Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

トラックヤードの設計構造・トラックバースとの違い・安全対策

トラックヤードの設計構造・トラックバースとの違い・安全対策

日本の物流の9割近くを支えるトラック。そのトラックが集まる物流の拠点であるトラックヤード。トラックヤードにあるさまざまな設備や、トラックヤードとトラックバースの違い。トラックヤードがどのような構造になっているのかなど、トラックヤードについてご紹介します。


トラックドライバーの転職ならドライバーワークス! 年収や福利厚生など会社に不満があるなら、転職を検討してみることがおすすめです!

未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。

業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックヤードとは

トラックヤードとは、トラックに限らずコンテナ車など貨物を運搬する自動車が、倉庫やコンテナなどから荷物の積み替えを行う設備です。さまざまな荷物が集まり運び出されてゆくことからぶつ中の拠点ともいえます。

トラックヤード自体は、庭を意味するヤードという言葉があるように、トラックが集まる敷地を意味する言葉です。実際に荷物を移し変えたりするための設備にトラックバースやトラックドック、エプロンやプラットフォームなどと呼ばれる設備があります。

トラックヤードとトラックバースの違い

トラックヤードという言葉とともにトラックバースという言葉もあります。トラックヤードからトラックバースへ呼び出す。のように使われることがありますが、具体的にどのような意味なのか気になる方もいるでしょう。トラックヤードとトラックバースの違いについて具体的にご紹介します。

トラックヤードはトラックが集まる場所

すでにご紹介したように、トラックヤードはトラックが集まる場所です。トラックに限らず、コンテナ車や貨物自動車が集まり、倉庫や貨物列車や航空機などの別な運送手段へと積み替えられる物流の拠点です。大量の荷物を扱うトラックヤードにはさまざまな設備がありトラックバースもその一つです。

トラックバースはトラックが停車する場所

トラックヤードはトラックなどの輸送手段が集まる敷地ですが、トラックバースはトラックヤードの中で実際にトラックが荷物の受け渡しのために乗り付ける場所です。

トラックドックは実際に荷物を受け入れるための設備

トラックバースはトラックが荷物の積み下ろしを行うために乗り付ける場所ですが、意味合いが良く似た言葉にトラックドックがあります。トラックドックはトラックヤードの中でトラックに荷物を積みおろしするための設備で、トラックの荷台と床の高さをそろえるなど効率よく安全に積み下ろし作業を行うための工夫がなされています。

ドライバーワークスは業界最大数の案件を持ち今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックヤードに関わる物流用語

トラックヤードはトラックなどが集まる敷地、トラックバースは荷物の積み下ろしのためにトラックが乗り付ける場所といったご紹介をしましたが、その他にもトラックヤードに関わる用語がございますのでご紹介します。

トラックヤード

何度もご紹介していますが、トラックが集まり荷物の積み下ろしを行う敷地全てをトラックヤードといいます。空港や港、大型のスーパーなどの各種の商業施設や倉庫、荷物を扱うさまざまな場所に作られる物流の拠点です。

トラックバース

トラックヤードが荷物を扱う敷地全体を意味するのに対し、トラックバースはトラックヤードの敷地内で荷物を実際に積みおろしするためにトラックが乗り付ける場所です。トラックバースは物流拠点であるトラックヤードがもつ設備のひとつです。

バースとは本来、船舶が荷物の積み下ろしを行うために停泊する場所のことで、荷物を積みおろしするトラックが停車することからトラックバースといわれます。

トラックドック

トラックバースと意味が似ていますが、トラックドックはトラックヤードに備えられた倉庫へトラックから荷物を積みおろしするための出入り口の一つです。トラックが乗り付けて停車している場所はトラックバースです。

ドックとは船舶を造ったり修理するときに船を内部に入れて作業する作業場のことで、トラックを倉庫内部に入れて作業を行うため、トラックドックと呼ばれます。実際の運用に即した搭載を意味するローディングという言葉を使ったローディングドックという呼び方もあります。

エプロン

エプロンは元々飛行場で駐機場と呼ばれる場所で、飛行機への乗降や燃料の補給、貨物の積み下ろし、その他の修理を行うためのスペースです。トラックヤード内でトラックが待機していたり荷物の積み下ろしを行うためのスペースをエプロン、または搭載を意味するローディングを用いたローディングエプロンと呼ぶことがあります。

低床式倉庫

倉庫の床の高さが地面と同じ高さの倉庫です。トラックの荷台と倉庫の床面の高さが異なるため、荷物の積み下ろしの作業性が低くなり、床下が無い建物と同じなので特別な対策が無い場合湿気の影響を受けやすくなりますが、地面に直接置くので強度が高く重量物の取り扱いに適している倉庫です。

プラットフォーム

トラックの荷物の積み下ろしを行うための設備です。積み下ろしが行いやすいように地面より高い床が用意されていて、トラックの荷台と同じ高さで作業ができるようになっています。荷台の高さが合わないトラックなどに対応するため、トラックレベラーと呼ばれるトラックを持ち上げたり下げたりする装置を備えている場合もあります。

高床式倉庫

Bottom banner

倉庫の床面の高さが地面より高い倉庫です。トラックの荷物の積み下ろしを行うプラットフォームを備えた倉庫ともいえます。低床型倉庫と比較すると湿気などに強いため、高価格な品物を保管することに適しています。

ドライバーワークスなら初心者や未経験者歓迎に案件も多数!保険や福利厚生がしっかりしている会社の掲載もたくさんあります。

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

トラックヤードの設計構造・寸法

トラックヤードの機能や設備などについてご紹介しましたが、トラックヤードは好き勝手に作られるのではなく、場所や主に取り扱う荷物の種類、乗り入れるトラックの大きさや車両の種類によりさまざまな条件の範囲で設計されます。それらトラックヤードの設計の条件などをご紹介します。

高さは乗り入れるトラックのトン数で変わる

トラックヤードに設置される屋根などの高さ設計は、主に乗り入れると想定されるトラックの高さにより異なります。トラックに装着されるウィングなどの部品などを考慮し余裕を持った高さで設計が行われます。

プラットホーム

トラックの荷台と高さを合わせ、荷物の積み下ろし作業を行いやすくするプラットフォームですが、これもトラックヤードに乗り入れることが想定されるトラックの高さにより設計される高さが異なります。ただしトラックの高さが合わせられない場合に備え、スロープを設置したりトラックレベラーと呼ばれるトラックを持ち上げたり下げる装置を設置することもあります。

屋根

物流は待ってくれません。しかし、濡れては困る荷物もあるため、天候と関係なく作業ができるようにトラックヤードには屋根が設置されます。や屋根の高さは主に乗り入れると想定されるトラックにあわせ余裕を持った高さで設計されます。広さについてはトラックと作業員と荷物が濡れない十分な広さが確保されます。

床面積

トラックヤードの床面積も主に乗り入れると想定されるトラックの大きさにより異なります。トラックは普通乗用車と比べると全長が長く、内輪差が大きくなるため比較的余裕を持った大きさの床面積で設計されます。

バンパー

トラックヤードで荷物を実際に受け渡しするプラットフォームやトラックドックはトラックがしっかりと寄せてくるため、トラックなどの車体の一部が接触してしまうことが考えられます。接触を予防するためにバンパーと呼ばれる部品が取り付けられ、車体がぶつからないように備えています。

ただし、車体形状によっては車体の一部分が飛び出していたりしてバンパーの一部分のみを大きく磨耗させてしまうことがあるためおのおの工夫が施された製品が販売されています。

トラックヤードのおすすめの安全対策

トラックヤードは大量のトラックが走り回り、さまざまな動作する設備があり、プラットフォームはトラックの荷台に高さをあわせてあるため地面より高く、荷物の積み下ろしも行い、さまざまな危険な場所がありますので、おすすめの安全対策をご紹介します。

周辺確認

トラックヤードでは荷物を輸送するためにさまざまなものが動いています。ぼんやり歩いていると危険なので、周辺をよく確認し動いて良い場所を動くことがおすすめの安全対策です。また、移動するときも走り回ると危険なので走らないようにしましょう。

ヘルメットと安全靴

さまざまな可動する設備があり、荷物を取り扱うトラックヤードの安全対策としてヘルメットと安全靴がおすすめです。ヘルメットがあれば何処かに頭をぶつけた場合や、荷物が落ちてきて当たったときの被害をある程度軽減できますし、安全靴もおなじように落ちてきた荷物や挟み込みの被害をある程度軽減できます。

感知器

トラックヤードとそこに設置される倉庫にはさまざまな製品が保管されています。また、トラック自体も可燃物である燃料やタイヤを搭載しています。そのため万が一の火災時に早く検知できるよう、炎や煙感知器を設置することがおすすめの安全対策です。

トラックドライバーの転職ならドライバーワークス!
未経験者や初心者でも年収500万円の案件から、スキルによっては年収1000万まで目指せる案件が揃っています。 業界最大数の案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

都道府県別おすすめのトラックヤード

トラックヤードは空港や港などの物流拠点や、商業施設などありとあらゆる荷物を取り扱う場所に、規模の差はあれど存在していますが、その中でもおすすめのトラックヤードをご紹介します。

大阪で歴史ある延原倉庫

延原倉庫株式会社の淡路物流センターは、第二次世界大戦開戦の翌年である1942年に完成した歴史ある建物をそのまま利用しています。元々は延原倉庫の前身である延原製作所が、軍需工場の指定を受けていたころの建物で柱や斜交い、梁が幾重にも張り巡らされた重厚感ある建物です。

現在物流センターとして利用されているため敷地内をトラックが走り回っており、一般公開はされていませんが、東淀川区の区役所が年に二回見学会を行っています。

安全に効率よく作業しよう

トラックヤードの設計構造・トラックバースとの違い・安全対策

トラックヤードは物流の拠点として商業施設の荷物の搬入口として、さまざまな荷物と車両が行きかい色々な設備があります。油断していると事故の原因となる場所も多くありますので、周辺に気を配り安全対策を行い効率よく作業を行いましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人