Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

アメリカのトラックの特徴・人気メーカー・運転手になる方法

アメリカのトラックの特徴・人気メーカー・運転手になる方法

アメリカのトラックの特徴は、日本のトラックとは大きな違いがあります。そのため、運転の仕方も違いますが、運転手としての働き方にも違いがあります。ここでは、アメリカのトラックや運転手になるために必要なことを紹介しているので参考にしてください。

初回公開日:2018年06月20日

更新日:2020年01月29日

記事に記載されている内容は2018年06月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


自分の収入に満足いっていますか?

トラック業界はドライバー不足が深刻な問題となっていて初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

免許などの資格や経験を問わないのはもちろん、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助、他諸々の補助までしてくれる会社も存在します。

未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

アメリカのトラックの特徴は?

トラックは、物流の世界では欠かせない自動車です。トラックには、さまざまな物を乗せることができ、一度に多くの商品を配送することができます。配送の方法には、飛行機や船を使う場合もありますが、最終目的地に届けるためにはトラックではないと不可能です。日本でも、トラックの運送が止まってしまうと多くの産業が停止してしまうなど大きな影響力があります。

車は日本製と海外製とで性能、外見に違いがある場合が多いです。トラックの場合にも同じことが言え、日本のトラックとアメリカのトラックではさまざまな違いがあります。注意深く観察していればその違いにも気付きますが、指摘されて初めて知ることも多いです。次に、日本とアメリカのトラックの違いを紹介します。

内装について

アメリカのトラックといえばアメ車のイメージが強く、内装も派手な印象がありますが、現在のアメリカではアメ車の割合は少ないです。そのため、内装が派手なことは少なく、シックで快適性を追求したスタイルが主流です。

業務上でトラックに乗っている運転手にとっては、内装が一番重要になります。その理由は、勤務時間のほとんどをトラック内で過ごすからです。特にアメリカの土地の広さは、日本と比べ物にならないぐらい広大です。長距離移動が多くなり、車内で休憩や睡眠をとる場合が多いです。

日本のトラックも内装を快適にするように心がけていて、座席のリクライニングができ、仮眠できる場所を確保している場合もあります。アメリカの場合は、座席の後部にさらに広い空間が用意されており、机やいすなどが取り付けられています。

外装について

アメリカのトラックの外装の特徴は、カラーバリエーションが豊富なことです。日本のトラックでも改造などをしていればカラフルな場合もありますが、最近ではあまり見かけることはありません。そのため、シルバー色のトラックが主流です。特に、運転席と荷台の色を統一している場合が多いです。

日本のトラック運転手は会社に勤務して会社のトラックで運転している場合が多いため、改造を施す場合が少ないです。しかし、アメリカのトラック運転手は、個人で配送業をしている割合が高く、トラック自体も自分で購入しています。

自分のトラックであるため、好きなカラーにしたりパーツを付けたりできるため、同じトラックを見ることがないくらいバリエーションがあります。

ボンネットがある

アメリカのトラックの外見の特徴は、ボンネットがあることです。日本のトラックはボンネットがないため、アメリカのトラックを見れば、海外製であると認識することが可能です。

日本のトラックは、エンジンを運転席の下に設置しているためボンネットがなく、フロント部分に長さがありません。しかし、アメリカのトラックのエンジンはフロント部分に設置されているため、前方が突き出ています。

日本のトラックがボンネットのないつくりにしている理由は、小回りを重視しているためです。そのため、細い道でも曲がることができます。一方アメリカでは、細い道が少ないため、ボンネットが前方に出ていても問題ありません。

サイズの違い

アメリカのトラックは、サイズがかなり大きいです。日本にも大きなトラックはいくつも存在していますが、それ以上の大きさのトラックがアメリカにはあります。大きさは荷台だけに限らず、運転席の面積も大きく設計されています。荷台を大きくすれば一度に多くの商品を運ぶことができるので便利です。また、内装を広くすることで、運転手がより快適に過ごせます。

アメリカは日本と違い、建物が密集していないため、道路の幅も広いです。そのため、トラックのサイズを大きくしても問題なく走行することができます。しかし、日本の場合は建物が密集していて道路幅が狭く、車一台しか走行できないような道も多くあります。

排気量の違い

アメリカと日本のトラックの違いには、排気量があります。排気量が大きければ出力も大きいため、一度に多くの物を運ぶことができます。アメリカのトラックは荷台が大きいため、排気量も日本より多いです。排気量の違いは燃料によって変わります。

日本のトラックでは、燃料にほとんどディーゼルを使っています。アメリカでもディーゼルを使っている場合もありますが、ガソリンの場合もあります。

ガソリンを使うトラックの排気量は多くて8000ccです。日本でいう4トントラックと同じ排気量です。ガソリンを使うトラックは出力があまり出ないため、大型トラックになればアメリカでも軽油を使います。特に18輪の場合は軽油でないと走行することができません。軽油を使うトラックの排気量は、12000~30000ccまであります。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

アメリカの人気トラックメーカーは?

日本には、イスズやふそうといったトラックメーカーがありますが、アメリカにもにもメジャーなトラックメーカがあります。アメリカでトラック運転手をする場合は、アメリカの人気メーカーを把握しておくことをおすすめします。

GM

アメリカの大手自動車メーカといったらGMです。GMは普通車だけでなく、トラックの販売も行っています。アメリカで走っているトラックにはGM製が多いです。GMで販売されているため、信頼性があり安心して走行することができ、性能面でも優れています。

アメリカのトラック運転手になる方法は?

トラック運転手という職業は日本にもありますが、アメリカのトラック運転手に憧れている人もいます。アメリカのトラック運転手に憧れる理由はそれぞれにありますが、仕事環境の違いやトラックの違いを求めている場合が多いです。しかし、アメリカのトラック運転手にはなることは簡単ではありません。

アメリカで就職するためにはそれなりの知識と資金が必要になります。そのため、アメリカに行った後に考えるのでは遅く、しっかり日本で準備をすることをおすすめします。日本で万全に準備しておくことでアメリカで成功する確率を高めることができます。

海外で就職するためには、最低限の語学力も必要です。アメリカの言語は英語なため、英語が話せない場合はまず、英語で会話ができるくらい勉強をしましょう。次に、語学力以外に必要なものを紹介するので、合わせて把握しておきましょう。

覚悟が必要

まず、アメリカでトラック運転手になるためには簡単に就職できないことを覚悟しておくことが大切です。何も準備をせずに「アメリカで儲けてやる」や「アメリカのトラックに乗りたい」などと軽い気持ちでアメリカに行くと、何もできずに帰国する羽目になります。

アメリカの運送業は日本より給料が高く、人気の職業でもあります。そのため、求人を募集してもすぐに採用が決まる場合が多いです。また、運送業者も海外の日本人を雇うより現地の人を雇う方が信頼を感じるため、日本人が採用される割合は低いです。個人で配送業をしている事業者も多いので、求人募集が出る可能性も低いです。

道を覚える

Bottom banner

アメリカでトラック運転手になるためには、現地の道を覚える必要があります。アメリカのトラックには日本同様にナビが搭載されていますが、最低限の道を覚えないと書類審査で落とされる可能性があります。ナビには表示されない道もあるので、裏道などを知っておくことをおすすめします。

道を覚えることも大切ですが、アメリカの交通ルールを覚えることも必要です。当然ですが日本とは道路標識に違いがあるため、標識の意味を理解する知識が必要です。道を覚えるには、現地に赴いてから実際の道で習得することになります。そのため、できるだけ早く道を把握しないと就職することができないので、収入面で苦しみます。

トラックを購入する

アメリカで配送業は、会社に所属している運転手は少なく、多くのトラック運転手は個人で行っている場合が多いです。また、会社に所属していてもトラックを所持していることが前提で求人が出されている場合もあります。そのため、自宅から倉庫に移動して、そこから目的地に出発するという働き方をしている方もいます。

日本の配送業とは働き方が違うため、アメリカの業務内容に慣れる必要があります。トラックを所持していることが条件にあるため、個人でトラックを購入しなければならないこともあります。トラックを購入するとなれば莫大の資金が必要になるため、日本で貯金をしておくことをおすすめします。新車ではなく中古車を購入することで、必要資金を減らすこともできます。

シフトレバーを熟知する

アメリカの大型トラックでは変速数が18ある場合あり、日本とは考えられないシフト構造です。日本のシフトレバー操作は、中心がニュートラルで、左上が1速左、左下が2速、中心の上が3速のような簡単な構造ですが、アメリカでは迷路のような道順にレバーを操作しないと正しくギアに入りません。

ギア操作を誤ってしまうとエンストしてしまう可能性が高く、事故にも繋がりかねません。

アメリカに移住する

アメリカでトラック運転手になると、当然アメリカに住まなければなりません。そのため、住む場所を確保したり、家賃などを工面する必要もあります。家族がいる場合は、単身でアメリカに行くのか家族全員でアメリカに移住するのかを選択する必要があります。

移住することは資金的にも精神的にも負担がかかります。自分のしたいことに家族も巻き込むとため、じっくり話をして無理強いをしないことが大切です。

あなたの会社は大丈夫?

あなたの会社は、ちゃんとした福利厚生や保険制度が整っていますか?

「事故を起こしてしまったが、自費で弁償しろと言われた」という話もこの業界では多いです。
もし福利厚生面に不安があるなら、豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスで転職を考えてみましょう。

ドライバーワークスなら初心者歓迎、保険や福利厚生がしっかりしている会社がたくさん掲載されています。
国内大手!!34,260件掲載の安心感!

アメリカのトラック運転手の平均年収はいくら?

日本でのトラック運転手の給料は決して高いものではありません。過酷な仕事環境に関わらず給料が伴っていないため、人気の低い職業でもあります。そのため、配送業の求人でトラックドライバーを常に募集している状態です。アメリカのトラック事情は日本とは異なる部分が多くあります。

日本より給料が多い

2016年9月からの1年間に給料が大幅に上がったアメリカの職業ランキングで、トラック運転手は2位です。そのため、最近、人気の職業でもあります。年収は日本円で600万ほどで、給料面では不満に感じる方は少ないです。日本では月給が20万程度の場合もあるため、長年勤めれば大きな差が表れます。

最近給料が上がっている

上記で説明したように、トラック運転手の給料は右肩上がりです。その理由は、ネット販売などで物流の数が増えてきているからです。日本の場合も同じ理由から物流の数は増えてきていますが、給料は右肩上がりになっていないため不人気です。

アメリカのトラックドライバーのシフトターンは?

アメリカのトラックのシフトは日本のトラックのシフトとは、違いがあります。トラックにはATの車種もありますがMT車が主流で、それは日本でもアメリカでも同じです。しかし、アメリカのトラックは、高出力が出せるようにシフトの数も多いです。

複雑すぎる

日本のトラックの変速数は5~6ですが、アメリカのトラックは18速まであります。そのため、シフトレバーの操作が複雑で、日本でトラック運転手をしていても使いこなせない場合が多いです。

トラックドライバーの転職ならドライバーワークス!
未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

しっかり準備をしてアメリカに出国しよう

アメリカでトラックドライバーになるためには、生半可な覚悟で臨むと何もできずに帰国してしまいます。どうしてもアメリカで挑戦したいのなら、できるだけ日本で準備をしておくことをおすすめします。アメリカでトラックドライバーとして生計を立てれるようになれば、日本で運送業をするより質の高い生活を送ることができ、夢を抱くことができます。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人