.2mmがスリップサイン位置
といわれています。

タイヤの生命線とも言える溝は、タイヤ交換の最も大事な交換時期のポイントです。スリップサインのチェックはマメにして、安全運転を心掛けましょう。

トラックタイヤの空気圧

トラック用タイヤの交換時期のポイントが、スリップサインであることは理解していただけたとおもいますが、安全走行で大事なポイントに空気圧があります。

乗用車では1カ月に一度の空気圧点検が好ましいとされていますが、もちろんトラックの場合はそれと同じか走行距離や走行時間によっては、もっと頻繁に点検した方が良いでしょう。

トラック用タイヤの空気圧の目安は次のとおりです。
1.2tトラック 5.0KG~6.0KG
2.4tトラック 7.0KG~8.0KG
3.大型トラック 8.5KG~10.0KGといわれています。

トラック用タイヤチェーンの選び方とサイズ表

雪道で欠かせないのがタイヤチェーンです。形状もシングル型(はしご型)とトリプル型(特殊型)があり、サイズはタイヤのサイズに合わせて選ばなくてはなりません。ここでタイヤサイズの読み方(ISO方式)を紹介します。

例えば225/80R17.5 123/122Lという記載があったら、これは225(タイヤの幅mm)/80(扁平率)R(ラジアル構造)17.5(リム径in) 123(短輪)/122(複輪)L(速度)という意味を表しています。

この表記を確かめてタイヤチェーンを選ぶ必要があります。

トラックのタイヤチェーンのサイズ表

トラックにとって雪道でのタイヤチェーンは特に重要なパーツになりますので、タイヤチェーンのサイズ適合表の確認が大事です。

タイヤの側面には、メーカーやタイヤの品番・製造年月日と一緒に、175/70 R14のような記載がありますが、これは175(タイヤの幅)/70(扁平率) R(ラジアル構造)14(内径)の意味になります。

タイヤチェーンを選ぶ時はこのサイズが基本となりますので、自分のトラックのサイズをタイヤサイズ表でしっかり確認したら、タイヤチェーンの適合表から、適合するサイズのタイヤチェーンを見つけましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

サイズ別トラック用タイヤの値段・価格相場

トラック用タイヤは、トラックのサイズによって大きさが違いますから、当然値段も違ってきます。ここではサイズ別のタイヤの値段と相場について紹介します

2tトラック用タイヤの値段と相場

2t用トラックタイヤおすすめは「ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R13 73S」です。アマゾンで新品で価格は1本2,400円~2,900円と格安になっていますが、タイヤも店によって値段はまちまちです。

タイヤはディーラーや整備工場では交換工賃も入って安くて1本5,000円~6,000円が相場ですが、トラック用タイヤは、通販の値段が一番格安で、相場も2,400円~になっています。

近隣のオートバックスなどでは持ち込み価格が高いため、HPで持ち込み対応の個人店を探して取り付けてもらいました。量販にくらべると半分近くで済みました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%82%E3%8... |

4tトラック用タイヤの値段と相場

2tトラックと4tトラックのタイヤは、大きさにそれほど差がなく、小型・中型トラックというサイズ分けで取り扱われていて、特に2t用と4t用の区別はありません。

ここでもやはりメーカー(ビリジストン)とものとしては格安な「ブリヂストン(BRIDGESTONE) 低燃費タイヤ NEXTRY 155/65R13 73S」がおすすめです。価格・相場とも2t車用として紹介したとおり、2,400円~といったところです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラック用タイヤチェーンの付け方

トラックのタイヤチェーンにはいくつかの種類がありますが、最近はワンタッチ方式の簡単なものが開発され、トラック用タイヤチェーンの付け方も、以前とは比べ物にならない位手軽になりました。

ここでは金属製のワンタッチのチェーンの取り付け方の一例を説明します。

1.チェーンの表裏(金具が折り返してある方が表側)を確認して、タイヤにチェーンをかぶせるように乗せます。

2.タイヤチェーンを均等にかぶせ終わったら、タイヤの内側と外側のフックを留めます。

3.フックを留め終わったら、付属のゴムバンドかスプリングバンドを、タイヤをにためないように均等に掛けて終わりです。

商品到着の翌日に大雪。すぐに出番が来ました。あと30メートルの所で登れず・・・簡単装着で素早く脱出。取り外しも早い。もう1つ欲しい(笑)

出典: https://www.amazon.co.jp/HSK-%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%... |

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タイヤは交換時期が・チェーンは取り付け時が大事

タイヤもタイヤチェーンも消耗品です。タイヤは交換時期がとても大事です。タイヤの交換時期をうっかりすると、安全運転や事故防止につながるからです。

またタイヤチェーンは、装着のタイミングが大事です。天気予報を気にしながら、装着のタイミングを逃さないようにしましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラックのタイヤが好きな方は、ぜひドライバーワークスへ!

今回の記事では、トラックのタイヤの特徴やタイヤの構造、また重量や重さについても触れました。 そんなところで、今回の記事を読んでくださってる中にはトラックドライバーとして転職先を探している方もいらっしゃるかと思います。

ドライバー業界では平均年齢が30代から40代後半までなので、未経験の方でも転職がしやすい業界です。また、長時間の運転が好きな方やトラックを運転したい人などにお勧めしたい職業です。

最近では、労働環境も改善されつつあるので転職先として考えている方は、業界最大手のドライバーワークスで転職を検討してみることをお勧めします!

また、ドライバーワークスでは、ドライバーになるための障壁として立ち塞がる大型免許の補助費などを負担してくれる会社の求人も紹介することができます。 また、未経験者でも年収500万円以上の案件から、スキルによっては年収1000万円まで目指せる案件が揃ってます


地方の平均年収は380~500万前後ですが、交通量が多い東京では年収が600万円以上の会社も多数あるので車の運転が好きな方は転職を検討してみてもいいかもしれません。


現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人