Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

大型トラックの寸法・保安基準|荷台/重量別/平ボディ/ダンプ

大型トラックの寸法・保安基準|荷台/重量別/平ボディ/ダンプ

大型トラックの寸法はどのくらいなのかご存知でしょうか。今回は大型トラックの寸法を重量別や車種別にご紹介します。大型トラックの寸法の他にも、保安基準や事故などの危険性についてもご紹介しますので、大型トラックの寸法などについて興味のある方は参考にしてみてください。

初回公開日:2018年06月27日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年06月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックドライバーの転職先はドライバーワークスへ!


トラック業界は人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。

未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

箇所別大型トラックの寸法

大型トラックの寸法はどのくらいなのかご存知の方は、それほど多くはないでしょう。大型トラックを運転したことのある方は知っている場合もありますが、大型トラックといってもさまざまな種類があり、どのような大型トラックがあり、どのようなサイズがあるのかを知らないという方もいらっしゃいます。

そのような方のために、大型トラックのサイズをわかりやすくご紹介しますので、参考にしてみてください。

荷台

大型のトラックとは、積載量が10トン前後のトラックのことを指していいます。そのような大型トラックの荷台はどのような寸法なのかというと、メーカーの車種にもよりますが、荷台のサイズはおよそ9,200ミリから9,600ミリで、幅は2,200ミリから2,400ミリです。

車両

では大型トラックの車両の長さはどのような寸法になるのかというと、全長がおよそ11,990ミリで全幅が2,490ミリ、全高が3,170ミリから3,790ミリとなっています。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

重量別大型トラックの寸法

大型トラックに限らずその他のトラックも重量別に寸法をご紹介します。参考にしてみましょう。

2t

2tトラックは小型のトラックで小回りもきく人気の高い車です。2tトラックといっても平ボディやロングタイプのトラックもありますが、一般的な2tトラックの寸法は、小型トラックの条件として決まっています。

全長が4,700ミリ以内で全幅が1,700ミリ以内、全高は2,000ミリ以内のトラックが小型2tトラックの寸法です。

4t

中型トラックと呼ばれている4tトラックの寸法条件は、全長12,000ミリ以内で全幅が2,500ミリ以内、全高は3,800ミリ以内です。

10t

積載量も車両の重量も一番大きい大型トラックは、10tトラックとも呼ばれています。大型トラックの条件は、全長12,000ミリ以内で全幅2,500ミリ以内、全高は3,800以内です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

特徴別大型トラックの寸法

大型トラックにはさまざまな特徴をもつものがあります。特徴別の大型トラックの寸法をご紹介します。どのような特徴の大型トラックに乗りたいのかなどを考えて、参考にしてみましょう。

平ボディの寸法

平ボディは一般的に誰もが見たことのあるトラックです。平ボディの大型トラックの荷台部分は、さまざまな貨物をほとんど積むことができ、多くの人に利用されているトラックです。荷台の上は開放された状態のため、積み方次第では荷台の幅よりも大きいものも積むことができます。

平ボディの大型トラックにはクレーンなどを使っても貨物を積み込むことができるため、荷下ろしなども簡単におこなう事ができます。小型の平ボディトラックに多くみかけるのですが、専用の骨組みをすることで幌車として使用することができます。

そのような平ボディの大型トラックの寸法は重量によってサイズが変わります。

10t平ボディ

大型トラックの車種によっても違いますが、一般的に全長はおよそ11,990ミリで荷台がおよそ9,600ミリです。平ボディトラックの寸法を知っていれば、どのくらいの長さがある荷物を運ぶことができるのかを確認してもっていくことができます。

最大積載量はおよそ10tと考えて良いでしょう。大型トラックの寸法で大切な全高は、車庫の高さを考えるうえで重要な情報です。大型トラックの種類によりますが、およそ3,300ミリから3,800ミリと高さの違いは若干ですがあるため、気を付ける必要があります。

増トン

増トン平ボディの大型トラックとは、4tトラックをベースにして足回りを強化したトラックです。積載量を増やしているため、4tトラックよりも積載量は増え、6トンから8トンほどになります。そのような増トンボディの大型トラックの寸法は、他のトラックと同じように、メーカーの車種によって変わります。

全長はおよそ7,700ミリから9,500ミリで、荷台の長さの寸法はおよそ5,800ミリから7,200ミリほどになります。全幅は2,500ミリ程度と考えておくと良いでしょう。車庫の寸法などに関わってくる全高の寸法は2,500ミリですので、車庫の高さを確認してから購入することをおすすめします。

4t

4トントラックは大型トラックよりも一回り小さめの寸法になります。メーカーの車種によって寸法が変わってくるのは大型のトラックと同じで、車両寸法も荷台寸法も違います。

4t平ボディの全長は8,600ミリ程度で、荷台の長さの寸法は6,400ミリほどです。全幅は2,300ミリから2,500ミリとなっており、全高は3,500ミリになります。他のトラックを購入する時と同じように車庫の寸法を考えて購入するようにしましょう。

2t

2tの平ボディトラックは小型で、一般的によく見かけることの多い寸法になります。普通免許で乗車する事が可能で小回りもきくため、トラックの中では人気があります。2t平ボディの小型トラックの寸法は、他の大型トラックと同じようにメーカーや車種によって少し違います。それほど差はありませんが、積載物の長さなどを考えましょう。

2tトラックの寸法は、全長はおよそ4,700ミリから4,990ミリで、荷台の寸法は3,150ミリ程度と考えると良いでしょう。全幅はおよそ1,700ミリから1,900ミリで、車庫の高さなどに関わる全高寸法は2,000ミリから3,000ミリとなりますので、購入したい車種の高さは確認する必要があります。

平ボディのメリット

平ボディの大型トラックは古くからある形で、一般的によく使わてれているタイプの車です。使いやすさがトラックの中では一番良いのではないでしょうか。トラックの荷台のあおりと呼ばれる部分を倒してフラットな状態にすることができるため、荷物の積み込みや荷下ろしなどを簡単におこなう事ができます。

Bottom banner

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ダンプの種類

ダンプトラックは大型サイズのものもあればコンパクトなサイズのものもあります。ダンプトラックの寸法についてご紹介する前に、まずはダンプトラックの種類についてご紹介します。さまざまなダンプトラックがあり、どのような作業に向いているダンプトラックなのか、ぜひ参考にしてください。

ダンプトラックといっても種類が豊富で、どのようなものがあるのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。寸法を知る前に、ダンプトラックの種類を知ってから購入するようにしましょう。

深ダンプ

一般的なダンプトラックは、土砂を運んだり、石材を運んだりするための乗り物です。このようなダンプトラックは深さがあり、深ダンプなどとも呼ばれています。そのような深ダンプには、土砂専用のものと、土砂禁ダンプと呼ばれる種類とに分けられており、荷台の構造によって変わってきます。

深ダンプの中の土砂ダンプは荷台を傾けることで、運んできた土砂を外に下ろすことが可能です。同じように傾けることで積み荷をおろす事ができますが、土砂ダンプに比べると少々あおりの高さが高いダンプトラックもあります。そのようなダンプっとラックは、土砂禁ダンプと呼ばれています。

ローダーダンプ

ローダーダンプは油圧シリンダーで作動し、荷台を後方に倒してスライドさせる機能が付いているタイプのダンプトラックになります。荷台の後ろの部分は地面にくっつくまでスライドさせることができるため、小型の農作業用トラックなどを運ぶ際にも便利なダンプトラックです。

強化ダンプ

ダンプトラックの中でも荷台の床部分を強化させてることによって、丈夫でさまざまなものを運ぶために便利なトラックが強化ダンプです。強化ダンプは床板が強いため、土砂などを運ぶ際に荷台を直接傷つけることがないため、長期にわたって使用する事ができます。

強化ダンプかどうかを見分けるためには、トラックの荷台キャブ側の鳥居部分が曲がっていれば強化ダンプの可能性が高くなりますが、荷台部分の床板の厚みを確認することで、確実にわかるでしょう。

3転ダンプ

3転ダンプトラックとは、トラックの荷台部分が後ろ側だけではなく、横にも倒すことができるダンプトラックです。荷台にある積載物が3方向に下ろすことができるため、狭い場所での作業や路肩などでの作業の際に運搬したりと活躍するダンプトラックで、操作性も高いので人気のあるタイプのダンプになります。

ダンプの寸法

ダンプトラックにはその他にもクレーンが付いているタイプのものや、Lゲートと呼ばれているタイプ、自動開閉シートなどが付いているダンプトラックもありますが、そのようなダンプトラックの寸法はどのようになっているのかご紹介します。

ダンプトラックの寸法は、大型、中型、小型に分かれており、それぞれ車種やメーカーによっても異なる寸法です。各メーカーで表示されている寸法も参考にして、おおよその寸法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

大型ダンプ

大型ダンプの寸法は、最大積載量が10トンにもなる大きなサイズで、全長はおよそ7,600ミリ、荷台の寸法は5,100ミリ、全幅が2,490ミリで全高は3,300ミリ程度と考えましょう。大型のダンプトラックは車庫のことも考えて購入することをおすすめします。

中型ダンプ

4トンほどの最大積載量のダンプトラックは、全長が5,400ミリ程度で荷台の長さは3,400ミリ、全幅は2,190ミリ、全高は2,600程度で考えましょう。

小型ダンプ

2トンの小型のダンプトラックの寸法は、全長およそ4,690ミリで荷台の長さは3,050ミリ、全幅が1,695ミリで、全高が2,000ミリ程度で考えると良いでしょう。

ダンプのメリット

ダンプの荷台部分の落下防止用のあおりは自分で取り付けることが可能となっています。そのような場合、お気に入りのあおりがあれば選んで取り付けることで、自分のトラックに個性を出すことができます。

保安基準の大型トラックの寸法

大型トラックの保安基準の寸法は、全長12,000ミリ以内で全幅が2,500ミリ以内、全高は3,800ミリ以内となっていましたが、他にも最大積載量が6,500キロ以上、車両総重量が11,000キロ以上という条件もあります。

罰則

大型トラックを運転する際、問題となるのは過積載です。定められている最大積載量を超えると交通違反となってしまい、違反した場合罰則を受ける可能性があります。過積載による事故を防ぐためにも、積載量は決められた量を守って走行しましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

大型トラックのことを知ろう

大型トラックの寸法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。事故や交通違反など起こさないように、きちんと大型トラックの寸法や最大積載量を理解してから運転するように心がけましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

トラックドライバーの転職先はドライバーワークスへ!


トラック業界は人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。

未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人