Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

資材調達の仕事内容・必要な能力・年収・やりがい・向いている人

資材調達の仕事内容・必要な能力・年収・やりがい・向いている人

資材調達の仕事とはどのようなものかご存知でしょうか。資材調達の仕事について、聞いたことの無いという方や、あまり知らないという方も多いのではないでしょうか。今回は資材調達の仕事について詳しくご紹介します。転職や就職を考えている方は参考にしてみてください。

初回公開日:2018年06月20日

更新日:2019年10月03日

記事に記載されている内容は2018年06月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


トラックドライバーを気になってるあなたへ!

資材調達の気になるひと、向いている人について書いていきますが、トラックドライバーに興味を持ってる方がいらっしゃると思います。

トラックドライバーは免許などが必要かと思いますが、免許などの資格や年齢や経験を問わないです。また、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。

トラックドライバーの求人は人手不足で深刻です。なので資材調達を考えてる方でも応募できる案件が非常に多いです。

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

資材調達の仕事内容

資材調達の仕事とはどのような事をするのか、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。資材調達は、企業の中で、ものづくりや開発のために欠かすことのできない仕事です。今回はそのような資材調達の仕事内容やどのような人が向いているのかなどをわかりやすくご紹介します。

資材調達の仕事とは、ものづくりの現場において必要となるさまざまな部品を調達し、原価計算や交渉術などを駆使する職業です。資材調達は企業が必要とする部品を調達することが主な仕事ですが、その仕事内容を地味だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

資材調達の仕事の内容ややりがい、どのような人が向いているかなどをご紹介します。資材調達の仕事についてどのようなものなのか気になっているという方は、ぜひ参考にして資材調達の仕事について考えてみてください。

仕入れ先を探す

決まった仕入先から資材を購入するだけではなく、新しい仕入れ先の開拓なども資材調達の仕事には欠かせない業務内容となっています。

仕入れ先を増やしていくことで、資材を調達する際の選択肢が増え、さまざまな原価計算やデータ分析などが可能です。仕入先の企業同士手の競争などによって資材の価格を交渉する際の役にも立ちます。

価格などの交渉

資材調達の仕入れ先の開拓をしていくことで、仕入れ先の選択肢が広がった場合、それぞれの仕入れ先から見積もりを得ることができます。資材の納期や品質、価格などを見て総合的な評価をして仕入れ先を決めていき、そこで価格の交渉などをおこなう事も資材調達の大切な仕事のひとつです。

スケジュール管理

資材を調達したら、いつどのようにして仕入れ先から購入するのか、企業間での連絡なども資材調達の大切な仕事です。資材の納期管理や個数など問題がないようにスケジュールを管理する能力が必要とされます。

スケジュール管理はほとんどの企業ではコンピューターでおこなうため、コンピューターの入力など最低限の技術も求められる仕事です。

資材の管理

スケジュール管理と同じように、資材調達には資材の管理も重要な仕事になります。仕入先から届けられた資材の受け取りや個数に間違いはないか、品質の問題などがないかなど検収をおこなう必要もあります。その他にも、事前に問題が起きそうなことがないかなどの情報収集なども仕事の一部です。

その他の資材の管理についても、カテゴリーに分けて詳しく説明します。資材調達の仕事を知るうえでの参考にしましょう。

入庫

入庫の管理は検品や数量の確認の他に、資材を受け入れるための倉庫の確保や保管方法などを細かくチェックしていくことが大切です。スムーズな引き渡し作業をおこなうために、事前に問題が発生しそうな部分をきちんと把握し、業務を効率よくおこなう事が大切です。

在庫

仕入れ先から納品された資材の在庫は、商品開発や販売のための出庫業務まで倉庫で保管することもあります。その場合、在庫はどのくらいあるのか、発注や市場の動向データなどを分析し、補充するための発注業務や品質管理なども大切な仕事です。

出庫

仕入れて保管していた資材をスムーズに出庫させる業務も大切な仕事です。出庫業務は在庫の管理をきちんとしていることが前提で、効率よく業務をおこなうために、入庫や在庫管理だけではなく、出庫の管理も大切です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

資材調達の仕事

企業ごとに資材調達の仕事内容は違います。電機メーカーなどでの資材調達の仕事と住宅メーカーなどの資材調達の内容は違いますし、調達する資材そのものが変わってきます。さまざまな企業の部門としてある資材調達という仕事はどのようなものなのか、活動内容をご紹介します。

三菱電機

三菱電機の資材調達の基本方針には「相互理解」「公平なパートナー」「環境負荷の少ない資材」の三つを掲げています。国内外での資材調達をおこなうために、拠点ごとのデータを収集し、管理していくことで、資材調達の改善につなげようと新たなIT基板を開発しました。

三菱電独自のシステムを開発したことによってそれぞれのデータを比較し、調達条件の見直しにつなげようとしています。

Nikon

Nikonの資材調達の基本方針は「持続可能な企業活動」「門戸を開放した調達」「公正な競争」というもので、社会に役立つソリューションを作り、提供するためのパートナーとしての調達先を求めています。

海外での調達の際には紛争鉱物は使用しないといった方針も掲げており、人権侵害などを引き起こしている武装勢力に対して資金調達の元を断つようにし、責任ある調達に取り組んでもらえるように考えています。

NEC

NECの基本的な考え方は「平等な競争機会」「公正な選定」「相互の発展」「情報の管理保護」の四つになります。対等で公正な取引をおこなう事や利益や便宜の供与を受けるなど、利益の追求をしないことを掲げており、企業の社会的責任である腐敗防止の推進に取り組んでいる企業です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

資材調達の仕事に必要な能力

資材調達の仕事に必要な能力はさまざまありますが、人と話すことが好きということは必要な能力です。資材調達の仕事内容には交渉の際や取引先への説明などといった会話能力が必要で、話すことが好きではない方や苦手な方はあまり向いているとはいえません。

社内でもさまざま部門の方と接する機会もあり、情報交換や製品の内容の把握、情報収集などのために人と話すことが必要で、そのような方は資材調達の仕事に向いているでしょう。その他にもいくつか資材調達の仕事に必要なポイントをご紹介します。

コミュニケーション能力

資材調達の仕事はさまざまな人達と連絡を取り合って、資材の管理や調整をすることも大切な事になります。取引先はもちろんですが社内での円滑なコミュニケーションも必要で、人と接することが好きな方は資材調達の仕事に向いているといえるでしょう。

Bottom banner

情報収集能力

仕入れ先の新規開拓も資材調達の仕事のひとつですが、その中でも欠かせないのが情報収集能力です。コミュニケーション能力だけではなく、仕入れ先の情報をデータ化したり、原材料や部材などの情報収集も必要です。企業のためにより安く、利益を上げ、円滑に仕入れることが資材調達の仕事の面白みではないでしょうか。

管理能力

管理能力といっても、仕入れ先からの納品や納期などのスケジュール確認や、納品の数量や在庫の管理、といったさまざまな管理能力が必要になります。一方向からだけの流れ作業ではなく、効率よく業務を遂行するための能力が必要です。

交渉力

資材調達の仕事に必要なコミュニケーション能力に加えて、交渉力も資材調達の仕事をするうえでの腕の見せ所ではないでしょうか。

仕入れ先と企業間での利益交渉や価格を安くするための交渉力は資材調達の仕事には欠かせない能力となっています。海外での資材調達も視野に入れている企業であれば語学力も堪能であることを求められる場合もあるでしょう。

資材調達の仕事の年収の目安

資材調達の仕事の年収はどのくらいなのでしょうか。企業にもよりますが平均年収と平均月収などをご紹介します。

平均年収

企業にもよりますが、資材調達の仕事の平均年収は440万前後となっています。大手企業になると1000万を超す場合もありますが、年代別に年収を平均すると20代では336万から403万、40代以上になると520万と上がっていきます。当然、役職手当などが付けばその分月々の収入も上がり、年収も上がってくるのではないでしょうか。

月収

平均年収と同じように平均の月収はいくらくらいかというと、実質20万前後という数字が一般的になります。年を重ねていき、昇進していくことで、月収が上がってきます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

資材調達の仕事のやりがい

資材調達の仕事には面白さがあります。地味な仕事と考えられがちな資材調達の仕事は、開発などのものを作るという面白さや、営業で商品が売れた喜びなどを味わう事はありません。

しかし、商品が開発されたりするまでのコストを考えたり、データを分析したりするなどして最適な在庫管理をおこなう事で、市場動向などを予測することや、さまざま情報を得られることなどといったやりがいもたくさんあります。

その他にも資材調達のやりがいについてご紹介しますので、資材調達の仕事内容を考えてみてください。

縁の下の力持ち

企業の中での開発製造販売を円滑に進めるために必要な資材調達の仕事は、派手さはないものの、縁の下の力持ちとして、企業の利益確保のための責任のある仕事です。コストカットなど、原価計算や市場データの分析などをおこない、一円でも企業に利益をもたらすための働きをするやりがいのある仕事といえます。

ストレスなどはあるか

資材調達の仕事においてストレスを感じてしまう部分というのは、仕事の向き不向きに通じる部分もあります。資材調達の仕事をするうえで欠かせない管理業務やデータ分析、会話などのコミュニケーション能力などの必要性をストレスと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ストレスを感じるかどうか、やりがいを感じるかどうかというものは、資材調達の仕事内容に自分が向いているかどうかががポイントになってくるでしょう。

資材調達の仕事は楽なのか

資材調達の仕事は楽な仕事ではないでしょう。しかし、資材調達の仕事のメリットは人間関係での横のつながりが増えていくことなどがあげられますし、人と関わることが好きな方であれば楽に感じる部分もあるのではないでしょうか。

資材調達の仕事が向いている人とは

資材調達の仕事に向いているのは、人との関わりを億劫に感じない方です。その他にも経済情勢や市場のデータなどに興味が持てる方も向いています。資材調達には原価計算ができることも大切な要素です。計算などが得意な方は、資材調達の仕事もそれほど苦ではないでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

資材調達の仕事はやりがいがある

資材調達の仕事についてさまざまな方向からご紹介しましたがいかがでしょうか。資材調達の仕事はそれほど楽な仕事ではありませんし、営業や開発のような派手さもありません。縁の下の力持ちといった地味な部署ともいえますが、自分のコミュニケーション能力を駆使した交渉術や、データ管理力が求められ、やりがいを感じる仕事でもあります。

資材調達の仕事の募集人数はあまり多くはありませんが、興味を持たれた方はぜひ資材調達の仕事に応募してみてはいかがでしょうか。

トラックドライバーを気になってるあなたへ!

トラックドライバーは免許などが必要かと思いますが、免許などの資格や年齢や経験を問わないです。また、大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。

資材調達の気になるひと、向いている人について書いていきますが、トラックドライバーに興味を持ってる方はぜひ転職を考えてみてください。

トラックドライバーの求人は人手不足で深刻です。なので資材調達を考えてる方でも応募できる案件が非常に多いです。

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人